本当のこと。 ダンマ・ディンニャ(木村里恵)

「あなたはどんな時も最高に輝いている」ことをお伝えするためのブログ。「一人ひとりが自分を許し、本来の自分になることで、世界中が平和になる。」と信じて、「出産に向けて想いを馳せる女性」を対象にした合宿やセミナーを行っている。

『よくがんばったね。』




「どうして泣いてるの?」

 

「ただありがたくて

ありがたくて・・・

 

本当にこの家のために

がんばってくださる姿を

見ていたから・・・」

 

 

来客者のために
ひざをついて

玄関の床を何度も何度も

拭くタケちゃん。

雨の降る中

みんなの家の壁に残った

古いコードを外していくタケちゃん。

 

日が暮れるまで

庭の木々を手入れするタケちゃん。

 

疲れている身体に

まとわりつく子どもたちを
やさしくたしなめるタケちゃん。

 

飯綱のみんなの家が始まると同時に始まった

スリランカにお寺を建てるプロジェクト。
 

置いてけぼりのみんなの家。

 

タケちゃんの中にも
きっと様々な思いがあったと思う。

 

わたしの思いもこみ上げる。

 

タケちゃんの見送り。

 

 

・・・

 

 

「・・・よくがんばったね。」

 

とやさしいキムの声。

 

 

「ん?・・・だれが?

タケちゃん?」

 

 

「んーん。

 

りえ。」

 

 

「え?わたし???

わたしはがんばってないよ。
がんばって下さったのはタケちゃんだよ。」



「うん。

でも、りえが感謝できる気持ちになれたから

感謝できたんでしょ。

 

最初は苦手だって言ってた。

そのまま苦手でいることもできた。
でもりえは感謝できる気持ちになれた。

感謝が沸いてきた。

そんな気持ちになれたのは

りえが自分を越えたからでしょ。

 

だから

がんばったね・・・。」

 

 

こんな目線を

 

持てる人が

 

いるんだね。

 

キムはいつも

 

目に見えるところではなくて

 

その中を見てる。

 

 

タケちゃんありがとう。

 

キムありがとう。

 

 

**************

 

そんなキムのアクティブビリーバースクール。
 

わたしはもう充分キムに頂いた。

今度はみんなが

キムに
愛し抜いて
信じ抜いて

もらってください。


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

とってもすてきな澄門さんという
お坊さんが我が家に来て下さってから
5日が経ちました。
 

 

彼は

 

私たちみんなの家に

 

 

静寂

力強さ

 

 

を届けてくださいました。

 

 

箸や履物を

そろえておくこと。

 

道具を大切にすること。

 

例えすぐに汚れてしまうとしても

一度きちんときれいにすること。

 

など。

 

 

 

私が今生きたい事を

目の前で

見せて下さいます。

 

 

「みんなの家を聖域にしたい。」

という想いを

澄門さんが一緒に

みんなの家の掃除やメンテナンス、

お祈りをしながら
叶えて下さっています。

 

場が整うって最高に気持ちが良いです。

 

 

 

澄門さんは

もう本当にすごいんです。

 

 

知らない事はないんじゃないかと思わせるほど

物知りで

 

直せないものは何一つないんじゃないかと思わせるほど

何でも直すことができます。

 

 

そして

 

 

男らしくて

かっこいい。

 

 

でも
最初は
そんな彼が苦手でした。

どうしてって?


 

男らしいからです。笑

 

 

わたしは
「男らしさ」に
「恐怖心」を持っていることに
彼を通して気づくことができました。

そして
彼を通して
その「男らしさへの恐怖」を
乗り越えることができたのでした。

だから今は
 

何でもできて
何でも知っている
男らしい澄門さんが
大好きです。

 

 

わたしはほとんど何も知らないし

ほとんど何も出来ることがないので

 

見ているだけで

惚れ惚れする

まさに完璧な男性。

 

 

あぁだから

わたしたちは

男性と

女性がいるんだなぁ

と思ったりします。

 

 

出来る人と

出来ない人がいるから

感謝することも

感動することもできる。

 

