子どもが急にどもり始めたら | 相模原橋本 ことばの相談室【結】~言語聴覚士のおうちサロン

相模原橋本 ことばの相談室【結】~言語聴覚士のおうちサロン

臨床経験20年の言語聴覚士 木村寿代です。
相模原橋本駅から徒歩5分の自宅で開業してます。令和元年、公認心理師取得しました。

『すぐ会えるST(言語聴覚士)』の木村です。
ブログへのご訪問、ありがとうございます。


週末に南大沢に出かけたら、
葉が赤く色づいてキレイでした(^^)

 


最近は、自宅での個別指導でも巡回指導でも、
吃音の相談が増えています。

ことばが急に増えてくる3歳頃から、
吃音が出てくることが多いです。

うちの子も3歳になってすぐ、
最初の音を3回くらい繰り返す症状がありました。

友達のお子さんも、そうだったんですって。


最初は、「ことばの成長期にはよくあること」とゆっくり構えていましたが、
なかなか変わらないとさずがに少し焦りました。


でも、親が焦ったところで良いことはない!


「もしかしたら、このまま続いていくのかも。
それはそれで仕方ない。その時になったら、また考えよう!」
と少し覚悟を決めました。


子どもの話し方のアドバイスをしない、
というのが鉄則です。


時々、
「焦って話そうとするからどもる」と思われてる方がいて、
「落ち着いて、ゆっくり話せばいいよ」と子どもに言う方がいます。


吃音のメカニズムは、焦るからどもるというものではありません。


ことばの爆発期であれば、言いたいことに対して語彙力が追いつかないこともあります。
なので、成長するにつれて自然に改善することが多いです。


うちの子も、気づいたら症状が無くなっていました。
友達のお子さんも、そうだったようです。


初めて子どもが吃り始めると、
ビックリして慌ててしまいますが、
今まで通りに普通に話を聞いてあげてください。


それでも心配な時は、
お近くの専門機関でご相談をしてくださいね。


読んでいただき、ありがとうございました。


このブログは、私個人の私見で書いてます。他のSTの先生と考え方の違いや、私の勉強不足などもございますので、ご了承ください。ご意見やアドバイスなどがありましたら、メッセージをいただけるとありがたいです。

お問い合わせは、お気軽にどうぞニコニコ
ことばの相談室【結】
木村寿代
ベルyui.kotoba@gmail.com 

クリックしていただけると嬉しいです 
  ↓↓↓
 
にほんブログ村 

 
人気ブログランキングへ 

image

相模原・川崎・横浜・厚木・座間・茅ヶ崎・大和・海老名・町田・八王子・立川・練馬・世田谷・越ヶ谷・和光・所沢 など東京や埼玉、神奈川県内各地から、お越しいただいています。