競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第54回函館記念:7月15日(日) 函館競馬場
15時45分発走

一番人気はアテにできない
近走の時計と斤量重視で考える


一番人気が不振な理由
確かにハンデ戦ならではの斤量の問題はある。が、昨年、一昨年は54キロで一番人気に推されながらも勝てなかった。函館コースが好きだという馬がいるのかもしれない。一時は巴賞連係も言われていたが、昨今ではそれは歴史の一部になり始めていることが知られ、それほどでもない。馬齢別の戦績は以下の通り。
  1. 四歳馬[2-3-1-10]複勝率:37.5%
  2. 五歳馬[3-1-4-29]複勝率:21.6%
  3. 六歳馬[2-1-3-41]複勝率:12.7%
  4. 七歳上[3-5-1-46]複勝率:16.3%
三歳馬でも出走してくるが、古馬古豪の前では余程の鳴り物入りとならなければ勝ち負けにならないため、ここでは考えない。そのような馬は、秋緒戦に備えて夏休みをきちんと取るからだ。もうひとつの課題は距離適正にある。夏場で2000m戦をこなせる馬かどうか。その点も見極めたいところ。昨年の夏実績を見るしかない。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ブラックバゴ 牡6 56 岩田 康誠
2 2 カデナ 牡4 56 藤岡 康太
2 3 サクラアンプルール 牡7 57.5 田辺 裕信
3 4 クラウンディバイダ 牡5 54 吉田 隼人
3 5 スズカデヴィアス 牡7 57 三浦 皇成
4 6 エアアンセム 牡7 55 藤岡 佑介
4 7 トリコロールブルー 牡4 56 ルメール
5 8 ロジチャリス 牡6 56 蛯名 正義
5 9 カレンラストショー 牡6 54 北村 友一
6 10 ブレスジャーニー 牡4 56 柴田 善臣
6 11 マイネルハニー 牡5 57 丹内 祐次
7 12 ナスノセイカン 牡6 55 丸山 元気
7 13 ナイトオブナイツ 牡5 56 池添 謙一
8 14 エテルナミノル 牝5 54 四位 洋文
8 15 ゴールドサーベラス 牡6 54 柴山 雄一

●主線はこの二頭の勝ち負け
人が成長するように馬も成長する。ただ、馬には向上心というものがない。人に調教されてその力を付けていく。主軸にはトリコロールブルーを据えた。その理由は極めて単純で、この馬はワイド連対までに入り込んで来ると判断をしたからだ。勝ち負けを取り零すことがあっても、ワイド連対までには入ってくると考えた。対抗には迷った結果、ナイトオブナイツを挙げる。巴賞を勝ってこの番組に駒を進めてきたことを評価した。最近では巴賞との連係が薄くなっているとは言われているものの、力がある馬として成長してきた。この点が侮れない。この二頭の勝ち負けになると考える。
●番手にはこの三頭を挙げる
対抗に迷った馬は下馬評人気のブレスジャーニーだった。確かにチャレンジCで食い込んできたことに対しては評価できるものの、このところの伸び脚はいかがなものか。それを考えると右肩上がりの○が評価となった。が、当然ながら侮れない存在として考えて、ブレスジャーニーが▲単穴となった。が、意味が違う。この点は重要だ。また、カデナの調教VTRが良かった。侮れないことは確かだが、このところの戦績はまるで駄目。それを考えると△連下がやっとというところだろう。休み明けの末脚に期待をしたい。そして、スズカデヴィアスを推す。新潟大賞典を勝ってこの番組に駒を進めてきたことの評価でこの位置となった。悪くはない。ただ、右回りであること、切れる脚が使えればというタラレバが付き纏っていることは確かだ。諸賢の考えは如何だろうか。
●取捨選択を迷った一頭
気になる一頭がこの位置となるのだが、クラウンディバイダが非常に良く見えた。競走戦績こそ奮わなかった巴賞だが、ブレスジャーニーよりも良かった。その脚を使えれば、ここでも好走できるのではないかと思わせる。果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
やはり、言い訳や条件が付く馬は難しい。その点を考えるとクラウンディバイダの出番がないかと思えた。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 トリコロールブルー 牡4 56 ルメール
13 ナイトオブナイツ 牡5 56 池添 謙一
10 ブレスジャーニー 牡4 56 柴田 善臣
△1 2 カデナ 牡4 56 藤岡 康太
△2 5 スズカデヴィアス 牡7 57 三浦 皇成
捨馬 4 クラウンディバイダ 牡5 54 吉田 隼人


【配当】
単勝 6 960円
複勝 6 330円
3 440円
14 1,560円
枠連 2-4 1,440円
馬連 3-6 5,540円
ワイド 3-6 2,090円
3-14 10,300円
6-14 9,760円
馬単 6-3 11,310円
3連複 3-6-14 119,750円
3連単 6-3-14 571,480円

【着順】 【時計】
1 6 エアアンセム 1:59.8 34.7
2 3 サクラアンプルール 1:59.9 34.6
3 14 エテルナミノル 2:00.0 35.0
4 10 ブレスジャーニー 2:00.0 34.1
5 5 スズカデヴィアス 2:00.1 34.3
6 7 トリコロールブルー 2:00.2 34.7
7 15 ゴールドサーベラス 2:00.4 35.3
8 13 ナイトオブナイツ 2:00.4 34.8
9 12 ナスノセイカン 2:00.5 35.2
10 1 ブラックバゴ 2:00.6 35.1
11 2 カデナ 2:00.6 34.8
12 8 ロジチャリス 2:00.8 35.6
13 4 クラウンディバイダ 2:00.9 35.8
14 11 マイネルハニー 2:01.4 36.6
15 9 カレンラストショー 2:02.5 37.7


テーマ:

第54回七夕賞:7月8日(日) 福島競馬場
15時45分発走

一番人気は好走するも万馬券続出
荒れて当たり前のローカル番組


なぜ荒れるのか
三連複は万馬券が続いている。荒れる原因は順当ではないから。理由は簡単に書くことができるが、予想は簡単には行かない。拠り所がない。荒れる原因を引き起こすのは軽量馬と二桁人気馬。どちらにしてもきちんと走ってくれることを祈るというような状態で参戦しながらワイド連対に食い込んでくる。そのような馬券を獲れることが不思議だ。それをどこで判断すれば良いのか。手掛かりとなるのは持ち時計だ。それもそう遠くはない持ち時計。2000m戦をどのくらいのタイムで走ることができたのか、加えてその時の上がりはどうだったのか、近走の上がりはどうなのか。時計を手掛かりにするしかない。福島コースでのそうは経験はもちろんのこと、その時の勝ち負け。きちんと見極めたいところ。それらを組み合わせて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 プラチナムバレット 牡4 57 岩崎 翼
2 2 キンショーユキヒメ 牝5 54 北村 宏司
3 3 マイネルフロスト 牡7 57 柴田 大知
4 4 メドウラーク 牡7 54 丸田 恭介
5 5 マイネルサージュ 牡6 55 津村 明秀
5 6 サーブルオール 牡5 55 戸崎 圭太
6 7 ワンブレスアウェイ 牝5 53 石橋 脩
6 8 パワーポケット 牡6 50 江田 照男
7 9 バーディーイーグル 牡8 53 柴田 善臣
7 10 レイホーロマンス 牝5 51 内田 博幸
8 11 マイネルミラノ 牡8 57 田辺 裕信
8 12 シルクドリーマー 牡9 53 石川 裕紀人

●主線はこの二頭の勝ち負け
戸崎圭騎手にお鉢が回ってきたサーブルオールを主軸に据えた。勝ってこの番組に駒を進めたかったところだが、それは適わずここでの巻き返しを考えることとなった。追われて伸びることができる東京コースと勝手が違うだろうが、ここでは前々の競馬ができることが強みになる。悪くてもワイド連対には入ってくる馬だと考える。対抗にはキンショーユキヒメを挙げる。今回は1キロ減での参戦ができた。それが功を奏すのではないかと思える。54キロと55キロ、僅か1キロではあるが、この馬に取ってみるとこの1キロの差が意外に大きいのではないかと考える。好機到来とまでは言わないが期待をしたい。
●番手にはこの三頭を挙げる
意外と不器用なのかと思わせるレイホーロマンスのこの二戦。勝ち切れないばかりか、展開の波に呑まれてきてしまった。悪くはないのだが、勝ち負けになる馬ではないのかという疑問を持たせてしまった。自分で展開を作れないのかもしれない。その疑問から▲単穴までとした。また休み明けなのだが、福島コースでの戦績が後押しとなって△連下ながらも挙がってきたマイネルサージュ。これと言った決め手がないのだが、福島コースは長く良い脚が使える馬が勝ち負けになる。この点を考えると実に興味深い走りを見せてくれるのではないかと期待している。そして、ワンブレスアウェイを推す。前走で勝ち負けになった斤量と同じ斤量で参戦できたことは好材料。この先がどうなるのかということは難しいが、この番組では好走ができるかもしれないと思わせる。もっと前々の競馬ができると勝機を掴む馬になるのではないかと思わせるところがあるが、それはそれ。ここでもワイド連対までとも思わせる。
●取捨選択を迷った一頭
最内枠に入ったプラチナムパレットだが、京都新聞杯で勝ち星を挙げて以来、復活劇を楽しみにさせながらも勝ち切れずにここまで来てしまった。どうしても思ったような走りができないことが気に掛かる。加えて渋り馬場。その中でこの馬の切れ脚は封じられてしまって、展開下手がそのまま出てしまうのではないかと思わせる。また、マイネルフロストだが、昨年のこの番組では2着となったものの、それ以来、鳴かず飛ばずの状態でここまで来てしまった。悪くはないのだが勝ち負けは元より、掲示板に載ることが難しい一頭となってしまったのではないかと思わせる。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
言い訳が多い馬は好走が厳しいと思える。その点からプラチナムパレットマイネルフロストがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
6 サーブルオール 牡5 55 戸崎 圭太
2 キンショーユキヒメ 牝5 54 北村 宏司
10 レイホーロマンス 牝5 51 内田 博幸
△1 5 マイネルサージュ 牡6 55 津村 明秀
△2 7 ワンブレスアウェイ 牝5 53 石橋 脩
捨馬 1 プラチナムバレット 牡4 57 岩崎 翼
捨馬 3 マイネルフロスト 牡7 57 柴田 大知


【配当】
単勝 4 10,080円
複勝 4 1,290円
5 260円
8 2,660円
枠連 4-5 5,820円
馬連 4-5 23,250円
ワイド 4-5 4,200円
4-8 23,240円
5-8 12,390円
馬単 4-5 68,760円
3連複 4-5-8 293,520円
3連単 4-5-8 2,563,330円

【着順】 【時計】
1 4 メドウラーク 2:00.8 37.5
2 5 マイネルサージュ 2:00.8 37.3
3 8 パワーポケット 2:01.2 38.2
4 6 サーブルオール 2:01.3 38.2
5 7 ワンブレスアウェイ 2:01.5 38.8
6 10 レイホーロマンス 2:01.6 38.3
7 2 キンショーユキヒメ 2:01.6 38.1
8 3 マイネルフロスト 2:02.6 39.7
9 11 マイネルミラノ 2:02.8 40.6
10 9 バーディーイーグル 2:06.3 43.3
11 12 シルクドリーマー 2:17.5 53.4
中止 1 プラチナムバレット  


テーマ:

第23回プロキオンステークス:7月8日(日) 中京競馬場
15時35分発走

ダート短距離馬の好走が鍵を握る
五歳馬の本領発揮が適う番組


堅い決着となりやすい
クラス再編成直後ということもあって、四歳馬の出走が目立たない。五歳馬が[2-5-3-30]で複勝率が25.0%で、六歳馬が[5-2-2-25]で26.4%という結果。順当と言えば順当ではあるが、大きな変わり身がないというところも考えられる。つまりは、実績から判断できることが多いという話だ。だが、ダートの基本は前々の競馬ができること。後ろからの鬼脚があったとしても、この番組は短距離線。となると、離されたら届かないことも多い。しかし、昨年の入線した馬は全頭が後ろからの競馬だった。そういうこともある。中京コースならではのこととして、4角を回ってからゴール番手前50mのところまで下り坂が入っている。そのため、勢いのある脚質が使える馬が勝ち負けになりやすい。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サクセスエナジー 牡4 58 松山 弘平
2 2 ドリームキラリ 牡6 56 Mデムーロ
3 3 ウインムート 牡5 56 和田 竜二
3 4 ブライトライン 牡9 56 幸 英明
4 5 ルグランフリソン 牡5 56 福永 祐一
4 6 インカンテーション 牡8 57 三浦 皇成
5 7 キングズガード 牡7 57 藤岡 佑介
5 8 ドライヴナイト 牡5 56 浜中 俊
6 9 エイシンヴァラー 牡7 57 下原 理
6 10 ダノングッド 牡6 56 川田 将雅
7 11 ナムラミラクル 牡5 56 藤懸 貴志
7 12 ブラゾンドゥリス 牡6 56 武藤 雅
8 13 マテラスカイ 牡4 56 武 豊
8 14 サイタスリーレッド 牡5 57 酒井 学

●主線はこの二頭の勝ち負け
勢いのある馬が勝ち負けになる可能性が高いことは何度も書いてきた。いわば、乗っている馬が強い。その点で主軸にはウインムートを推す。馬齢が進んだことによって、やっと本格化してきたか。この二戦はまさにノリノリの走りを見せてくれている。前々の競馬ができることも強さのひとつかもしれない。対抗にはドリームキラリを挙げる。勝ち切れずに走った二戦を経て、勝ち星に繋ぎ、この番組に駒を進めてきた。上がり時計自体は悪くない。東京コースで見せた走りがここでも活かせるのではないかと思い、ここに連ねる。
●番手にはこの三頭を挙げる
復活の兆しを見せているようではあるが、本当にそうなのかと思わせる調教VTRだったインカンテーションは▲単穴までとした。馬齢が進んでいること、57キロでの参戦。決して好材料が揃った、勝機がここにあるとは言い切れない状態。その中でどこまで走ることができるのか疑問視をしている。悪くはないのだが、良くはないという状態と判断した。またキングスガードもその手合いの一頭。どうしても展開が合わずに勝ち切れない。地方であるために、時計自体は参考値としてはならないが、ここに来ての走りが一変するようなことはないだろうと思える。そして、外枠に入ったマテラスカイだが、しっかりした馬格を活かし切れていない走りが現状で、それをここで活かせるのかとなると△連下までが精々というところだろう。同時に距離的な課題も残る。ダート戦の場合の1ファロンは意外と適正に左右される。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
最内枠に入ったサクセスエナジーだが、この二戦の勝ち星は決して悪くはない。それが地方で会ってもそれほどの差がないだろうと思えるのだが、今回は58キロを背負っての参戦となった。この斤量が伸び脚を欠くことになるのではないかと思える。どこまで耐えられるのか、それが取捨選択を迷わせる。

●捨てちゃえ馬
牡馬の58キロは伸び脚を封じる斤量である。伸び切れないと判断をした。そのため、サクセスエナジーはここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 ウインムート 牡5 56 和田 竜二
2 ドリームキラリ 牡6 56 Mデムーロ
6 インカンテーション 牡8 57 三浦 皇成
△1 7 キングズガード 牡7 57 藤岡 佑介
△2 13 マテラスカイ 牡4 56 武 豊
捨馬 1 サクセスエナジー 牡4 58 松山 弘平


【配当】
単勝 13 780円
複勝 13 280円
6 150円
3 190円
枠連 4-8 1,910円
馬連 6-13 2,750円
ワイド 3-6 510円
3-13 1,090円
6-13 1,070円
馬単 13-6 5,030円
3連複 3-6-13 4,400円
3連単 13-6-3 25,410円

