【KOZフラワー】vol, 36 旅行中、植物たちのお水やりは? | KOZLIFEのアメブロ

KOZLIFEのアメブロ

LOVE FOOD LOVE LIFE をテーマとしたネットショップです。
北欧雑貨、北欧家具や日常に使う道具を私たちのライフスタイルに
合わせた商品の提案をするネットショップです。


テーマ:

こんにちは!


今日のBlogは
かなり久しぶり!!
(なんと前回は12月‥) な、

KOZフラワーBlogです





先日いただきました
KOZLIFEの夏季休業。
8月11日~19日まで、
9日間もお休みさせていただきました


そのお休みに入る前に
大切な植物たちを
いかに元気な姿で、
暑い9日間を乗り切らせるか
検証してみたんです



そんなわけで
今日のお題は‥

夏休みなど
長期間家を空けるときの
気になる植物たちのお水やりについて





2.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg



KOZにはこんなにたくさんの
グリーンがいるんですよ!



楽しい楽しい長期休暇。
それと同時に、私はいつも
大切に育てている
植物たちが心配になります


特に今年の酷暑、
室内はかなり息苦しい状況に。
これは人間も植物も同じこと。

これでさらに
お水がもらえないとなると‥





考えるだけで
かわいそう。。







いろいろ調べて、
お家にあるもので作れる
"毛細管現象"
試してみました。


そもそも毛細管現象とは?

細い管状物体(毛細管)の内側の液体が管の中を上昇(場合によっては下降)する物理現象
参照元:Wikipedia



ふむふむ。


KOZでは麻の紐を使って
検証してみました!

3.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg


ちなみに、今回は試しませんでしたが、
不要になったタオルも
とっても使えます




そしてお水をたっぷり溜めたバケツ。

4.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg


植物の量がとても多いのでバケツにしましたが、
ペットボトルでも大丈夫です!


適度な長さ(やや長め)にカットした麻紐を水にしっかりと浸し、
バケツの中の水と植物の土とを最短で繋ぐ‥
だけ。

です。(笑)



わかりやすく上から見た図。

5.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg


なんだか‥
くじ引きみたいになりました。(笑)


麻紐はしっかりと濡らして
バケツからの水がどんどん土に伝わるようにしましょう



これで麻紐がぐんぐん水を吸い上げて
少しずつ土に染み渡るはずです!!



ちなみにタオルを使う場合は、

タオルを水で濡らして
お盆やトレイなどの上に敷き、
その上に鉢を直接置いて底からジワジワ吸い込ませる方法です。

もちろんタオルの端は水の溜まったバケツの中に繋げましょう
これも同じく毛細管現象を利用した方法です



植物の数が少なかったり、
鉢が大きい場合にはこちらの方法が良いかもしれませんね。

ちなみに、大きな鉢の場合は、
ペットボトルにお水をたっぷり入れて
キリなどで小さな穴をあけたフタで閉めたら、
フタの方から土にさしてお水を少しずつあげていく‥
なんて方法もおすすめです






さてこのバケツを少し高い位置にセットしたら、

6.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg

出かける直前に
お水と葉水をしっかりとあげて

カーテンは閉めて
部屋の温度が上がりすぎないように。


9日間頑張ってくれ~~‥!!!


















9日後‥

7.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg


8.インテリア植物のある暮らしjpg.jpg



おぉ~~
元気です


毛細管現象、
麻紐とバケツのお水で大成功しました!!

バケツの中はだいぶお水が減っていましたよ~

少し弱っていた植物もありましたが、

お水をたっぷりあげたら

すぐに復活しましたよ♪




今回は9日間、
頑張って元気でいてくれました

それでも、10日以上家を空ける際には
信頼のできる家族や友人にお願いするのがおすすめです






次回のKOZフラワーBlogも
お楽しみに~~!



▼登場したアイテム

 








KOZinsta.png

KOZLIFEのインスタグラム
@kozlife_tokyo
毎日豊かなライフスタイルを
UPしております!
どうぞ遊びに来てくださいね♪






姉妹店
アクセサリーセレクトショップ

natural line
(ナチュラルライン)

NL.jpg

natural lineの
Final Saleがスタート!
アイテムがさらに追加されて見応えたっぷりになりました♪
 

KOZLIFEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント