バイクでお遍路の旅。七十三番札所、出釈迦寺(しゅっしゃかじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

七十二番から、ほんの2~3分で、

同じ善通寺市の七十三番、出釈迦寺に到着です。

 

お釈迦さんが出る寺、という寺名ですが

お大師さんが「真魚(まお)」と名乗っていた、

7歳の時にこちらの札所の奥にある「我拝師山」

に上ったそうです。

 

そこで、お大師さんは人々の救済を願いつつ

命を捨てても、お釈迦さんに会いたいと、

頂上の絶壁から飛び降りました。

 

すると、釈迦如来が天女とともに舞い降りて

お大師さんを抱きとめたという伝説から、

「出釈迦寺」となったそうです。

 

 

奥の山が、お大師さんが飛び降りた

「我拝師山」です。

 

手前のお大師さんの石像は「修行大師像」で、

身の丈2ⅿ以上はある、どでかいお大師さんでした。

 

駐車場から山門までの間にあって、

僕たちお遍路を出迎えてくれているようで、

なんだか、安心した気持ちになりました!

 

 

山門です。

 

比較的小柄で、真新しい山門でした。

 

 

コンパクトな本堂です。

 

すごく爽やかで、小ざっぱりとした札所です。

 

ご本尊はもちろん「釈迦如来」です!!

 

 

こちらもコンパクトな大師堂です。

 

 

 

確かにさわやかな声で、

ご案内していただきました!(笑)

 

 

讃岐といえば、何が何でも「うどん」です!(笑)

 

すぐ近くにあった、昭和のにおいが「プンプン」の

製麺所うどん屋さんです。

 

お土産に、ぜひどーぞ!!!(笑)

 

 

御朱印です。

 

 

地元に帰った「銀ちゃん」です!