元帰国子女・元小児科医・現看護師のノホホン生活@North Carolina

元帰国子女・元小児科医・現看護師のノホホン生活@North Carolina

日本で生まれ、6歳から21歳までロスで生活するも、日本で医者になる!と決め、帰国。小児科医として働き、旦那さんと出会い、今度はミシガンに戻る。子供二人に恵まれ、2012年の秋から看護学生になる。2015年5月に卒業し、現在は小児科クリニックでRNしてます!

優しくて子煩悩な旦那さん(念願のプロフェッサーになりました!ひゅーひゅー!)、ちょっとビビリ屋でよく笑う太郎(仮・2009年5月生まれ)、かなりアクティブであまり寝ない花子(仮・2011年7月生まれ)とノースカロライナの自然に囲まれ暮らしています。私の人生のテーマは「Don't Take Things Too Seriously」で、アメリカで生活するにはピッタリ!?ワーキングマザーを目指し、日々ちょっとずつ前進し、やっと2015年8月からアメリカでナース(RN)になりました!!私が色々なお母さん方のブログを読んでインスパイアされたように、誰かをちょっとでもインスパイアできたらいいな!!よろしくお願いします!
去年は反省するほどこのブログをめっきり更新しませんでした。

今年の抱負はありきたりだけど、もっとまめに記事を更新したい!!

2024年の初の記事はなんと娘のGymnastic Competitionの遠征で来ているメリーランド州からお届け!

土曜日の朝車で出発して夕方5時くらいに到着しました(運転して6時間の距離)。

かーちゃん運転は全く嫌じゃなくて6時間の運転なんてちょろいもんです。花子も携帯いじったり、たまに景色を見たりでなんとか無事に着きました。

Washington DCのほぼ隣町です。途中車の数が増える増える。さすが大都会。かーちゃん久しぶりにフリーウェイでハッスルしました。都会の人の運転は怖い!!しかもレーンが2つしかないからなかなか進まないし。住んでるNCの片田舎とは大違いですね。

そしてなんと今週末は偶然我が息子の遠征も同じメリーランド州で実はお互いのホテルを別々に予約した後、実は近かった事が判明し、夜ご飯を一緒に食べることにしました。

しかも牛角で!!

アメリカで初の牛角(子供は人生初)です。

日本の焼肉なんて5年以上食べてないっす。

ラッキーなことに前もって予約していたのでお店に入ってからはかなりスムーズ。

めっちゃ繁盛してます!

時間も1時間45分に制限されてたけどさすが全ての食べものが出てくるのがめちゃ速い!!

カルビ、牛タン、はらみを食べまくりました。

メニューはさすがに日本とは違う気がするけど肉の美味しさは同じ!子供達は一番牛タンが気に入ったって言ってます。

キムチが大好きな娘はキムチをご飯に乗せて食べて

"So yummy!"と感心してました。

もっと家の近くに出来てくれないかな??



クリックして頂けたらありがたいっす!!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村





誰でもすぐ携帯があればネットにコメントやら文句やら書ける時代。

それによって良い点もあれば悪い点もありますよね。

例えば、かーちゃんはよくYELPと言うサイトを見て(アプリも携帯にダウンロードしている)新しいレストランなどの情報を調べます。知らない人のコメントを読んでそこに行って見たいかどうか判断するときもあります。

どちらかと言うとかーちゃんはコメントより写真を重視する派だけどね。

だってコメントってその人の結局意見だからその人と食の趣味が合わなかったら意見が合わないでしょ。

写真を見た方が絶対確実だと思います。写真は嘘をつかない!

とある日、私のスーパーバイザー(ナースではない)からemailが届きました。

その内容はと言うと、私の従業員のRNに対するGoogle Reviewが書かれているから内容を読んで、backgroundを調べて欲しいとのこと。

ある患者さんのお母さんによると(クレーマー)子供のADHDのフォローアップのためクリニックに訪れた時、このナースの態度がとても悪く、ロビーにいる他の患者さんたちのまえで子供の病名を大声で言われたと文句がタラタラ書いてあるんです。

しかもこのナースのファーストネーム(C)もはっきり書いてある。

事情を知ってCはブチ切れ!!

