春の陽射しのように


NESセラピー&ホロスコープ


provision




s.heart**広島市内・福山・山口・大阪にも出張いたしますs.heart**

       clover*お問い合わせはお気軽に~ clover*

     s.matsusima333@gmail.com   まで音符


                        

  • 07Oct
    • レムリアでくつろく〜弥山に登りました〜の画像

      レムリアでくつろく〜弥山に登りました〜

      宮島の弥山に登りました今日はホントに清々しい秋晴れに恵まれました。ご一緒したのは木村えみんさんハッピーマインド研究室kanoa潜在意識からマインドアップデート《ハッピーマインド研究室》kanoa「ハッピーマインド研究室」潜在意識からマインドをアップデート!思い込み、制限から自由になり、前提を変換して、ほんとうの自分で愛と喜ぶ溢れる人生に!クリアリングヒーラー木村えみんperaichi.comえみんさんは、とても探究心のある素晴らしいセラピストさんです数年前には庄原市の日本ピラミッドに登ったり仙酔島の砂浴に行ったり楽しい思い出がたくさんあります大聖院から歩いて登山する予定でしたがこの時点で、やや足がガクガクし始め速攻、ロープウェイに乗ることに変更しましたロープウェイに乗っても十分ガクブルになりつつやっと弥山に着きました快晴ですほんとに気持ちいい弥山の巨石で瞑想しました。誰やねん!笑帰りに龍昇の御神木に立ち寄りました。光がいっぱい秋晴れのもと、心置きない会話を楽しむわたしたちの心にはまるでこの秋の澄みわたった青さのように雲がないことを感じてホントに幸せを感じたのでしたこの数年、住んでいるところが違ってもこうして時々、会って近況報告をしながらわたしたちはこうして少しずつ軽やかになってきましたさあ、次に会うときはどんなわたしたちでしょう。今日もありがとういつもありがとう

  • 06Oct
    • 呼吸道を通して気づいたシンプルなことの画像

      呼吸道を通して気づいたシンプルなこと

      清水友邦さんの呼吸道vol.2が終了しました。イーハトーブ心身統合研究所iihatobu.comわたしは最後のシェア会の日に参加できず恐れ多くも個人シェア会をして頂きました✨呼吸道とは。呼吸道講座 | Mystic Cafe タオイストジャパン清水友邦の呼吸道 基礎講座のご案内。呼吸道は清水友邦が四十年にわたり探究してきた、多種多様な西洋と東洋の技法を統合したワークです。三つの身体に働きかけて自己の全体性を、回復させようとするものです。www.taoistjapan.com実はこの最後のシェアは素晴らしい体験をお持ちの錚々たる参加者30名のみな様のシェアと、それに対する友邦さんのコメントが聞けるとても貴重な時間でもあります。数年前にVatya Prem Ishiiさんのご紹介でワークショップに参加させて頂いたご縁でお初にお目にかかった友邦先生は極めて、清々しく人間らしくもありながらどこか超越した、仙人のような不思議な魅力をお持ちの方でした。呼吸と、身体感覚を通して目覚める感覚を体験したくてトライした4時間に及ぶブレスワークという個人セッションでわたしは初めて、すっかりマインドから解放され目の前がただ美しく光り輝く「今」という瞬間を目の当たりにするという素晴らしい体験をさせて頂きましたそのときの、厳しくも明快な助言と愛のある受け応えからこれまでわたしが体験してきたことひとつひとつに価値があり何一つ無駄なことはなかったこと、そして、深刻になる必要がないことを本当にスッキリと身体でわかる、という体験をさせて頂いて以来わたしは友邦先生のことをとっても慕っておりますとはいえ、遠い岩手にお住まいの友邦先生にお会いする機会も少なく今年、コロナによるオンライン化のおかげでzoomで再会できたことをとても幸せに思っています。呼吸道の講座では足の指の一本一本を回すところから始まり背骨の一本一本を感じることなど呼吸と共に固まった身体を緩め感じながら伸ばします。これまで自分の身体にどれほど無頓着であったかと反省しつつ息を吐き切ることでこれまで伸びきらなかった身体が緩み始め、ただゆっくりと呼吸に意識を向けては身体を感じる・・そのシンプルで静かな時間を積み重ねていくことでこれまで絶え間なく「意味づけ」をしたがり答えを急いで出したがっていたマインドが少し無口に、そして穏やかになってきました。すると、不思議なもので現実の体験も穏やかになりどの体験もその瞬間をただ無邪気に楽しめるようになってきました。最後のシェアのとき友邦さんに質問をさせて頂きましたがそのとき、不思議な体験をしましたわたしの疑問に感じていたことを質問した直後友邦さんがニコッと笑って「どう思う?!」と極めて楽しそうに問いかけられた瞬間頭の中から疑問が消えてしまった!答えが見つかる、というより風船が割れるみたいに消えちゃった!!あははなんてシンプル以前、アシュタールのセッションでも体験したことがあるこの感覚高波動の人の前では、疑問が疑問でなくなってしまうのですね。もちろん、日々いろいろなことは起こり腹が立ったり、悲しくなったり寂しくなったりはするんだけれどそれでもそんな感情をただ感じつつシンプルに自分自身でいることを楽しむ感覚。呼吸道を通して、この気づきが面白いほど、自分を自由にしてくれると感じます。身体に意識を向け、微細な感覚に気付くようになることははじめ、ちょっとめんどくさかったけど(笑)遠回りに見えて、近道だったと思うこの頃です。夫の死をきっかけに初めて波動測定に出逢ってからずっと心と身体の健康を求めてきました。感情に振り回され続けてきたわたしが意識の目覚めや拡大に興味を持ち始めてからは肉体を二の次に考えていた時期もあります。そして、チャネリングに出逢い、また戻ってきたいま、心と身体と呼吸とが一つになることで自己の全体性に気づく呼吸道を通して「生きる」ということがとてもシンプルで楽しいものになってきました。

