感情に乗っかって「正解」を黙っているという技術。 | あ、モテる方法:大人の恋愛心理戦略〜モテの流儀〜

あ、モテる方法:大人の恋愛心理戦略〜モテの流儀〜

「あの人から好かれたい。」相手の心を揺さぶる人なら誰もが知っている潜在意識のお作法で、好きな人からモテるようになる「恋愛心理ストラテジー」。心理・催眠・NLP・コールドリーディング…すべてはモテるためである。


テーマ:
こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

ボクの友人に、とくにイケメンでもなく、身長も高いわけでもなく、ましてや金持ちでもないが、とにかく女の子と仲良くなるのがうまい男がいる。

女の子に対する抵抗感がなく、するっと自然に相手の懐に入り込むのがうまいといった感じ。

彼も、それは自分の武器と自覚していて、飲み会でも仕事関係の相手でも、すぐに仲良くなって…とにかく女の子の友だちが多い。

気に入った女の子には、躊躇なく電話番号やメアドを聞くし、人当たりもいい。つまり、条件的にはモテる可能性がめちゃくちゃ高いのだ。

女の子に話しかけるのが苦手…という人には羨ましい限りだが、なぜだか彼女ができない

彼から相談を受けて、いろいろ話してみると…その原因が分かった

例えば、女の子と飲みに行ったときに、その居酒屋のメニューで「コラーゲン鍋」が出てきた。

女の子はもちろん、

「わぁ!美味しそうっ!コラーゲンたっぷりだから、明日の朝はお肌ぷるぷるかもー!」

と大喜びだ。

そんなとき…彼は黙っていられないんだ。

「コラーゲンって、タンパク質の一種だから、体内では分解されなくてね、腸でも吸収されにくいんだよね。だから経口摂取しても、全然意味がないんだよ。あ、最近はコラーゲンを分解したコラーゲンペプチドっていうのもあるらしくて、それは体内に吸収されるかもしれないんだって。でも、あくまでも『かもしれない』ってことだけどね」

科学的にはまったくもって正しい答えだけど…
やっぱりモテの流儀という観点からは間違っている

かといって、女の子の言葉に乗っかって「コラーゲンを食べたらお肌ぷるぷるー」と、ウソを言えばいいのかというと、それも、自身の精神衛生上よくない。

彼がモテるようになるには、じゃあどうするか。

答えは簡単だ。


photo by Billy Rowlinson

「コラーゲンが経口摂取では効果が期待できない」っていう科学的な事実を、ただ黙っていればいい

男は、答えを求めたがる。そして、間違いがあれば正したくなる。 これは特に、自分は理性的で、頭がいいと思っている人が陥りがちなワナだ。

けれども、時としてそのコミュニケーションのなかで、「正解」が必ずしも正しいわけじゃない

その場の雰囲気や、彼女の楽しい気持ちを壊さないようにする、配慮が必要なんだ。

もし、そのコラーゲン鍋が出てきた時に何か言うのであれば、

「ほんとだ!美味そうだね!」

と、彼女の感情に乗っかる。これが正解なんだ。

黒岩@メンタルコーチ/恋愛戦略家(黒岩弘幸)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス