少し前にブロ友さんが、スパイスグラインダーを購入したと紹介してくれていました。

そのスパイスグラインダーは、2枚刃と4枚刃の2つのカッターが付いてて、4枚刃のカッターの方は、液体の入った物にも使えて、ペースト等も作れると言ってました。

私も以前から、少量のペーストが作れるミニのフードプロセッサーを探してたんですが、こちらで売ってるミニフードプロセッサーって、私が欲しい物より、大きくて、以前、ママが使ってないミニフードプロセッサーあるからあげるわって、もらったのですが、それでも刃の下の隙間が多くて、チョップできない物もあって、そのうち壊れてしまいました。

だから、それよりももっと小さいのが欲しいな~と思ってたので、まさにこれだ!と。

そして、ボンもカレーを作ったりする時にスパイスから作るので、こちらで売ってる石のすり鉢(Mortar & Pestle)使ってたんですが、少し前にすり棒を折っちゃって、又、新しいの買わないとねって言ってたんですが、このスパイスグラインダーがあれば、こっちの方が便利かもと。

それで、ボンもいいねって、乗り気になったので、今年のクリスマスプレゼントプレゼントとして、買ってもらう事にして、ネットでチェックしてたら、先日、値段が下がってたので、買っちゃおう!と言う事で、早めに買ってみました。

 

クリスマスプレゼント・・・だったけど、どんな感じか試してみたかったので、早速開封して、使ってみましたえー?

 

 

当初、別のメーカーのをチェックしてたんですが、こちらが値下げしてたので、こっちにしました。

これ、ブロ友さんのと一緒かな?

 

 

 

左が乾物用の2枚刃カップ、右が液体用の4枚刃カップです。

 

早速、ボンがインンディアンのチキンカレーを作ってくれました。

 

 

クミンシード、コリアンダーシード、ブラックペッパー、インドネシアンブラックペッパー(長めのブラックペッパー)、中国のチリ、カルダモンシードを一度フライパンで炒めてからスパイスグラインダーで挽きます。

 

 

 

インドネシアンブラックペッパーは、ブラックペッパーとシナモンを混ぜた様な味で、普通のブラックペッパーとは、又、ちょっと風味が違うんですが、こちら、ちょっと固くて、なかなか砕けず、途中で、取り出して、包丁で潰しましたが、他は、綺麗に挽けました。

挽きたてなので、香りもいいです。

 

 

 

出来上がったカレーは、こんな感じ。

私は、ガーリック&コリアンダーナンと一緒に、ボンはライスと一緒に食べました。

スパイスが均一に挽けてるからか、いつもより、美味しくできてた気がします。

 

 

そして、もう一つの4枚刃の方で、ジェノベーゼソースを作ってみました。

毎年、バジルは鉢で苗を買ってるのですが、夏場は虫が付いて、なかなか大きくならず、既にダメにしてしまいましたが、秋になってから又、鉢で買ってたのが、今は結構、バジルが元気にワサワサに咲いていて、これで、ジェノベーゼ作りたいな~と思ってたんです。

このカップで、ちょうど2人分の食べきりサイズのジェノベーゼソースができました。

さすが、色も鮮やかですね。

 

 

軽くランチに出来立てジェノベーゼを混ぜて食べました。

本場のジェノヴァでは、ポテトといんげんが入るらしいですが、この日は、とりあえず味見と言う感じで、何も入れてませんがあせる

これが、色も綺麗だし、何と言っても香りが違う・・・。

こんな簡単にできるなら、もう、市販の物は使えないなぁと言う感じで、とっても美味しかったです。

 

こうして、少量で作れば、新鮮なまま食べれるし、残して、カビ等の腐敗の心配もないし、こちらは、年中、バジルはスーパーでも買えるので、食べたくなったら、又、作ろうと思います。

 

こちらのスパイスグラインダー、カップが金属製なので、そのまま水洗いできるし、匂いが付かないのがいいです。

ただ、蓋は、プラスチックなので、一度、カレーのスパイスを挽いただけで、カレーの香りが残ってますがぐすん

後、ミキサー等と違って、刃や底が外れないので、乾物用のはまだいいですが、今回ジェノベーゼソースを作ったので、オリーブオイルを使ってるので、刃の下側を洗うのがちょっと大変だな~と。

少し洗剤入れて、浸水してから洗浄しましたが。

 

でも、なかなかいい感じなので、今度は、しばらくぶりにレモン胡椒やライム胡椒作ってみようかな?なんて思ってます。

又、新しいキッチングッズが増えて、色々作るのが楽しみになりました。

 

 

そう言えば、最近、Waitroseに柚子胡椒や七味唐辛子まで売ってて、ビックリしました。

本当に日本食材の需要が増えてきてるようで、嬉しいですね。