わたしは

はじめて女性になったような気分で

るんるん過ごしています♪

 

 

 

だから

毎日毎日

楽しい。

 

 

 

でも気がつくと

キムと一緒にいる時間がすごく少なくなってる。

 

 

それで夜は子どもが寝たら

キムの部屋に行って

一緒に寝ようって言うんだけど

キムはブログを書いたり

せっせと仕事をしていて

気がつくとそのまま私だけ寝てる。

 

 

それで最近やっと

キムのすごさに気がついた。

 

キムのすごさ。

 

 

うーーーーん・・・

何がすごいって

 

「これ!!!!」

 

って言えるものがないと言えばない。

 

 

何か

目に見えて

これが得意!

って物も見当たらないし、

容姿も中肉中背。

SEXも特に情熱的ということもないし。

 

 

でも

 

なんなんだろ。

 

「言葉」とか

「形」には表せないのだけれど

 

 

それは

もうひとつの男の魅力。

懐の深さ。やさしさ。

 

 

 

キムに

本当に

どんな事でも話せるし

 

キム相手なら

本当に

どんな事でも

してしまえる。

 

 

それ

ひどすぎるでしょ?って

人に言われてしまうようなことも。

 

 

子どものころから

先生や友だち、

両親にも気を使ってしまいがちな

私だったけど

 

本来天真爛漫で無鉄砲。

 

キムには傍若無人のじゃじゃ馬もいいところ。

 

何でも許してくれるって知ってるから

どこまでも信じてくれるって知ってるから

 

それはそれは

キムの気持ちを全く省みない行動ばかり取る私。

詳しくはキムの
「モンスターな妻」

読んでください。

 

最近は誰かと電話で話したりすると

 

 

 

「ご主人様にもよろしくお伝えください。

わたしご主人様大好きなんです。

 

本当にすてきですよね~~~~」

 

 

 

とよく言われる。

 

本当にすてきだと思います。

 

この私と一緒にいて
それでも愛を深めて行けるって

すごい。

 

 

そして

わたしはこれからも

変化し続けると思う。

 

それがキムの許容範囲を

超えることもあるかもしれないけど

 

でも

わたしは知ってる。

 

 

キムが

 

 

何があっても

信じてくれてること。

 

何があっても

愛してくれること。

 

 

 

だから私は

 

 

どこまでも

自由に生きることができる。

 

 

 

 

昨日の夜

久しぶりに話せて

私が最近気になってる事を聞いてもらった。

 

 

「その外側で起きてる事に

使ってる意識のエネルギーを

そのまま

自分の内側で起きてる事を

観察するエネルギーに変えたら

 

きっと今頃大きな気付きを得てるだろうね。」

 

 

とキム。

 

いつもそうやって

本質しか言わない。

 

「キムはどう思う?」

 

「おれがどう思うかは今、言う必要がないと思う。

 

ただ言えるのは

こんな時こそ自分を見るチャンスだし

どんな人も強さと弱さを持っている。

どんなに完璧に見える人でもね。

 

起きている現状や

その人に見ているものは

自分に見ているものでしょ。

 

もっと自分の事だけ見なよ。

 

なんども言うけど

おれはこういう心配事の話には

一切付き合うつもりは

もうないから。

 

 

と手厳しい。

 

でも

同時に

 

 

 

何人も罰さない

なにも価値判断しない

 

深い深い愛と

安心感

 

 

をいつも感じる。

 

 

 

そこまで信じてもらえてるんだ。

 

大丈夫なんだ。

 

 

とわかる。

 

 

 

その愛は

私一人に向けられているものではなくて

 

私やキムの目の前の人や

この世界の現実のひとつひとつに

向けられている愛情。

 

 

だからこそ

いつも変わらぬこの態度が

できるのだ。

 

 

 

この世界を信じているから。
 

 

みんな

 

キムに

 

私以上に

愛されてみてください。

 

 

きっと

愛し抜いて

信じ抜いてくれるはず

 

 

 

そうすることで

あなたはより自由に力強く

生きられると思いますよーーー


 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

「吹き出し笑い」


旦那のキムとけんかして

 

 

彼の運転する車を

 

無言で降り

 

後ろ手でドアを閉め

 

振り返らずに

 

立ち去るわたし。

 

 

 

キマった。

 

 

 

行く先は

 

目の前に美しい湖が見渡せる

 

緑に囲まれた

 

大好きなカフェ。

 

 

 

かっこよくきめて

 

颯爽とヒールで歩く

 

そのわたしの後姿を

 

見守るキムの表情を

 

想像すると

 

 

おかしくて

 

おかしくて

 

笑いがこみ上げる。

 

 

 

きっと

 

いやな顔をしてたキムは

 

そのわたしの後姿を見ながら

 

 

ぷっと

 

吹き出して

 

呆れて笑ってる。

 

 

 

キムのセッションの仕事前に

 

こんなにっくきわたしを

 

わざわざ

 

カフェに送り届けて

 

 

こんなにっくきわたしに

 

わざわざお茶代払ってあげて

 

お茶を飲ませて

 

やってるんだから。

 

 

 

 

その愛しい

 

キムの呆れ顔。

 

 

 

想像すると

 

こみ上げる。

 

 

 

笑っていることに

 

気づかれないように

 

車に背を向けて歩く。


 

 

さぁ今日も

 

無限の

 

すばらしい一日。

 

 

********************

 

 

キムが東京と大阪で開催している

アクティブビリーバー。

 

目の前の人を信じぬくことで

 

自分を信じぬくことができる。

 

 

キムは

 

 

みんなの家を

世界中に1000軒創る

 

 

のに合わせて

 

相手を信じることで

自分を信じぬく力を得る

 

アクティブビリーバー受講生を

1000人創る。

 

のだ。

 

 

全力で応援するしかないでしょ♪

 

 

 

 

一番したいこと。

 

 

キムの応援。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

わたし。

 

この言葉ずっとしっくり来てなかった。

旦那のキムはいつも

 

これ言うのね。

 

「おれはりえを諦めた。

諦めるって言うのはさ
後ろ向きな諦めじゃなくて
前向きな諦めるね。」

 

って。

 

わたしは

諦めてもらったことが嬉しいから

いつも横で

 

うんうんって

軽く頷いて済ませてたのだけど

 

ずっとこれ

実はしっくり来てなかった。

 

 

だって

 

諦めたらそこで試合終了

 

でしょ?

 

 

 

ぃやぜったい

 

ぜったい

 

ぜったい

 

ぜったぁい!!!!!

 

諦めちゃいけないとこ

 

諦められないことって

 

あるでしょ。

 

ってずっと思ってた。

 

 

 

今回

 

Srilankaローズクォーツマウンテンプロジェクトでも

 

このプロジェクトを諦めるとか

 

絶対ないなって思ってた。

 

1度も選択肢に浮かぶことはなかった。

 

 

でも

 

目標金額を達成することができて

そのお金をラフラ僧侶にお渡しする責任を

あるところまで果たせたときに

 

やっとこの

 

「諦めが肝心」

 

って言葉がしっくりとすとんと

 

私の中に納まった気がする。

 

 

 

ずっと

 

このプロジェクトがうまくいくようにって

 

全力だった。

 

 

絶対成功させるんだって

 

かなり力んでた。

 

 

でも

 

このプロジェクトが成功したときに

 

1番最初に感じたことは

 

 

 

あ、

 

わたし

 

なにも

 

しなかったな。

 

 

 

なにも

 

しなくて

 

よかったんだ。

 

 

 

 

そんな

 

感覚だった。

 

 

 

プロジェクトは

 

生まれ

 

生きた。

 

 

その道順の中で

 

私は

 

その一番そばで

 

いろんなことを学ばせてもらってた。

 

 

ただ

 

踊らされるように

 

右往左往して

 

ただ

 

学ばせてもらってた。

 

 

それは

 

わたしが

 

プロジェクトを育てたのじゃなくて

 

 

プロジェクトに

 

私が育てられていたのだ

 

というような

 

 

このプロジェクトが持つ

 

大きな生命エネルギー。

 

 

私がしたことといったら

 

このプロジェクトをただ信じぬけたこと。

 

 

わたしがこのプロジェクトの成功を

 

遅らせたものがあったとしたら

 

それは

 

わたしが

 

このプロジェクトを

 

自力でどうにかしようと

 

力みすぎた事くらい。

 

 

そのくらいに

 

感じている。

 

 

このプロジェクトをする中で

 

何度も何度も挑戦した。

 

何度も何度も敗北した。

 

でも

 

終わってみたら

 

全てが成功しかなかった。

 

 

何度も何度も敗北しても

 

いつもそこに

 

確かに

 

あるものがあった。

 

 

何度も何度も

 

失っても

 

いつもそこに

 

確かに

 

あるものがあった。

 

 

そしていつも

 

結果的に

 

気づかされた。

 

 

失ったものなど

 

何一つなかったこと。

 

成功しかなかったこと。

 

 

 

 

「諦める」

 

っていうのは

 

何かを失うことや

失敗することじゃなくて

 

 

 

ここにあるものを

 

認める

 

ってことなんだと思う。

 

 

 

ここにいる人を

 

認めるって

 

ことなんだと思う。

 

 

 

この現状を

 

素直に

 

「はい。

 

そうです。

 

それは

 

私です。」

 

って認めるってことなんだと思う。

 

 

 

先日

 

こうしろうさんとあっこちゃんとの

 

トークライブにたけちゃんとお邪魔させていただいた。

 

とーっても楽しかったよ!!!

 

そのあとあっこちゃんが書いてくれたブログに感動。

 

めっちゃわかりやすくて

本当にその通りだなぁって感じたし

 

なんか

 

あっこちゃんのまっすぐできれいなエネルギーが

 

文章からびんびん伝わってきて

 

涙が出た。

 

 

あっこちゃんの旦那さんのこうしろうさんは今

 

絵本作りに夢中。

 

この絵本が面白い!!!

 

そしてぜひ応援したい企画だと思った。

 

こうしろうさんは

 

この絵本で

 

自分の感覚を信じていいんだってことを

 

実体験として世の中に証明する。

 

それをまるごと大喜びで共に楽しむ

 

きらきら全快のこうしろうさんとあっこちゃん夫婦。

 

この夫婦を見てたら

 

この夫婦がやることは必ず

 

世の中をよりやさしくハッピーに輝かせていくとしか思えない。


そして

ぜひ一緒に証明する一人として協力したい!

その感覚。

 

信じていいんだって。

 

そんなあっこちゃんのブログはこちらで書いてくださってます↓

 

 

人間関係も

 

夫婦関係も

 

人生も

 

今も

 

全部

 

認める

 

感じる

 

ってことから

 

全てが始まるんだと思う。


そこが

 

ゼロ地点と繋がるから。

 

 

 

キムが私を諦めたというのは

 

あるがままのわたしを

 

認めた

 

ということだね。

 

 

サンクス。

 

 

旦那のキムのセッションはこちら↓

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

わたし。

 

この言葉ずっとしっくり来てなかった。

旦那のキムはいつも

 

これ言うのね。

 

「おれはりえを諦めた。

諦めるって言うのはさ
後ろ向きな諦めじゃなくて
前向きな諦めるね。」

 

って。

 

わたしは

諦めてもらったことが嬉しいから

いつも横で

 

うんうんって

軽く頷いて済ませてたのだけど

 

ずっとこれ

実はしっくり来てなかった。

 

 

だって

 

諦めたらそこで試合終了

 

でしょ?

 

 

 

ぃやぜったい

 

ぜったい

 

ぜったい

 

ぜったぁい!!!!!

 

諦めちゃいけないとこ

 

諦められないことって

 

あるでしょ。

 

ってずっと思ってた。

 

 

 

今回

 

Srilankaローズクォーツマウンテンプロジェクトでも

 

このプロジェクトを諦めるとか

 

絶対ないなって思ってた。

 

1度も選択肢に浮かぶことはなかった。

 

 

でも

 

目標金額を達成することができて

そのお金をラフラ僧侶にお渡しする責任を

あるところまで果たせたときに

 

やっとこの

 

「諦めが肝心」

 

って言葉がしっくりとすとんと

 

私の中に納まった気がする。

 

 

 

ずっと

 

このプロジェクトがうまくいくようにって

 

全力だった。

 

 

絶対成功させるんだって

 

かなり力んでた。

 

 

でも

 

このプロジェクトが成功したときに

 

1番最初に感じたことは

 

 

 

あ、

 

わたし

 

なにも

 

しなかったな。

 

 

 

なにも

 

しなくて

 

よかったんだ。

 

 

 

 

そんな

 

感覚だった。

 

 

 

プロジェクトは

 

生まれ

 

生きた。

 

 

その道順の中で

 

私は

 

その一番そばで

 

いろんなことを学ばせてもらってた。

 

 

ただ

 

踊らされるように

 

右往左往して

 

ただ

 

学ばせてもらってた。

 

 

それは

 

わたしが

 

プロジェクトを育てたのじゃなくて

 

 

プロジェクトに

 

私が育てられていたのだ

 

というような

 

 

このプロジェクトが持つ

 

大きな生命エネルギー。

 

 

私がしたことといったら

 

このプロジェクトをただ信じぬけたこと。

 

 

わたしがこのプロジェクトの成功を

 

遅らせたものがあったとしたら

 

それは

 

わたしが

 

このプロジェクトを

 

自力でどうにかしようと

 

力みすぎた事くらい。

 

 

そのくらいに

 

感じている。

 

 

このプロジェクトをする中で

 

何度も何度も挑戦した。

 

何度も何度も敗北した。

 

でも

 

終わってみたら

 

全てが成功しかなかった。

 

 

何度も何度も敗北しても

 

いつもそこに

 

確かに

 

あるものがあった。

 

 

何度も何度も

 

失っても

 

いつもそこに

 

確かに

 

あるものがあった。

 

 

そしていつも

 

結果的に

 

気づかされた。

 

 

失ったものなど

 

何一つなかったこと。

 

成功しかなかったこと。

 

 

 

 

「諦める」

 

っていうのは

 

何かを失うことや

失敗することじゃなくて

 

 

 

ここにあるものを

 

認める

 

ってことなんだと思う。

 

 

 

ここにいる人を

 

認めるって

 

ことなんだと思う。

 

 

 

この現状を

 

素直に

 

「はい。

 

そうです。

 

それは

 

私です。」

 

って認めるってことなんだと思う。

 

 

 

先日

 

こうしろうさんとあっこちゃんとの

 

トークライブにキムとお邪魔させていただいた。

 

とーっても楽しかったよ!!!

 

そのあとあっこちゃんが書いてくれたブログに感動。

 

めっちゃわかりやすくて

本当にその通りだなぁって感じたし

 

なんか

 

あっこちゃんのまっすぐできれいなエネルギーが

 

文章からびんびん伝わってきて

 

涙が出た。

 

 

あっこちゃんの旦那さんのこうしろうさんは今

 

絵本作りに夢中。

 

この絵本が面白い!!!

 

そしてぜひ応援したい企画だと思った。

 

こうしろうさんは

 

この絵本で

 

自分の感覚を信じていいんだってことを

 

実体験として世の中に証明する。

 

それをまるごと大喜びで共に楽しむ

 

きらきら全快のこうしろうさんとあっこちゃん夫婦。

 

この夫婦を見てたら

 

この夫婦がやることは必ず

 

世の中をよりやさしくハッピーに輝かせていくとしか思えない。


そして

ぜひ一緒に証明する一人として協力したい!

その感覚。

 

信じていいんだって。

 

そんなあっこちゃんのブログはこちらで書いてくださってます↓

 

 

人間関係も

 

夫婦関係も

 

人生も

 

今も

 

全部

 

認める

 

感じる

 

ってことから

 

全てが始まるんだと思う。


そこが

 

ゼロ地点と繋がるから。

 

 

 

キムが私を諦めたというのは

 

あるがままのわたしを

 

認めた

 

ということだね。

 

 

サンクス。

 

 

旦那のキムのセッションはこちら↓

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。