元帰国子女・元小児科医・現看護師のノホホン生活@North Carolina

元帰国子女・元小児科医・現看護師のノホホン生活@North Carolina

日本で生まれ、6歳から21歳までロスで生活するも、日本で医者になる!と決め、帰国。小児科医として働き、旦那さんと出会い、今度はミシガンに戻る。子供二人に恵まれ、2012年の秋から看護学生になる。2015年5月に卒業し、現在は小児科クリニックでRNしてます!

優しくて子煩悩な旦那さん(念願のプロフェッサーになりました!ひゅーひゅー!)、ちょっとビビリ屋でよく笑う太郎(仮・2009年5月生まれ)、かなりアクティブであまり寝ない花子(仮・2011年7月生まれ)とノースカロライナの自然に囲まれ暮らしています。私の人生のテーマは「Don't Take Things Too Seriously」で、アメリカで生活するにはピッタリ!?ワーキングマザーを目指し、日々ちょっとずつ前進し、やっと2015年8月からアメリカでナース(RN)になりました!!私が色々なお母さん方のブログを読んでインスパイアされたように、誰かをちょっとでもインスパイアできたらいいな!!よろしくお願いします!
5月20日に我が長男が11歳になりました!

ヒューヒュー!

誕生日の日は平日だったのでま早めに週末の間にお祝いをすることを決定。

太郎の願いでダディが外のグリルでハンバーガーを、マミはクッキーケーキを作ることに。

プレゼントはまだ届かないアマゾンで頼んだバスケットゴールです。

クッキーケーキは花子がほぼ全て私の指示で作りました。

バーガーも美味しく出来ました。

11歳の目標を聞くと、

「料理を習いたい」

と言うので早速金曜日にガパオライスを作ってもらいました。

目指せ!料理男子。

8月から6年生、ミドルスクール生になる太郎。

相変わらず朝から機嫌が良く(かーちゃんも朝得意)、学校が無い状態でも朝6時半に起き、速攻パソコンに向かい勉強を始めます。

最近よく家事などを手伝ってくれるようになり、洗濯もするし、ゴミ出しなどもやります。

妹の花子をたまにうざがりながらも、二人で仲良く遊んだりレモネードを一緒に作ったりしてます。

ちなみに今は二人で我が愛犬デイジーをシャワー室で洗ってる。

私も兄がいるけど、こんなに仲良く一緒に遊んでた記憶はないな〜。

本当にありがたい。

ずっとずっと仲良しでいて欲しいですな。

太郎よ、いつもかーちゃんをハッピーにしてくれる笑顔でいてくれてありがとうね!!



クリックして頂けたらありがたいっす!!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
小児科外来に移って1年が経ちました。

ベッドサイドRNとして働いていた頃はBICU(Burn ICU)にいたので常に忙しくて、常に時間に追われながら働いてました。

まずベッドサイドのナースはチャートしなければいけないことがたくさんあります。

患者さんのケアをしていない時はパソコンの前でひたすらチャート。

特にBurn Unitは患者さんはもちろんのこと、熱傷しています。体のどこかにドレッシングがあり、そのドレッシングもオペ前、オペ後、などで種類が全く違うのです。

このドレッシングについても全てチャートしなければいけないのでもっと時間がかかります。

ICUの場合は毎1時間input/outputも記録しなければいけません。熱傷した患者さんは食事だけでは必要なカロリーが摂取出来ません。また、挿管されているともちろん食事は食べられない。となるとtube feedingをが必要となり、この量も毎時間入力します。

3年近く働いて、最後にはこのチャートするのが嫌になりました。

このチャートする時間を患者さんのケアに使えたらどんなにより優れたケアができることか!

これに比べて外来はチャートすることはほぼ患者さんのバイタルなどのみ。

たまにnotesなどを書かなければいけない時もあるけど、BICUに働いてた頃に比べものにならない。

ナースのキャラクターも全く違う。

ICUのナースはチャキチャキしてて性格もintenseなナースが多かった。ドクターに自信ありげにsuggestionをするし、勉強家でもある。常に自分の能力をブラッシュアップしている。

それに比べて外来のナース(我がクリニックは私とマネージャー以外はLPN)はほんわかしててドクターに言われたことは質問もせず全てする。勉強家ではない。このポジションに満足していて能力をブラッシュアップしようとはしない。

みんながみんなこうではないけどね。

このギャップに最初は驚いたけど今は慣れました。

自惚れに聞こえるかもしれないけどはっきり言ってナースの中では(マネージャーも含め)BICUを経験したおかげで一番woundやドレッシングについては知識があるし、CCRNもACLSもPALSも持っているので緊急処置の知識も一番私があると思います。

ドクター達もそれを分かってくれていて、よくアドバイスを聞きにきたり、私に手技をして欲しいと頼んで来たりします。

同僚のナース達が

「今日は忙しい」

と言ってるけどBICUにいた頃の忙しさに比べたら忙しさは10%くらいです。

PPEを少し着なければいけないと暑いって文句いってるナースがいるけどBICUにいたときは暑い中ドレッシングを変えるのに1−2時間かかる間ずっとPPEを着てました。

それに比べたらどうってことないのです。

最初にベッドサイドを経験しておいて本当に良かったと最近思います。

もし、これからナースになろうと考えている人がいるならせめて最初の2年間はベッドサイドナースになることをお薦めします!!



クリックして頂けたらありがたいっす!!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村


#Happy Mother's Day!!!
Nurses Weekに引き続き今度は母の日です。

私の母の日の願いは一つだけ。

メキシカン料理が食べたい!

ただそれだけ。

残念ながらレストランに行って、マルガリータを飲むことは出来ないけどテイクアウトをして家族で穏やかに美味しい夜ご飯をみんな健康な身で食べられる。

これが一番幸せなことだと思います。

小児科クリニックで働いていてそのほとんどの患者さんはsocioeconomic statusが低く、Medicaidの患者さんです。

シングルマザーが多く、シングルマザーであるだけで大変なのに子供はざらに4、5人(父親は一人とは限らない)。

無料で医療が受けられるのに避妊をしようと思わない。

15、6歳でベビーを連れて自分、そしてベビーの健診に一緒に来る患者さんもいます。

誰でも母親になれちゃうんです。年齢、社会的地位、maturity、職などが何であろうと。

良い母親って一体なんなんだ?

職場でLPNのTは3児の母親です。しかもみんな男の子。

彼女は頭が切れて本当に気の利く素晴らしいLPNです。

しかもクレバーでめちゃ面白い。

みんなにとても頼りにされてます。

子育てについてよく話し合う相手でもあります。

そして私とTの子育てのフィロソフィーがあまりに極端に違うので二人で驚きすぎて逆に爆笑したりしてます。

Tは仕事中も子供に電話したり、電話がかかって来たりして仲良さそうに子供と話してる姿を見かけます。

今子供達が家にいるって言う状況も関係してるかもしれないけど、私はちゃんとした用事がない限り仕事に行ったら子供に電話するつもりは全くありません。

ランチ中だろうが休憩中であろうが同じ。

Tの子供は上の二人は高校生で、下は花子と同じ4年生。

数週間前に、医療従事者に月曜日はドーナッツが無料になると言う情報を我が子たちはどこからか聞き、私に仕事帰りに買って来てくれないかと要望。

私はもちろん引き受け、仕事帰りにドーナッツ屋に寄りました。

しかし、ドーナッツ屋が混んでたので私は何も買わず帰りました。

この胸をTに話したらとても驚いて

「ドーナッツ買って帰ると言って何も買わずに帰るなんてありえない」

と言ってました。

いいや、私の場合はありえるんです。

もちろん子供達はがっかりしてたけどすぐ立ち直りました。

恐らくTは子供達ががっかりする姿を見るのが嫌なのでしょう。

私は別にそこまで嫌じゃない。

がっかりしてそこから立ち直ることを習って欲しいから。

どんどんがっかりしろ!と心底思ってます。

Tは全く逆の考えでしょう。

こうやってとてもリスペクトしてるTでさえも全く私と違う母なのであります。

世の中にはパーフェクトな母親なんていない。

ただ、自分の子供達にとってパーフェクトなママであればいいんじゃないか?と思います。

私は母親であることが大好きです。

みんなはどうかな??



クリックして頂けたらありがたいっす!!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村