【着順】 【時計】
1 13 マテラスカイ 1:20.3 35.6
2 6 インカンテーション 1:21.0 35.4
3 3 ウインムート 1:21.1 36.2
4 1 サクセスエナジー 1:21.1 35.7
5 12 ブラゾンドゥリス 1:21.2 36.2
6 2 ドリームキラリ 1:21.2 36.1
7 7 キングズガード 1:21.2 35.2
8 10 ダノングッド 1:21.5 34.9
9 11 ナムラミラクル 1:21.5 35.5
10 4 ブライトライン 1:21.6 36.0
11 5 ルグランフリソン 1:22.3 36.8
12 9 エイシンヴァラー 1:22.6 37.4
13 8 ドライヴナイト 1:22.8 37.5
14 14 サイタスリーレッド 1:23.2 37.7


テーマ:

第67回ラジオNIKKEI賞:7月1日(日) 福島競馬場
15時45分発走

馬齢戦ながらのハンデ戦は実績重視
56キロを超えると脚が鈍る


1800m戦であること
クラシック戦線で活躍してきた馬にとっては1800m戦はなんてことはない、と思うなかれ。内容が問われるようになって走る番組では、結果、時計がモノを言うようになる。そのため、背負った斤量が如実に結果を表している。要は思う時計で走れない。だから、勝てない。ということになる。15年のアンビシャスが56.5キロで勝っている。16年のアーバンキッドが56キロで3着。近走では稀である。多くが54キロ、55キロという斤量での勝ち負け。如何に56キロ超えで走ることが難しいかが窺える。課題は馬格であることは間違いない。が、馬格があっても四肢のバランスが問われる。この先に仕上がっていくことを考えると、この時期に完成されつつある馬格は希有。その点を篩に掛ける、または見極めるということがこの番組の狙いなのかもしれない。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ロードアクシス 牡3 54 酒井 学
2 2 メイショウテッコン 牡3 56 松山 弘平
3 3 キューグレーダー 牡3 53 田辺 裕信
4 4 マイハートビート 牡3 54 石川 裕紀人
4 5 ケイティクレバー 牡3 56 小林 徹弥
5 6 フィエールマン 牡3 54 石橋 脩
5 7 キボウノダイチ 牡3 53 戸崎 圭太
6 8 エイムアンドエンド 牡3 53 大野 拓弥
6 9 マルターズルーメン 牝3 49 武藤 雅
7 10 イェッツト 牡3 54 蛯名 正義
7 11 シセイヒテン 牡3 52 伊藤 工真
8 12 ロードライト 牝3 51 嶋田 純次
8 13 グレンガリー 牡3 54 津村 明秀

●主線はこの二頭の勝ち負け
京成杯ではもう少し走ってくれるのかと思ったのだが、3着止まりとなったイエッツトをここでは主軸にした。切れる脚もある、追われて伸びることもできる。それでいながら何かが足りなかった結果、3着止まりとなってしまったプリンシバルS。そろそろきちんと走ることを覚えて貰わないとならない一頭だ。対抗にはメイショウテッコンを挙げる。勝ってこの番組に駒を進めて来たことは良い。京都新聞杯では5着。ここに出走するメンバーの中では、戦績としては悪くないのだが言い訳が奔る。それが気になるところ。だが、確実に成長もして来ている。この点が評価のポイント。この二頭の勝ち負けとなると判断をした。
●番手にはこの三頭を挙げる
二連勝でこの番組に駒を進めて来たフィエールマン。まだ何とも言えないところだが、それなりの走りを見せてくれている。何が武器なのか良く分からない。逆に言えば、すべてが武器になっているから二連勝なのである。その走りを考えてワイド連対であればと挙げた。また、連対率100%でこの番組に参戦してきたキューグレーターを推す。切れる脚もあるが、出足でもたつくことがある。これまでは勝ち負けになってきたが、これからはそれがなくならなければ勝ち進むことができないだろいう。上がり時計だけにモノを言わせているようであるとキツいか。そして、最内枠に入ったロードアクシスを挙げる。京都新聞杯では止まってしまったが、それよりも長く良い脚が使えるところを評価してのこと。不器用な馬といってしまえばそれまでだが、不器用さを補えるものが出てきたら強い一頭となるかもしれない。
●取捨選択を迷った一頭
馬格があればと思うシセイヒデンだが、ここまでは良かった。この先が非常に厳しくなるのではないかと思っている。この番組でどこまで走ることができるのか興味をそそられるが、馬群を割って出てくるだけの脚がないだろうと思えるだけに難しいかもしれない。また、大外枠に入ったグレンガリーは二連勝でおの番組に駒を進めてきた。調教VTRでは悪くはない仕上がりでもあった。その点を考えると侮れない一頭であると思えるのだが、時計的にはいまひとつ。取捨選択を悩まされる一頭でもある。

●捨てちゃえ馬
結果として、前述のようにここではシセイヒデングレンガリーが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 イェッツト 牡3 54 蛯名 正義
2 メイショウテッコン 牡3 56 松山 弘平
6 フィエールマン 牡3 54 石橋 脩
△1 3 キューグレーダー 牡3 53 田辺 裕信
△2 1 ロードアクシス 牡3 54 酒井 学
捨馬 11 シセイヒテン 牡3 52 伊藤 工真
捨馬 13 グレンガリー 牡3 54 津村 明秀


【配当】
単勝 2 410円
複勝 2 180円
6 130円
7 440円
枠連 2-5 680円
馬連 2-6 830円
ワイド 2-6 400円
2-7 1,400円
6-7 1,370円
馬単 2-6 1,650円
3連複 2-6-7 5,410円
3連単 2-6-7 21,500円

【着順】 【時計】
1 2 メイショウテッコン 1:46.1 34.8
2 6 フィエールマン 1:46.2 34.4
3 7 キボウノダイチ 1:46.3 35.3
4 4 マイハートビート 1:46.5 34.6
5 8 エイムアンドエンド 1:46.5 35.0
6 5 ケイティクレバー 1:46.7 35.0
7 1 ロードアクシス 1:46.8 35.1
8 9 マルターズルーメン 1:46.8 34.8
9 13 グレンガリー 1:46.9 35.0
10 3 キューグレーダー 1:47.0 35.5
11 10 イェッツト 1:47.1 35.4
12 11 シセイヒテン 1:47.1 36.0
13 12 ロードライト 1:48.6 37.3


テーマ:

第54回CBC賞:7月1日(日) 中京競馬場
15時35分発走

課題は近走の勢いと馬格
上位人気馬は安定感あり


馬格がなければ短距離戦でも走れない
オリンピックの100m選手の体格を思い出して欲しい。ある程度きちんとした上半身がなければ10秒の壁を切ることはできない。競馬の短距離戦でもそうだ。ハナからきちんと走るためには飛び出した勢いを支える馬格が必要になる。その壁が500キロという馬体重である。そのため、この番組では500キロ超級の馬がハンデに負けずに活躍することが多い。この点がひとつ。また、季節感がある。この番組は五歳馬、六歳馬が活躍している。円熟の走りが活きているのである。それができるのも短距離戦であるからなのかもしれない。要は勢いである。その点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 トーキングドラム 牡8 55 松若 風馬
1 2 トウショウピスト 牡6 56 幸 英明
2 3 レーヴムーン 牡5 53 荻野 極
2 4 コウエイタケル 牡7 54 小牧 太
3 5 グレイトチャーター 牡6 54 鮫島 克駿
3 6 アクティブミノル 牡6 56 福永 祐一
4 7 ダイメイプリンセス 牝5 54 秋山 真一郎
4 8 アレスバローズ 牡6 54 川田 将雅
5 9 セカンドテーブル 牡6 56 水口 優也
5 10 ナガラフラワー 牝6 52 高倉 稜
6 11 スノードラゴン 牡10 58 和田 竜二
6 12 ダイメイフジ 牡4 56 Mデムーロ
7 13 ナリタスターワン 牡6 55 太宰 啓介
7 14 フミノムーン 牡6 55 国分 優作
7 15 ワンスインナムーン 牝5 54 浜中 俊
8 16 ペイシャフェリシタ 牝5 54 三浦 皇成
8 17 トシザキミ 牝7 48 畑端 省吾
8 18 アサクサゲンキ 牡3 53 武 豊

