30代40代女性のためのハローワーク 本当にやりたい仕事の見つけ方

30代40代女性のためのハローワーク 本当にやりたい仕事の見つけ方

「自分に合っている仕事を見つけたい」「大好きなことで起業したい」「やりがいを感じられる仕事に転職したい」そう願う30代40代女性が天職を見つける方法を、東京で1000名以上のキャリア相談にのってきた女性キャリアコンサルタントが自身の天職探し経験も踏まえてご紹介します。

ただ今、次のステージに向けて充電中です。
新規のクライアントさんの募集は、しておりません。

ブログには「やりたくないことはやめて、やりたいことをやる」
そんな日々の中で、気づいたこと、感じたことをぼちぼち書いています^^
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは。中尾律子です。

このブログ記事タイトルを見て、ピン!ときた方もいらっしゃるかも?

ミスチルの名曲「名もなき詩」の一節です。

もうね、この曲の歌詞がそのまんま、

一昨日の記事、
自分らしさにこだわり過ぎるのがアブナイ理由

につながるのです。

一昨日の記事に共感してくださった方は、ぜひ聴いてみてください♪

http://youtu.be/vFflGVvn-0M?list=RDvFflGVvn-0M

本当に、自分らしさって自分でも気づかないうちに作り上げてしまってたりするんですよね。

桜井さんってすごいなぁ。

テーマ:
こんにちは。中尾律子です。

今日2つ目の記事です。

書くときにはまとめて書く。書かないときにはずーっと書かない。メリハリあるブログ運営がモットーです
(*^ー^)ノ
まー最近`ハリ`は少なめで、ほとんど`メリ`ですが。

メリメリメリメリメリメリメリ
ハリハリメリメリメリメリメリメリ…って感じかな。(どーでもよい?)



さて本題です。

「ありのまま」と同じくらい人気がある(?)、「自分らしく」ですが。

「自分らしさ」って、こだわり過ぎない方がいいな、と思うんです。

というのも、「私は○○なタイプ」と自分を決めつけてしまって、かえって、自分を不自由にしてしまっている人が多い、と気づいたから。


例えば、私の場合。

「明るくてポジティブ」なのが、自分らしい私でした。

だから、ツライことや、イヤなことが起こっても、なんかもう、「脳内自動ポジティブ変換」をしちゃってたんですよね。

「これは、ぱっと見ツライことだけど、視点を変えると、成長のチャンス!!ラッキー♪ツラくなんかないよーん」みたいな。

ツラさを感じることを自分に許さない、ツラくて凹むなんて私らしくない、そんな、自分に対する決めつけ。強制。

もちろん、自然に、本当に、ココロからそう感じているならいいんです。

でも、自分が本当にどう感じているか?はスルーして、もうね、自動的に「自分らしさのパターン」に当てはめて、決めつけてしまうのは「自分らしく生きる」とは、逆だなーって思う。不自然だし、不自由ですよねー、これは。

その上、周りの人にも「○○なタイプ」って思われてるよね、って意識していると、それ以外の自分を出せなくなってしまったり。(自意識過剰ともいう)

大人になるとともに、演じてきた自分、周りに見せてきた自分が強固になって、それ以外の自分を見せられなくなってしまっている人、とても多いと思う。

そして、そのことに気づいてもいない人もとっても多い。

気づいていないんだけど、自分に無理をさせているから、苦しくなっちゃったり、行き詰ってしまったり。


だから、作り上げてしまった「自分らしさ像」にはこだわらない方がいい。

「明るくポジティブ」な私だって、時と場合によっては、ネガティブな感情ももつんです。

その時その時に、自分のココロがどう反応するか?を大事にすることが、本当に「自分らしく生きる」ってことなんだなーと思うのです。




テーマ:
こんにちは。中尾律子です。

ひとつ前の投稿に関連して、最近、感じてること。

「カッコ悪い」って、魅力的♪

カッコ悪いとこを出せる人って、勇敢で、強くて、最高にカッコいい!!



