毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【人生は選び方のセンスで決まる】

 

 

以前のわたしの講演会でのことです。

 

その講演で、“自身の人生経験について”お話させていただきました。

 

「人生は生き方のセンスで決まる」

 

ご来場の皆様は最後まで真剣に聞いて下さいました……。

 


【センス】物事の微妙な感じや機微を感じとる能力・判断力。感覚。(大辞林)


わたしは簡単に言うと「センス」=「選ぶ力」と思っています。

 


人生では、起きた出来事を、どのように考え捉えるかが大切です。

辛い事、苦しい事が起こってしまうことは誰にでもあります。

 失敗や挫折…

 人間関係のこじれ…

 お金の苦労…

 失恋…

 病気…

 人との別れ…

 

これらの事を、どう考え捉えるかが人生にとってとても重要なのです。

また、過去の事ですが、すでに過去に起こってしまった事は変えられませんが、起こった事の考え方や捉え方は変えられます。

 

いやな事や辛い事を、そのままいつまでも引きずってしまう人もいます。

しかし、過去の事で、どうすることもできない事であれば、「引きずるより学びに変える」という選択が、わたしは一番良い方法だと思います。

 

これがセンス!です。

すなわち“選ぶ力”なのです。

“学び”を選んだのです。


わたしは、

「過去は、これからの人生のための気づきの時間であり、未来に役立てるもの」

と考えています。

 

このように講演会でお話をしました。

 

すると、話を終えた後、60代の女性がわたしのところに来て、こう言うのでした。

 

それがコレです……

 

 

本日は、「選び方のセンスが何をするか?」というお話です。

 

 

 

――お知らせ!――

 

9月24日(日)に開催される「アンマープロジェクト第一回公演」のチケットは完売となりました。

ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

AD

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【理想を叶えるためのヒント】

 

 

私たちは日頃から、暮らしながら、仕事をしながら、何かを求めたり、願ったりしているのではないでしょうか。

 

その一つに“理想”があります。

 

 

「本来だったら、こうなって欲しい…」

という理想です……。

 

 

以前にこんなアンケートを取ったことがあります。

「理想の仕事はどのような条件か?」

 

――理想の仕事の条件――
1、 収入(必要な分が安定して入る)
2、 自分に向いている、合っている。
3、 職場の環境(清潔・人間関係・設備)
4、 貢献(世のため人のためになる)
5、 その他、やりがいを持てる

 

このような内容が挙がりました。
このようなものがすべて揃うことが理想のようです。

しかし、現実はなかなか満たされないのです。

 

今度は「幸せ」の条件を聞いてみました。

 

――幸せの条件――
1、 健康である
2、 経済の安定している
3、 愛する人や家族がいる
4、 やりがいある仕事がある
5、 生きがいがある

 

このようなものに心配しなくてもよい状況ということでした。

一つでも欠かせないものばかりです。

 

このアンケートから気づかされたことは、

「理想とは、一つのものからではなく、様々な条件が整うことでつくられるもの」

でした。

 

だからこそ、理想を叶えるために必要なのはこのようなものなのです。

 

それがコレです……

 

 

本日は、「理想を叶えるためのヒント」というお話です。

 

 

 

――お知らせ!――

 

9月24日(日)に開催される「アンマープロジェクト第一回公演」のチケットは完売となりました。

ご協力ありがとうございました。

 

 

 

AD

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【暗闇があるから明るさの価値がわかる】

 

 

わたしの毎朝の起床時間は夜中の2:00。

外は闇に包まれています。

 

朝起きて、すでに日が昇り明るくなっている景色よりも、暗いところから、だんだん明るくなって行く景色の方が、わたしは好きです。


暗い景色を見ていると、少しずつ明るくなる様子がわかります。

なんだか人生のように思えるのです。

 

人によっては最初から恵まれている人生もあるでしょうが、充実した人生を送るためには苦労も必要だと思います。

 

人生をこんな例えで表現する言葉があります…


「苦しくどん底のときに、人は苦しみもがくが苦しみの終わりが一番苦しい。まるで夜明け前が一番暗いのと同じように…」

 

これは「苦しみの後に光が射し明るくなるが、その前が一番苦しい」ということの意味でしょう。

 

この例えのように、実際に夜明け前が一番暗い感じがします。
夜明けは、闇からいきなり明るくはなりません。
少しずつ段々明るくなりはじめるのです。

 

 

日頃から明るいところしか見ていないと、明るくて当たり前になるでしょう。

しかし、歴史も、人生も、暗闇があったからこそ、平和や幸せがあるのです。

ということは暗闇も必要であるということです。

 

だからわたしはこのように言ってきました。

「本当に恵まれている人とは、お金や容姿に恵まれている人ではありません。本当の幸せをつかむために大切なことに気づける人です」

 

その理由がコレです……

 

 

本日は、「暗闇と明るさの意味」というお話です。

 

 

 

――お知らせ!――

 

9月24日(日)に開催される「アンマープロジェクト第一回公演」のチケットは完売となりました。

ご協力ありがとうございました。

 

 

 

AD