【飛騨高山】打保屋の黒糖きなこ | ヘルシーとジャンキーの間
新型コロナウイルスに関する情報について

ヘルシーとジャンキーの間

日々の料理や食べ歩きなどを綴っています。自然でヘルシーなものも、不自然でジャンキーなものも、どちらも愛しています。

 
高山土産にいただいたお菓子です。
 
 
黒糖きなこ。
打保屋さんという創業明治23年の駄菓子屋さんの製品です。(“うつぼや” と読みます)
駄菓子なんてご謙遜を…。
 
 
こんな感じの茶色いお菓子です。
きなこを水飴で練って作るらしいですが、食感は柔らかいキャラメルの様。
きなこと黒糖の風味たっぷりの素朴で美味しいお菓子でした。
 
 
本当に素朴ですが、口に含むや否やよだれが止まりません (笑)
 

原料は家でも揃えられそうなんだけどな〜。
こんな味を出すのは無理なんだろうな〜。
 
 
YouTubeのチャンネル登録をお待ちしています。
 
 
 
また、こちらとは別に、動画と連動したブログを書いています。
こちらとテーマが同じ記事もありますが、より詳しく書いていますので覗いてみていただけたら嬉しいです。
 
 
 
ランキングに参加しています。こちらのクリックも是非お願い致します。
 

 

 

ありがとうございました。

では、今回はこの辺で。

また次回もよろしくお願い致します。