(カッコ悪いなんていったら、失礼すぎるけど)イチローとか、キングカズって最高にカッコいい!って思うんです。

あれほどのトップまで登りつめて、みんなから憧れの存在になった人。

でも、スポーツ選手としてのピークは過ぎていて、以前ほどの結果は残せないという現実がある。

それでも、辞めずに、さらに上を目指して、上に行けることを信じて、現役を続ける姿。

はぁー。もう、カッコよ過ぎ(///∇//)。惚れてまうやろー(古)

他人や世間からの評価を手に入れることが目的じゃなくって、「自分がどうしたい?」に忠実な生き方。カッコいい。

カッコ悪い自分を見せないように、ギリギリのところで踏ん張っている人も愛しいなーって思う。

でも今の私は、自分のカッコ悪さを隠さず出せる人に憧れるんです。

私も、そんな勇気が出したいなぁ。ちょろりちょろりと出してみよう。



テーマ:
こんにちは。中尾律子です。

さて、今日2回目の更新ですよん。ふふ。


「ありのままの自分になる」って、よく耳にするフレーズ。

今年はアナ雪が大ヒットしたし(観てないけど)、なんだかポジティブでHappy♪なイメージ、ありませんか?

私は、そう思ってました。

でも、残念ながら違うんですよね~
(T_T)

正確に言うと、「ありのままの自分」に本当になれたら、それはHappy。だけどそこにたどり着くまでの道は、とっても険しくてキツイ、ってことなんです。


というのは、ありのままの自分って、理想の自分とは違うから。

臆病だったり、ズルかったり、嫉妬深かったり、怠け者だったりetc.、、、

そんなカッコ悪い部分もあってこそ`ありのまま`。

そんな自分を見たり、それも自分だって認めたりするのってツライんですよねー
(T_T)。カッコいいとこだけが自分って思いたいですもん。

だから、多くの人は、カッコ悪い自分は見ないふり、気づかないふりをして、そんな自分を表に出さないように踏ん張ってる。

もしも、カッコ悪い自分に気づいちゃったら、「欠点だから直さなきゃ」って頑張ってる。

それが「大人として正しい生き方」って、私は思っていました。

つまり、カッコ悪い自分を否定して、「こうあるべき自分(理想の自分)」を目指す生き方。


でも「ありのままの自分になる」生き方は、
臆病だったり、ズルかったり、嫉妬深かったり、怠け者だったり…etc.、そんなカッコ悪い自分を認めて、隠さないってこと。


それって・・・それって

嫌われちゃわない?バカにされない?
こんな怖いこと、しなくてもいいじゃん!!!

そう思います。

こんな怖いことしなくても、シアワセだって感じられるなら、しなくっていいと、心から思います。だって、本当に怖いもん。


でも、私の場合は、そうはいかなかった。

「こうあるべき自分」を目指して頑張っても、なんだか、空虚さが大きくなるだけで。心の穴がどんどん大きくなっていて、虚しくて虚しくて。この先に、私のシアワセはないから、
方向変換するしかない、ってあきらめたんです。

あるがままの、本当の自分以外の自分を目指す生き方は、私には無理でした
(T_T)

今は、自分のカッコ悪さとひとつひとつ向き合って、「ああ、これも自分だよね。よしよし」って、認めて、受け入れる、、ってことをやってる最中です。心の穴はちょっと小さくなってきたかな。ってとこです。

なんだか、とりとめない記事になっちゃいました。
また、書きまーす。

旅行先の私は「ありのまま」に近い感じ。だから、旅行が好きなのかなー





































テーマ:
こんにちは。中尾律子です。

約2ヶ月ぶりの更新です。びっくり~。

この2ヶ月間やっていたことは、「やりたくないことはやめて、やりたいことをやる」

心理学のセミナーに行ったり、本を読んだり、関西旅行に行ったり、台湾に行ったり、やりたい仕事だけやったり、友だちとご飯食べに行ったり、カウンセラー?セラピスト?仲間としゃべり尽くしたり、部屋の模様替えしたり…そんな風に過ごしてました。今もそんな生活が続いています。

いい大人なのに、こんなお気楽に過ごしていられることに感謝だわー。

そんな日々の中で気づいたことや感じたことを、忘れないようにこれからこのブログにボチボチ書いていこうと思います。

ブログタイトルが、もう、どうにも合わないんだけど、ピタッとくるタイトルがまだ思いつかないので、しばらくはこのままでいきます。


こちらの写真は、10月末のハピフリ2期最終回後のお茶会♪


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。