ライブモカ体験記 in シアトル

ライブモカ体験記 in シアトル

オンライン語学学習コミュニティ【ライブモカ】の日本語ブログです。


この『ライブモカ体験記 in シアトル』では
オンライン言語学習コミュニティライブモカ(Livemocha)
使い方や楽しみ方、「英語の勉強法」「シアトル生活」について
書いています。気軽にコメントしてください。

旗ライブモカ に関する記事のまとめはこちらです

ライブモカについて(1) (2)
無料登録の仕方
ログインする
プロフィール設定する
ネイティブと知り合う
ネイティブにエクササイズを添削してもらう
ネイティブからのフィードバックを確認する
ライブモカはどこまで無料?!



Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
TOEICを受けてきました。

(ここ、アメリカでも受けられます。受験者は、
 日本・韓国・台湾人だけでしたが。)

受けたことのある方はご存じの通り、TOEICは
最初にリスニング、その後、リーディング問題に
マークシート式で答えていきます。

で、このリスニングですが、音声は1度だけしか流されず、
メモは禁止です。ついつい、聞き取ったことを走り書き
したくなるのですが、許されていません。

なので、音声に集中し、流れてくる会話内での空間や状況、
登場人物たちの関係などを、自分の頭の中にパッとイメージ
することが大事です。

リーディングは、出される文章自体は、長文でもないしそんなに
難しくありません。

今回受けるにあたってのわたしのTOEIC対策はずばり、

チョコレート。


なんだ、そんなもんかい、と言われそうですが、これは大変重要であります。

試験は2時間、今回は朝の10時から開始でした。
問題がたくさんあるので段々と疲れて、集中力が途切れてくる。
リスニングの時など、ふっと頭が空白になって、気づくと

前の設問を聞き逃したー!

うわ、やってしまった、と思っているうちに、

次の問題が読まれている!
また聞き逃してしまうー!


などということがあったのです。前回の受験時に。

どんなに事前にTOEIC対策本で勉強したって、当日のコンディションが
悪ければ、点数アップは望めませんよね。

なので、今回は試験の20分くらい前にチョコレートで血糖値アップ&脳に
ブドウ糖を補給、コーヒーでカフェイン補給して、集中力が途切れない
ようにしました。腹ペコなど、絶対にいけません。

昔むかし、陸上部で800メートルの選手をやっていたのですが、
レース当日の調整と、食事の時間がとても重要でした。空腹だと
力が出ないし、おなかに食べ物が残っていても、走れないのです。

試験だって同じこと。本番に最もよいコンディションで臨めるように
ならなくては!

今回はチョコレートが効いたのか、結構うまくいった気がします。

こうやって試験を受けるのも、日ごろの語学学習の成果を測るのには
いいものですね。

ちなみにライブモカのアクティブ・イングリッシュは、TOEICの
リスニングで会話の状況を頭に思い浮かべる時の練習に、良いと思います。


それではみなさん、良い週末を――。



ライブモカ 日本語ブログ係















テーマ:

さて、先生スコアとは何かについてです。

先生スコア:

他メンバーのライティングやスピーキング提出物を
添削し、その人から「役に立った」と評価されると
もらえるスコア。貯まったスコアを使って、有料の
コースが無料になったりします。

つまり、他のメンバーを助けてあげればあげるほど
先生スコアも増えていき、見返りもちゃんとある
という、うれしい仕組みです。

ネイティブスピーカーに教えてもらう。
自分の言語を学ぶメンバーを教える。
他者に貢献すれば、報酬も用意されている。

よくできてるなー、と思います。ライブモカって。
相互扶助と報酬、ひとつの社会の基本体系です。
まさに。

今日のシアトルは快晴です!夏みたい。

5/19~6/12までSeattle International Film Festivalが
開催中で、世界中からいろいろな映画が集まってきています。

今夜はその中から、ブルガリア映画を見に行ってこようと
思います。英語字幕付きの外国語映画を見るのは、それは
それでチャレンジングですが、いってきます!


ライブモカ 日本語ブログ係



テーマ:

ライブモカで課題を提出し、ネイティブスピーカーに
添削してもらう方法については、
前任のクシダさんによるココに詳しく
書いてありますので、参考になると思います。

さて、今日はその反対、「日本語を教える」についてです。

語学を習うばかりでなく、教えることもできるのが、
ライブモカのユニークなところ。

では、日本語を勉強中のメンバーが提出した
課題に、フィードバックを送ってみましょう。

画面中央上の他のメンバーをサポートから
提出物にコメントするを選びます。

$ライブモカ体験記 in シアトル

提出物のリストの中から、ひとつ選びます。


そして次の画面は、スピーキング練習の課題。

赤字で囲んであるPLAYボタンを押して
提出された音声を聞き、

$ライブモカ体験記 in シアトル


その下のこの提出物をレビューする欄で
レビューを書きます。

オレンジ色の評価を提出するを押せば、完了。
簡単です。

レビューは、音声でも残せるので
中央付近にある音声コメントを追加する
押せば、正しい発音やアクセントを録音し、
音声で直接、伝えることができます。

レビューをする時には、なるべく具体的に問題点を
言ってあげましょう。「●●」のアクセントはここに
あります、等々。

(自分が勉強中の言語にレビューをもらう時にも、
 ただGood,と言われるより、具体的な方がありがたいですよね。)


この日本語を教える、というのが実は、結構おもしろいのです!

自分たちにとっては母国語なので、何気なくしゃべっていることが、
いざ説明しようとすると、

えーっと・・・、

と立ち止まることも、しばしば。

たとえば、例にある課題。
どうしてロウソクは3本で、男の子は3人なのか。

ロウソクが3人で男の子が3本では、いけないのか。

英語だと、three candlesと three boysとSを最後に付ければ済むのに、
日本語の数え方というのは、モノによって違うので、ややこしい。

動物も種類によって、何匹だとか何頭だとか、
これ、外国人にとっては大変でしょうね。

普段、何気なくしゃべっている日本語のおもしろさや
奥深さをあらためて感じることができます。

一生懸命に発音したり、ライティングのエクササイズをしたり、
かわいらしい間違いをしている外国の人を見ると、
自分も語学勉強中の身なだけに、
わかる!わかるよ!がんばれー、という気持ちにもなります

時々、外国人の書く日本語がものすごくクリエイティブに
見える時もあったりして、何だか新鮮です。

しかも、ためになるレビューを残して
相手から「参考になる」と評価されると、
「先生スコア」が上がるという報酬があるのです!


「先生スコア」とは何か、については、次回に続きます。

それでは!

ライブモカ 日本語ブログ係

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス