低山徘徊者の徒然日記

低山徘徊者の徒然日記

yahoo難民の低山歩き

辛い日々でした。
体調不良が続いて仕事以外何もできませんでした。
夏風邪をこじらせての気管支炎
酷い時は咳で夜も眠れなかった。
 
昨日あたりからマシになってきたので、そろそろ活動再開でしょうか。
 
そんな感じなので、台風10号がやって来てはいますが金剛山に行ってきましたよ。
 
百ヶ辻に着いたときはけっこう雨が降ってて風も強かった。
ちょっと待機してると雨が止んだので出発。
今のところ穏やかですよ。
雨はパラパラ程度
 
寺谷を登ってる方をインスタなどで見かけるので、淡い期待を抱いて寺谷に向かうも・・・
やっぱりか ショボーン
しかしこの通行止めを越えていくってどんな神経してるんでしょう?
大人のすることじゃないよね。
寺谷の辺りを管理してらっしゃる山主さんはどう思ってるのかな?
レインボーブリッジとかガタガタ階段とかを快く思ってないらしいし、
怒っていらっしゃるそうだけど・・・。
 
そんなこんなで仕方ないのでハードルートへ
あんましハードでもないけどね
 
文殊尾根合流までは少々急ではあります
 
三脚忘れたので地面に置いて録った動画
 
尾根に上がるとそれなりに風が強い。
傘なんて役に立たないぐらいの風。
雨降ってなくて良かった。

 

 

 

 
 
山頂は20度で快適
 
売店は台風のため休業
でもオッチャン登ってきてた。
「休みでも登るんですね~」って声かけたら
ニコーって笑いながら364日登ってるなぁって(^-^
 
国見城址広場には10時前に到着
もう10時の会長さんスタンバってた。
 
僕は10時のカメラを待たずに下山。
文殊尾根ピストンでアナグマへ。
 
文殊尾根歩いてる時に
ピロピロリ~ンってスマホが鳴った。
こんな日はホントは登っちゃダメなんでしょうね。
 
ま、いいか。
 
山頂広場9時50分で下山完了は10時19分でした。
金剛山往復だけだとやっぱ8,000歩ぐらいやね。
たいした運動にならないな。
 
さあランニング再開いつにしようかな???
 
とても面白い本です

意気揚々とイタリアプロチームに参加した、プロロードレーサー「佐野淳哉」
凱旋帰国して参戦の予定だった2013年の全日本選手権ロードレースはスタート直後のパレード走行でリタイヤ。
イタリアプロチームでのトレーニングメニューや食事制限、生活環境などに馴染めないが故の心の病。
佐野はもう終わったとまで言われた彼が、2014年全日本選手権ロードレースでやってのけた復活劇。
伝説の逃げと称されるレースを書いたノンフィクション。
YouTube動画と共に読み進めると更に面白い。

動画ラストの男泣きはコッチも泣ける
2014年全日本選手権ロードレース




いやぁーツラい!
夏風邪かな?って思ったのが先週日曜日。
翌朝には確信に変り体調激悪。
以来今日の土曜日まで熱が上がったり下がったり
高い時は38度5分まで上がりました。

しかしそれよりも酷いのは咳。
横になると酷くなって寝られない。
毎晩夜通しゲホゲホ(>_<)
昨日も一昨日も一晩トータル1時間ぐらいしか寝れてない。

そんな感じで家の中でゲホゲホされてたら、当然家族にも影響が出るのは当然ですわな。

昨夜は嫁が関節痛と喉の痛みを訴えだし、そして夜中には長男が発熱。
39度超えって大元の父よりも高いじゃないか。

そんな中にあって、次男だけは「○○は風邪ひかない~」とか言いながら元気いっぱい。
まあ元気ならそれがいいんだけど、もう少し気を遣わないといけないかもね。

今夜も咳が酷い。
また眠れないのかー?(ノД`)