  • 16Sep
    • 素敵にご紹介ありがとうございますの画像

      素敵にご紹介ありがとうございます

      今日は水族館に行きました。暑さもやわらいで、心地よい1日でした昨日、レインドロップを受けに来てくださった坂井佐奈重さん『毎日頑張っている人こそ、自分ケア大切♡』幸せ女神のパワフストーンカウンセラー坂井佐奈重です。ブログに訪問してくださってありがとうございます始めましての方はこちらから⇒私の自己紹介秋のお…ameblo.jpがブログに書いてくださいました。素晴らしい文章力で、本当に愛溢れるご紹介に感激です。昨日は、お友達でNESヒーリングセラピストの里水さんからNESセラピーとレインドロップを受けました。里水さんは今、アロマトリートメントをとっても楽しんでされています『アロマトリートメントが楽しすぎる件』わたしがアロマトリートメントをするなんて正直、想像もしていませんでした。わたしは子どもの頃からコンプレックスの塊で特に日焼けした手は黒くてゴツゴツしていて誰に…ameblo.jp楽しくされてるエネルギーってとっても波動が軽やかで心地いいからでしょうか?コロナでずっとアロマトリートメントの施術を自粛されていらっしゃったのですが、「今月から再開します。」と告知されてから、予約が次々入っていらっしゃるようです「里水さんのトリートメントが受けたい」「里水さんに話を聞いてほしい」「里水さんと話がしたい」という里水さんに癒されたいという人が続出中私も毎月里水さんのレインドロップを楽しみにしています里水さんのレインドロップはまずは、心と身体の声を聴くことからNESというソフトを使って、体の中の生命エネルギーを読み取ってもらいます。マウスのような装置に手を置いて身体のエネルギーと潜在意識のエネルギーをスキャニングされます。15秒後今の私の体の状態や心の状態が読み取られます。問題が出ている体の部分は今はそこに傷みが出ていなくても、無意識に自分が心の中で問題として抱えていることや、これから課題として取り組みたいと思っている状態が現れます。すごく当たってるんですよね~これそして今体の部分では、何も感じていない部位でも、里水さんからそこと連動している心の部分の解説を聴くと「なるほどな~」と思います。心と身体は密接につながっているということなんですよね今は問題が表面にあらわれていなくてもそこに関わっている心の問題をそのままにしておくと、やがてその身体の部分に何らかの症状として現れてくるようになるみたいです。私の場合は皮膚・副鼻腔・のど・横隔膜・脳に反応が出てきたんですが今、実際に症状が出ている部分もありましたが、特に気になることもない部分もありました。(ちょうど鼻が詰まったような感じだったんですよね、この時)でもその体の部位と繋がっている心の状態を聴くとなるほどな~と実感反応がでた部位からはもっと自分に正直になって自分のアイデンティティを確立していきたい。まだそこに恐れがあるんだけど、それから自由に解き放たれて自分の力を発揮したい!!という思いがあるそうです。そして体の状態をスキャンしているので、その後のトリートメントがダイレクトに効いてきますよね。問題を抱えている部分がアロマトリートメントとレインドロップでどんどんクリアにされていきます。さらに私の身体の情報に合わせて必要なオイルも使ってくれるので、トリートメントが終わると、すごいリフレッシュ身体のデーターが書き換えられたって感じです本当の自分を知って自分を癒すって大切施術後、チャネラーでもある里水さんから、施術中に見えたイメージを伝えてもらいました。里水さんは施術中に体に触れているときに、ヴィジョンが見えるそうです。私はとっても素敵なヴィジョンを伝えてもらいました天馬に乗って自由に空をかけている私が見えたそうです。イメージで言うとこんな感じ本来持っている能力を十分に発揮し、自由に空を飛ぶようにこれから開花していきますね自分が無意識のレベルで抱えている問題を明らかにすることそしてそこをクリアに流して、癒されること病気になる原因を取り除く未病の状態でケアすることができます日々頑張っている人や、癒しを与えている人にこそ、今の自分の状態を知って自分を大切にすること自分をケアすること習慣にしてほしいな~と思います。だから里水さんも私のアロマトリートメントを受けにこられますこうして、お互いにケアし合いながら、私たち癒されているからいつもベストな状態でお客様に向き合うことができています。これって最高の環境ですねこんな素敵な仲間がすぐそばにいる私って幸せ私の住んでいる庄原には、里水さんや私以外にも素敵なセラピストさんやアロマテラピストさん、エステ、マッサージをされてる方がたくさんいらっしゃいます。ぜひ自分に合ったセラピストさんやテラピストさんを見つけられて定期的に自分メンテナンスをされることをお勧めします頑張っている人こそ自分を大切にケアすること必要です。佐奈重さんありがとうございますいつ、どんなときも優しい笑顔で自分に正直、かつ飾らない佐奈重さんには全幅の信頼を置いています。自分を磨いて、努力することを惜しまないからこれだけ、注意深く観察して、自分の言葉で表現できるのでしょうねぇその文章力、ほんとに憧れますというわけで、わたしも佐奈重さんのご意見に賛成ですこれからの季節、夏の疲れがたまらないうちに相性の合うセラピストさんを見つけてしっかりこまめにケアしましょうね🐬そして、セルフメンテナンスもお忘れなく♥️

  • 08Sep
    • アロマトリートメントが楽しすぎる件の画像

      アロマトリートメントが楽しすぎる件

      わたしがアロマトリートメントをするなんて正直、想像もしていませんでした。わたしは子どもの頃からコンプレックスの塊で特に日焼けした手は黒くてゴツゴツしていて誰にも見られたくないずっとそう思ってたいたので、他の方のお体に触るなんてムーリー❗️って、ずっと思っていたのです。意識が自分に向きすぎですねでも、アロマセラピストの講座を受けてアロマってなんてすごいの?!と思ってからはアロマトリートメントがしたくてたまらなくなったのだから、人ってわからない!今日のテーマはオレンジとゼラニウム。第二チャクラ活性と、自己受容✨カウンセリングで、ご自分が今いちばん「問題」と感じていらっしゃることと実際に足を止めていることとは、必ずしも一致しません。カウンセリングで心が解けてきたらあとは丁寧に心を込めてアロマトリートメントをさせて頂き、レインドロップで精油のサポートをもらいます。少しずつ、自分を開いていってはだかの自分を許して愛して寛いで、全開の笑顔で自分と目の前の大切な人に愛を表現しましょう🍀今月はご予約をたくさんいただいております。ありがとうございますぜひ、継続されて変化を楽しんでくださいね長く続けられている方からの「わたしはもう別人ですよ❗️」と言われる輝く笑顔に、わたし自身が励まされています。今月の空きは9/11 13:00〜16:009/18 午後9/21 午後9/22 午後9/29 午後9/22の秋分の日に向けてデトックスされませんか❓

    • 人生を豊かにするチャネリング講座 卒業メッセージの画像

      人生を豊かにするチャネリング講座 卒業メッセージ

      人生を豊かにするチャネリング講座大好きな松田敬子さんが開催されたチャネリングの講座 全7回の最終回が8月29日に開催されました。塾の講師でもある敬子さんらしく、卒業レポート、修了証の授与もあり、なんだか本当に卒業らしい日となりました✨今回は初めからの講座を振り返ったり公開チャネリングもありました。できる気はあまりしませんでしたが公開ボイスチャネリングに挑戦し、質問も受け付けてみました。このときのことは、本当に感動でした始まる寸前まで、できる自信なんてなかったのに始まった途端に、まず愛が流れ込んで来ました。涙が溢れ、全てが愛に見え始めました。全ての受講生さんのメッセージが素晴らしく愛に満ちていました✨本当に感動しかありませんでした最後のチャネリング実践としてプレアデスの白い人たちをチャネリングして自分自身でメッセージを受け取り、記録しました。記念と記録のためこちらに記します。「愛しています」あなたとつながる時、私たちは明るさと勇気を感じます。あなたは無邪気な子どものように、変化を怖れず新しい世界に飛び込みます。たくさんの恐れを感じでいる時でもそうです。歩みを進めることをやめませんね。時々、そんなご自分を恥ずかしがったり、悲しんだりされていることも知っていますよ。けれどもそんな時も、あなたは歩みを止めたいとは少しも思っていませんね。なぜならあなたはこの地球に生まれてくることを本当に楽しみにしてきたのです。どんな瞬間を逃すことも、もったいなくて仕方ないと思っていますね。だから目まぐるしく、クルクルと変化することを好み他の人たちとは違った視点でこの地球を楽しんでいるのです。そのことをご自分でもうわかっていますね。これまでは、無意識の領域でやってきたことをあなたはこれからしっかりと、目を覚まし多次元的に生きていこうと思い始めましたね。だから、現実が変わり始めました。これまで、目の前の現実のなかで流されてきたことを意図的にご自分で創造していくことができることにあなたは本当の意味で気づいたからです。過去の様々な枠の中で、自分を小さくしていくという体験を超えて新しい視点で、これまで体験してきたこととは、また違う感じ方や在り方を体験していくこと、すなわちもっと心地よく愛されたり癒されたりする中でこそ育まれる愛や情緒、癒しのエネルギーが厳しさや試練といった体験に劣るものではないということに気づいたのです。これからの体験から生み出される穏やかで優しいエネルギーのなかで自分自身を育てるという体験をすることがこれまでのあなたにとってはあまり価値を感じられないことだったかもしれませんね。しかし、これこそが新しい時代のあり方です。自由で楽しい世界へようこそ。笑い声が響いています。この波動があなたを進化へと導きますおめでとう。愛していますいまのわたしは、この言葉の通り新しいあり方への許可を下ろし、毎日を心地よく、穏やかに楽しむことができています。すべては自分の選択でした。うまくいかない現実と戯れるように楽しんできたけれど好きな人たちと優しい穏やかな時間を生きることで新しい世界をもっと楽しんでいく許可をおろせたから。素晴らしいティーチャーである敬子さん素晴らしいみなさんに感謝でいっぱいです

  • 05Sep
    • 歌ってみました♪の画像

      歌ってみました♪

      暑い日が続いていますね。いろんなことがあった8月ブログを書こうと思いつつ・・・暇さえあればやっていたことがこちら。   ↓ ↓ ↓https://youtu.be/vDX1jU440DIあいみょん「裸の心」挑戦中未完成、、50代だってあいみょんが好き 30年ぶりにピアノを引っ張り出して、♭が4つもついてる〜😅 まずは片手だけから練習してます。 いつか、両手で弾き語れる日を夢見て✨youtu.beまだまだヘタッピなのですがどうしても歌ってみたくて待てない女なものでコロナを機に、自粛期間にウクレレを始め連日、数時間の練習を重ねて歌ってみたのがこちら。https://youtu.be/_XbLuVJr93k「空も飛べるはず」ウクレレ50の手習い。 ウクレレ始めたので歌ってみました🎶 まだ始めたばかりで、初めて弾き語りしました。 ウクレレで繋がれたらいいなぁと思います。youtu.be子供のころから歌が大好きでしたでも、自信がなくて特に歌に関わることもなく、もっと、ちゃんと歌や楽器をしっかり学べばよかったなぁ、と残念に思っていました。5年前からボイストレーニングを始めて少しずつ、声が出るようになり歌うことがもっと好きになりました✨これ以上、上手になるかどうかはもう神のみぞ知る、感じなので歌いたいから歌ってみるこの楽しい気持ちを分かち合えたらいいなぁと思い、思い切ってFacebookにアップしました。心の中では「わたしが歌って誰が喜ぶん⁉️」という思いはずっとありますがアップしてみたらたくさんのメッセージを頂きましたやってみたくても恥ずかしくて出来ないことを思い切ってやってみると違う景色が見えてきます。評価されることを超えて自分のハートが喜ぶことをやってみたい✨魚座の満月♓️自分の肉体としっかり繋がり知らず知らず、自分にかけている制限から自由になって生きることを許可しよう大丈夫わたしたちは愛されている

  • 02Jul
    • 待てない族のあなたへ~可能性にオープンでいること~

      いま、本郷綜海さんのスピプロ9期で学んでいます。スピプロというのはスピリチュアルプロフェッショナル、スピリチュアルな活動をプロとしてするための学びです。本郷綜海さんには魂うた=魂とつながる歌の唄い方という講座で初めてお会いしました。ほんとうにナチュラルで自然体の人でありながら彼女の細いボディーで、全力でぶつかる12人を全受容する大きな愛とエネルギーは圧巻でほんとうに驚きました。その綜海さんがよく講座のなかで「そうでもいいし、そうでなくてもいいけど安心で安全なほうにオープンでいてね」と言われます。その言葉がなんとなく心地よくて耳に残りました。私のイメージでは万事休す、な場面にほんの少しドアが開いていてあ~もうだめだ!と思った瞬間にそのドアからするりと抜け出ていける感じ。その感覚がいま、とても救いになっています。わたしは子どものころからほんとうにせっかちで待つのが大の苦手でした。なんでも、いますぐに結論がほしいし答えがないと落ち着かなくて、とりあえず、いまの段階ですぐ答えを決めちゃう。それでよくケアレスミスをしたり、ときにはそれが大失敗につながったり。人間関係でも、小さなトラブルが大きくなる時はいつもわたしの「待てない」が原因だったといまはわかります。きっとその「待てない」のは「感情」の未熟さ故だったのだと思うのです。大丈夫なほうの可能性にオープンでくつろいでいたら、たいていのことは笑い話になったり、記憶の片隅で薄らいでいったはずのことに薪をくべて油を注いで炎を燃やす、的なことをよくやっていたわけです。まぁ、いまもやっているというべきか「待つ」ということの可能性安心で安全なほうにオープンでいながらくつろいでいることの価値は大きいです。それを楽しめたら、もしかすると人生の様々な問題は「問題」ではなくなるのかもしれないですね。いま、子育て中のママたちも「あ~ん私の時間がな~い!」って思っているかもしれません。「お願いだから一人にして~」私も子供と一緒に泣いたこともありますでも、どんなにずっと一緒にいたいと願っても、子供たちはあっという間に親の元から離れていくもの。厨房で仕込みをしながらいつものように、私に関する時事問題(笑)を話していておそらくは私以上に私をよく知る次男に指摘されて気づき、ちょっとほどけた気づきでした。世界の美しさを信頼して時の流れに身をゆだねるもありなのかもね

  • 01Jul
    • チネイザンを受けてみましたの画像

      チネイザンを受けてみました

      府中の内海舞さんがレインドロップをご予約くださったのでわたしはチネイザンをお願いしました。腎盂炎をきっかけに、改めてわたしの心も体も、いまもう一度ちゃんと向き合わねば。と思っていたのでベストタイミングでしたわたしは虚弱だったからのガチな健康オタクで、最近では健康に自信があったし血液検査でも悪いところもなく血管年齢30代とか言われて調子にも乗っていたしそんなわたしがいきなりの高熱。コロナか?疑惑ですったもんだの挙句の腎盂炎。ショーーックでした。抗生物質を1週間飲んでも改善されず副作用がきつくて逃げ回ったものの逃げ切れずで腸がカチコチになっていました。舞ちゃんのチネイザンは不思議な感じ。エネルギーがながれるのがリアルにわかり深いところで癒されていく。そして、3日後のきょうも感じるのは、後からどんどん腸が柔らかくなってくる不思議彼女からの後で送られたメッセージも深いのでご紹介させていただきますね。今回里水さんに施術させてもらって、色んなデーターが伝わってきました。『無垢』『愚者』『国づくり』『女神』『神話』『宇宙レベルの深い愛』『犠牲の古いエネルギーの浄化』精霊のエネルギーから、国づくりの女神のエネルギーまで幅があってそれがどうなってるのかまではまだわたしに理解できないところがあるんですがどちらも里水さんの持っていらっしゃるものであることには変わりないです꒰ღ˘◡˘ற꒱あまりにもひろったデーターに幅があったので、帰ってカードを1枚だけひかせてもらったら、やっぱり『0 :愚者』のカードがでてきました。めっちゃシンプルに簡単に言うと『もっと自由にアホになりましょ〜♪』です。笑誰かのためになるものぢゃないといけないとか、人の苦しみをほって自分だけが幸せになってはいけないとか(その逆ももしかしたらあるのかな??)そういった感じかな??の古い犠牲的なエネルギーをもう浄化するタイミングであることを里水さん自身も感じてらっしゃるとおもいます。はいそうです(里水談 (笑)それは里水さんだけのものではなくて、集合意識をひろってらっしゃるところも大きいとかんじました。それを浄化するタイミングの腎盂炎。『生きることをたのしんでいい』『悦びでいきる♪♪』まずお身体に向き合いながら、身体を元気にしていくことがこれからの新たな動きのための養生であり、グランディングになります♡身体的にはまずは胃を元気にしていくことを意識されると、腎を助けることにつながるし、意識的にもやりやすいかなっとおもいます。やることはとてもシンプルなこと、胃に意識むけながら食べたかったら食べる求めてるものを食べる休みたかったら休む寝たかったら寝る動きたかったら動く日常的にもう意識されてることかもしれないんですが、そのシンプルな動きの洗練は、日々自分に意識むけて観察力を育むので、自己信頼にも繋がるしシンプルだからこそ、とてもグランディングにもなります。里水さんは、みんなが生きるその場所のエネルギー源、オアシス️そんなことを使命にされてるのかなって個人的に感じました。だからこそ、今感じられてる犠牲ではなく『楽しむ』ことでの循環のチャレンジは、里水さんの宇宙に大きな変容をうむよねっておもいます。わたしも、レインドロップ受けて、身体もスッキリしたけどアストラル体のクリーニングが進んだのをかんじました〜里水さんから受けたいとおもった直感はただしかったって、受けておもいました️ありがとうございます(*´﹀`*)舞ちゃんありがとう~そして、その翌日の瞑想会でも笑って~♡のオンパレード多次元的な視点でみると、深刻さが消えていきますね。いま、こうしてたくさんの人たちがそこに同意して新しい流れを選択していって忘れかけると思い出させてくれる・・・素敵です舞ちゃんありがとう

  • 17Jun
    • 父。の画像

      父。

      人生初の腎盂腎炎。これは予想を超えて辛い日々でした。わたしの父は、晩年人工透析をしていました。長年、偏食がひどくお肉ばかり食べて、高血圧、高脂血症を経て人工透析となったとき、わたしは心配よりも怒りの方が大きかったのです。16年前、夫が癌で他界してから健康のことを学び、あれこれとアドバイスしてもわがままを通して、いいと言われることの逆ばかりする父が腹立たしくて。腹部大動脈瘤の手術を決めたときも怖がりな父がそんな決断をするなんてシングルマザーになったわたしをサポートするためだったとわかっていました。術前の医師の説明では全身の血管の状態が悪くて術中、何が起きてもおかしくないと恐ろしい可能性を淡々と説明される医師の話を聞きながら、隣でドンドン青ざめていく父の表情をわざと見ないようにしてわたしの心は明らかに、閉店ガラガラと心のシャッターを下ろしました。「もうムリ!ムリ!これ以上わたしに悲しい思いを感じさせないで」夫が先立ってからのわたしは、透析をしているめっきり弱くなった父と、受験を前にした3人の子供たち、ひとりで店を切り盛りする母。その5人が肩に乗っかってる気がしていました。元気になるための手術を控えて「怖いから、今夜は泊まってくれないか?」という父に「大丈夫❗️大丈夫❗️」と父をひとり病室に残して、泣きながら帰りました。それが、ちゃんとまともな父と話せた最後となったのでした。術後、父は感染症やせん妄をはじめ様々な症状に襲われました。広大病院まで、車で2時間。それからの3ヶ月間、毎日父の病室に向かいました。時には一度帰って、娘を1時間半離れた学校の寮に送って、また病院まで2時間走り夜には家までまた2時間。1日の走行距離が300キロ近い日もありました。個室だったので、毎月の医療費も何十万円と請求が来て、仕事も休むわけにはいかない。そんなギリギリの状態で、術後ドンドン悪化する父に、もう立ち尽くす心境のわたし。それから、3ヶ月後やっと地元の日赤病院に戻った時父は顔なじみの看護師さんたちの顔を見て「殺されるか、思うた。やっと帰れた」と喜びました。日赤病院に戻ってからは少しずつ良くなりメンタルがどれほど影響するかを痛感しました。そして、退院を間近にしたある日院内感染であっけなく父は還らぬ人になりました。もうね、しんどすぎて涙も出なかったんです。いろんなことが、辛すぎた。それから今年が父の13回忌です。そんな今になって腎盂腎炎。身体中が痛くて39度を超える熱が4日も続いたわたしはずっと涙が出てました。辛すぎて、痛すぎて。その時、ずーっと父のことが頭から離れなかったのです。子どもの頃、スキーが得意でゲレンデの中でいちばん上手でかっこよかった。ゴルフはシングルプレーヤーで高級車に乗って、わたしの高校の参観日はいつも父が来てくれました。「まっちゃんのお父さん、かっこいいね。」「2人、仲良くて恋人同士みたいだね」友だちからいつも羨ましがられてました。遊び人とか自由に生きた人とか誰も父のことを褒める人はいなかったけど、わたしは大好きだったんだ。お父さんのことが自慢で誇らしくて、わがままだけど可愛らしくてコミュ力高くて。それなのに、お父さんがいちばん辛い時、わたしはハートブロックしてたよね。思い出すたびに「ごめんね」しか出てこなくてずっとずっと自分の背中さすりながらお父さんも透析するの、しんどかったよね。自業自得みたいなこと言ってごめんね。泣いて、泣いて、泣いて。昨日、松田敬子さんのチャネリング瞑想会の「いちばん辛かった時に戻って癒す」という瞑想をしました。もう、あり得ないくらい悲しくて、もうこの悲しみをどうしていいかわからない、と思ったとき、いまのわたしが救いに来ました。一緒に泣きながら「それでも、あなたがいたからお父さん、毎日、行くのを楽しみにしてくれてたよね。看護師さんに、うちの娘は優しいだろう!って自慢してたよね。あのときは、あれが精一杯だったよ。よくがんばったよ。」そう言って、抱き合って泣いて泣いて、やっと「お父さんごめんね」が「ありがとう。大好きだよ」に変わった。「大好きだよ。お父さん。ありがとう。わたしは生きてるからこれから、ハート開いて愛をだだ漏れにして生きるからお父さんも、この愛のエネルギー受け取ってね」やっと言えた思い出すたびモノクロに立ち尽くしたままだったわたしにやっと色が戻り、少しずつ楽しかった思い出が蘇り始めました。これでやっとひとつわたしを許せたからまた歩き出せる。

  • 12May
    • 母と娘の仁義なき戦いは愛へと続くの画像

      母と娘の仁義なき戦いは愛へと続く

      先日facebookにも投稿しましたが母との仁義なき戦い・・この原因を考えてみると、やっぱり母娘の問題はずっと昔に遡ります。わたしの眉も太いですが、母もそうとう気が強そうな太い眉です子供のころの母の印象は、というとほんとうにおとなしくて我慢強く余計なことを言わない賢くて強くて優しい母でした。はい、これ以上ないくらい褒めましたずっとそう信じていたんです。たしかにわたし。いえ、きっと私だけでなく、家族もみんな。うちの母は香川県から嫁いできましたが、周囲からよく父は「婿さん」と思われていました。それくらい、祖母と母は仲が良く、祖母は母に全幅の信頼を寄せていました。「もしあんたたちが離婚するようなことがあったら出て行くのはあんただからね!」と父に言っていたほどです。(でもホントは笑えるほど父のことが可愛かったのですが)それだけに子供のころのわたしは「母の言うことが間違うはずない」といつのまにか信じ込んでいました。何をやっても母には敵わないというある種トラウマのような感覚もあり子供のころ、母の言葉や態度がわたしを傷つけた、と感じることがあってもそれはわたしが悪いからだ、、、と思い込んでいたのです。それは意外に根深くて、おとなになってもそれは続きました。60年にもわたって長年続けた食料品店をやめてカフェにするといった時も、自分の貯金まで貸してくれて快く引いてくれたのには、驚き、ほんとにすごい人だと心底感心したものです。ところがところが、カフェをオープンしたあたりから少しずつ片鱗が見えてきました・・・「あれ?あれ?」「?」「?」疑問符がたくさんつくようになり、あるとき確信に変わりました。母はあまのじゃくだったのです超自由人であまのじゃくの目立ちたがり屋わたしたちが「妖怪手柄取り」と名付けるほどなんでも「わたしが〇〇したから」と手柄を自分のものにしたがります。50年娘をしてきて知らなかった母の一面に驚きました。母はこれまでお店で商売をすることが本当に好きでみんながそれを「よく働くね」とか「我慢強いね」と言って称賛するので、承認欲求も満たされ誰にも遠慮することなく好きなように楽しく自己表現できていたわけです。だからそこで自己実現ができていたのでそれ以外の細かなことにはほとんど興味がなかったのだとわかってしまいました。人格者でも、我慢していたわけでもなかった・・・!だから子供のころにまさか母がそんなことを言うなんて。。と思ったあのこともこのことも母の性格がわかってからは、「やっぱりそうか」と怒りポイントがたくさん浮上してきてその怒りを昇華するのにけっこう時間がかかりました。とはいえ、長く占星術を学んできたので母の持つ特性とわたしの特性から、まあそうなるのも無理はないか・・という理解もできもっと言うなら、その体験をしたのはほかでもないわたしの選択だということです。その自由さの背景には強さばかりではなくて、母なりの弱さや葛藤もあります。でも、自由に生きるという選択をしてくれたことで実はわたしたちが一番助かっているのです。今日も自由にやりたい放題で元気いっぱいです母と子。この地球で、生まれて初めてのかけがえない体験を分かち合う約束をしてきた切っても切れないこの関係性は素晴らしいものばかりではないかもしれないけれどその体験はすべて、ほんとうにすべてわたしたちが自分自身になっていくために用意されたスペシャルな道程です。それがどんな体験であっても、そこには必ず「愛」があり、それに気づいていくことが自分自身の人生に、より光を当てていくものとなるのでしょう。わたしは、最近、カウンセリングを通してさまざまな体験をお聞きします。そして思うのです。すべて素晴らしい自分自身へと続く道です。もし、そう思えない時は、わたしでよかったらお話を聞かせてくださいね。一緒に答えをみつけていけると嬉しいです

  • 11May
    • 佐奈重さんのパワフルセッション受けましたの画像

      佐奈重さんのパワフルセッション受けました

      先日、坂井佐奈重さんの「自分自神に目醒めるセッション」を受けてカラー診断をしてもらいました。そのときに出てきた色のパワーストーンをブレスレットにしてもらいます。実はこのところパワーストーンやお守りのようなものを身に着けることもなく、「自力」で何とかなると思っていました。でも、人の力を借りたり、石やアロマのエネルギーに助けてもらいながらより自分をクリアーにしていくことも必要だと感じ始めていてちょうどいいタイミングでした。今回は佐奈重さんから「ブルー」を提案されました。ブルーの中でも、今回はアマゾナイトちょっとグリーンに近い優しいブルーをチョイスアマゾナイトは別名ホープストーンともいわれる願いを叶える石なんだそうですそれは「自分に自信を持って表現していく・・・だから願いが叶う」ということだと。それに癒しのグリーンの石フローライトを組み合わせました。これはエネルギーをクリアにして、自分の思いも整理してくれる石だそうです。(・_・D フムフムこれ、今サポートしてくれそう。そして、ジェダイドは自分の隠された能力を明らかにするという意味を持つあらゆる成功繁栄の石なのだそうです。最近のわたしは、いろいろ変化を感じていて自分の気持ちや想いをちゃんと相手に伝えるというのがテーマだと感じていましたのでなるほど納得です以前作ってもらったルチルクォーツとクンツァイトのブレスレットこれがとても気に入っていたのでもうほかには要らないかな、と思っていましたがブルーとグリーンの組み合わせの石はいまのわたしをとてもサポートしてくれている気がします。クォーツはわたしが以前から持っていたものを組み込んでもらったので予算内で納まりました佐奈重さんは持っているものもちゃんと活用してくれるのでとても良心的で安心してお願いできますセッションでは、わたしは何度も同じワードを繰り返していたようでその隠れた自己認識に気づき、自分らしく生きるためには自分の思いを明確に表現していくということがとても必要だと改めて感じました。それをサポートしてくれるためのブレスレット大切にします佐奈重さんにはブログも教えてもらう予定なのでこれから表現方法を少しずつ見直していこうと思っていますぱ。佐奈重さんは、どんなときも愛の立場で居てくれる、とても信頼できるたいせつな友でもありセラピストさんでもあるので何でも本音で話せることで、より自分の深いところに気づくことができました。佐奈重さん、ありがとうございましたコロナによる世界的な自粛、Stay homeによって本当に長い間、外向きに動き続けていたエネルギーが一気に内に向かい、静かに居る時間が増えたのでおそらく今年ほど、自然の美しさに深く癒されたり、心動かされた年はないのでは?と感じています。この時期がとても貴重で必要だったのだと思います。これからおそらく社会全体が大きく変わるでしょう。どんな現実が目の前に繰り広げられるのかちょっとドキドキもしますがそのとき、私たちが揺らぎながらも愛であり、喜びであり高い周波数を放てるように自分自身をクリアーにして自分のハートの声に正直でありますように

  • 10May
    • 宇宙からの贈り物~愛のフィールドで生きる~の画像

      宇宙からの贈り物~愛のフィールドで生きる~

      美しいさそり座満月が浮かぶ上野池です。この自粛期間に、わたしは自分のエネルギーが変化しているのを感じています。時間があるときはいつも、呼吸に意識を向け目の前の現実に同調しすぎることなく自分の周波数を上げていこうと意識していました。でも、コロナのことを意識するたび無力感を感じたり、切なくなったりしました。それでふと、松田敬子さんのプレアデスのチャネリングを受けてみたいと思いました。zoomのバーチャル背景を宇宙で統一してみましたよ敬子さんのチャネリングセッションは何度目でしょうか・・?これまで、いろんな場面で受けてきました。いつもその時、その場面に最もわたしの心に寄り添う愛の言葉で勇気と自信を与えてくれる素晴らしいセッションです。今回は、zoomということで、ちょっと面白いことがありました敬子さんがプレアデスの白い人とつながった瞬間急に音声が、切れ切れになり、まるで宇宙人が話すような声になり、途中で切れてしまいました高い周波数につながると、電気機器がよく壊れたり誤作動を起こすことがありますが初めに敬子さんとおしゃべりしていた時は大丈夫だったのにつながった途端、音声が途切れてとっても象徴的でした。セッションでは今回も、本当にタイムリーに素晴らしいメッセージを受け取ることができましたチャネリングで伝えられたのは過去世でわたしは何度も伝染病を体験していて苦しんでいる誰かを十分に救うことができなかったという体験から「今度こそは役に立ちたい」「今度こそは助けたい」という思いが深いところから出てくるのだそうです。そのため「健康」について探求すること、「人を救いたい」という一貫したテーマを持っているのにそれができない現実に心が反応しているようでした。いま、私に必要なのは誰かを救うことではなく、ただ私にできることを誠実に差し出すことだという言葉が胸に残りました。「あなたがあなたとしてあるときは喜び、ある時は寂しがり、ある時は希望を持ち、ある時は絶望し、そうしながらも懸命に愛を持ってそこで生きている。その周りに人々が集まる。その愛の場所を作ることこそ、あなたの今回の人生の最大の目的だったかもしれません。ここにたどり着くまで、あなたは様々な冒険を楽しみましたね」そうですそうです・・・人には言えないあんなこと、こんなこと・・・でもそれが人としての厚みを増し、受容する力になっているのだと言ってくださいました・・「そして、人生の総仕上げの時自分のまわりに喜びと愛で満たされた宇宙とつながるそんな場所を創っていく、あなたがいるからこそ生まれる、その愛のフィールドそれこそがあなたがこの人生を一生懸命生きてきたことに対する宇宙からの贈り物です。」「宇宙とつながったとき、周波数が高まります。高い周波数の中では競争というものがないのです。この地球がよりすばらしい愛の星となっていくためには周波数を上げていくということが非常に大切な鍵なのです。あなたがあなたの場所でみなさんとやっていらっしゃることはこれです。あなたと話し、あなたのセッションを受けてくださり、あなたと会っている人々はあなたの高い周波数にチューニングして少しずつ自分の周波数を上げていきます。地球を美しい愛の星にするためには周波数を上げていかなければ決してそれは達成されるものではありません。周波数さえ上がれば様々な虐待、暴力、こういったものはあっという間に消えてしまいます。周波数を上げるということがいかに大切かということです。あなたはその高い周波数の扉を開いて中に入ってこられています。ですので、日常の中で様々な競争、ケンカなど見るかもしれませんが、静かな場所でこの高い周波数に、自分をもう一度合わせるということをやっていかれることをおすすめします。あなたがやっていらっしゃることは、あなたが思っているよりもはるかに大きいことですよ。これはあなたの宇宙的なミッションでもありますよ。」プレアデスの人たちは愛が深いのでいまの私がどんな言葉でもっとも勇気づけられるかということを本当によくわかっていて、少し先の未来の状態を言ってくれたのだと理解して喜んで愛の言葉を受け取ることにします私がここにいて、いつも誰かと交流していられることこうして、会えないでいる時も、だれかの笑顔を想ってハートがあたたかくなることそのすべてが、いま生きている意味なんだとわかったら寂しい時も思うようにいかないことも全部まるごと愛せると思うのですそして、そんな私がいま心込めているもの愛をこめて~

  • 04May
    • マイウェイ〜自由な母のバースデー〜の画像

      マイウェイ〜自由な母のバースデー〜

      今日は誕生日だとアピールして朝からイヤリングとネックレスをつけ朝食にケーキを食べております母✨本日を持って83歳になりました。新型コロナウイルスの影響で、大阪市内と大阪南で別れたままの姉夫妻と姪っ子たち姫路にいる長男とzoomを繋ぎました。ケーキ🍰にろうそくをつけてバースデーソングを歌い、順番に芸を披露しました姉は竹内まりあさんの感動的な歌を🎤続いて、星野源さんの動画に自分の顔をはめ込んだ姪っ子の顔芸に大爆笑いちばん力が入ってる?お兄さんのオッサンダンスわたしはというと、秦基博さんの「ひまわりの約束」この3日間ウクレレの猛特訓をしました本番は緊張すると予想して事前にウクレレの演奏だけ録音しておいて一緒に弾き語りをしましたが、案の定、緊張してウクレレの手は途中止まってしまいましたあんなに練習したのに〜終わった後「手が止まってもウクレレ流れてたよ?」との声もありながらなんとか無事終了姪っ子の三線とピアノのコラボ長男のギター弾き語りがトリでした毎年、母の誕生日にはみんなが集まります。この年も演芸会をやりました2017年は姪っ子のウエディングを備北丘陵公園で今年は諦めかけていたけど、いつも以上に大爆笑でした。やっぱり笑いは免疫力を上げてくれますね✨若い頃は「いい人」の仮面をかぶっていた母が年々ドンドン自分ファーストでマイウェイを突っ走る姿がみんなをとても喜ばせてくれています。さあ、みんなでマイワールドを生きましょう

  • 01May
    • STAY HOME ☆ SPRINGの画像

      STAY HOME ☆ SPRING

      ゴールデンウィークに入ってもSTAY HOMEでテイクアウトのお弁当を作っています。野菜がたくさん摂れるサラダを試作してみました毎日、たくさんのご注文をいただいてほんとうにありがたいです。おっちょこちょいなのでご注文を忘れないか?ごはんやおかずが足りなくならないか?毎日、緊張でガクガクになりますがSTAY HOME中で会えない人たちがお弁当を取りに来てくださってお顔をみれるだけでほっこりしますだけど、もう1か月家と店から出ない生活。でべそのわたしとしてはこのお天気にもうそろそろお出かけしたーいこの外側に向くエネルギーを内側に向けてみるとこころの中がざわざわしているのを感じます。長い間、この人生でなにか価値あることを達成しなければならないそう思って、生きてきたような気がします。お店はCLOSEDなので、ご予約が終わって家にこもっていると自分が時間を無駄にして過ごしているようなざわざわが出てきます。そんなとき、facebookのフィードに流れてきた松田敬子さんの記事の中に引用されていたメッセージ新たな理由で生きること。人生の目的はそこから得られるものとは無関係でそこに注ぎこむものこそが大事だと理解すること。          ニール・ドナルド・ウォルシュ                  「神との友情」いままさにぴったりのメッセージだと感じました。そしてもう一つ。プレアデスより☆嵐の中では囁く声が聞こえない  ふだんみなさんは  波立つ海のような心の状態で生活しています。  海も一日に数回  波の静まった「凪」の状態がありますね。  一日に一度でも  あなたの心の海が凪いでおだやかになる時間を  つくりだしてください。  ハートの奥からやってくる愛と智恵のメッセージは  ささやくような小さな声なのです。            プレアデスBrothers and Sisters of Light (松田敬子チャネリング 2017/05/01)これはいま、まさに私たちみんなに必要なメッセージだと感じます。穏やかで静かな中にいると満ち足りた幸せや感謝溢れてくる友情や、家族への愛を拾い上げることができるでしょう。ときには自分の内側のざわざわとした想いや焦り寂しさや悲しみ、不安の感情にも出会うかもしれません。そんな時は、ああそうか、私の中にまだこんな寂しさがあったのかと見つけてあげることができます。そしたら、ちょっと涙を流したり鏡を見て、「大丈夫♡わたしがついてる」なんて笑いかけたり、空を見上げたり草の上をはだしで歩いたり、お昼寝をしたり。。。そうやって、またちょっと元気になったりならなかったりも受け入れてみる。いつも元気なら言うことはないけれど元気じゃない時もある。それでいいんだ、と認めてみる。そうやって生きていくこと、そのプロセスが生きることの意味なんだと感じています

  • 24Apr
    • HOME SPRINGのおうちごはんの画像

      HOME SPRINGのおうちごはん

      お店を休業しておりますがランチボックスを販売しておりますこれは鶏と野菜の黒酢あんかけかなりボリュームがあります人参はビタミン🥕Aがたっぷり✨新型コロナで重症化する人に共通するのはビタミンAが不足していた、という話も聞きましたので人参をガーリックとハーブソルト🌿で炒めています。焼き野菜はかぼちゃ、なす、赤と黄色のパプリカ。こちらも栄養たっぷりブロッコリーはビタミンCや葉酸が入ってヘルシーです🥦ポテトサラダも、もちろん野菜たっぷりの手作りですドレッシングは人参まる一本と玉ねぎ一個をすりおろしてしょうゆや酢で手作りします。けっこう人気です✨HOME SPRINGおうちごはんセットパックに入れてご自宅で盛り付けられることも可能です。Sさまのおうちごはんご家族みなさんの笑顔が目に浮かびます✨ありがとうございます💓Uさまのおうちごはん素敵に盛り付けてくださってありがとうございます乙女のおうちケーキセット🌿(これは姪っ子へのプレゼント)女子のうちごはんセット男の和風ハンバーグ おうちごはんセット😆みなさまのご家庭でSPRINGのおうちごはんが愛されて本当に嬉しいですすべて手作りですので、ぜひ早めのご予約をお願い致します

