チョークアート・リトルバードのブログ

チョークアート・リトルバードのブログ

チョークアートに惹かれ、習い始めてから
すこしずつ動き出した何か。

本当のわたしが探し続けていたものに
やっと出逢えたのだと気づいたのが
50歳になる2020年でした!

人生はきっとこれからもっと楽しくなる!
と思っているわたしのブログです。

大変長い間ブログを放置してしまいましたガーン

 

 

 

チョークアートの白墨堂・大宮校のスタッフの

 

 

チョークアート・リトルバードという屋号で

活動しております、ますだもとみです。

 

 

 

今回は

『鳥ことり展』

 

参加のお知らせをさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

振り返れば年が明け間もないころ

 

 

今年こそ

チョークアートで

鳥を描くレッスンをスタートするぞ…!!

 

 

と試作品を描いていた矢先に

 

 

 

わが白墨堂・横浜校の

狩野あゆみ先生から

とてもありがたいお話を

紹介していただいたのでしたおねがい

 

 




この「鳥ことり展」とは
8人の様々なジャンルの作家による
合同展示会です。



愛鳥週間の企画として


に関する作品(雑貨・アート)の展示販売が

東京都内のギャラリーにて開催されます。


 

わたしはチョークアートの作品

(原画5点・ポストカード2種)
を出品いたしております。




原画のうち4点は

この鳥ことり展のために描いた新作で

 

 

文鳥セキセイインコ

オカメインコアキクサインコ

 

 

を描きました。

 

 

 

 

 

こちらはセキセイインコの作品です。

セキセイインコとブルーベリー

 

 

 

このようにセキセイ以外の他の4つの作品も、

 

 

 

★鳥の可愛さを引き立てたい音譜

 

★チョークアートの作品であることを

 アピールしたい!!

 

 

 

と思いデザインを考え

 

 

それぞれチョークアートの特徴である

立体感や質感が分かりやすいフルーツとともに

コントラストが強い、黒の板に描きました。

 

 

 

 

 

 

さてチョークアートといいますと

 

 

 

「これはチョークで描いているのですか?」

 

 

 

 

というお声を多くいただくのですが

 

 

この作品は学校で使うチョークではなく

オイルパステルという

クレヨンのようなもので描いています

 

 

 

黒などに塗った板の上に描くアートを

まとめて「チョークアート」というようです

 

 

 

この黒く塗った板に

オイルパステルで絵を描き

そのままだと

ザラザラとした感じに見えるのですが

 

 

 

この板の上にのせたオイルパステルを

 

 

 

直接指を使って

 

 

 

くるくると混ぜ合わせたり

またはひっぱるようにしてのばしたり

 

 

 

ということができるので

 

 

 

ご覧のような鳥のふわふわ感

の表現も可能なのです。

 

 

 

 

みなさまにも

チョークアートの鳥をご覧いただけると

とても嬉しいですおねがい

 

 

 

 

以下詳細になります**********

 

 

 

 

谷中ギャラリーならん葉 企画展

谷根千とり巡り 『鳥ことり展vol.3』

 

 

会場 : 東京都台東区谷中7-18-13

  (JR日暮里駅西口から徒歩3分) 

 

 

   谷中ギャラリー ならん葉  さんにて

 

 

 

会期 : 5/12㈬~16㈰の5日間  

   11:00~17:00まで

 

 

  ●緊急事態宣言の自粛要請を受け、

   会期が変更になりました●

 

 

 

(※  会期中ますだは在廊はいたしておりません

 

 

 

 
 
 
 

●オンラインギャラリーも開催●

 

 

5/8〜23までの間

(期間延長の可能性もあるそうです)

 

 

お好きなお時間に

ご覧いただくことができるそうです。

 

 

ぜひ上のハガキのQRコードから

ご覧なってみてくださいね。

 

 

 

 

また、この鳥ことり展は

会期中6つのギャラリーで同時開催する

鳥テーマ展覧会のひとつでもあり、

スタンプラリーもありますよ😍



コンプリートすると

記念品がもらえるそうです!!



鳥好きさんにはたまらない企画✨

わたしも行きたいと思います❤️

 

 

 

 


 

 

 

 



 

こ、こんにちは・・・キョロキョロあせる

 

 

ブログを更新していないうちに

季節が変わってしまいましたあせる

 

 

 

今日は、

8月にオープンされたお店の看板

(の元になるチョークアートの絵)

 

 

のオーダー作品を

ご紹介させていただきたいと思いますニコニコ

 

 

 

 

 

この夏

 

チョークアートカフェとして

Chalk Trip Cafe

(チョーク トリップ カフェ) を

オープンされたCHALK'Sさまより

ご依頼いただき、

 

 

 

肉まん専門店

Shan-Shan-Baoさま

 

のお店の看板と外装になる絵を

描かせていただきました

 

 

 


わたし個人でお受けしたオーダーとなりますので

こちらのブログでご紹介させていただきます。

 

 

 

こちらが元になった

チョークアートの原画です。

 

A3サイズです

 

 

 

 

オープン後、白墨堂スタッフのなつえ先生

白墨堂卒アーティストのかよこさんと3人で

お店のあるアツギトレリスさまへ

行ってまいりました!!


(もう3ヶ月も前の話になりますあせる

 

 

アツギトレリスさまのすぐ前にあるバス停から

歩いて間もなく

建物の入り口に向かうと

 

 

1階のスーパー、ロピアさまの前に。

 

 

おっ・・・ここですね !!びっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

わーービックリマーク

 

 

 

看板になっているーー!!

 

 

 

事前に完成されたお店の写真を

CHALK'Sさまより送っていただいてはいましたが

 

 

自分の描いた絵が

このような形になったのは初めてなので

 

 

直接見ることができて

言葉にできないくらい

感慨深い気持ちになりましたえーんラブラブ

 

 

 

 

 

そして早速肉まんをドキドキ

 

お店のお隣のベンチをお借りして

3人で並んでいただきました音譜

 

 


自分のことを話すということが得意でないため

普通に買って去ろうとしていたところ・・・

 

 

 

なつえ先生が店主さまに

 



「看板の絵を描いた本人です」と

 

 

わたしを紹介してくれましたおねがい

ありがとうなつえ先生・・・ドキドキ

 

 

 

 

肉まんとーーっても美味しかったですーービックリマーク爆  笑

 

夢中で食べ、普段から食べるのも早いので

食べる前の写真しかありませんニヤニヤ

中の具がわかる写真も撮っておくべきだったーーあせる

 


 

皮も具も美味しく、

食べ応えがありとても満足でした照れ

 

 

 

 


 

わたしは

プロとして活動させていただいてから

5年以上になりますが

 

 

 

オーダーをいただくということは

とても嬉しくありがたい気持ちになるのと同時に

 

 

 

自分の作品が看板になるのかと思うと

責任重大で大きなプレッシャーもかかるものです滝汗

 

 

 

 

 

今回は

●店名

●蒸し器に入った肉まん

●肉まん単体

 

 

の3種類のものをA3サイズに描き

 

 

 

のちに看板にするため

大きく引き伸ばされるので

文字のフチ

きれいになっているのが好ましい

 

 

という条件がありました。

 

 

 

文字もチョーク(オイルパステル)

グラデーションにして描いたのですが

 

 

 

板の面が塗料でザラザラしているので

 

 

 

文字が小さくなればなるほど

フチを整えるのは

大変な作業になってきます。

 

 

 

 

そして店名はなるべく明るい色でという

ご指定もありましたので

 

 

 

ホワイトを基本色にして

食べ物がおいしそうに見える

と思われる暖色系の

イエローピンクを少し足したのですが

 

 

このときさらに

 

 

普段使っている

ぺんてるのオイルパステルに

 

 

カランダッシュのホワイトも

上から重ねて塗りました。

 

 

 

 

こうすることで

カランダッシュのオイルパステルの方が

より白さが際立つのと

退色も遅くなるように個人的に感じています。

 

 

 

 

今回は文字を書けるスペースが

あまり広くない上に

  

 

日本語(漢字)の書体も含むので

なかなか細かい作業となり

 

 

なんと

この文字をきれいに仕上げる作業に

一番時間を要しました!!

