南西フランス田舎暮らし
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

警察は暴動を警戒!黄色いベストの抗議活動

縮小化していた黄色いベストの抗議活動も、木曜日は組合のストライキに肩を並べて参加。そして恒例の土曜日を迎え、警察は抗議活動の暴動化を警戒するところ。

 

黄色いベストの抗議行進ルート

 
 木曜日は数百人の極左集団のブラックブロックが抗議活動に紛れ、組合行進の前半終了地点であった共和国広場で窓ガラスを割ったり、放火をするといった破壊行為を展開。

この黒装束が、土曜日に戻ってくる可能性が。

黄色いベストの行進は、メトロのベルシー駅から、ポルト・ド・ヴェルサイユまでを予定。また他のグループが正午にモンパルナスで集合を呼びかけているところ。

暗号化された伝達ルートでは、「7区で会おう」というメッセージが流れている模様。

・・・・・

パリのお店屋さん、特に行進経路沿いは、商売上がったりですね。。。


 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

ストライキ2日目!パリと各都市の運行状況

12月6日金曜日も続く、フランスの大ストライキ。木曜日に引き続き、90%の電車、20%のフライトが運休ということで、パリと各都市の公共交通網は、引き続き混乱を来している事態。

 

 
パリ交通公団(RATP)を代表する6組合すべてがストライキに入っているため、パリの交通網は大打撃を受けている状態。
 
メトロ11路線の運休をはじめ、バス、トラム、電車(RER)も多数運休。この状況は最低、9日月曜日まで続くと見られているところ。
 
これに伴い車の利用者が増え、各所で交通渋滞が。タクシーやウーバーは需要が高くなっており、値段も上昇。
 
自転車通勤やレンタル・スクーターの利用が促進中。

・・・

交通機関のストライキは、パリのみならず。リヨン、マルセイユ、ニース、トゥールーズ、ボルドー、リール、ナント、レンヌもしかり。

光の祭典が開催されているリヨンは、金曜日のトラムは平常運行に。会場までのバスも、臨時便を増加。

ボルドーは木曜日に引き続き、金曜日も公共交通網に混乱が。

ポワティエでは早朝、バス車庫が封鎖された次第。トラムだけが15分間隔で、朝6時30分から夜8時30分まで運行。

トゥールーズはメトロ2路線が通常運行を行うものの、トラムとバスは混乱状態。

モンペリエを中心にエロー県の、公共交通網にもまだ影響が。

ストラスブール、リール、ナント、レンヌでも、一部が混乱。

・・・・・・

クリスマス前の週末、各都市ともに経済的に大打撃を受けることに。

従業員がストライキを行う、SNCFとパリ交通公団の逸失利益も莫大なはず。。。



ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

金曜日も続くフランスのストライキ

フランスは金曜日、1995年以来の大ストライキ2日目に突入。

 


教師など一部の組合を除き、交通機関の従業員らは、金曜日もストライキの続行を発表。

 

 これにより、金曜日も通勤、通学、旅行に大きく支障を来すことが予測。


パリ交通公団(RATP)の組合は木曜日午後、ストライキは最低でも月曜日まで続くことを発表。


フランス国鉄(SNCF)は、90%のTGV、70%の地方列車が運休すると、金曜日の運行状況を明らかに。


地上勤務員と航空管制官がストライキに参加する空の便は金曜日も、シャルル・ド・ゴール、オルリー、ボーヴェ、リヨン、マルセイユ、トゥールーズ、ボルドーを含むフランス国内を離発着する便の20%が運休する予定。


これは数にして、エールフランス、イージージェット、ライアンエアといった航空会社のフライト数百件がキャンセルされることに。


ストライキを予測して木曜日と金曜日に休暇を取る人が多い中、組合はクリスマスまで続ける意向を示しており、「問題は月曜日」とされるところ。


・・・・・


長期戦ということですね。催涙弾を使った制圧の映像は、凄まじさを感じざるを得ませんでした。。。



 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

ストライキでエッフェル塔も閉鎖!

フランスは1995年以来の国営企業が催す大ストライキが予測されている木曜日、公共交通機関は停止し学校も休校というありさま。政府の年金改革に反対する労働者は、道に繰り出して抗議行進に準備万端。

 

 

パリ市内の観光名所によっては、人員不足で閉館せざるを得ないところも。今回のストライキに美術館職員や観光局職員は参加しないものの、交通機関のマヒで職員が出勤できない状態。

 

エッフェル塔とオルセー美術館は、人員不足で閉館を決定。ルーヴル美術館とポンピドゥーセンターは、翼によって閉鎖されているところが。

 

またパリ2区に小さな店舗を構える靴屋の店主は、「明らかに利益を失う」と。書き入れ時の土曜日までも交通機関がマヒするようであれば、「来客は望めないだろう」と不安を募らせる次第。

 

抗議行進は、午後2時よりパリの北駅を出発。

 

 ・・・・・


意外なところで、自転車移動が促進される事態となっているようです。。。



 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

ストライキ!パリの街に警察の閉店命令

12月5日木曜日の大ストライキにおける暴動に備え、パリの中心街において警察は、店、バー、レストランに閉店を命令し、駐車規制を施行。

 

 

大ストライキに参加するのは、SNCF従業員、パリ交通公団(RATP)従業員、輸送トラック運転手、バス運転手、航空会社の地上勤務職員、航空管制官、郵便局員、教師、公務員、公証人、そしてゴミ収集員。

 

しかしここに、「黄色いベスト」がストライキを支持する意向を表明。パリ警視庁は破壊行為者(casseurs)やブラックブロックが、ストライキの行進に潜入することを懸念。

 

行進の予定されている道沿いの駐車を禁止し、店、バー、レストランには閉店命令を出して、外装を保護するよう要請。

 

閉店命令を受けている地域は、パリ1区、2区、3区、4区が中心 : - デナイン大通り、共和国広場、マゼンタ大通りの一部、ヴォルテール大通り、そしてナシオン広場


閉店命令は、行進終了を予定する木曜日午後7時まで。


・・・・・


破壊行為者が混ざると、本来のストライキが台無しに。。。




ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

ストライキ!フライトは20%!電車は90%キャンセル

政府の年金改革に抗議すべく開催される、12月5日木曜日の大ストライキによって、フランスでは20%のフライトがキャンセルされる予定。

 

特に、11組合が参加を表明する、エールフランスのフライトに一番影響が出る可能性が。

但し、長距離便には、キャンセルの影響はない模様。

一方、フランス国鉄SNCFは、90%の電車がキャンセルされる予定。

このフライトと電車のキャンセル率の差は、航空関連の組合すべてが、参加を表明しているわけではないことから。

・・・・・

フライトは20%がキャンセルですか・・・たとえキャンセルされなくも、遅滞は否めませんね。。。


 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

虐殺だ!狩猟で158頭のイノシシを捕獲

東フランスで1日の狩猟において、158頭のイノシシを仕留めたことに対し、地元では「虐殺である」と非難の声が高まるところ。

 
 
これに対し先週水曜日、82人の猟師が参加したアルデンヌ県の狩猟で仕留められたイノシシの数は、「シーズン中に300頭」という規定数を超えてはいないという自治体の話。
 
とはいえ、参加者の中にも当時のありさまを「虐殺」と告発する人が。またアルデンヌ県の狩猟連盟代表も、「このような狩猟イメージは支持されるものでなく、度を超えた行為は許されない」と批判。
 
地元の自然保護団体代表は、「イノシシの数を調整するためにとはいえ、このような虐殺に衝撃を受けている」とコメント。
 
 近年、動物保護団体の抗議が高まる狩猟は、自然のために役立つ伝統的行為であるというのが猟師の言い分。

・・・・・

何事も節度というものを、わきまえてほしいものです。。。


 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

再び洪水と大雨に見舞われた南東フランス

1週間前に6人が亡くなる激しい洪水に見舞われた南東フランスに、再び大雨と洪水が襲来。




日曜日に大雨と洪水に見舞われたアルプ=ド=オート=プロヴァンス県、ドローム県、そしてヴォークリューズ県にはオレンジ色(2番目)の、ヴァール県とアルプ=マリティーム県には赤色(最大)の警報が発令されていた次第。

日曜日は早朝からローヌ渓谷を襲った集中豪雨は、アルプス、東プロヴァンスへ地域を拡大。

ヴァール県(県庁所在地トゥーロン)南部では100mm、アルプ=マリティーム県(同ニース)では80〜200mm、ヴォークリューズ県(アヴィニョン)では20〜80mmの降雨量が予測。

・・・・・

南西フランスも、土曜日は大雨でした。日曜日にようやく晴れましたが、ドルドーニュ川はかなり増水。川沿いに住まれている方は、さぞ心配かと。。。



ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

パリ五輪サーフィン会場はタヒチ!?

2024年に開催予定のパリ・オリンピックで、フランス領ポリネシアのタヒチ島(首都パペーテ)をサーフィン会場とする案が浮上。



住民20万人のタヒチ島は、フランス首都パリより15,760km、飛行時間にして23時間ほど離れる場所。


島の村、チョープー(Teahupoo)は、8月に大波を保証できる、サーフィンのメッカ。


他にはビアリッツやブルターニュを含め、4都市が候補に上がっているところ。


しかしIOCのトーマス・バッハ会長は通常、五輪中心地に近い都市を優先する傾向に。


・・・・・


パリ五輪のタヒチサーフィンとは、東京五輪の北海道マラソンの上をゆく距離ですね。。。




ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

ドレッドヘアのレスキュー猫

太りすぎて自分で毛づくろいすることができなくなった猫が、背中にドレッドヘアを背負って動物保護センター(Le Radeau des Animaux)に収容。

 

 

9歳の猫、シャマードの背中は、絡まった毛が長く伸びて、ドレッドヘアさながら。

 

動物の世話をするのが困難となった飼い主が、ブルターニュの保護センターに持ち込んだのは3匹の猫。そのうち2匹がドレッドヘアを背負い、より見事だったのがシャマード。

 

「これは、今までに見たことがない」という保護センターのオーナーは、「全部切り落とすのに、3時間はかかった」と。

 

「よく世話されておらず、肥満でよく動くこともできなければ、毛づくろいすることもできなかったのだろう」と分析。

 

1カ月保護センターで過ごしたシャマードには新たな飼い主が見つかり、もう1匹のプチ・ドレッドヘアを背負っていたシャドと一緒に新しい家へ。

 

3匹目の猫は、まだ保護センターに滞在中。

 

・・・・・

 

この辺りの田舎地帯は、猫ちゃんと暮らすお年寄りが多いところ。

 

癒しの伴侶なのでしょうが自分の体が不自由となると、存分に手入れをしてあげることができなくなってしまいますよね。。。

 

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>