毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

感謝の力(2)

~感謝する心が引き寄せるもの~

 

 

わたしはいつも自分を幸せ者だと思っています。

その理由は、

一日のうちで“感謝できる事”が何回もあるからです。

 

 

自分の人生の“苦しみの経験”が、この恵み(感謝できる)を与えてくれたのです。

苦しみを経験したから感じられるのです。

 

例えば、

人は身体の調子が悪くなると、心配することや困ることが出てきます。

そして、気分が悪くなったり、機嫌が悪くなったりして不満も出てきます。

しかし、もっと重い病気にかかり、生きるか死ぬかの苦しみを味わった人は、身体の調子が少しくらい悪くても、心配することや困ることはそうは感じなくなるのです。

むしろ身体の調子が少し悪いくらいで良かったと思い、まだそのくらいでいられることに感謝できるといいます。

 

わたしが言う“苦しみが感謝を感じさせてくれる”とは、このようなことなのです。

わたしはこのように考えました。

最悪な事態を想像してみよう。(縁起でもないのですが…)

大切な家族が突然、

 不治の病にかかった…

 事故に遭った…

そして

 突然帰らぬ人となった…

 

こんな事が起ったとしたら、わたしの一番の苦しみ、悲しみになることでしょう。

そんなことを何度も何度も想像してきました。

 

この想像をいつも頭に置いて生きてきました。

すると、妻や娘と、

 散歩に行く…

 買い物に行く…

そんな何気ない事でも感謝することができるようになって行ったのです。

 

でも、いつか愛する人とも別れる時が来ます。

その日が来た時、この縁起でもない想像をしていなかったら、きっとこんな後悔することになるでしょう。

 

「一緒に居られた時が一番幸せだった。何気ない事が一番の幸せだったんだ」と……。

 

大切な人やものが存在しているうちに感謝ができるようになりたいです。

大切なものへ感謝ができないと、いつか後悔することになるからです……。

 

 

 

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

感謝の力(1)

~感謝する心が引き寄せるもの~

 

 

わたしは人生で、大切にしたいことの一つに「感謝」があります。

 

とかく人は、自分にとって

 嬉しいこと…

 喜ぶこと…

 ありがたいと思うこと…

に対して感謝をするものです。

 

しかし、人も様々で、

 感謝ができない人…

 ある程度感謝ができる人…

 感謝がしっかりできる人…

がいます。

 

この違いは、「感謝」を大切にしているか、していないかの差なのかもしれません。

 

わたしが「感謝すること」を大切にしている理由は、

「感謝は人生を充実させるために深く関わっている」

と思っているからです。

 

人はありがたいことには感謝をしますが、何気ない普通のことに感謝することはなかなかできないのではないでしょうか。

でも、わたしは普通のことにこそ感謝できる人になりたいと思っています。

 

若い頃から人並みには感謝することができていたと思っていますが、ある時期から変わっていきました。

それは人生の苦しみを経験した時からでした。

苦しみを経験することにより、感謝ができることがどんどん増えて行ったのです。

それまでは、何か特別な嬉しいこと、喜ぶことだけに感謝していましたが、苦しみの経験を積むことによって何気ない普通の生活にも感謝ができるようになって行ったのです。

 

 健康で食事ができることへ…

 家族と暮らせることへ…

 仕事があることへ…

 仕事ができることへ…

 無事に今日も生きられたことへ…

 

感謝ができるようになって気づいたことがあります。

それは「感謝は幸せを引き寄せる」ということです。

 

 

感謝することで、こんことが生まれてきます。

 笑顔が生まれます

 良い言葉が生まれます

 ありがたいという気持ちが生まれます

 おかげさまという謙虚さが生まれます

 心の余裕が生まれます

 

そんな思いから幸せを感じられるのです。

だから「感謝=幸せ」なのです。

 

こんな言葉があります。

ジードの言葉…

「目の見える人間は、見えるという幸福を知らずにいる」

 

フランクルの言葉…

「幸福は人生の意味の追求の結果から生れる」

 

わたしの実体験はこうです。

「幸せだから感謝するのではない。感謝しているから幸せになるのである」

 

感謝とは、ありがたいと思う素直な心の表れ。

ありがたいと感謝する心に幸せが引き寄せられるのではないでしょうか……。

 

 ――つづく

 

 

 

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

問題意識の大切さ

~問題意識から潜在意識が生まれる~

 

 

日頃の生活の中で、何げないことから“気づき”があります。

しかし、その“気づき”は、何もないところからはありません。

気づくにはそれなりの意識を持つことが必要です。

その意識とは、日頃から何かを探していたり、気になることがあったりするという“問題意識”です。

 

わたしは、死の淵から生還する体験から人生に対し問題意識を持つようになりした。

「自分は何のために生まれ、そして何のために生きているのか?」

 

問題意識を持って考えていると、これがいつの間にか意識しないでも自然と

「自分は何のために生まれ、そして何のために生きているのか?」

という自分への問いかける思いが頭の中に浮かんでくるのです。

 

 

そしてこんなことが起こりはじめました。

その思いがいつしか潜在意識となり、自分では意識していないのに、答えを探し続けてくれるようになります。

答えやヒントになりそうなことを人から聞き、テレビ、新聞などで見たりすると自然と吸収できるようになりました。

こんなこともありました。

「書店に行き、気づくと、無意識に探していることのヒントになりそうなコーナーの前に立っていた…」

潜在意識が働くと自然にアンテナが張られるようになっていたのです。

 

潜在意識とは…

精神分析などで、活動はしているが自覚されない意識。

 

意識には、わたしたちが意識している部分と意識していない部分があります。

意識していない部分が潜在意識です。

 

人は意識的に考え行動しているように思えますが、じつは科学的調査によると、行動の80%は無意識で起こっており、意識的に行動していることは20%に過ぎないそうです。

 

“潜在意識は成功者のツールだったのです!”

受験やダイエット、禁煙、ビジネスの売上などで、よく目標を達成するためにその目標を紙に書き出し、机の前の壁や、トイレ、天井などに貼ったり、それを唱えたりすることがあります。

これは、単に忘れないように覚えるためのものでなく、潜在意識に叩き込んでいるのです。

 

毎日の習慣の中で潜在意識に叩き込むことにより、無意識に目標を達成するための情報をキャッチするアンテナとなり、ひらめきや、問題解決のためのアイディアが出てくることがあります。

このやり方は、世界の鉄鋼王と呼ばれた大富豪のアンドリュー・カーネギーや発明王といわれたエジソンが実際に行っていた方法です。

偉大なる成功者はこの潜在意識をフルに活用したのです。

 

この潜在意識を手に入れるために問題意識が必要になります。

 

「問題意識を持つ」→「強く問題意識を持つ」→「問題意識は潜在意識となる」→「答えを探す力がついてくる」

 

というような流れになり、はじまりは問題意識からになります。

 

だから人生を変えようと思ったら、

「まずどんなことにどれほどの強さの問題意識を持つか」

ということからはじまります。

 

わたしは自分の経験と多くの成功者を見てきて言えることですが、

「問題意識をいかに強く持つかっで人生が変わる」

ということです。

 

多くの人はこのことに気づいていないようですが、じつは問題意識はそれほどの力を持っているのです。