関西大学サッカー部なでしこブログ

関西大学サッカー部なでしこブログ

関西学生女子サッカーリーグ
部員随時募集中

 

こんばんは!

いつもなでしこブログをお読みいただきありがとうございます!

7弾となります今回は、約2ヶ月に渡り行われました関西学生女子サッカー春季リーグの振り返りをさせていただきます!



第一戦 vs姫路獨協大学○4-2(0-1)

開幕戦勝利という歴史を作ろうと臨んだ試合でした。前半序盤から相手にボールを持たれ、悪い流れを断ち切れず、前半終了間際に失点。後半はマイボールの時間が増え、最終的には4点奪い勝利を掴み取ることができました。試合を通して、最後まで諦めないことの大切さや、チームが一つになることの重要性を学ぶことができました。



第二戦 vs追手門学院大学○3-2(2-2)

連勝を目指し臨んだ二戦目。前半序盤はテンポの良いパスワークで相手を崩す場面が多く見られました。しかし、徐々に相手ペースとなり、守備が緩くなったところを突かれ先制点を許してしまいました。その後は、互いに点を取り合い同点に。拮抗した試合運びとなりましたが、63分に逆転することができ、そのまま逃げ切ることができました。多くの課題が残る試合となりました。



第三戦 vs大阪体育大学●0-3(0-0)

今シーズン初めての黒星となった試合でした。

技術も能力も自分たちより上の相手に対して、チーム力で勝利を掴もうと挑みました。しかしやりたいサッカーが全くできませんでした。自分たちに足りないものとしっかりと向き合う試合となりました。



第四戦 vs立命館大学○2-1(0-0)

前節の敗戦の悔しさをバネに果敢に攻め込みました。しかし、なかなかゴールに結び付けることができず、0-0で前半終了。後半開始早々に先制点を取られ、0-1のスコアで残り10分に。土壇場で追いつきその後逆転し、勝利することができました。立命のシュート数が3本なのに対し関大は19本、決定力の低さが課題に上がった試合でした。



第五戦 vs明治国際医療大学●0-6(0-2)

序盤から相手のペースで試合展開が進み、失点が続いてしまいました。相手の激しいプレスに圧倒されたまま、関大に流れを持ってくることができず試合終了。この試合の負けを無駄にしないよう、より一層チーム一丸となって戦っていこうと再確認した試合でした。



第六戦 vs武庫川女子大学○3-1(1-1)

先制点を取ることで序盤から関大の流れを作りだし、攻守において粘り強く戦うことができました。後半には追加点が2点入り勝利することができました。前節の負けを無駄にすることなく、結果に結びつけることができた試合でした。



第七戦 vs聖泉大学△0-0

勝てば春季リーグ優勝が懸かった試合でした。

前半から押し込む場面があるもゴールには結び付かず、徐々に相手の流れに。

後半終盤で何本か決定機がありましたが、決めきれずに課題と悔しさが残る試合となりました。



【最終順位表】



春季リーグは2位フィニッシュとなり、目標としていた優勝には届きませんでした。ですが、秋季リーグ優勝に向け、止まっている暇はありません。この夏、皆で刺激し合い、高め合い、秋は必ず優勝を掴み取ります。


最後に、この場になりますが、コロナ禍で厳しい状況の中、リーグの運営に携わって下さった関係者の皆様に心から感謝申し上げます。サッカーができることに感謝し、一日一日を大切に過ごして参ります。

今後とも、関西大学体育会サッカー部への応援の程宜しくお願いいたします。



※練習見学・参加のお問い合わせはこちらまで
kufc_form@yahoo.co.jp

こんばんは。
4回生の笠原黎里花です。

まずはじめに、日頃より関西大学体育会サッカー部へのご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、関西学生女子サッカー春季リーグの結果をご報告させていただきます。

5月中旬に開幕した関西学生女子サッカー春季リーグでは、4勝1分2敗で1部リーグ2位という結果となりました。
私たちが目標とする「日本一」に向けて、リーグ優勝を目指す中、あと少し届かず悔しい結果となりましたが、秋季リーグに向けて、新たな歴史を作るための大きな一歩となりました。

私たちがこのような結果を残せたことは、これまでの先輩方や部員の想い、
そして、無観客試合が続く中でも遠くから応援して下さる保護者の方々のおかげだと心から感じています。この恩を自分たちの力で返せるように、目標に向かって日々精進して参ります。

私たちが目指すのは「日本一」です。
春季リーグを通して、まだまだ実力不足であり、改めて危機感を持ちました。現在の実力差を埋め、追い越していくために、チームの中で競争意識を持ち、自分自身とチームに向き合って日々取り組んでいきます。
そして、秋季リーグの舞台では、全員が自信に溢れ、堂々とプレーする姿を見ていただき、応援していただいている全ての方と喜びを分かち合いたいと思います。

これからも引き続き、関西大学体育会サッカー部、女子チームへの応援の程、宜しくお願い致します。
こんばんは。
人間健康学部3回生の林祐里です。



日頃から関西大学体育会サッカー部を応援してくださり、誠にありがとうございます。

先日、皇后杯大阪府大会5位決定戦が行われました。
相手は大阪体育大学さんで結果は1-4と勝利することができませんでした。

勝てば関西大会へ出場できる試合、リーグ戦で一度負けている相手との試合というとても大事な一戦でした。

入りから積極的に行こうと話していたものの、開始早々セットプレーから失点してしまい、1点も返すことができないまま0-4で前半を終えました。
後半では、勝利するためには最低でも5点取らなければならない状況で1点しか返すことができず、1-4と悔しい結果になりました。

先週の帝塚山学院大学さんとの試合から、試合開始早々の失点という課題を改善することができず、相手のペースで試合を進めてしまったのが敗因だと思います。

この試合をもちまして、前期の試合は一区切りつきました。
この夏でさらに強くなり、一度味わった悔しさを秋季リーグで晴らせるよう、チーム一丸となって日々練習していきたいと思います。

今後とも関西大学体育会サッカー部への熱いご声援の程、よろしくお願い致します。

こんばんは!

いつもなでしこブログをお読みいただきありがとうございます!!


第六弾となる今回は、インタビュー形式最終弾となります!

今回は、政策創造学部と商学部(ともに千里山キャンパス)の2人にインタビューを行いました。

是非、最後までご覧ください!!



質問内容は以下の通りです

①関大を選んだ理由教えてください

②学部ではどんな授業をしていますか?

③学部の魅力を教えてください(何が学べるか、資格の取得に関することなど)

④サッカーと勉強を両立させるために意識してることは何ですか

⑤最後に進路に迷っている高校生に向けて一言お願いします



NO.1   塚原碧衣(3回生)常盤木学園高校・MF

写真提供:関大スポーツ編集局

勉強と部活動の両立ができる環境が整っていたからです。また、男女関係なく1つの体育会サッカー部というのが、あたたかくてお互いに切磋琢磨できていいなと思ったからです。

政策創造学部は、法律も政治も経済もオールマイティに学べる学部で、幅広い分野の勉強をしています。また、日本だけでなくアジアの政治や経済についても学ぶことが出来ます。

②でも触れましたが、政策創造学部は1つの分野に特化するというよりも、他の学部で学ぶようなことを少しずつかじりながら幅広い分野の勉強ができるところが魅力です。教員を目指したい人は社会の教員免許をとることができます。

部活は朝なので、授業の合間や放課後の時間を使って勉強し、夜は早く寝れるように意識しています。また、分からないところがあれば部活の先輩に聞けるのも魅力の一つです。

ぜひ関西大学で一緒にサッカーしましょう!!!


NO.2   井上沙季(3回生)大商学園高校・GK

写真提供:関大スポーツ編集局

私が関大を選んだ理由はスポーツのみならず、勉強にも高い熱量を注ぐことができると考えたからです。これまではサッカーしかほとんどしてきませんでしたが、将来の事も見据えて勉強もしたいという想いが強くなり、関大を受験をしようと決めました。

商学部では主に企業と消費者の結びつきについて学びます。具体的なものとして流通や会計、日本経済や世界経済などがあります。実学としてのビジネスを深く学ぶことができるため、実務に即したビジネス力を養う事ができると感じています。

1,2回生でビジネスの基礎となる勉強をし、3年次からは4つの専修に分かれてより専門的な学びをします。その中で、TOEICなどの英語の検定に加えて簿記や情報などといった検定にも挑戦しやすい環境が整っています。また希望制でゼミにも参加できるため、自分次第で学びの幅を広げていくことができます。

一人暮らしをしていますがなるべく家に帰らず、学校の施設を最大限利用することで自然と勉強する環境を自分で作り出すようにしています。また、具体的に何をすれば良いのかを明確にするために、検定に申し込んだりゼミ活動にも積極的に参加するようにしています。サッカーは大好きなので何も考えなくても上手く自主練の時間を確保できています(笑)

全ての物事において、最終的な決定権は自分自身にあると思います。だからこそ色んな情報を得ながら自分自身でじっくりと考えることが大切だなと思います。その中で関大でサッカーをするという選択肢を選んでくれるのであれば、私たちは全力でサポートし応援します。進路のことも考えつつ、残りの高校生活を謳歌して下さい!!



こんばんは。
政策創造学部3回生の塚原碧衣です。


日頃から関西大学体育会サッカー部を支援し、応援してくださっている方々、誠にありがとうございます。

先日、皇后杯大阪予選敗者復活戦が行われました。帝塚山学院大学さんと対戦し、結果は3-2と勝利することができました。

関西大会出場への望みをつなげるために、絶対に負けられない試合でした。

開始早々、自分たちのミスから失点してしまったものの、前半のうちに追いつくことができ、1-1でハーフタイムを迎えました。
後半では、先に1点を奪うもすぐに追いつかれてしまいましたが、残りあとわずかで勝ち越しゴールを決めることができました。

どちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、最後まで諦めずにゴールを狙い続けたことや、全員で一つになって戦い抜けたことが、勝利という結果に繋がったんだと思います。

しかしまだ関西大会への切符は手にしておらず、
次の試合に勝って初めて関西大会出場が決まります。
相手は大阪体育大学さん。リーグ戦でのリベンジを晴らすためにも、また1週間チームでいい練習を積み重ね、いい準備をして試合に臨みたいと思います。

今後も関西大学体育会サッカー部への熱い応援の程、よろしくお願い致します。


こんばんは!

いつもなでしこブログをお読みいただきありがとうございます!



早くも第五弾となりました。今回も前回同様、インタビュー形式になっております。

今回は、大阪府高槻市にキャンパスがある、社会安全学部と総合情報学部の2人です。

最後まで是非お読みください!!



質問内容は以下の通りです

①関大を選んだ理由を教えてください。

②学部ではどんな授業をしていますか。

③サッカーと勉強を両立させるために意識してることは何ですか。

④他キャンパスですが、サッカーする環境としてはどうですか。

⑤最後に進路に迷っている高校生に向けて一言お願いします。



NO.1   田中光紀(2回生)大阪桐蔭高校・MF


写真提供:関大スポーツ編集局


関大サッカー部の体験に参加させてもらった時に、監督やコーチ、先輩後輩関係なく、コミュニケーション取り合えている環境があるということに、魅力を感じたからです。

主に、自然災害や今で言うコロナ感染症などの社会災害について、様々な視点から防災、減災していく方法を学びます。

私自身は、スケジュール帳を活用して、計画的に勉強を行っています。また、授業のとり方を工夫して、できた時間を、サッカーの練習に当てたりしています。

サッカーの練習が早朝で、授業で一限がある場合は、早退する形にはなるのですが、一限目がない時には、グラウンド使用時間目一杯ボールを蹴れるので、他キャンパスであっても特に不自由さを感じません。

私自身も進路に悩まされていましたが、大切なことは、例えばオープンキャンパスや部活ならば練習参加などをして、実際に自分の目で見たり、体験することだと思います。ぜひ、関大に少しでも興味のある人は1度来てみて、関大の魅力や良さを知ってもらえれば嬉しいです!!



NO.2   松井茜(1回生)奈良育英高校・MF


勉強においてもサッカーにおいても、真剣に打ち込める所に魅力を感じたからです。
総合情報学部には3つのコースがあり、自分の将来のビジョンに合わせて授業をとることが出来ます。私は、メディア情報系の授業を多くとり、心理・言語・社会という視点から情報学を学んでいます。
毎日計画的に勉強を進めることです。常に今後の予定を確認し、今やるべきことは何かについて、考えるようにしています!
時間のある日に自主練を沢山するなど、練習時間を補うことができるので問題ないと思います。また、移動時間に課題に取り組み、時間を有効活用できています。
サッカーを全力で取り組みたい!と考えている方、せび関西大学で充実した4年間を過ごしましょう。


進路選択に向けて重要となる時期に差し掛かってきました!関西大学にはたくさんの魅力があります!是非、関大へ!!


※練習見学・参加のお問い合わせはこちらまで
kufc_form@yahoo.co.jp
こんばんは。
商学部3回生の井上沙季です。

いつも関西大学体育会サッカー部を支援し、ご声援を送ってくださる皆様に感謝申し上げます。

先日、延期となっていた春季リーグ三節目が行われました。聖泉大学さんと対戦し、結果は0-0の引き分けとなりました。

勝てば優勝の可能性もある中、点が取れず勝ち切ることができなかったのはまだまだ私たちの弱さでもあり、課題でもあります。しかし、リーグで達成できていなかった無失点という部分をクリアできたことは次の一歩にも繋がったと思います。

得点に結びつくようなチャンスがいくつかあった中、思うように相手のゴール前を崩すことができず、ゴール前の工夫が足りていないことを実感させられました。また相手のパワフルなキックによって自陣にボールを放り込まれ、うまく対応し切れなかったり、勢いに押されたまま、何本もセットプレーを与えてしまった点においてもまだまだ改善が必要であると感じました。


この試合で、ひとまず春季リーグは終了となりましたが、次週は皇后杯の関西大会出場がかかった試合があります。

少しでも数多く試合を行うためにも必ず勝って全員で一丸となって関西大会出場の切符を掴み取りたいと思います。そのためにも、日々の練習から100%の取り組みをし、自信を持って一人一人が試合に挑めるように準備していきたいと思います。

これからも応援の程よろしくお願いいたします。
こんばんは。
社会学部1回生吉尾香音です。


日頃から、関西大学体育会サッカー部へのご支援・ご声援をいただき誠にありがとうございます。

先日、皇后杯大阪府大会が行われました。セレッソ大阪堺ガールズさんと対戦し、結果は0-3となりました。

この試合に勝てば関西大会出場が決まるという状況で、チーム全員で一つになって絶対に勝とうと、この1週間取り組んできました。

自分達より技術や能力で勝る相手に対し、前線からプレスをかけるも圧倒的な巧さで剥がされ、ボールを保持される時間が続きました。

また、相手のプレスに圧倒され自分たちの思うような攻撃のかたちが出せず、0-3という悔しい結果となりました。

次週の試合で必ず勝つために、試合の振り返りから出た課題としっかり向き合い、練習に取り組んでいきます。

そして、どんな相手に対しても自分たちのサッカーをして勝てるよう、もっともっとレベルアップしたいと思います。

これからも応援の程よろしくお願いいたします。

こんばんは!

いつもなでしこブログをお読みいただきありがとうございます!!


第四弾となる今回は、前回に引き続き、インタビュー形式になっています!

今回は、文学部と社会学部(ともに千里山キャンパス)の2人にインタビューを行いました。

是非、最後までご覧ください!!



