鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」の発行/「ふるさと鳥取ファンクラブ」を運営している、鳥取県広報連絡協議会スタッフのブログです。

犯罪捜査や行方不明者の捜索に協力する警察犬。鳥取県警察では、一般家庭で飼育され、年に1回行われる審査会に合格した犬に委託する「嘱託警察犬」が活動しています。
その審査会が鳥取市で開催され、今年はシェパードやゴールデンレトリバーなど10頭が挑みました。合格すると、1年間〝鼻の利く捜査官(犬)〟として捜索に出動します。



審査開始前、静かに出番を待つシェパード 


審査会は、指示にきちんと従えるかの「服従」、においを嗅ぎ分ける「臭気選別」、仮想犯人の足跡のにおいを元に歩行経路をたどる「足跡追及」の3科目で行われます。本番を前にピリピリとした緊張感が漂う中、静かに順番を待ちます。



指示に従い、障害物を飛び越える「服従」の審査


審査が始まると、指示通りに「伏せ」や「立て」をしたり、障害物を飛び越えたり、落ち着いた様子で次々と課題をクリアしていきます。
中でも遺留品と同じにおいのガーゼを当てるという「臭気選別」には、『選ばないことが正解』という難易度の高い審査もあります。今年は見事に正解者(犬)があり、ギャラリーから「おおっ!」という歓声とともに拍手が沸き起こりました。

 

5つのガーゼの中から真剣に正解を探す

審査後は、精悍な顔つきだった犬たちも無邪気にじゃれ合ったり、甘えたりのリラックスモードに。「よく頑張ったね」と筆者が声をかけると、嬉しそうにしっぽを振って応えてくれました。

鳥取県警察によると、今年1月から10月末までの嘱託警察犬の出動実績は33件、そのうち9割は行方不明者捜索とのこと。高齢化が進み、徘徊による行方不明者は年々増加、出動要請も比例して増えています。一方、警察犬の数は年々減少傾向で、その理由は人と同じく高齢化にあるそうです。3~5歳が適齢期のため、〝若手〟を求めています。

警察犬といえば大型犬のイメージが強いですが、適性は個体によるので、鳥取県警察では犬種の条件はありません。2012年には全国で初めてトイプードル2頭が合格、〝かわいすぎる警察犬〟として注目を集めました。

参加した飼い主の1人は、「家庭ではつい甘やかしてしまうので、時々、訓練所でトレーニングをしており、今回挑戦しました」とのこと。

 

犬は、人間の3千~1億倍の嗅覚を持っています。あなたの愛犬にも備わっているその優れた能力を引き出し、捜索活動を支える「犬のおまわりさん」目指してみては。


※「嘱託警察犬等審査会」は毎年11月頃実施


問:鳥取県警察 ℡:0857-23-0110
https://www.pref.tottori.lg.jp/272117.htm

※鳥取県総合情報誌『とっとりNOW』127号(2020年9月発行)で警察犬を特集します。仕事内容を詳しく紹介。お楽しみに!
 

 
☆『とっとりNOW』は県内の主な書店で購入できます。
またインターネットの注文も受け付けています。注文はこちら
 
☆「ふるさと鳥取ファンクラブ」に入会すると、さらにお得!
会費2000円(2年間)で『とっとりNOW』を2年間送付します。その他特典もあり!詳しくはこちら

 

立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」に乗って、雄大な景観を楽しみながら鳥取砂丘を周遊する体験ツアーが人気を集めています。壮観な自然美を目前に、童心に返り夢中になって駆け回る〝とっておき〟のアクティビティ。さまざまな側面から、砂丘の魅力を深堀りできる希少な時間です。

セグウェイは重心移動のみで発進・停止・方向転換の操作を行う乗り物。安定した走行で過度にスピードが出ることもないため、幅広い年齢層が初めてでも安心して楽しめます。

筆者も早速体験。まずはインストラクターの高垣周平さんが、基本操作をレクチャー。前傾姿勢で前に進み、曲がりたい方向に体重をかけるとゆっくり旋回します。未知の乗り物に初めは少々尻込み。しかし、教えられた通りにやってみると、重心のかけ方がスキーに似ており予想以上の安定感。慣れるとともにスムーズに進めるようになりました。一通りの動きを習ったら、いよいよ散策へ!※1

インストラクターの高垣さんに基本操作を習う

ルートは、人が少なく閑静な西側エリア。松ぼっくりや枝がそこかしこに転がっていたり、傾斜があったりするオフロードでも、颯爽と走り抜けます。太くどっしりしたタイヤのおかげでふらつくこともありません。操作に慣れるとワクワク感が更にアップ!スピードを上げてみたり、あちらこちらへ方向転換してみたり。初めの恐怖心はどこへやら…。

 


松ぼっくりなどの障害物もなんのその。走行は快適だ

そして途中、松林を抜けると「うわ~っ!」と思わず感嘆の声が。その光景に目を見張りました。

「ここは『馬の背』※2よりも標高が高いため、砂丘と海がパノラマで見渡せる隠れ絶景ポイントなんですよ」と高垣さん。晴れ渡る空と青い海を背景に、砂丘一帯が見られる最高のロケーションです。何度も砂丘を訪れたことがある筆者も、「見上げるのではなく、見下ろす馬の背なんて!」と驚きました。


松林の先に広がる絶景は最高のご褒美

ツアーの所要時間は約2時間(1時間コースもあり)。セグウェイなら、短時間で楽々快適に移動できるので、体力に自信のない人でも楽しめます。またインストラクターが砂丘の成り立ちや生息する昆虫などの豆知識も盛り込みながら案内してくれるので、知的好奇心も満たされ、お得感が倍増。

体験の詳しい紹介は、県総合情報誌『とっとりNOW』126号(2020年6月発行)に掲載します。セグウェイほかさまざまな夏のアクティビティも特集。お楽しみに。

 

※1鳥取砂丘は自然保護法で車両の乗り入れが禁止されているため、走行は規制区域以外の砂地に限られる。

 

※2小高い砂の丘。馬の背中のように見えるため、通称「馬の背」と呼ばれている。


【砂丘セグウェイ】

https://www.sakyusegway.com

 
☆『とっとりNOW』は県内の主な書店で購入できます。
またインターネットの注文も受け付けています。注文はこちら
 

☆「ふるさと鳥取ファンクラブ」に入会すると、さらにお得!
会費2000円(2年間)で『とっとりNOW』を2年間送付します。その他特典もあり!詳しくはこちら

 

近年、全国的に増加しているインバウンド(訪日外国人旅行)に人気なのが「体験型」の観光。県内でも鳥取市鹿野町にある「鹿野そば道場」で、そば打ち体験後、その場で味わうことができ、〝和の体験〟のひとつとして好評を得ています。筆者が現地で体験、その様子を紹介します。

鹿野そば道場

当日指導してくれたのは、地元在住のスタッフ石原澄子さん。「この体験では、そば粉を8割、つなぎの小麦粉を2割使用した『二八そば』を作ります。まずはこうしてねえ…」と、早速生地作りの作業を開始。鉢の中に粉と水を入れ、素手で混ぜ合わせながら馴染ませていきます。

混ぜ合わせると芳ばしい香りが立ちのぼる

 


指導する石原さん。方言まじりの軽快なおしゃべりで、楽しく作業できる


初めはポロポロしてまとまりのなかった生地が、水入れ作業を繰り返すうちに粘りを帯び、徐々に粘土状にまとまってきました。
次はこねる作業です。鉢に生地をグイグイと押しつけるようにし、ツヤが出るまでこねたら、球状に形成。

体重をかけてこねる。ちょっとした力仕事だ

続いて、めん棒を使って均一の薄さに延ばします。時間が経つと生地がひび割れてしまうため、「素早く、かつ丁寧に」がポイント。ぎこちない手つきでも、石原さんのフォローが入るので心配無用。一辺約40センチ、厚さ2㎜ほどの四角形に延ばしたら、優しく折りたたみます。

真剣勝負のそば切り。集中のあまり無言になる

ここからが腕の見せどころ。専用の包丁と、生地を均一に切るための補助板を使い、2㎜間隔に切っていくと麺になります。しかし、太くなったり途中で切れたり、思うような包丁さばきができず四苦八苦。全行程の中でも一番神経を使う作業でした。こうして約1時間、悪戦苦闘の末、ついにそばが完成!

完成。太さが不ぞろいなものも、手作りならでは

麺はその場で茹でて「ざるそば」で試食できるほか、持ち帰りも可能です。筆者は前者を選択。特製のつゆに付けてすすると、そばとだしの香りが口いっぱいに広がります。不ぞろいながらも、なめらかな舌触りでのど越しよく、店で食べるそばとは違う醍醐味は格別です。

「子どもから大人まで、年齢関係なく楽しみながら体験できますよ。ぜひ来てみて」(石原さん)

親子で打つもよし、仲間と打つもよし。レジャーやイベントなどで、親睦を深めるツールとしてもオススメの体験です。

◎「鹿野そば道場」そば打ち体験料金
1鉢2,808円+体験料金(1人108円)
※1鉢4名まで。(最大40名まで体験可)

※同施設内の飲食店では「十割蕎麦」も提供しています。
 

鹿野そば道場 公式サイト

https://www.shikano-soba.com/index.html