オフィスリノベーション納品【オフィス編】 | ストーリーのあるインテリアで暮らしを豊かに               STORY+DESIGN  

ストーリーのあるインテリアで暮らしを豊かに               STORY+DESIGN  

     ただ空間を整えるだけでなく
     あなたのストーリーをインテリアに活かし
     豊かな暮らしのデザインをお手伝いする
     横浜 インテリア・収納デザイン事務所  STORY+DESIGN
  
    
   


テーマ:

手掛けさせていただいていた、オフィスリノベーションの納品が無事に終了しました。

 
ストーリーのあるインテリアで暮らしを豊かに、
STORY +DESIGNの山口晃子です。
 
2月から取り組ませていただいた、横浜市中区C社様のオフィスリノベーション。
先週納品が終了しました。
 
掲載許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。
 
今回のリノベーションへのご要望は、
 
【オフィス】フリーアドレスエリアを8名対応にしたい(原状6名)
【会議室】使いやすくしたい。空間を有効に使いたい。
 
 
今回はオフィスについてご紹介いたします
 

Before
{19ED18A4-5143-4296-B3E2-7448334DF7E7}
 
After
{D9C9A9F4-1BBD-492B-82DF-19399D574D9A}
 
引出しが付いた事務机から脚のみのシンプルなデスクへ。
 
こちらのデスクは間伐材を使ったKINOWAシリーズのオーダーものです。
 
国産ヒノキの無垢材とLアングルスチール脚のシンプルなデザインがクールで、流行りのインダストリアルな雰囲気。
 
フリーアドレスとしての利用をふまえ、コンセントが使用しやすいよう、センターにタップを置くためのダクトレールの取り付けをオーダーしました。


 ポイント1
引出しがない足元がフリーなデスクで、同じスペースに8名座れるように
 

また、デスクのサイズはオフィスの採寸を元に検討した結果、奥行きを1200mmとしました。
 
通常よくある事務机は奥行き700mmが多いのですが、それを2台向かい合わせに設置すると通路が狭くなってしまいます。
 
そこで、ヒアリングで伺った「フリーアドレスではPC作業がメイン」という点をふまえ、一人分の奥行きを600mmとしました。
10cm狭くなりましたが、印象はそれほど変わらず、作業に十分な広さが確保できました。
 

ポイント2
デスクの奥行をあえて狭くし、空間にゆとりをもたせた



デスクにあった引出しの代わりに、荷物は鍵付きのロッカーへ。
{DDB9D08E-BD46-4EE1-8892-14A1E6934D10}
 
こちらは自分で暗証番号を決められるタイプをセレクト。


また、当初の計画にはなかったカウンターテーブルを追加し、立ったままで作業できるスペースができました。
 
{A9E7A4E9-DB6A-4BD3-A978-25AE326299F3}
 
気分によって、デスクかカウンターを選べるように。


ポイント3
空間を有効に使うことで、
デスク8名+カウンター3名 の最大11名の利用が可能に


個人的には、このカウンターで壁を向いて作業する方が集中できそうでいいなと感じました。

「この感じ、スターバックスっぽくていいね!」とC社の方にも好評でしたよ。


今回、業務と平行しての納品だったため、片づけが追いつかなかったのですが、デスクが変わっただけで、空気が変わりました!


オフィスに無垢材のデスクがあるところって、なかなかないと思いますが、今回の納品で木の魅力を再認識。

ヒノキのいい香りと、ぬくもりのある手触りに癒され、無機質なオフィスが生まれ変わりましたビックリマーク
 



KINOWAのデスクをご提案した経緯や会議室のご紹介は次回に!
 
 

 

 

↓ポチッとしていただけると、うれしいです!

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

 
 
 
 
 

インテリアデザイナー/ライフオーガナイザー/山口晃子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス