[News] 今更かな。もう遅いかな。と思っちゃダメ。 | Lasata Blog

Lasata Blog

♡Baby Club Lasata毎日の様子
♡イベント情報
♡子育て中のママに役立つニュースや情報

「子どもに良いことをしてあげたい」
「ママ大好き♡って言ってもらえるママであり続けたい」
ママの「はじめのいっぽ」のクオリティを高めるお手伝いをします。


テーマ:
今日のキッズガーデンも公園で元気いっぱい遊んできたようです。
はい。三男も外あそび班に混ぜていただくほどに成長。
早いですね。
改めて、驚かされます。

 

私は出産後にラサタを立ち上げたり、色々やっているように見てくださる方が多いので、

「実はやりたいことを全然行動に移せなくて悩んでいる」とか、

「三人目の出産後はなんだか仕事のやる気が出ないことが多くて」とか言っても

大抵は

「そんなことないよ」とか、

「普通だよ、それが。今までが異常だったんだよ」とか言われます。

 

私の自分像は基本的に「守り」より「攻め」型なので、

守りに入っている自分はのんびり出来て一見楽なようで、心はあまり満たされずにしんどかったりします。

人それぞれですよね。

 

 

産んで変わる人。

産んでも変わらない人。

産んで変わったと思っているけど、実は変わっていない人。

産んで変わっていないと思っているけど、周りから見ると変わった人。

 

 

ほぼ日糸井さんの「今日のダーリン」で取り上げられていた笑福亭鶴瓶さんのお話が刺さります。

 

(以下、一部抜粋)

で、ね。「俺が落語家になったんは五十歳のときですよ」ですよ。そこからはじめるって、遅いでしょう?それはそうなんだけど、「遅すぎ」ではなかった。いや、「遅すぎ」にしんかったんですよね、本人が。

「ほれ、こんなふうに、まだまだ上手くなるよ」と、見本を見せてくれているような気がします。なにかをはじめると、よく「もう遅い」と言われます。そう言えば、ぼくも「ほぼ日」をはじめたのが五十歳。わりと具体的に「もう遅い」とも言われましたっけ。うん。歩みも遅かった、もう二十年過ぎちゃったもん。

 

 

「遅すぎ」にしなかった、本人が。

ということですね。

 

 

色々今出来ない、やらない、やりたくない理由は挙げられるのですが、でも、やる人であり続けたい。

そう思って一歩ずつ進んでいくしかないですね。

 

結局、自分がどうありたいか。

に行き着きます。

 

 

明日はその一歩となる学びへ行く日。

楽しみです。

 

皆さまも素敵な文化の日をお過ごしくださいね!

 

 

ラサタ

www.lasata.jp

 

 

 

 

Lasataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス