無難なデザインが通用しない理由 | 福岡の小さな会社をロゴデザインでステージアップさせる。

無難なデザインが通用しない理由

デザインの打ち合わせをしていると最終的に

無難なデザインを選びがちな社長が実に多い。

理由は、奥様にも社員にもみんなに好まれるデザインが

良いといい出します。

 

正直に言うと平成の時代はそれで生き残れたと思いますが、

はっきり言って令和の時代はもう勝ち残れません。

 

これだけSNSの時代で個人の情報発信が可能になった事で

好き嫌いもハッキリと別れてくる時代になりました。

 

こういう時代に一番必要なのが自分はこれが好きだ!という

価値観の猛烈なアピールです。それがないと引っかかりがなくなり

目立たなく素通りされてしまいます。 中途半端が一番ダメ!!

 

上の画像のパン屋さんのように革新的なデザインが受けている

のもそういう時代背景があってのものです。

 

もちろん経営者の個性とかけ離れたものではいけませんが、

自分の中にある個性を存分に尖らせて見せていかないと

令和の時代は埋もれてしまいます!