●主線はこの二頭の勝ち負け
勢いは肝心である。勝ってこの番組に出走して来た馬と、あれこれと言い訳を並べ立てて巻き返しを図る馬とでは大きく違う。その中でダイメイフジを主軸に据えた。本格化とは言えないのだが力を付けて来たことは確かだ。切れる脚もある。武器となるものはある。それをどこまで使うことができるかということだ。が、熟せるのではないかと思い、主軸とした。対抗にはペイシャフェリシタを推す。休み明けではあるが、凡走に終わるようなことはなかった。1分7秒台の時計も悪くはない。前々の競馬ができることも武器になる。それを考えてこの二頭の勝ち負けになると判断をした。
●番手にはこの三頭を挙げる
大外枠に入ったアサクサゲンキを▲単穴とした。三歳馬53キロでの出走。この馬にとっては有利。好走せよといわんばかりの斤量である。古馬古豪とどこまで渡り合えるか、非常に興味深い。また、ダイメイプリンセスを挙げる。二連勝をしてこの番組に駒を進めて来た。牝馬と思えない馬格を持ち、牡馬を蹴散らすのではないかと思っているのだが、それがどこまで通用するのかというところ。この時期になって本格化してきたかと思える一頭だ。そして、ナガラフラワーを推す。切れる脚があることは評価のひとつ。加えて52キロで参戦できたこともまた好材料。どこまで走ることができるのか興味深い。
●取捨選択を迷った一頭
あれこれと言い訳の多い馬は勝ち負けになりづらい。アレスバローズはどうしても後ろからの競馬をしたがるのである。そうでなければ走らないという。だったら、短距離戦には向かないのではないかと思えるのだが、短距離戦でなければ走れないという。となると、展開が嵌まれば強いのだが、嵌まらなければ勝ち負けは難しいということになる。今回は嵌まるのか?

●捨てちゃえ馬
結果として、ここでは後ろから行くしかできないアレスバローズは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
12 ダイメイフジ 牡4 56 Mデムーロ
16 ペイシャフェリシタ 牝5 54 三浦 皇成
18 アサクサゲンキ 牡3 53 武 豊
△1 7 ダイメイプリンセス 牝5 54 秋山 真一郎
△2 10 ナガラフラワー 牝6 52 高倉 稜
捨馬 8 アレスバローズ 牡6 54 川田 将雅


【配当】
単勝 8 910円
複勝 8 330円
10 530円
9 390円
枠連 4-5 1,710円
馬連 8-10 7,910円
ワイド 8-9 1,930円
8-10 2,360円
9-10 2,910円
馬単 8-10 12,560円
3連複 8-9-10 28,250円
3連単 8-10-9 166,090円

【着順】 【時計】
1 8 アレスバローズ 1:07.0 33.2
2 10 ナガラフラワー 1:07.2 33.3
3 9 セカンドテーブル 1:07.3 34.4
4 18 アサクサゲンキ 1:07.4 32.9
5 3 レーヴムーン 1:07.4 34.1
6 1 トーキングドラム 1:07.4 33.8
7 2 トウショウピスト 1:07.4 34.2
8 14 フミノムーン 1:07.4 33.5
9 7 ダイメイプリンセス 1:07.5 33.2
10 4 コウエイタケル 1:07.5 33.1
11 12 ダイメイフジ 1:07.6 33.3
12 11 スノードラゴン 1:07.6 33.0
13 15 ワンスインナムーン 1:07.7 35.0
14 17 トシザキミ 1:07.7 33.6
15 16 ペイシャフェリシタ 1:07.7 34.2
16 6 アクティブミノル 1:07.8 34.1
17 13 ナリタスターワン 1:07.8 34.6
18 5 グレイトチャーター 1:07.9 33.9

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス