麻雀荘 | 望月雅継オフィシャルブログ「プロ連盟静岡支部長の負けちゃう麻雀」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

望月雅継オフィシャルブログ「プロ連盟静岡支部長の負けちゃう麻雀」Powered by Ameba

日本プロ麻雀連盟静岡支部長 望月雅継の麻雀日記

地方から東京へ夢を乗せて参戦中!!

AⅠリーグから静岡リーグ、静岡支部Lookupでのフリー対局まで、対局日記を中心に綴ります。

夢なんかも語っちゃおうかなぁ~。

僕の職業は麻雀プロです。
その傍、麻雀荘を経営しています。




麻雀プロを志した僕には、二つの夢がありました。


それは、



自団体の最高峰、鳳凰位を獲得することと、

自分の城、麻雀荘を経営する事でした。



幸いなことに僕は、色々な方々の協力のもと24歳の頃に自分の店、『Lookup』を開店、そして30歳の頃に鳳凰位を獲得する事が出来ました。


今考えても幸せな男ですね。


僕らが若い頃、麻雀荘は麻雀打ちの憧れの存在でした。麻雀でのし上がる事を夢見た若者は、みんな自分の麻雀荘を持つ事が目標であり、夢であったんじゃないかなって思います。


時代は変わり…


今はネットや映像時代。
麻雀荘の在り方も少しずつ変化しているように思います。



そんな最中。2020年。

麻雀荘にとって、死活問題となる出来事が起こりました。


そう、新型コロナウイルスですね。
今や世界中に広がり、多くの人々を苦しめているコロナウイルス。


僕達人類は、これ以上の拡散を防ぐべく、ウイルスの感染を防ぐような努力を各自で行なっているんじゃないかと思います。みんなの総力を挙げてね。



しかし…




そんな中、麻雀業界にとって、コロナウイルスの拡散以上に大きなショックが起こったのです。


それはこちら。




厚生労働省から発表されたこの資料です。





この部分ね。

厚生労働省から、小規模感染クラスターに感染した事例があった場所として【雀荘】が表記されたのです。

(せめて正しく『麻雀荘』って書けよ…って思ったけどそれはまぁ許す)



この一報を聞いた時の僕の感想はね、

「まぁそういう事もあり得るか…」

って感じ。
麻雀荘は人が集まる場所だし、その中に感染者がいたとしても不思議じゃないってね。

ましてや厚生労働省の正式発表だもの、それを疑えってのにも無理があるでしょ。



でもね。
この一報を受けた、業界の先輩達の対応は早かった。


本当に小規模感染クラスターが起こったのならば、業界の為にもどこで起こった事例かを教えてくれと、厚生労働省に問い合わせをしてくれたんだよね。

最初に僕が受けた報告はこちら。





これはまずい。
本気でそう思いました。


だけどね、
この報告を受けても、先輩たちは諦めなかったんだよ。どこの自治体での事例なのか、業界としてどうするべきなのか、改めて厚生労働省とやり取りをしてくれたのさ。


そしたら…





数日後に改めて発表された厚生労働省からの文書。




ちょっと見にくいけど、赤で括った部分ね。


厚生労働省の正式発表から、【雀荘】の記載が消えました。



つまり…
フェイクニュースだったってことさ。



麻雀荘での小規模感染クラスターの発生なんて事実はなかったって事なの。


ちょっと酷いよね。
厚生労働省がウソついちゃダメっしょ…




何故、最初の文書に【雀荘】と記載したのか?

何故、最初の回答に虚偽の返答をしたのか?




他にも思うところはたくさんありますが…
最初の厚生労働省のこの文書の影響で、業界全体でかなりの風評被害を受けています。



麻雀荘はクラスターの発生場所だ。
麻雀はコロナウイルスを感染させるゲームだ。


ってね。
そんな事実はないのにさ。




僕達麻雀荘経営者だって、コロナウイルスの拡散を防ぎたいし、感染者を減らしたいって思ってるよ。


一日も早い収束を心から願ってる。



でもね…


このままじゃ、麻雀荘がつぶれちゃうよ。
だってお客様が来ないんだもん。



厚生労働省の発表のせいでさ。




他にもね、

僕は麻雀荘経営の傍、麻雀普及の為に麻雀教室も行なっています。





デイサービスや老人ホームにも、麻雀を伝えにお邪魔してます。


でもさ、麻雀教室も施設訪問もキャンセルの嵐。
麻雀はなんにも悪くないのにね。



目に見えないコロナウイルス。
誰も何も悪くない。

だけど、みんな苦しんでるの。


麻雀をやれない麻雀教室の生徒さん達も、
お客様が来ない麻雀荘も。



いつの日かきっと、平穏な日々に戻る事でしょう。全世界のみんなが、こんなに苦しめられたって事も、ひょっとしたら忘れられてしまうのかもしれない。



でも僕らは、今が大事。

今お客様が来なかったら、麻雀荘がつぶれてしまうから。



平穏な日々が来たって、
みんなが楽しむ『麻雀荘』がなくなってしまったら、麻雀ファンの皆さんはどうすればいいの?


こんな状況が長く続いてしまったら、
『麻雀荘』っていう文化が無くなってしまうかもしれない。


僕はそう危惧しています。


今、それぞれの麻雀荘は、各個店で相当な努力をしています。

除菌の徹底
手洗いや換気の励行
風評被害との戦い


だからさ、
麻雀ファンの皆さん、『麻雀荘』という文化を守る為にも、是非お近くの麻雀荘に遊びに行ってあげてください!


こんな時じゃなきゃ言えません。
僕は今まで、個人ブログでもTwitterでもお客様に来てくださいなんて言った事がなかったよ。

だって、遊びに行くのはお客様の自由だから。


でもね、全国の仲間達が苦しんでいる今だからこそ、大きな声を挙げたいの。




麻雀は安全だから。
麻雀荘はクラスターの発生場所じゃないから。

だからみんな、安心して麻雀荘で麻雀を楽しんでください!

仲間達の麻雀荘に遊びに行ってあげてください!






僕には、全国に多くの仲間達がいます。
北は北海道から、南は九州まで。


同じプロの仲間も、
同じ経営者の仲間も、
みんなで麻雀を盛り上げようと頑張ってるんです!





札幌で『ハートランド』を経営している喜多清貴プロ。
北海道はクラスターが発生して、本当に苦しい状況なんだよね。不要不出の外出を控えてって言われているだけに、かなりしんどいんじゃないかなぁって思ってる。
それでもハートランドはスタッフの明るさできっと乗り越えてくれるはずですよ!


札幌ではもう一人。




西野拓也プロ。
昔からお世話になっている先輩の西野プロは、『ブルーチップ』を経営しています。
若手プロを沢山育成している西野プロを師事している北海道本部の若手プロは多いよね。
今後僕も勉強しに行こう!


旭川には、




松本千鶴プロと松本幸大プロ。
二人で『MAHJONG TEN10』を経営しています。
寒い旭川の冬。きっと今年の冬も厳しい寒さだったんだろうな。
でも店内はアットホームで、スタッフもお客様もあったかいお店でした!また行きたいって思うお店ですね〜。




群馬県には北関東支部長のお店があります。
前橋市で吉田幸雄プロが経営する、『麻雀スタジアムAS』です。北関東支部の仲間達が集う店ですね。一度お邪魔させて頂きましたが、吉田支部長同様、お客様がみんな強かったなって感じましたよ。必ずリベンジしに行きます!





群馬県ではもう1店舗。
みどり市で重原聡プロが経営する、『マージャンクラブREN-HO』です。
こちらのお店も若手プロを何人も輩出しているお店で、僕も是非一度足を運んでみたいって思っています。






千葉といえば西川淳プロ。
『ワンダフルデイズ千葉』を経営していますね。
西川プロのお店は、麻雀教室や健康麻雀が主体。
僕が目標にしているお店の一つです。
西川プロの麻雀愛を感じたい方は是非!


続いてもAリーガー。




向ヶ丘遊園で麻雀エルフと麻雀いちごみるくをやっているのは近藤久春プロ。
一度お邪魔したいと思っていながら、なかなか行けていないお店です。連盟公式ルールのノーレートでも営業していますね。



大塚で『まあじゃん広場』を経営しているのは刀川昌浩プロ。
なかなか大塚駅って行かないんですけどね…
巣鴨道場からも近いし、いつも行こう行こうって思ってるだけで、まだお邪魔出来ていないお店です。また刀川さんと麻雀打ちたいから今度お邪魔しに行こうって思いますよ。




秋葉原で『ひよこ堂』を経営するのが相沢かおるプロ。プロ連盟の公式ルールをノーレートで楽しめるお店です。
公式ルールの楽しさを体験したい方は是非一度来店するのをお勧めしますよ!僕もいろんなルールをやったけど、やっぱり公式ルールが一番好きなルールかもしれないな〜。



新橋でベルバードをやっているのが、鳥越真仁プロと鳥越智恵子プロ夫妻。
鳥越プロとは同郷で、いつもお世話になっています。3月のイベントでお邪魔する予定でしたが…残念ながらコロナウイルスの影響で中止に。
また必ずお邪魔したいと思います。
オフ会の聖地みたいなお店ですね〜。



五反田でまぁ〜じゃんNextを経営するのが、北陸支部の藤本鉄也プロ。
五反田で店を構えながら、地元北陸支部の為に活動しているエネルギッシュな先輩です。地方で活動するプロの鑑のような方ですね。





僕の住んでいる静岡県のお隣、愛知県はコロナウイルスで大変な状況になっています。
名古屋市でま〜じゃんHAIHAIを経営するのが、先日中部プロリーグを優勝した林俊宏プロ。
林プロは同志と言っても良い存在かな。昔から互いに切磋琢磨しながら今日までやってきました。
苦しい時こそお互い頑張ろうな!




三重県四日市市で、まぁじゃん広場を経営するのが現王位の森下剛任プロ。
森下プロがアマチュアの頃からの付き合いですが、麻雀荘の経営だけではなく名実共にトッププロの仲間入りをした事は僕も本当に嬉しく思っています。これからは中部本部を牽引していく立場になると思いますよ。




富山県にも仲間達はたくさんいます。
『文化サークル富山』を二店舗経営する、松原健志プロです。
若手自体から大変お世話になっている松原プロ。
現在は富山県段審のお仕事も精力的になさっているのですが、4月に行われる予定だった日本最大の麻雀大会、健康ビッグ麻雀が中止になってしまいました。お会い出来なくて残念です。




今年度の北陸プロリーグチャンピオンで、先日行われたグランプリMAXでもG1タイトル初優勝を飾った本田朋広プロも麻雀荘を経営している麻雀プロの一人です。
砺波市で『麻雀サークルS・B』を経営しています。僕も二度お邪魔しましたが、本田プロの人柄を表したような素敵なお店ですね。





富山県ではもう一人。
志多木健プロは富山市で『麻雀スタジアム』をやっています。富山唯一の三人麻雀の店だそうです。サンマは苦手だけど行ってみたいなぁ。あっ、サンマは三色がないから苦手って事ね。




大阪で『A.rule』を経営する山中翼プロ。
先日noteで熱い内容の記事を書いてたね〜!
こないだもいっぱい熱い話を山中プロとしたんだけどさ…
大阪の競技麻雀界を盛り上げる為にも、若手プロを育成する為にも、公式ルールを打てる場所をみんなで守ってほしいな。




香川県高松市で『雀のお宿』を経営する長尾浩平プロ。
実はコロナウイルスの影響がなかったら、3月にコッソリお邪魔しようと思っていたお店です。
四国から麻雀を普及させようと頑張っている熱い男なので、いつか彼の協力が出来たらいいなって密かに考えているんですけどね。




山口県下関市で『ふくふく健康まぁじゃん』を経営する藤原英司プロ。
2月に藤原プロのお店に遊びに行きましたが…
本当に素晴らしいお店でした!バイタリティ溢れる彼の汗と努力と涙の結晶ですね。
いくつか参考になる部分があったので、近々積極的にパクろうと思ってます〜。



福岡県で『ブルードラゴン福岡天神店』を経営するのは浜上文吾プロ。
同い年の浜上プロとは、20代の頃から共に切磋琢磨する関係でしたが、ついに彼も経営者の道を歩みはじめました。そんな報告を受けている時の写真です。この厳しい状況でのスタートとなりましたが、きっと彼なら乗り越えてくれると思いますよ。




このように、麻雀荘に携わっている仲間達は本当にたくさんいるんです。
今回紹介したのは、プロ連盟に所属していて、なおかつ経営に携わっている仲間達をピックアップしてみました。

もちろん、他団体に所属していて麻雀荘を経営している仲間達もたくさんいますし、麻雀荘を経営している経営者の仲間達もたくさんいます。

全部を紹介出来ないのは心苦しいのですが、ご迷惑をおかけしないように今回はプロ連盟の仲間達に絞ってお伝えしましたよ。記載に間違いや漏れかあったらゴメンね〜


さらには、麻雀荘の店長やスタッフとして、麻雀荘を盛り上げている仲間達はもっともっとたくさんいます。



そんな仲間達の未来や将来は…



全て今後の麻雀荘の行く末にかかっているんです。



麻雀ファンの皆さんが、
麻雀愛好家の皆さんが、

それぞれの地元にある、贔屓にしている麻雀荘に、ホームにしている麻雀荘に、いつも通り遊びに行って下さる事。


応援している麻雀プロのところに、
いつも通りに遊びに行って下さる事。


たったそれだけで、僕達麻雀プロや、麻雀荘が、これからも活動し、営業していけるんですよ。



目に見えないコロナウイルスは脅威です。
僕も、同居する高齢の両親のことを考えると、絶対に感染しないようにしなければならないと思っています。

だけどね、
コロナウイルスを恐れるあまり、経済の事を疎かにしてはならないと思います。

これ以上経済が停滞すると、コロナウイルスが原因で命を落としてしまう方よりも、
コロナウイルスの影響で経営難に陥り、店舗や会社を潰してしまう方の方が増えていってしまうでしょうね。結果、自殺してしまう経営者だって出てくるはずです。

そうなると、働いている社員やスタッフも職を失い、生活に迷う事になってしまいます。



コロナウイルスが落ち着き、また平穏な日々が訪れたとしても、そんな時にみんなが楽しむ場所がなくなってしまったら困るでしょ?


だからさ、
今厳しい状況に置かれている地域以外の皆さんは、是非麻雀荘に遊びに行ってほしいんですよ!

厳しい状況に置かれている皆さんも、状況が落ち着いたら是非麻雀荘に足を運んで下さい!


僕からの、心からのお願いです。
麻雀ファンのみんなで、麻雀荘を助けて下さい。
仲間達を助けて下さい。


本当に、
心からよろしくお願い致します。



僕も、
Lookupが潰れないように精一杯頑張ります!

静岡支部を、
静岡リーグを守るために頑張ります!


そして、
麻雀荘が、
麻雀業界が、
今まで以上に発展する為に頑張りますから。



もちろん非難も受け付けます。 
それでも、厚生労働省によるこの事実を少しでも賛同して下さる方がいらっしゃったなら、麻雀荘が今どんな状況にあるかを拡散して下さい。


麻雀ファンの皆さんの力が全てです。
是非拡散よろしくお願い致します。