質問内容は以下の通りです

①関大を選んだ理由教えてください

②学部ではどんな授業をしていますか?

③学部の魅力を教えてください(何が学べるか、資格の取得に関することなど)

④サッカーと勉強を両立させるために意識してることは何ですか

⑤最後に進路に迷っている高校生に向けて一言お願いします



NO.1   真木悠花(3回生)追手門学院高校・DF

写真提供:関大スポーツ編集局


進路を選択する中で、私は「文武両道」を軸に置きました。その中で、自分の将来に役立つ勉強ができ、サッカーにも全力で取り組める環境がある関西大学に魅力を感じ、入学を決めました。


文学部は、専修分属が二年次からになるため、入学後の一年間は、16ある専修の授業を幅広く学ぶことができます。私は、初等教育学専修を選択し、小学校教員の免許取得に向け、日々勉強をしています。


②でも触れた通り、文学部は専修分属が二年次からになります。そのため、入学後の一年間で、自分が本当に学びたい分野を見極めたり、確かめたりできる時間的な猶予があります。その点が文学部の最大の魅力だと思います。


時間を有効活用することです。その一つとして、電車の移動時間を使い、勉強や課題に取り組んでいます。その時間を有効に使えるかどうかは、サッカーに全力で取り組む上でとても重要であると感じています。大学生活は自由な時間が多くありますが、その時間をいかに有意義なものにできるかが、両立するためのポイントかなと思います。


関西大学には、サッカーにも勉強にも全力で取り組むことができる環境があり、充実した四年間を過ごすことができると思います!是非、関西大学を進路先の一つとして考えていただきたいなと思います!



NO.2   中尾純菜(2回生)大阪学芸高校・DF


写真提供:関大スポーツ編集局


高校でも勉強の部分を大切にしていたこともあって、自分の中で勉強とスポーツの両立をしたいという気持ちが大きかったからです。


社会学部の勉強はとても幅広く、全てのことが対象になります。その中でも専攻ごとに学べることは様々で、私はメディア専攻にいるので特にメディアと社会の関わりについて学んでいます。


社会学部には4つの専攻があり、専攻によって学べることは違います。しかし、他専攻の授業を受けることもできるので、自分が学びたいことは何なのかを深めるにはとても良い環境だと思います。


今はオンラインでの授業が多いので、出された課題をその日のうちに終わらせることを意識しています。合間の時間を有効に活用し、課題を先延ばしにしないことで時間に余裕を作ることができています。


社会学部は、社会について幅広く学ぶことができるので、自分がやりたいことが何なのかを見つけられる場所でもあると思います。一緒にサッカーをしながらたくさんのことを学びましょう!!



勉強もサッカーも頑張りたい‥

関西大学ではそれが実現できます!

進路に迷っている方、是非、関西大学を進路先の一つとして考えてみてください!



※練習見学・参加のお問い合わせはこちらまで
kufc_form@yahoo.co.jp

こんばんは。
総合情報学部1回生松井茜です。

日頃から関西大学体育会サッカー部へのご声援をしていただき、誠にありがとうございます。

先日、皇后杯大阪府大会が行われました。大阪市立桜宮高等学校さんと対戦し、結果は6-0となりました。

今大会初戦を白星で終えることができましたが、課題も多く出た試合となりました。

トーナメントは負ければ終わりであるため、最初から自分達の力を出し切れる様に練習から意識して取り組んできました。
その結果、先制点を取り、自分達の流れに乗ったまま2-0で前半を終えました。
後半では途中出場のメンバーが得点に絡むなど、チーム全体で戦い抜くことができました。

今まで取り組んできた崩しやサイドからの攻撃という部分をチーム全体として意識し、得点に結びつけられた点は良かったと思います。

今週末の試合をいい形で終われるよう課題について考え、1日1日を無駄にすることなく、練習に取り組んでいきます。

これからも応援の程よろしくお願い致します。


※練習見学・参加のお問い合わせはこちらまで
kufc_form@yahoo.co.jp