LeD09hrs22/CST Y.M様 | 神戸楽器店 リードマンのブログ

神戸楽器店 リードマンのブログ

楽器の販売からスタジオレンタル、PAまで幅広くサポートいたします!


テーマ:

LeD09hrs22/CST Y.M様

 



今回初めての試みで,胴と表甲を接着し
音を確かめました 胴が付いているので
鳴り方が表甲だけより,よく分かります。
 指を使い鳴り音をチェックしOKであれば
裏甲を接着します。
Side:ホンジュラスローズウッド
Top:イングルマンスプルース
 

各箇所の接着や出来具合を指先と目
と耳で確認し 問題がなければOKです




 

ネックブロック部OK 響きを伝える重要
な部分です


 

胴尻ブロックOK マホガニーブロックに
スプルースを埋め込んでいます。
ピックアップのジャック穴12mmを開けて
もヒビ・割れ等 強度的に安心です。
 

表甲のアーチです 板の特性で平らな
表板にブレーシングで秘密の角度を付
けアーチさせます。理由は板の特性で
平らな板を曲げた場合振動を与えるの
と真っ直ぐになろうとして表板が長く
揺れるのでサスティーンが長くなります。

裏甲のアーチです 表甲と裏甲のアーチ
度合いは同じではありません。
K.Countryが良くなるのは,この秘密の
アーチ度です

 

ロゼッタにアバロン貝を入れています。
まだまだ 磨きの段階ではないので
光っていませんが完成時には光の
加減で綺麗な色合いがでます

ネック材と裏甲です ヘッドには胴材と
同じホンジュラスローズウッドの突き板
を貼っています
 
 
表甲・胴・裏甲・ネック材 全ての材料の
相性は抜群に良いです。

左から ドレッドノート・OOO・OOO12Fret・
OOO96%モデル 胴・ネック・裏甲  

左から ドレッドノート・OOO・OOO12Fret・
OOO96%モデル 胴・ネック・裏甲

右端にリードマン三宮店用も制作中です。
 

2019/02/26 leadman 今西

神戸楽器店 リードマンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