 

 

肉まんは早く描き終えることができたのですが・・・

 

 

 

だって、視力が・・・

 

 

お年頃ですので

細かい作業に

なかなか追いつかないのですよ・・・笑い泣き

 

 

最近特に焦点がなかなか合わない・・・

 

 

 

しかし

 

 

 

完成した作品が

このような

素敵なお店になったのを

見ることができ

苦労は吹っ飛んでいきました。

 

 

 

 

なんといっても

CHALK'Sさまのご尽力によって

 

 

 

チョークアートの可能性

また拡がったのではないかと思うと

 

 

 

そのような機会に携わることができ

本当に嬉しい限りでした。

 

 

 

Shan-Shan-Baoさま

CHALK'Sさま

この度は本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

さてこの日は

CHALK'Sさまが手掛けられた、


白墨堂横浜校のあんみ先生の作品に囲まれた

夢のようなエレベーターに

ようやく乗ることも出来ました!

 


もちろんみんなで撮影会しましたラブ

 

 

 

 

すごいビックリマーク本当にすごいビックリマークビックリマークすばらしいビックリマークビックリマークビックリマーク

 

 

 

お花を描くのが得意なあんみ先生らしい

柔らかく繊細なタッチと美しい色使い

 

 

 

そこには夢のような

素敵なあんみワールドが広がっていました

 

 

 

 

願わくばずっとここにいたい!と

思わずにはいられませんでした!


 

 

しかしエレベーターゆえに

ずっと乗ってはいられず笑い泣き

 

 

 

 

そうだ・・・

ベビールームの壁にも

よいのではないだろうかドキドキドキドキドキドキ

 

 

今はどうか知りませんが

商業施設によくベビールームがありますが

結構シンプルで殺風景だったんですよねーーあせる

 

 

 

なんか狭いところに閉じ込められてた感があって

落ち着かなかったし笑い泣き

 

 

この絵を見ながら授乳できたら嬉しいだろうなあーードキドキ

 

 

 

 

というわけで

 

 

 

こちらのエレベーターで3階にいきますと

フードコート内に

Chalk Trip Cafe さんがあります!!

 


〒243-0031
神奈川県厚木市戸室5-31-1 
アツギトレリス3階フードコート 11カット隣

 

 

まだ8月でお店のオープン前でしたが

アイスコーヒーをいただきました

 

 

こちらもとてもおいしかったですーーーラブラブラブ

ごちそうさまでしたドキドキ

 

 

 

コーヒー大好きなのですが

こだわりのコーヒーをお出ししている

というお話をお聞きして納得でしたコーヒー

フードメニューもこだわっていらっしゃるとこのとです!

 

 

 

 

また

店内にはいたるところにチョークアートがあり

小さいお子様用のコーナーなどもあり

とても楽しめると思います!

 

 

わたしの作品も飾っていただいております。

文鳥の絵ですよードキドキ

 

 

 

 

他にも、屋外の喫煙コーナーの壁などなど

 

 

 

アツギトレリスさまへ行くと

様々なチョークアートを

間近で見ることができますよ音譜

 

 

 

 

 

このように

チョークアートで出来ることは

きっとまだまだたくさんあると思うと

この先の近い将来が本当に楽しみです音譜

 

 

 

 

 

 

チョークアート・リトルバード

ますだもとみです

 

 

わたしはチョークアートで主に

白墨堂のほかに2か所で

仕事をさせていただいています。

 

 

今回はその中のひとつ

カルチャーセンターでの仕事のお話です。

 

 

 

 

昨日は3か月ぶりのレッスン再開の日でした!!

 

 

昨日はお久しぶりの生徒さん集合だったので

みなさんにご挨拶をしてからレッスンを開始!デレデレ

 

 

「えー。本日はお日柄も良くーー!!」

 

 

とは言っていませんが、笑

 

 

生徒さんから

「先生、久しぶりだから先生からひと言ー!!」

とリクエストいただいたもので…!笑

 

 

またみなさんとお会いできて嬉しいですと

感謝の言葉をドキドキ

 

 

制作途中のレッスン見本のボードです

 

 

 

さて、前回が2月の3週目だったので

春のボードが制作途中のまま…!!

 

〇お雛様のボード

〇チューリップのボード

 

の製作途中のまんまだった生徒さんもいれば

 

 

もうすぐ夏になるので

〇金魚のボードにとりかかっていただいいた生徒さんも!

 

 

 

 

 

現在、わたしのカルチャー講座には

6名の生徒さんがいらっしゃいますが

 

 

 

そのうち2名の方は最近始めた方で

それ以外の4名の方はもう何年も

続けてくださっていて

 

 

進度がみなさん違うので

一回の講座でいろんな種類のボードが

テーブルの上に並びます。

 

 

ちなみに

今までの倍の広さの教室に移動になり

 

ちゃんと安全なスペースを確保することが

できるようになりました。

 

 


 

 

 

思えば

このカルチャーで講座を始めることとなったのが

ちょうど4年前

 

 

その春に募集を始めましたが

 

 

その月も、

またその次の月も…

 

レッスンのお申込み者はゼロ

のまんまでした。

 

 

 

そのたびにカルチャーさんから

 

「次の体験ご希望の方は

残念ですがいらっしゃいませんでした」

 

とお電話をもらうのが申し訳なくあせる…笑

 

 

 

が、そうこうしているうちに季節は変わり

 

 

夏休みの体験講座の募集が

通常講座とは別で始まりました。

 

 

 

その時に初めて!!

 

「体験レッスンのお申込みがありました!」

とカルチャーさんからのお電話があったのです。

 

 

計4名の方からの予約が入り

無事に体験講座を開催することができました。

 

 

 

 

そしてそのうち2名の方が

本講座にお申込みくださり、

 

 

5月から募集を始めていましたが

9月になってやっと開講できることになったのです。

 

 

 

 

でも今思うとその時私は

チョークアートの講師資格を取得して1年足らずで…

 

 

最初は本当に必死でした。

教え方も試行錯誤していました。

 

 

その時の資格が取れて、

自分はある程度のものは描けるようになった。

 

 

でも、教えるものとなるとわけが違う。

 

 

デザインも自分でいちから考えなければならない。

デザインは出来ても、

これをどうやって分かりやすくお教えするのか。

 

 

 

しかも、最初は2名の生徒さんでスタートしたので

なんとかできましたが

 

そのうちにひとり、またひとりと

生徒さんが増えていき、

 

どうやってひとりで沢山の生徒さんに

教えるのかもその都度悩みました。

 

 

 

描き方をつたない言葉だけで説明して

「それじゃあわかんないよ…」と

生徒さんに言わせてしまったこともありました。

 

 

とても反省し、改良しました。

(その生徒さんももう2年以上前から今も続けてくださっています)

 

 

このようなこともあったわたしですが

よい生徒さん達に恵まれたおかげで

ここまでやってこれております。

 

 

特に6名のうち2名の生徒さんは

 

その4年前に講座を開講する際に

体験に来て下さった生徒さん!!

 

 

これからも楽しく続けていけたらいいなウインク音譜

(現在定員ちょうどの6名さまで開講中です)

 

 

 

 

と、このような経験も経たわたしが

つくづく今思うことがあります…

 

 

 

やはり白墨堂の新しいレッスンは

とても分かりやすいので

 

講師の方や、講師を目指す方の

のお役にたてるのではないかな・・・とラブラブ

 

 

 

 

 

では最後までお読みいただき

ありがとうございました!