ハンターマウンテンまさかのパウダー!? | lumevangis ~ 雪の囚人 ~ (雪猿挽歌)

lumevangis ~ 雪の囚人 ~ (雪猿挽歌)

lumevangisとは、エストニア語で雪の囚人。
非日常の銀世界に、一度でも魅了されたら、もう街には戻れないかもしれません。
それでも貴方は雪山へ行きますか?


苗場スキー場 非公認ファンブログ
- スキー - ウインタースポーツ -
 人気ブログランキング 登録中


テーマ:
お疲れ様です爺ぃです。

ただいま帰宅途中の電車の中でちこちこ記事書いてます・・・って、またか。何をそんなに忙しがっているのやら。。。

さてさて、朝からネットで雪山情報を拾っていたら、昨日のハンターマウンテンは、まさかのパウダー??動画を見る限り雪もめっちゃ軽そう。


マジか〜っ。



今週末も期待したいところ。


本当はノートにまとめたかったけれど、時間が無いまま段々あたまからこぼれて消えてゆく記憶。とりあえず備忘録かわりにブログにあげておきます。


【今期のレッスンで掴んだこと】

⚫ ポジション
片脚で立つ。上げた足を前に出してから軸足の膝を曲げてポジションを作り、揃えるようにして上げた足を下ろす。試しに上げた足を後ろに出してから同じようにポジション作ると違いは歴然。指導員研修会で習いました。これは個人的に大ヒット。

⚫ 切り替えでは大腿を立てる
一度、腰高のポジションを作る意識。頭の片隅に少しでも残るとターンの捉えが良くなります。切り替えの時も板と身体は前に進んでいる。この進む分もイメージに入れて切り替えると良い感覚になりました。切り替え時には、進みながらの運動だということを忘れるべからず!

⚫ 切り替えから身体を運ぶ時
切り替えから身体を運ぶ時は足首を意識。身体を内倒ぎみに谷に放り込むより、ブーツの中の足首と板に近いとこに身体を運ぶイメージ。運動は雪面に近いところから。

⚫ ブーツの前方向に踏み込む
単純に板を側方におすだけでは腰が外れます。ブーツの前方向、板の向いている方向に合わせて踏み込む意識は大切。

⚫ 板はたわませて曲げる
谷まわりと山まわり。山まわりで圧を抜いてばかりの爺ぃは滑りがあっさり系。フォールラインから山まわりにはいるところで板をたわませて板のサイドカーブより切れ上がるような意識。結果、しっかり踏んでいけてかつ板も撓む。板は撓ませて曲げるべし。

⚫ ターン後半は肩のラインを下げる
ターン後半では山まわりに入って手があがっては残念これは大失敗。これまでは手をさげるよう意識をしていたが、手だけ下げてもエッジは外せない。山まわりを踏みっぱなしで谷側が低くなるよう肩のラインを下げていく意識が大事。

⚫ コブはストックの構えから
比較的に前にならえのポーズ。常にストックが視界に入るように。ストックは、早く構えて遅く突く。 あと、ラインは基本的にじぶんで通るところを溝に制約されるのではなく、自身で決めるのが大事。溝に合わせるだけだと結果的に板を振るだけ、テールをコブにぶつけに行くだけ。じぶんから板を横にむけるような操作はあまりよろしくない。

⚫ ピボット操作が出来るポジション
ターン始動から一気に身体を離す操作ばかりしてきて捉えが甘い病が深刻だった爺ぃ。Mコーチの滑りの組み立てを研究した。切替で、板に対して圧を掛けられるポジションを取っていると、板が回ってくる時にとるポジションがトコトン異なることに気づく。ピボットで回しているわけではないけど、回すこともできるポジション。これを意識すると急斜面でも板がすっぽ抜けない。ブーツの前方向に踏み込み意識とあわせて試していきたい。

⚫ コブでの切り替えは内脚を返す
ショートターンの前段階、アウトエッジを返してレールターン。それをベースに外を踏み込んでいく。カービングショートのトレーニングの内脚の使い方を不整地小回りでも意識したい。内脚が返るポジションを雪面に対してまっすぐ立てる位置とすると、次の操作がしやすくなる。抱え込み吸収なら膝を返す感じ。ポジションが悪ければ出来ないけれど数ターンに一度でもハマれば目指すところがそう悪いことではないと感じた。これがコブになれば、ワイドにスペースをとるのか縦にいくのか。次のターンに向けて動き続けることが必要。ライン取りを含めて1からやり直し。

⚫ ストック突いたらウェイトシフト
縦目にいくならストックを突く位置は重要。構えも常に視線に両手が入るあたりで抑えたい。ストック突いたらウェイトシフト。板のトップを凸に向けて圧が掛かって詰まるのを利用して減速。踵を引ければエクセレント。しかし、深すぎるコブはついつい板を横に向けたがり病。。。


⚫️ イメージをターン後半の位置へ
今季のベストアドバイスとも言えるのがコレ。ターンの後半、山まわりのポジションにぴたっとハマるよう『ターン前半に』イメージする。これまではターンの入りばかり考えて、後半に内倒のパターン多し。ターンの後半に入るべきスペースを意識することでターン全体の圧感覚が変わってきた。



とりあえず、今日は寝ます。
残りはまた追記します。



悔いのない一本を!!