バイクでお遍路の旅。七十二番札所、曼荼羅寺(まんだらじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

七十一番から、国道11号線、香川県道48号線を

東へ約15分で、善通寺市にある

七十二番札所、曼荼羅寺に到着です。

 

四国霊場の中では、最古の寺で起源は

1400年以上の昔(596年)までさかのぼります。

 

当時の讃岐藩主、佐伯家の氏寺だったそうで、

お大師さんが210年後にこの地を訪れた際に、

母親の「玉依御前(たまよりごぜん)」の

菩提を弔った場所として有名です。

 

 

仁王門です。

 

閑静な場所にあり、時間がゆっくりと流れている

落ち着いた札所でした。

 

 

左が本堂で、右の小さい建屋は観音堂です。

 

ご本尊は「大日如来」です。

 

 

 

大師堂です。

 

 

きれいの整備されている、庭園風の境内でした。

 

 

 

お大師さんが手植えした松は、

「不老の松」と呼ばれていましたが、

2002年に枯死してしまいました。

 

その跡地に「不老の松」で掘られた、

「笠松大師」です。

 

 

御朱印です。