つくしの袴とり | ひとりっこの両親在宅介護ブログ

ひとりっこの両親在宅介護ブログ

娘に迷惑をかけまいと、老老・認認介護で限界まで二人暮らしを頑張った両親。でも、遂に限界突破。仕方なく実家に戻ってきて始めた在宅介護。一人っ子のため否応なくやらざる負えない。
平成27年4月じーじは旅立ちました。でも、残されたばーばの介護は続きます。


テーマ:
愚痴記事の後は、癒し?画像でお楽しみ下さい。



我が家は田舎なので、つくしを取ってきました。

つくしの袴とりは、ばーばにお任せ。

元々器用なので、上手にキレイに取ってくれます。

座ってできることは、なんでもできます。

ただ、両手を離して自力で立つことができないので、トイレでも自分でリハパンの上げ下げができないんです。

トイレの度に介助が必要なのは、結構なストレスになります。

なにしろ、1日に何十回とトイレに行くので。

料理中でも、途中でトイレ介助にいくと、また手を洗わないといけないし。

でも、ズボラな私は放っておくことも、しょっちゅう。

そうすると、トイレの手すりにつかまりながら、片方ずつリハパンを上げるので、半ケツ状態に。

そのままベッドで寝たり、椅子に座ったりするので、シーツやクッションが尿汚染。

トイレの度に介助に行くか、1日分まとめて汚れたシーツやクッションや服を洗うか、究極の選択ですね。

今日は、日曜日だけど旦那は仕事。

一日中ばーばと一緒にいると、険しい顔になっている私です。






ぽちっと応援お願いします



こっちもぽちっとね

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ

Ameba人気のブログ