どうやら聞いてみると、この患者さんとそのお母さんとCは電話番号をお互い知っていて(これもどうかと思うけど)、テキストする仲であったらしい。

この息子ちゃん今は11歳なんだけどCはこの子がちっちゃい頃から知っていて予防接種がとても苦手だったのを克服するのを何年もかけてサポートしてあげてたとのこと。

だからなんで突然このお母さんが大嘘の文句をネットに載せてしまったのかが不明なのです。

Cは普段から小さな問題でも何倍にも大きく膨らませてしまう傾向があってさすがにこの日は爆発しまくってました。

終いに、家に帰ってしまう羽目に。

ムカついてるのはわかるけど、帰るってあります??

レビューそのものよりも、恐らく彼女にとってこのお母さんの行動は「裏切り」に当たったのでしょう。

2015年にナースになってかーちゃんは個人的に患者さんと電話番号を交換したのは一度切りです。熱傷病棟で働いてた頃ある患者さんと出会ってその患者さんが2ヶ月の病院生活を終え、やっと退院できると言う時に交換しました。

その患者さんとは(今は普通に生活してる)一年に2、3度テキストでお互いの誕生日を祝ったりするのみです。

今のクリニックで個人的に電話番号を交換しようなんて思ったことはありません。

かーちゃんもさすがにこれにはお手上げでした。

私のスーパーバイザー(この人はナース)に説明し、どうにか病院の広報やクレーム担当の人と話してもらい、このレビューを取り下げることができないか相談中です。

おそらく無理でしょう。

この胸を他のドクターに話すと、

「私の悪いレビューはたくさんフルネームで書いてあるよ」

だって。

この時代にこの国でドクター、もしくは医療従事者であることって結構厳しいのね。



クリックして頂けたらありがたいっす!!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村



(NY Timesから)
8月の最後の週に始まった新学期。

太郎は高校のFreshmanに、花子はミドルスクールの7年生になりました。

夏休み前は太郎も花子も同じ学校に通っていたので行きは私が送って行って、帰りはミドルスクールからバスで我が家の近くの小学校まで来て、そこから誰かに頼んでお金を払って家まで連れて来てもらってました。

二人とも違う学校で始まる時間も終わる時間もかなり違うのでまたこれがややこしくなります。

行きも帰りもは太郎は家のすぐ前にスクールバスが来てくれるのでこれは楽かと思いきや、最初の2週間はトラブルだらけ。

学校が始まる前に散々

「スクールバスの運転手が足りない」

と言う内容のメールが来てました。

でもさすがにバスに頼っている生徒が沢山いるんだし、人が足りないってかなり前から知ってるはずだからどうにかなってるかと思いきや、考えが甘かった。

最初の1週間は朝来るはずのバスが太郎のバスストップをスキップする連続に。

結局旦那はんが学校にほぼ送っていくはめに。

さすがに怒ってオフィスに直接旦那はんが行っても事は変わらず、私は仕事中何回も太郎の高校に電話したり、どうにかスクールバス担当者のメールアドレスを勘で当て(どのウェブサイトにも載ってない)、やっとその人と電話で話すことに。

やっと2週間目の最後の日くらいにバスが朝来ました。

もう帰りのバスなんて最悪です。

学校は午後3時40分に終わるのに4時半になってもバスが来ないなんてほぼ毎日です。

さすがにこれは太郎が可哀想だし、時間の無駄なのでお金払って誰かに帰り送ってもらうことにしました。

同じクリニックで働く同僚の娘ちゃんの小学校は午後2時15分に終わるのに、午後4時15分にバスが来ないから親に迎えに来いと言う連絡が来たらしい。

最悪です。

私はどうにかお金を払って誰かに頼んだり、仕事を抜け出す余裕がある仕事をしてるからどうにかなるものの、バスに100%頼ってる家族は沢山いるのです。

本当にどうにかならないのか??

全く理解不可能です。

NPRの記事でバージニアの高校生が夜10時過ぎにバスでやっと帰って来たニュースがありました。

ありえない!!!!

学校始まった最初の2週間は本当にストレスフルでした。

やっと落ち着いたかな?

けど、また来年夏休み明けになったら同じことの繰り返しでしょう。

どーにかならないかね。



クリックして頂けたらありがたいっす!!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村