  • 22Apr
    • なぜかここにきて溢れる自己開示 その4の画像

      なぜかここにきて溢れる自己開示 その4

      「すべては自分の選択だった」という気づきのおかげで私は自分にパワーを取り戻すことができました。目の前にいる人が自分を悲しませたり苛立たせたり、怒らせたりしたとしてもそれは、その人の問題ではなく自分自身の中にある投影でしかないとわかれば相手を変えようとムダにもがく必要がない見るのは自分自身だから、と分かったからです。いたってシンプルですそうは言っても、初めてそれを聞いたときは、「いやいや、あの人の言葉でみんなが嫌な思いしてるし!どうみても悪いのはあの人だよ~」って思ったものでした。でもそうなのかなぁ?ほんとにそうかなぁ?と10年くらいかかってやっと「外の世界は自分を映す鏡の世界」ということが例外なくそうなのだとわかりました。それがわかれば自分以外の何かを変えようとするエネルギーを自分自身に向け自分が何を恐れているのか?どうしてそう感じるのか?どんな時も自分自身に戻して感じることから始めました。夫が亡くなってから、後悔とか罪悪感とかが拭えなくてずっとそこに留まっていた時、いろんな人を通して夫からのメッセージをもらいました。そのメッセージはほんとに絶妙に私にだけわかるような「夫だと確信できるサイン付き」のメッセージだったので私は本当につなっがっているんだという深い安心感で癒されていきました。何度かそんな体験をしていても、自分で瞑想をすると、いつも必ず眠ってしまう私はヴィジョンなど見えたこともなく、自分ではなにも感じない・・・ずっとそうでした。ただ、それでも何度となく挑戦はし続けていて、松田敬子さんのアカシックレコードリーディングやチャネリングセッションアシュタールのセッションなどでは深い愛を感じられる体験をしていました。しばらくはそれで元気になるもののまた日常に戻ると切り離されたような分離感で「だめだなぁ。もっとがんばらなきゃ!」と思うのでした。そんな時、敬子さんから「チャネリング瞑想会を始めようと思います。参加されませんか?」とお誘いを受け「はい!はい!行きます」と飛び跳ねるような気持ちでチャネリング瞑想会に参加しました。敬子さん(プレアデスの白い人たち)の誘導で瞑想をはじめます。「また寝るんだよね・・」と思いながら始めたときふわ~っと目の前にヴィジョンが見えて、その瞬間、まるで片栗粉を溶いたようなあたたかいものが胸に流れ込んだ感覚とともに滂沱の涙が溢れはじめました。その瞬間、言葉ともなんとも表現できない感覚で「やっと、・・・・・してくれたね」と伝わってきました。夫だとすぐわかりました。これまで、たくさんの友だちを通して私にメッセージを届けてくれていたけれどそのどの言葉より確かな質量を伴うような感覚は初めての体験でした。こんな風に書いていると、どれだけ愛し合った仲よし夫婦だったのかと思われるかもしれませんが私と夫は、お見合い結婚でしたし積み重ねることで信頼しあい、夫婦として成長していきましたが決してソウルメイトです!なんてノリではなかったのです。亡くなった後すらもほんとうに私は彼にとって出会うべき相手だったのか?という疑問がさらに私を苦しめました。でも、私の人生で彼と生きた期間は16年という短い年月だったけれどそれと同じだけの時間が経ったいまでも、わたしは一日として彼のことを忘れた日はなく「離れる」という現実を通してずっと、彼とともにいることを思えばそれこそが、あの世とこの世で人生を共に歩くということだったのだといまは思うのです。それともう一つ、瞑想会で感じたことはこれはひとりでは決してできない体験だということです。敬子さんのところに集まる人たちはほんとうに同じような波動を持った人たちで宇宙への信頼と愛を持ったそのフィールドで共同創造することの力強さが私たちに、一人では体験できないことを教えてくれたのです。共に体験するこのかけがえのない時間はほかの人の体験が自分自身の体験となり私自身の気づきはほかの人の気づきとなります。負けたくないとか、誰かよりもっと、と競う人もなくその分かち合うことで満たされる愛のフィールドは私にとって本当に新鮮で大きな喜びを与えてくれました。いま思うと、それこそが私の中の分離感をいつの間にか払拭してくれた大きな要素だったと思うのです。

  • 21Apr
    • なぜかここにきて溢れる自己開示 その3の画像

      なぜかここにきて溢れる自己開示 その3

      いまこうして15年前のことを思い返してみるとわたしはすっかり別人だなぁと感じています。夫が亡くなったころ、私にはどうしても許せない人がいました。そのことが、夫を失った欠乏感と相まってほんとうに苦しかったのです。「許せない」なんて自分は心が狭い、と自分を責める思いもありなんとかそこから抜け出したくてもがいていたある日雑誌で見つけた越智啓子さんのことがとても気になり大阪の岸和田で講演会があると知って姉と出かけました。笑いの天使といって、いろんな衣装でみんなを笑わせる啓子さんの愛の姿に衝撃を受けつつ、どこか冷めて、ドン引きする私もありましたでも啓子さんからは明るさと愛が溢れていて、とても魅力を感じました。それから彼女のHPのQ&Aなどを読むうちこれまでの自分とは全く違うものの見方があることが新鮮でもっと深く知りたいと思うようになりました。それから、スピリチュアルなことに興味を持ちネットでいろいろ調べたり本を読んだりしているうち「リコネクション」という言葉に出合ったのです。もうその瞬間、どうしても受けなくちゃ!と思いました。東広島にある地球雑貨ろーくさんで2度のリコネクティブヒーリングを受け、それからリコネクションを受けました。初めて松田敬子さんにお会いしたときは感動しましたとっても明るくて、ちょっとおっちょこちょいでお茶目ながら聡明で竹を割ったような女性でした。当時は知りたいことが溢れていた私がどんな質問をしてもすこしも偉ぶることなく誠実に答えてくださり新しく学んだり、体験をしたことはなんでも分かち合ってくれたのです。私は敬子さんの話を聞くのが何より楽しく東広島へと何度車を走らせたでしょう。時には一緒に笑い、時には一緒に涙を流してくれるそんな敬子さんが大好きになりました敬子さんのことが好きすぎて(笑)わたしもリコネクティブヒーリングとリコネクションのプラクティショナーになったほどです。ほとんどセッションすることもないまま今に至ってますがそれからの日々はもう私の人生の中でもっとも楽しくて輝くような日々でした知らないことを知ること初めて会う人がいきなり旧友のように信頼できること敬子さんのサロンやろーくさんで、本当にたくさんの友達ができました。みんな、真摯に自分に向き合い、学びを深める素敵な女性たちでした。そんな中でも私の中の孤独感や欠乏感は根深くてありとあらゆるワークに通い、セミナーに行き占星術や量子力学の講座を受け、資格を取ったり神道の祓いをしたり、様々なセッションを受け続けても、玉ねぎのうす皮をむくようにしか変化しないほんとうに重い波動だったと思います。何度もそんな自分に失望しましたがアロマに触れ、波動を学びカウンセラーとしてたくさんの人に会ううち占星術で学んできたこと、生まれた日や時間までも自分自身が選び、自分の学びに必要な体験を自らが設定してくるということこの世界は自分が主人公だということに確信が出てきました。「すべてはわたしの学びだった」ときづいたのです。許せない人を許そう、許そうと思っているときは全然許せなくて苦しかったのに許すべきはその人ではなく、自分自身だったと気づいたとき「すべてはわたしが決めたことだった」その一言で片付いていました

  • 19Apr
    • なぜかここにきて溢れる自己開示 その2

      すっかり免疫の話から逸れてしまいましたので免疫のお話はあきらめて、必要ないかもしれませんが自己開示の回にいたします。ので、ご興味ない方はスルーしてくださいね夫がこの世を去ったあとも、わたしには両親とわが子がいてくれたので大きな悲しみや虚無感に捕われることもなく日常を生きていました。同居している父に「一日中一緒にいても、お前が落ち込んでる様子すら見たことがないが、ほんとうはK君のことが好きじゃなかったのか?」と聞かれたときは思わず殴ってやろうかと思いましたが(笑)それくらい元気そうに見えていたようです。そんなわたしが、顔面神経痛になったりいわゆる不定愁訴に悩まされるようになったのは夫が他界して半年くらいしてからでしょうか。夫が気に入っていた波動測定の機器もすっかりしまいこみ子供たちの進学やスポ少の送り迎えなどひとりで一生懸命やっていた頃でした。たまたま父の友人が波動測定を始めたと聞いて測定してもらったら「からだは至って健康だよ!無理もないが寂しいんだな。」と言われたときは全くピンときませんでした。「え~?わたし、両親も子供たちも友達もいて全然寂しいとかはないですね」本気でそう思っていたのですが「そうかい?」と改めて言われた次の瞬間涙がぽろぽろと溢れていることに驚きました。「心はねえ、ごまかせるんだよ。いちいち立ち止まっていたら前に進めないと思っていたんじゃないかい?」そう言われたときほんとうは、なにもかもいやになってしまうくらいわたしは悲しくて頼りなくて情けなくてひどく人生に失望していたことに気づきました。胸の中にぽっかり空いた穴はおおきすぎてもうどうしたって埋められない。どんなにポジティブに考えてみても、最後に残るのはわたしが求めていたしあわせはすべて彼が持ったまま消えてしまって、もう二度とは叶えられないのだという絶望感だけでした。この感傷がどれだけ自分にとっておおきな見えない恐怖だったかに気づきそれが克服できるなら何でもしようと思いました。そのとき脳の扁桃体とか帯状回のエネルギーを高める情報を転写した水を飲むといいといわれ無気力なまま味のない水を必死で飲んだのでした。そして、そのうち感情が安定してきてわたしもそんな風に気づかないまま苦しんでいる人たちを救うことができたら、と思うようになり測定士になるための学びを始めました。測定士になって、カウンセリングを始めるとわたしのような自分の感情に気づいていない女性が多いことに驚きました。なんとかしてあげたいと思うあまり、エゴがでたりエンパスのわたしは、測定やカウンセリングに来られた人に同調しすぎて、悲しみや無力感を感じることも多くなっていました。そんなとき検診で自分自身が子宮がんの疑いがあると告げられ「しばらく様子を見てみましょう」という医師の言葉に思ったものです。がんの疑いがあると言われたら、誰だって相当なショックとストレスを抱えることになるそれってすごく免疫力を落とすよね?そしてなすすべもなく、様子をみる・・・ってその期間によくなる可能性ってあるの??と。わたしはそのとき、師匠に相談して免疫力を高めるためにできる限りのことをしつつ内観し自分の環境を整えました。まだ死ぬわけにはいかなかったのです。10年前に祖母、5年前に夫、前の年に父の葬儀をしてご近所の人たちにすっかりご迷惑をかけているというのにもうこれ以上は組内の人たちに迷惑はかけられない!正直それが一番のモチベーションになったことにあとで笑えましたがどれだけ、他人軸なんだいま思うと、それも学びだったのでしょう。2週間後の検診では「あれ?いいみたいだね」と言われそれから何度か検診に通いましたが、それ以降は一度も引っかかることもなく10年以上経ったいまも元気です。いま、思い返すとそのころは自分のことを少しもたいせつになんて思っていなかったのですね。まだ当時は、「自分を愛する」なんてワードを聞くこともなかったしむしろそんなの利己主義か!みたいで気持ち悪いとさえ思っていました。そう、わたしも夫も自己犠牲が美しいことだと信じていたしそんな、いい人としての人生を全うした夫に敬意を感じていました。いちばん近くで見ていた私が知っているのです。ほんとうに愛の人だったことを。どんなときも周囲に配慮し続けて自分を後回しにしてしんどいことを引き受けてきた人です。だけど、よく誤解され、傷ついていました。それで、ふたりして落ち込んでました。なぜ、こんなにも傷つく出来事にでくわすのか?わたしには疑問でした。でも今ならわかります。大切にすべきは「自分自身」だったのです。他者にとってのいい人を生きるのではなく自分自身にとっての最善を生きてよかったのです。彼はそのことに、亡くなる前日、気づいたようでした。ただ、そんなふうに早く旅立った夫のことを思うと私はやっぱり自分が楽しく幸せな人生を生きるなんてまったくもって許可できませんでしたあんなにいい人がこの人生を強制終了させられるほどの、いったい何をしたというのか?当時の私は納得ができず怒りを抱えていました。そのころからますますスピリチュアルなことに興味を持ちリコネクションと松田敬子さんに出会うことになります。

  • 18Apr
    • なぜかここにきて溢れる自己開示 その1の画像

      なぜかここにきて溢れる自己開示 その1

      ほんとうにほっこりとおうち時間の毎日です。不安になったり、いろいろな感情も浮上してきますが以前からじっくり取り組みたかったことができるこの時間はほんとうにありがたいです。いま私の中でテーマとなっている「免疫力」について書いてみようと思いましたが前置きが長くなって、きょうはそこまでたどり着けませんでしたとにかく子供のころから体が弱くてここ一番というときはいつもダウンしてきた残念すぎる私はどこに行くにも頭痛薬と胃薬がないと不安で、いつも手放せませんでした。そんな私が結婚して、妊娠してからは「子供に迷惑をかけてはいけない!」と責任感も出てきてすっかり健康オタクになりました。その中でも一番初めに触れたのは「体温を上げると免疫力が上がる」という情報のもと、足湯をしたり、お風呂でしっかり温まったり。これは相当有効でしたし、「薬は治すのではなく、症状を抑える」と知ったこともあり、このころから胃薬も頭痛薬もまったく手にすることなくそれ以降、今に至るまで、ほとんど病院に行くことすらなくなりましたそれですべてうまくいくと思っていたのに夫の突然のがん告知と余命宣告で、またすっかりパニックになりました気が狂ったようにガンについて調べてみましたが栄養のこと、心のあり方のことなどいろいろ書かれていて、「余命2か月」の宣告では「間に合わない~」とほんとうに苦しい毎日でした。ふたりで相談した結果、手術、抗がん剤治療をやめ、夫とは様々な話をして、毎日穏やかに体を温めたり、民間療法をしたり、波動測定をして体に合う水を飲んだりして「命」と向き合いました。不安になると症状は悪化し、心が穏やかになると症状が緩む夫の体調の変化を見ながら、こころのあり方が大きく作用すると気づいたのです。それから、6か月後に夫が他界してからは人の「命」「たましい」に意識が向き始めスピリチュアルな世界へと一気に興味が向かい始めたのでした。

  • 12Apr
    • 愛ある分かち合いが人生を楽しい喜劇にしてくれるの画像

      愛ある分かち合いが人生を楽しい喜劇にしてくれる

      これは昨年わたしが書いたFacebookの記事です。一年経って、rose in your heart松田敬子さんがシェアしてくださいました。とても懐かしく、でもあの頃と同じ想いなのでもう一度、ブログに書くことにしました。桜が咲き始めました。一年中でいちばんうきうきソワソワする頃です。少し前までは青空の下、咲き誇る桜を見るとわけのわからない哀しみで胸がいっぱいになりました。東広島へと向かう375号線は娘と息子の寮への送迎で確か1000回以上通い慣れた道だけど美しい三和桜の通りを泣きながら走った日胸ときめかせて通った日いろんな日がありました。その同じ道を走りながら、いま人生はなんて美しいのだろうと思うのです。初めてリコネクションを受けると決めた日。「苦労しないで魂が進化するなんていいんでしょうか?」と、敬子さんに質問しました。いろんなことをむずかしく考える習慣はそう簡単には手放せなくてそれは長い間物事を複雑に難しくしては苦労しました。それでも、私は宇宙が大好きで敬子さんと、敬子さんのサロンに集まる人たちが大好きで同じ時間を共有するうちたくさんの愛ある分かち合いの体験が私の思考を緩めてくれました。「宇宙に繋がる、というのはグラウンディングする、ということです」by敬子さん宇宙と地球につながることで宇宙と自分の人生への「信頼」が生まれてきました。これまで何度も人生に躓いて胸いっぱいの悲しみを抱えて敬子さんのところに行き一緒に泣いたり笑ったりしてきたけれどいまでは、わたしの人生はほんとに素晴らしい喜劇だと思うのです。もうすぐサターンリターンを迎える私のこの素晴らしい喜劇に登場してくださったみなさんに心から感謝します。そして、どうぞみなさんも宇宙とつながり、地球とつながり、自分とつながって全ての出会いと人生に起こる悲喜劇を最高に楽しんでくださいますようにこの人生を閉じる時きっと「あ~、おもしろかった!!」と笑っていける、と思うのです。

topbanner