今日は、前回紹介したドミニクの弟、

フランソワ・ペカットについて、書こうと思いますニコ

その前に、ドミニクの記事で、一つ翻訳し間違えたところがあり、訂正しましたアセアセ

最後にドミニクが引っ越しをしたのは、弟が亡くなる前でした。

ほかに違ったところ、ないといいな・・・アセアセ

 

 

 

四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ四角グリーンダイヤオレンジ

 

フランソワ・ペカットは、1821年3月10日、ミルクールに生まれます。

兄のドミニクとは、11歳違います。

ミルクールで弓職人の仕事を学び始めますが、1840年少し前から、

パリにいる兄の評判が、彼の下まで聞こえていたそうです。

フランソワもパリへ行くのですが、このことは、残されていた1844年付けの手紙に、

”パリからの15か月ぶりの帰還”とあることから、わかりました。

弓のスタイルが兄と似ていることから、おそらく兄の下で修業をしたのだと思われます。

 

ドミニクの記事でも書いたと思いますが、

この時期、いくつか兄とコラボした弓が作られています。

また、ヘッドのスタイルにJoseph René LAFLEURラフルールと似たものがあることから、

彼ともかかわりがあったと推測できます。

 

1843年、ミルクールへ戻り、結婚しますベル

彼は5人の子供をもちますが、最後の5人目のCharlesシャルルが、

のち弓職人となります。

 

1844年に彼の書いた手紙に、従業員の数などが記されており、

彼の仕事の繁盛ぶりがうかがえます。

 

この時期、フランソワは自身の弓を1F~50Fで売っており、

同時代のパリの職人より、だいぶ安いです。

例えば、CHANOTシャノは11F~100Fで販売しています。

 

1847年、兄ドミニクが、ミルクールへ戻ってきます。

前述したとおり、ドミニクの弓の生産量は、ここから減ります。

この時期、どちらの印があってもおかしくないほど、

作風の似た弓が生産されますが、

書類の上では、2人は共同経営ではなく、

独立した工房をそれぞれ持っていることになっています。

 

1851年、フランソワは家を3,500Fで売り、再びパリへ行きます。

が、店の籍はミルクールへ残したままです。

パリでは、ヴィヨームの下で働きつつ、

ミルクールの籍を使って、自分の弓作りもしています。

 

はじめはパリでも質の高い弓を作っていましたが、運悪く病気になってしまい、

そこからはクオリティが落ち始めます。

1855年10月30日、パリの住居で亡くなりました。

34歳でした。

 

四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン四角オレンジダイヤグリーン

 

という感じです。

こんなに才能があったのに、34歳でなくなってしまうなんて、 

とても惜しいですねえーん

本当は、写真の一つも載せたかったのですが、

パンフレット掲載の写真の著作権うんぬんと、最後のページに書いてあり、

怖くなって、載せるのやめましたショック

このブログに載せたところで、見る人なんて、そんなにいませんが、一応・・・(笑)