予約でいっぱいのコーチ・コンサルタントへプロデュース。ライフワーク起業メソッド

強みや才能を商品化!ライフワーク起業で活躍する企画コーチングメソッドです。

NEW !
テーマ:
こんにちは。
芳月健太郎です。



---

▼もっと売れて良いのにそうではない場合、
 この100リストの中に見落としている事があるはずです。

 すぐにもらえる、
 【無料】『予約でいっぱいの仕組みをつくる100のチェックリスト』で
 日頃の活動を振り返ってみましょう。

こちらからどうぞ。


▼コンセプトづくりで一番大変な言葉探しのやり方は、
 こちらにも書いてありますよ。
  ↓↓↓
 アイデアの金脈をザックザック掘り当てる方法

---


少し前になりますが、
以前に体験セッションを受けてくれた、
コンサルタント??の方と
話をする機会がありました。

なぜ、コンサルタント??かというと、
ご本人がおこがましいと言って、
その肩書きを中々、
受け取ってくれないからです(苦笑)。


この方、体験セッションを受けたその後、
専門誌への連載が決まったり、
メルマガからお問合せが増えたり、
公的機関から相談されたり、
中々、ビジネスは好調です。


当時は、メルマガ作戦を主なテーマとして
セッションしていました。

元はアウトドアメディア制作を
している人で、それに関連して
アウトドアメディア周りの法律知識が
ハンパではないんです。


もう、完全なブルーオーシャン。


色々な所からお声もかかるし、
ネットワークも広いし、
競合はゼロだし、

私から見れば、
目の前に宝くじの当り券があるのに、
いらないと言っているようなものです(笑)。


私もつい力が入って、
「○○さんの収入は、倍にできますよ!」
と気合が入るのですが、本人は、
中々、信じてくれません(苦笑)。


まぁ、本人がそれで良いというので、
仕方ないのかもしれませんが、

このよう方のように

「自分のプロフィールは、
 まぁ、こんな感じでいいか」

「コンセプトとか
 あまり意識していないなぁ」

「バックエンド商品と言われても・・」

「フロントセミナーからバックエンドの導線?
 考えていなかったな~」

という感じの人、
多いのではないですかね;;;


こうなると、
本来もっと取れてよいはずの仕事を
相当量取りこぼしている
と言う事なわけです。



もちろん、このような仕組みを創るのは、
最初はちょっと骨が折れます。

特に、BtoBの仕事をしていて、
既存の商習慣の中で物事を考えていると、
それらを創ろうとする概念すら
ないのかもしれませんね。


でも、コーチやカウンセラーのような
個人向けの仕事だとしたら、
この仕組みをつくらないのは、
もったいないですよ~。

プロフィールを整備したら、
それだけで予約が入ったお客様もいるし、

コンセプトを変えたら、
ブログ等のアクセスが倍になった方もいます。

バックエンドをつくって、
フロントセミナーで契約が取れた方だって、
もちろんいます。



お客様はですね、
どこかで、あなたの事を
見ているんです。

いつも自分の問題とか悩みとかを
解決してくれる人を探している。

言い換えると、お金を払う準備を
しているわけです。



そういう時、
プロフィールとかコンセプトとか商品とかを
しっかりと整備している人と、
そうでない人を比べたら、
どちらにお願いしたいと思うでしょうね?


お客様は、一つずつ階段を登って、
あなたに近づいていきます。


あなたの毎日発信する
メッセージを知って、信頼して、
やがてあなたに会ってみたくなる。

会ったら、期待通り、
あなたが良かった。
だから、お金を払ってでも、
あなたのセッションを受けてみたい。


そうやって、あなたのもとに
やって来てくれるんです。


その時、あなたが、
そういう階段に応じたモノを
用意していなかったら、

まだ見ぬお客様は、
あなたに近づきようがないわけです。



だからですね、
この辺りがまだ未整備だとしたら、
一刻も早く、手を付けてください。

特にあなたが、
既にライフワークを始めたのなら、
なおさらです。


また、まだ組織で働いていて、
これからライフワークで生きると
決めたのなら、
こういう仕組を先に作っておくんです。



セッションでは、
プロフィールの作り方、
コンセプトをつくるために必要な
自分の棚卸し方法、
お客様に合ったバックエンドの作り方、

また、それらが一通りある方には、
売れるためのポジショニングや
セミナーコンテンツについても
ご相談に乗っています。


更には、気づき力を高める習慣術、
自分の価値観を知るワーク、
また、ライフワークの準備方法など、

自分を企画する事にまつわる
様々なご相談にも乗っています。


色々あるけど、
何から取組んだら良いか分からない人のための
ガイダンスセッション(低額の単発セッション)も
時々、やっています。

時々、メルマガで募集しているので、
是非、今のうちから読んでみてくださいね。

 ↓↓↓

売れ続ける仕組みのつくり方が書いてあります。



無理をできる!に変えるには、
アイデアを出す力が欠かせません。




仕組みづくりのチェックリストはこちらです。



★最高のクライアントで予約がいっぱい!無料メール講座
 ↓↓↓
 詳細はこちら

 92%の人がゼロから経験と学びをカタチにしたメール講座の
 ワンランク上の原則を一挙公開!

 【無料メルマガの主な内容】

 ・あなたしか言えない強みを見つける方法
 ・努力が努力でなくなる強みポジションの作り方
 ・ヒト・モノ・カネの流れを生み出すコンセプトの公式
 ・気づきがどんどん押し寄せる「ベッドタイムQ」
 ・最高のクライアントと出会う方法
 ・ビジネスを安定させる4つの時間ゾーン、他

 是非、読んでみてくださいね!



★60日間で売れ続ける仕組みのダンドリを完全マスター!
 メール×動画×ワークシートで学べる
 『ビジネススタートアップ自宅ワークキット』です。
 ↓↓↓
 詳細はこちら 


★ライフワーク・ブランディング公式サイトはこちら
 ↓↓↓
 詳細はこちら





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

芳月健太郎です。

 

 

 

---

 

▼ライフワークが軌道に乗らない9つの理由

 

▼コンセプトを生み出すワザが書いてあります。

 

---  

 

 

 

先日、あるメルマガ読者の方から、
こんなメッセージを頂きました。


「芳月さんのメッセージは、
 とても賢いスピリットガイドからのメッセージのような、
 何かあったら村の賢人に相談しに行くかのように、
 毎回、心に響きます」


Nさん、ありがとうございます!

 


というか、ハッキリ言って、褒めすぎです(笑)。

 


私は普段から、浮かれポンチなのですが、
さすがにこの年で、それを全開にはできないので、
まじめな事を言いながら、頭の中だけで、
幼稚な妄想を繰り返しています。

 

 

 

でも、
スピリットガイドというのは、
ちょいと嬉しいですね。

 

 

お客様には時々話しますが、
私は学生~20代の頃は、
いわゆるスピにかなり凝っていました。

 

 


結構な量の本を読んだし、
その手のセミナーにも行きました。


バシャールがはじめて日本に紹介された時も知っているし、
その出版社の代表にも会いましたよ。
(↑その人も元広告マン・笑)

 


また、ちょっと小難しい神智学とか
万物振動論というものがあることも知りましたし、
エネルギー保存の法則と色即是空が同じというのも
この時に知りました。

 

 

 

そうやって、
子供の頃から、何となく疑問だった答えを知る喜び、
考えもしないような世界がある事を知る喜びに
夢中だったんですね。

 

 

 


でも・・・

 


そういう事を知るのは凄く楽しいのに、

どうしても、そこに集まる人たちと
交わる気になれなかったんです。

 

 


何か皆、暗い感じがするし、
ヘンなグルみたいなヤツがいるし、
酒飲んでも空論をこねくり回す感じだし、

私は、普段は、普通に現実的に生きていますから、
そういう人達が、地に足がついていないように
見えたんですね。

 

 


それで、30歳を機に、
もう、色々と勉強もしたから、
そういう非現実的な事を考えるのは止めよう、

 

もっと、現実にドップリつかって、
その世界で突き抜けてやる!

 

と思って、脇目も振らずに、
広告の仕事に集中したんです。

 

 

 

そうしたら、
どんどん成果が出て、
望んだ通りの仕事が舞い込み、

ビジネススクールに教わる戦略論に夢中になり、


結婚して子供が出来て、
とても充実した毎日を送ることができました。

 

(イヤなことも色々あったけど)

 

 

 


この間、約十数年、
スピ的な本はほとんど読んでいないし、
もちろん、その手のセミナーなどにも
興味のカケラもありませんでした。

 


もう、スピは、自分の中では終わったこととして、
処理していたわけです。

 

 


でも、

震災の前年に、
このままこの会社で広告の仕事を続けるのは、
無理なんじゃないか??という声が、
ココロの中から沸き起こり、

 

 

好きだったマーケティングも、
今度は現実的過ぎて、
もう一歩、突き抜けられない限界を感じ、

 

 

サラリーマンで生きる事や
業界慣習という見えない壁と戦う事に、
むなしさを感じ始めたんですね。

 

 

 


そこから今に至る経緯は、
何度もお話しているので省きますが、

 

今、私は、非現実的と現実的が
程よく混ざった感じで仕事をしています。

 

 

実際、そのバランスを評価してくださる方が、
少なくないのです。

 


私への相談事は、基本、ビジネスですが、

自分が商品となる仕事では、
集客→教育→販売の流れをつくれば、
誰だって売れるようになります。

 

 


でも、実際、

 

そのコンセプトが本当に自分の道なのか?


静かなモチベーションで続けられる事は何か?


お客様は自分の何を選んでくれたのか?


その人は今の自分に本当に相応しいのか?

 

といった事の方が、

 


あなたの無意識をかなり占めているはずだし、

それは目に見えない事なのです。

 

 

 

そんなね、

「ビジネス+目に見えない領域」を融合した関わり方が、
私は今、一番、心地よいですね。

 


実際、見えない領域の能力が、
少し、伸びてきた感じがするし(笑)、

 


アイデアをひらめく「直感」も、
突き詰めれば、目に見えない領域ですからね。

きっと、そんな感じで、
あなたにも関われると思います。

 

 

 

 

 

こちらでも、コンセプトから売れ続ける仕組み全体まで網羅しています。

 

 

 

無理をできる!に変えるには、 アイデアを出す力が欠かせません。

 

 

 

★最高のクライアントで予約がいっぱい!無料メール講座
 ↓↓↓
詳細はこちら

 

 

  92%の人がゼロから経験と学びをカタチにしたメール講座の
 ワンランク上の原則を一挙公開!

 

 【無料メルマガの主な内容】

 

 ・あなたしか言えない強みを見つける方法
 ・努力が努力でなくなる強みポジションの作り方
 ・ヒト・モノ・カネの流れを生み出すコンセプトの公式
 ・気づきがどんどん押し寄せる「ベッドタイムQ」
 ・最高のクライアントと出会う方法
 ・ビジネスを安定させる4つの時間ゾーン、他

 

 是非、読んでみてくださいね!

 

 

★60日間で売れ続ける仕組みのダンドリを完全マスター!
 メール×動画×ワークシートで学べる
 『ビジネススタートアップ自宅ワークキット』です。
 ↓↓↓
詳細はこちら

 

 

 

★ライフワーク・ブランディングの公式サイト
 ↓↓↓

詳細はこちら
 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
芳月健太郎です。



---

▼ ロングセラーになる法則です。

▼最高のクライアントで予約でいっぱい!<無料メール講座>

---


よく、私、ブログの話をしますけど、

あなたは、ブログのタイトルって、
何時付けますか?

①タイトルを書いてから中身を書く?
②中身を書いてからタイトルをつける?


どちらでしょう?


結論から先に言うと、
私のお勧めは、②です。


私の場合、
中身を一旦書き上げてから、

「改めて、これは何を書いているんだ?」

「これは、こういう事をいっているな」

「じゃ、中身に興味を持ってもらうためには、
 こんなタイトルが良いな」

という意識でタイトルを考えます。


因みに、本も同じですよ。

最初に仮タイトルを考えておいて、
目次つくって、中身を書いて、
最後にタイトルです。


バックエンドも同じ。

中身をつくってからタイトルを付けます。


やはり、こういうのは、
中身を書いていくうちに、
当初考えていなかった事を入れたくなったり、
順序を入れ替えたりするうちに、
少しずつ、当初の主旨はズレてきます。

だから、中身とタイトルの整合性をつけるためにも
最後が良いわけです。



では・・・


ブログのタイトルはどうしましょう?


いつ付けるのが良いんでしょうね?


それは、きっとこうです。


・最初は、仮でつけておく

・記事、プロフィール、バックエンド、メルマガなどの
 部品を揃える
 ↓
 そして、しばらくして・・・
 ↓
 普段、自分はどんな事を言っているのか?
 を改めて俯瞰して、タイトルを調整する

です。


今日、ある方とセッションしていて、
記事の良し悪しを二人で吟味していたら、
ふとコンセプトワードが出てきました。

そう言えば、
いつもこういう事を言っているな。
今までの記事って、
結局、こういう事を書いているじゃん!


こんな事から、
コンセプトワードって、出てくるんです。


もし、あなたが、
コンセプト(=ブログタイトル)を
文字面だけでウンウン考えているとしたら、
それは中々、決まらないですよ。

なぜなら、
中身と一緒に考えていないからです。


タイトルと中身は、常にセット。
しかも、タイトルは、中身を客観的に
見る視点が必要です。

結局、中身とタイトル双方を
行き来しながら、
考えないといけないんですね。


そして、その中身が、
毎度おなじみの(笑)、
バックエンドです。

あなたの必殺ワザ。
あなたの本命。

これがないと、
ステップメールもセミナーも
何をやってもまとまらない。

バックエンドで、
あなたの活動全てを
まとめるわけです。


いつも同じ事言っていますが(笑)、
これを決めないと、
中々、前に進みませんよ。




10年先の未来を定義すると、
日々の行動がそれに向かい始めます。
それが無理そうに見えても、
10年あれば不可能ではないはずです。





無理をできる!に変えるには、
アイデアを出す力が欠かせません。





仕組みづくりのチェックリストはこちらです。



★最高のクライアントで予約がいっぱい!無料メール講座
 ↓↓↓
 詳細はこちら

 92%の人がゼロから経験と学びをカタチにしたメール講座の
 ワンランク上の原則を一挙公開!

 【無料メルマガの主な内容】

 ・あなたしか言えない強みを見つける方法
 ・努力が努力でなくなる強みポジションの作り方
 ・ヒト・モノ・カネの流れを生み出すコンセプトの公式
 ・気づきがどんどん押し寄せる「ベッドタイムQ」
 ・最高のクライアントと出会う方法
 ・ビジネスを安定させる4つの時間ゾーン、他

 是非、読んでみてくださいね!



★60日間で売れ続ける仕組みのダンドリを完全マスター!
 メール×動画×ワークシートで学べる
 『ビジネススタートアップ自宅ワークキット』です。
 ↓↓↓
 詳細はこちら 


★ライフワーク・ブランディング公式サイトはこちら
 ↓↓↓
 詳細はこちら



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)