流行を追うということ。

テーマ:
先週末から息子▶︎▶︎の順で、流行の咳風邪にかゝり、昼間は元気なくせに夜中3時以降からは鼻づまりと痰で夜間救急出動(咳止め飲ませたり、水飲ませたり、枕の高さ変えてみたり、なんでもいいから寝ろと脅したり)がかかる毎日で、しかも一度目が覚めたら何かしら理由をつけて起きておこうとする我が子を朝方までなだめ、、、という日々が続いています。
 
夫も体調が万全で無い上、会社の政権闘争が急に激しくなってしまい、寝不足していたら揚げ足取られそうなので、私が主に子供担当の連続夜勤となってしまいました。
 
 
イギリスの学校はお腹にくる風邪は問答無用で「休め!」となるけれど、咳と鼻かぜは大目に見てくれるので、熱が出ない限りは登校しました。
 
 
学校を休むと、私自身のスケジュールは乱れるけれど、お弁当作りが無いのは助かります。 しかし、息子が1日欠席しただけで、娘は毎日登校したため、結局毎日何かしらのものは作る羽目になりました。
 
 
 
娘が「自分でお弁当作るから!」と前夜から宣言していたのに、結局面倒になったそうで、アラフォーの私による小学生が作った風(普段と何も変わりませんが)ブリティッシュ弁当。
 
写真の手の部分だけは若者です。
 
 

 

唐揚げ弁当。 カリフラワーだけど、お花っぽく見えてかわいいかしらと思いましたが、気味が悪いと言って食べてくれませんでした。 正式名称忘れましたが、このお花カリフラワー、本当はとても美味しいです。 
 
 

 

 

日本から送られてきた、ハロウィン用のゼリーがまだ残っているので。。。。
 

 

 

上記と同じ日の夫用です。 パンは、ちょっとお金持ちエリアにある、美味しいパンやさん作ですが、お弁当のサンドイッチ用としては不向きで、無理やり突っ込んでいるうちに、中身がいろいろ飛び出しました。
 
 
 

 

 

 
ここまでやる気なしを全体で表現できるものかと感心。
 
 
 

 

 

冷凍庫ストックのミートソースを詰めたところ、息子が「ポリッジ(朝ごはん用のオートミール)しか弁当と認めない」と宣言しだし、朝から意味の無いバトル
 
 
 
風邪とはいえ、一応家族みんなが平和に健康で過ごせているので、神やら仏やら先祖やらに感謝しまくらないといけないとは思うのですが、なかなかそちらまで手が回りません。
 
 
補足 ハッシュタグとやらで「社内闘争」を引っ張り出したかったのですが、「社内」で検索すると、チョイスは「社内恋愛」「社内不倫」とか華やかなものばかりでした。 日本の会社は楽しいところなのか、それとも実際に戦っている人たちはブログどころで無いので、ハッシュタグの選択に出てこないのか。。。