毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【人から必要とされる人間になりたい…】

 

 

わたしの心に残る感動の言葉があります。


東日本大震災の被災地に元天皇皇后両陛下(現在の上皇上皇后両陛下)が慰問されたときのことです。
被災者の前にひざまずき、

「生きていてくれてありがとう」

とお声をおかけになりました。


両陛下の国民を心の底から想い憂えている言動に感動しました。
その言葉はまるで、

「あなたは日本の国民として必要な方です」

と言って下さっているようにも聞こえました。


被災者の中には、その両陛下の言動に

「本当に助かってよかった。日本の国民でよかった…」

という気持ちになり、心の支えになった人もいたそうです。

 

この例のように、自分が人から必要とされていることは心の支えになるものです。

人から必要とされることは、わたしにとってとても嬉しいことです。
それが“わたしが生きている証になる”と思うからです。

 

家庭や仕事、サークル活動などで、

あなたがいたから、
 助かった…
 楽しかった…
 元気が出た…
 励みになった…
 やる気が出た…
 救われた…

 

人からこんなことを言ってもらえると嬉しいですね。
自分も誰かから必要とされている、頼りにされていることを実感したとき、生きる意義を感じます。

 

南カリフォルニア大学教授のレオ・バスカリア氏は人生へのチャレンジ精神や愛の奇跡を力強く説いています。彼の著書『愛するということ 愛されるということ』(三笠書房)の中に「人から必要とされることの大切さ」が記述されています。

 

ここでみなさんにすばらしい寓話をご紹介しましょう。
少女がひとり、野原を散歩していました。

ふと見ると、一匹の蝶がいばらの棘(とげ)にとらわれています。

少女が助けてやると、蝶はどこかへ飛んでいきました。
しばらくしてもどってきた蝶は、美しい妖精に姿をかえると、少女に向かってこういったのです。
「助けてくださってありがとう。お礼に、あなたの望みをかなえてさしあげましょう」
少女はいいました。
「幸せになりたいわ」
妖精は身をかがめて少女の耳に何かささやくと、ぱっと消えてしまいました。
やがて少女は国中のだれより幸せな娘になりました。

まわりの人たちはいいました。
「幸せの秘密は何ですか?」
そのたびに娘は、「妖精に教えてもらったのよ」とほほ笑むだけでした。
娘はだんだん歳をとり、やがて素敵なおばあさんになりました。

みんなはこのすばらしい秘密がおばあさんとともに消えてしまうのではないかと気が気ではありません。
「どうか教えてください。妖精は何といったのですか?」
するとおばあさんはほほ笑みながらこういったのです。
「『どんなに心安らかに暮らしているように見えても、みんながあなたを必要とするでしょう』と妖精はいったのですよ」

 


この寓話の作者は人から必要とされることが生き方を形成すると言いたかったのではないでしょうか。


 

 

わたしも幸せになるために、人から必要とされる人間を目指します。

 

 

 

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【子どもからの質問~どうして勉強しなければいけないの?~】

 

 

みなさんは、子どもの頃、勉強は好きでしたか?
わたしは大嫌いでした。
そこで親にこんな質問をしたことがあります。
「なぜ勉強しなければいけないの?」

 

不思議なものですね。

わたしの娘も同じ質問をしてきました……。

 

現在29歳になる娘が小学校4年生の時だったと思いますが、

「なぜ勉強しなければいけなの?」
と聞いてきたのです。

 

このときに、わたしの子どもの頃の記憶が蘇りました。

親から、しっかりと説得力ある答えを言ってもらえれば少しは勉強をする気にもなります。

そんな思いがあり、わたしなりに考えました。


そして思ったことは、
「この単純な質問に対して、説得力を持って答えたい!」
ということでした。

 

実際にあった、ある小学生とお母さんの会話です。

次の親子の会話に、子どもの立場になって考えてみて下さい。
勉強をやる気になるでしょうか?

 

なぜ勉強しなければいけないの?
「勉強しなければ良い学校に進学できないからよ」
なぜ良い学校に行かなきゃいけないの?
「良い学校に行けなければ良い就職に就けないからよ」
なぜ良い就職に就かなければいけないの?
「良い就職に就かなければ生活が安定しないからよ」
なぜ生活が安定しなければいけないの?」
「生活が安定しなければ幸せになれないからよ」
ふうーん。

 

子どもはなんだか意味を理解していないようでした。
お母さんは生活の安定を幸せに考えていたのでしょう。
確かに親であれば心配するところです。

 

わたしの場合は、学歴がなくても幸せになっている人をたくさん知っていますから、なぜ勉強しなければならないかという理由は異なります。

 

娘が小学校のときの質問に対し確かこのようなことを答えた記憶があります。

 

「なぜ勉強しなければいけないの?」


それはあなたの将来の可能性を広げるためなんだよ。

勉強するということは知らないことを知ることになる。

言い方を換えれば、出来ないことができるようになることなんだ。

例えば、一輪車にはじめは乗れなかったよね。

しかし、練習をすることで乗れるようになったね。

これが勉強したことになるんだ。

学校の勉強は一輪車とちがうけど、これから中学や高校に進学したり、学校を卒業して社会に出ることになる。

その道のりで、何かを決めなければいけないことがいろいろと出てくる。

例えば、自分は何に向いているか、何が正しいことか、どんな仕事をしようか、どんな人と結婚しようか、そのときに自分なりに答えを出して決めなければならない。

そのときに少ない知識しか持っていなければ少ない知識の中でしか考えて選ぶことしかできない。

しかし、知識を持っている人はたくさんの中から考えて選ぶことができるんだ。

例えば、自転車を買うとする、どんな自転車があるか、どんな自転車がいいのかを知らなければ、自分の満足する自転車は選べない。

料理でも美味しい料理の作り方を知らなければ、美味しい料理をつくって食べることができない。

だから知ることにより良いものを選ぶことや自分のものにすることができるんだ。

学校の勉強は社会に出て、どんな道にでも行けるように様々な学科が用意されている。

子どもの頃に勉強が嫌いでも、大人になって役に立つことがたくさんあるものさ。

だから勉強が必要なんだ。

すなわち良いもの選べる可能性を広げ、自分のできることを増やすこと、自分のやりことを将来できるようになるために必要なんだよ。

 


学ぶことは、知らなかったことを知ること。
学ぶことは、出来なかったことが出来るようになること。
学ぶことは、自分を進化させること。



だから学ぶことで自分の可能性が広がるのです。

 

 

 

 

毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【傷ついた心から“気づき”という芽が育つ】

 

 

心が傷ついたとき、どうしていますか?

 

生きていれば
 不運な出来事…
 失敗…
 トラブル…
 人間関係のこじれ…
などで、心が傷ついてしまうことがあります。

 

誰もが経験していることではないでしょうか。
わたしも何度も何度も心に傷を負ってきました……。


その心を時間が癒してくれることもありましたが、考え方で傷を癒せることもできると気づいていきました。
それだけでなく、傷ついたからこそ成長できることにも気づいたのです。

 

自然界の生き物には傷ついたからこそ、より強く再生する力を持つ生き物がいます。
植物で言えば、カエデの木がそうです。

 

アメリカインディアンは“カエデの木の再生力”についてこのように言っています。
「自然界には偉大な癒しの力がある。木々は自ら再生する力を持っている。カエデの木を切ってみれば、木はそこから自らを再生することがわかる。切られたカエデの木から十から二十の新芽が出てくる」


切ったところから二十の芽が出るとは驚きです。
傷ついたところから更なる細胞が育ちはじめ、切られる前よりたくましく成長するようになるのです。

カエデの木の再生力は今まで以上に幅を広げた生き方ができることを教えてくれているように思いました。

 

この話を知り、わたしは自分の過去の経験を思い出し、“なるほど”と納得しました。
その経験とは、若い頃の交通事故で大ケガをするのですが、事故をする前より、事故後の方が、自分が強く成長していたことです。

 

ケガをした左足の傷跡と後遺症が残りましたが、しかし心はカエデの木のように再生しました。

 

 

カエデの木のように傷ついたからこそ新芽が出ることができたのです。
その新芽とはケガから学んだことでした。
それは痛い思いをし、不自由な生活を強いられて気づいたことです。

 

 足一本の存在のありがたさ…
 健康のありがたさ…
 歩けることのありがたさ…

 

肉体は傷ついても“心に気づきという新芽”がいくつも芽生えました。
このことから人間もカエデの木のように心の持ちようで自らを再生することができるのだと実感しました。

 

人の心は傷つきやすいものです。
特に純粋だったり、優しかったりすればなおさらのことです。
しかし傷ついた心でも自分次第で再生ができるのです。
いや言い方をかえれば、“傷ついたからこそ新芽が芽生えることができる”のです。

 

 傷ついたからこそ、
  痛みがわかる…
 痛みがわかるからこそ、
  傷つけてはいけないことを知る…
 知ることができるからこそ、
  何が自分にとって大切かがわかる…
 大切なものがわかるからこそ、
  成長できる…

 

わたしは毎朝瞑想していますが、その瞑想をはじめる前に必ず自分の身体に感謝しています。

「昨日も健康でいてくれてありがとうございました。今日も一日よろしくお願いいたします」と……。


もし、あのときの交通事故を経験していなかったとしたら、このように自分の身体に感謝することはなかったでしょう。

 

 

サン・テグジュペリの言葉…
「生きる、ということは徐々に生れることである」