鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県広報連絡協議会のブログ

鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」の発行/「ふるさと鳥取ファンクラブ」を運営している、鳥取県広報連絡協議会スタッフのブログです。


テーマ:

鳥取県東部で狩猟されたシカの肉を使った会席料理「鹿の会席」が、国民宿舎山紫苑(さんしえん (鳥取市鹿野町(しかのちょう)で提供されています。滋味深い味わいのシカ肉を広く知ってもらおうと、料理長の大羽賢さんがメニューを考案。料理を通じてジビエ(※1)の普及を目指しています。

※1ジビエ=狩猟で得たシカやイノシシなどの野生鳥獣の食肉。古くからフランス料理の高級食材として重宝されている。

 


シカ肉会席料理。メニューは、鹿のぬた和え、旬魚のお造り、鹿肉のつみれ鍋、鹿肉の握り寿司、鹿肉茶碗蒸し、鹿の野菜の炊合わせ、鹿のロースト、清汁仕立て、デザートの大栄西瓜。

調理のコンセプトは「過度な味付けをしない」。ジビエ肉は「臭い」「固い」といったマイナスイメージが先行しがちですが、狩猟時の適切な仕留め、迅速・丁寧な下処理を行えば臭みは出ないとのこと。実際、料理前に臭み消しの処理は行っていないそうです。ただし、脂が少なく繊維の多いシカ肉をより柔らかくするため、数日間出汁に漬け込み、絶妙の火加減でじっくり焼くなど、調理においては随所に工夫が施されています。

会席メニューを考案した料理長の大羽賢さん。

なお、山紫苑で扱うシカ肉は、狩猟後直ちにジビエ加工処理施設「わかさ29(にく)工房」(鳥取県若桜町(わかさちょう)で処理されたものを使用。狩猟から処理までの体制が整っているため、高品質の肉が供給できるというわけです。

「ジビエは一般的にフランス料理のイメージだが、多くの人に気軽に食べてもらえるよう、日本人に馴染み深い和食に仕立てた。ぜひ一度味わって」(大羽さん)

狩猟、処理、調理のプロフェッショナルによる結晶体。手間暇惜しまず作られた贅沢な会席をご賞味あれ。

(要予約:平日限定、5日前5人以上から。料金:3,564円(税・サ込み))


国民宿舎 山紫苑
www.sanshien.jp/
鳥取市鹿野町今市972-1
0857-84-2211

=============================
■料理紹介■
考案された会席は全9品、握り寿司やつみれ鍋、ぬた和えなど7品にシカ肉を使用しています。メニューの一部をご紹介。

【鹿と野菜の炊き合わせ】

鹿と野菜の炊き合わせシカ肉のイメージを覆す柔らかさだ。

 

4日間出汁に漬け込み、弱火でじっくり火を通したロース肉と、旬の野菜の煮物。臭みがなく、出汁が染みこんだ肉は「シカ」と言われなければ分からないほど、とても柔らかくジューシー。噛むたびに口いっぱいに旨みが広がります。

【清汁仕立て】

吸い物と、出汁に使用した「シカ節」旨みがギュッと凝縮されている

内ももを使ったつみれはふんわりした食感で食べやすく、汁はコクがありながらも後味すっきり。出汁に使用しているのは、20㎏のシカ肉を2㎏になるまで燻して熟成させた、「カツオ節」ならぬ「シカ節」(※2)。〝オールシカ肉〟の深みのある味わいがしみ出した吸い物です。

 

※2シカ節は希少価値が大変高いため、無くなり次第、赤だしに変更予定。予約はお早めに。

 

 

=============================
 


テーマ:

廃校となった旧隼小学校(八頭町(やずちょう)を活用し、企業のオフィスやカフェが入居する複合施設「隼lab(ラボ」が完成し、12月10日、オープニングイベントが開かれました。当日は施設の内覧や物販、体験ワークショップなどが行われ、企業の代表者や地域住民たちが約1000人参加し、大いに賑わいました。

旧隼小学校を改装した「隼lab」

 

運営するのは県内外の企業7社が出資、設立した八頭町のまちづくり事業会社「株式会社シーセブンハヤブサ」(古田琢也社長)。2017年3月に廃校となった3階建ての校舎を改装しました。1階は軽食を提供するカフェや体験教室など多目的に使えるコミュニティスペース、2、3階は複数の企業が入居する「シェアオフィス」や企業・個人問わず場所を共有しながら各々の仕事を行う「コワーキングスペース」に様変わり。

教室を改装したオフィス

 

そのほかシェアキッチンや体育館、シェアライブラリーなども貸し出し可能です。随所に残る校舎の面影を感じながら、地域住民が誰でも利用できる交流の場であり、事業を生み出す起業家たちの挑戦の場でもある、新しい形の施設です。 

オープン当日は、手作りのオードブルやつきたての餅が参加者に振る舞われたほか、入居企業が事業説明や今後の展望をプレゼンテーション。このほか、子ども向けプログラミング体験教室などが開かれ、多くの子どもたちが熱心にパソコンと向き合っていました。

プログラミング教室に参加する子どもたち

 

旧隼小学校に通っていた児童(12)は、「自分たちが通っていた小学校が、こんな形で生まれ変わってうれしい」と話していました。

同施設の運営は、空き施設を活用して企業誘致を行うプロジェクト「八頭イノベーション・バレー」の一環。産業や雇用を創出するほか、地域・企業・行政が連携してさまざまな企画に取り組み、地域活性化を目指します。

全身の化粧直しで〝第2の人生〟をスタートさせた隼小学校。新たな地方創生の拠点としての今後に期待が膨らみます。

隼lab
八頭郡八頭町見槻中154-2 


 


テーマ:

鳥取にちなんだ妙味の、新たなご当地グルメが相次いで登場しました。「地元ならではの味」で胃袋を刺激する2商品を紹介します。

 

 

■オール地産地消でジューシー
 八頭町の農産物を使った日本一のバーガー

 

大江ノ郷自然牧場(八頭郡船岡町)は、町名の「八頭町(やずちょう)」にちなみ、8種類の食材を使ったバーガー【YAZUバーガー】を開発、11月から同町船岡のレストラン「大江ノ郷ヴィレッジ」で販売しています。

とっとりバーガーフェスタで優勝した「YAZUバーガー」

 

同商品は全国のご当地バーガー日本一を決める「とっとりバーガーフェスタ2017」(10月、大山町)でグランプリを受賞した逸品です。自家製バンズにブランド卵「天美卵」(てんびらん)の目玉焼きやトマト、自家製ベーコンのほか、ネギ、エリンギ、鶏の竜田揚げ、レタスを挟み込み、見た目はボリューム満点。かぶりつくと半熟の黄身がトロリとあふれ、しょうゆベースのタレと絶妙にマッチします。

鳥取県庁で10月に行われた優勝報告会では、試食した平井伸治鳥取県知事が「素材それぞれの味が生き、歯ごたえも抜群。ヤー、ズバガしい!(やー、素晴らしい!)」とダジャレを交えて絶賛。
社長の小原利一郎さんは「オール八頭の味わい。町の活性化に繋がれば」と期待を寄せます。価格は648円(税込)。

 

 

■県民もびっくりの〝砂丘味〟
鳥取を表現した斬新なポテトチップス


カルビー株式会社(東京都)は、「ポテトチップス 砂丘をイメージした珈琲味」を11月13日、中四国のコンビニエンスストアで先行販売(数量限定)しました。コーヒー消費量が多い鳥取県の特色を生かしたご当地チップスで、一風変わった風味に話題が集まりそうです。
鳥取砂丘をイメージした珈琲味のポテトチップス

 

同商品は47都道府県の「地元ならではの味」のポテトチップスを開発する同社プロジェクトの一環で、鳥取県庁職員と協力して考案されました。

ポテトチップスに振りかけてあるのはなんとコーヒーの粉。鳥取砂丘のイメージに近づけたとのことです。袋を開けるとフワッとコーヒーの香りが漂い、食べるとほろ苦さと黒蜜仕立ての、甘さもほんのり感じられる独特の味わいです。

 

商品化報告のため、10月に鳥取県庁に訪れたカルビー株式会社西日本事業部本部長、石辺秀規さんは「大人味に仕上がった。ぜひコーヒーと一緒に味わって」と商品をPR。
価格は120円前後、コンビニエンスストア以外の店舗は11月27日から販売予定。(中四国限定)


○大江ノ郷自然牧場
http://www.oenosato.com/coco_top.html

 

○カルビー株式会社
https://www.calbee47cp.jp/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス