古典酒場編集長酔いどれブログ
【最新号のご案内】
「古典酒場特別編集
熊本 酒援酒場」VOL.1

(500円税込み)
2016年11月16日発売




詳細&ご購入は、コチラ から。


「古典酒場」VOL.12
FINAL
(2000円税込)
2013年5月20日発売です!

$古典酒場編集長酔いどれブログ



誌面の詳細は、コチラ から。




 【著者本&バックナンバー販売のご案内】

<単行本>
『Tokyoぐびぐびばくばく口福日記』(新講社刊)
本の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。



<『古典酒場』>
「古典酒場」VOL11
~絆KIZUNA酒場~


$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。
 
『古典酒場』VOL.10
~横丁酒場特集~


$古典酒場編集長酔いどれブログ
誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。


『古典酒場』VOL.9
~ホルモン酒場特集~



$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細&ご購入は、コチラ から。




 









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

古典酒場部講座@よみうりカルチャー、6月川崎教室16時クラス講座のお酒やテーマ。

 

美酒に舌鼓を打ちながら

 

いろんな意味で臨場感溢れる写真とともに

酒場やお酒や酒蔵のある酔い町の噺をする

(雑誌「古典酒場」のトークバーション)

 

古典酒場部講座@よみうりカルチャー。

 

川崎教室16時クラスの

6月の講座テーマは

 

「全国の酒蔵&酒場 熊本編+福岡の酒場」

です。

 

あたしがお邪魔させていただいた酒蔵のこと、

 

そして

お気に入りの酒場のことを

 

許されるならば

路上寝したいNo.1路地

と共に

熊本メインに

福岡も合わせて

 

ご紹介させていただきます。

 

講座酒は、

球磨焼酎「牛乳焼酎 牧場の夢」@大和一酒造元。

 

人吉球磨地方大水害で

甚大なる被害を受けられた

大和一酒造元さん。

 

その酒蔵さんが手がける

唯一無二の焼酎。

 

柔らかな味わいを

一緒に楽しみましょう。

 

ご自身用の

おつまみを

ぜひご持参くださいませ。

 

*古典酒場部講座@よみうりカルチャー

川崎教室16時クラスの詳細&お申し込みはこちら。

残席ありです。

 

 

 

 

(2024.5.24)

 

 

逢いたかったよ、「ゆで論」パスタ〜〜

********************

呑も! 呑も!

石川・千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<4313>

三谷春<広島県>

******************

 

【この日のほろ酔い場所】

銀座一丁目「ヤマガタ サンダンデロ」

銀座「バー三石」

 

<乾杯酒は、「七賢」で。間違いなく美味い>

 

<アミューズは、庄内浜の新鮮なワラサと月の雫の塩の一皿。その庄内浜のワラサの白身とセロリのレモン締め。セヴィーチェ>

 

 

<アンティパスト。旬冷麺。庄内浜の新鮮な旬魚とキャビアの冷たいカッペリーニ>

 

<山形・月山で採れた月山筍の生ハム巻きフリット。フェンネルの香り>

 

 

<フワッとするカリフラワーのムースで覆われたずわい蟹。ナッツの味わいを添えて>

 

 

<聳り立つ筍の皮>

 

<覗く。。。>

 

<皮をとると、、、

庄内の孟宗筍とチーズとパンチェッタのリゾット。山で育った「たけのこ見立て」>

 

 

 

<日本酒でヴァポーレした庄内の魚を、ハーブが香るマリエニールソースと共に>

 

 

<「ゆで論」パスタ〜〜〜💕

山形県産の胡瓜と庄内浜の天然真鯛のパスタ。アーリオ・オーリオ。

この後、メイン:漢方和牛のローストとヴィネガーとマスタードで和えたジャンボなめこと万能ネギ。ドルチェ・ヴィータ:マスカルポーネチーズの自家製プリュレとほろ苦いキャラメルのセミフレッドもいただいたのだけれど、パスタの衝撃で写真を撮っていなかった。。。>

 

<出張帰りの奥田シェフを囲んで。奥田シェフも酒サムライでいらっしゃいます。

ご無沙汰をしてしまっていた蔵元さんや、以前にロケでお世話になった蔵元さんとも酌み交わさせていただけ、ものすっごく嬉しいひと時でした>

 

 

パスタが

好きだ。

 

二日酔いの迎え飯に食べる

ナポリタン。

 

洋酒と共にいただく

ナポリタン。

 

喫茶店で食べる

ナポリタン。

 

ナポリタンばかりやないか。。。

 

いや

それ以外の

パスタも好きなのだが。。。

 

迎え飯パスタに塗れる日々の中、

 

日本酒造青年協議会&酒サムライ懇親会の

連絡がきた。

 

場所は

「ヤマガタ サンダンデロ」@銀座一丁目。

 

山形の名店「アル・ケッチャーノ」

奥田シェフの店だ。

 

うわ〜〜!

行きます、行きます、参加します〜〜〜〜!!!

 

奥田シェフといえば

「ゆで論」パスタ。

 

これを

かねてより

味わってみたい〜〜〜!

 

思っていたのでした。

 

ワクワクで

この日。

 

各蔵元さん方が

集っている中、

 

あたくしめは

我が故郷・熊本の銘酒「れいざん」を醸す

弥太郎さんと同じテーブルを

囲ませていただき、

 

まずは

 

日本酒造青年協議会の会長に

新しく就任された

山梨銘醸・北原さんが醸す

「七賢」で

乾杯〜〜〜!

 

くぅ〜〜

美味い。

 

「七賢」は

いつ呑んでも

安定感抜群の美しい味わいですねぇ。

 

そして

各蔵元さん方々の

美酒が

 

ボトルごと

どんどん運ばれてくる中、

 

お料理も次々と。

 

アミューズの

ワラサの贅沢な味わい、

 

次に出された

旬冷麺に

すでにしてやられてしまった。

 

庄内浜の旬魚とキャビアの

冷たいカッペリーネだ。

 

これ、

ものすっごく日本酒に合う〜〜〜!!!

 

 

月山筍は

生ハム巻きのフリットで。

 

聳り立つ

筍の皮を覗き込めば

リゾットだ。

 

日本酒でヴァポーレされた庄内浜の魚、

ハーブの香もいいですねぇ。

 

そして

ついに

真打登場。

 

「ゆで論」パスタだ。

 

山形県産の胡瓜と庄内浜の天然真鯛の

アーリオ・オーリオ。

 

お、お、美味しい〜〜〜〜!!!

 

つるりとした食感に

濃い味わい。

 

具材の豊富さも見事。

 

 

まさに

つまみになりまくりの

パスタだ。

 

あぁ、

至福。。。

 

パスタ、最高。

最高、最高、最高〜〜〜〜!!!!

 

このパスタ食感を

ちゃんと覚えて帰ろう。

 

そう

誓ったはずなのに、、、

 

この後、

蔵元さん方を

「バー三石」にご案内させていただき、

 

泡、泡、カクテル、カクテル、、、

呑み続け、、、

 

翌朝。

 

見事な二日酔いの中、

 

ゴムのように茹で上がった

ナポリタンを

迎え飯にする自分。。。

 

学習能力ゼロ

だな。

 

(2024.5.14)

 

連載「東京・沿線ぶらり酒」@「酒噺」、フリート横田さんと新宿・思い出横丁呑み。

<お逢いしたかった横田さんと。

嬉しい〜〜〜!!!>

 

 

<愛読させていただいております。

フリート横田さんの名著『東京ヤミ市酒場』(京阪神エルマガジン社刊)>

 

 

宝酒造さんの公式サイト

「お酒がもっと楽しくなる! ”酒噺”」で

 

連載中の

「東京・沿線ぶらり酒」。

 

今回は

中央線沿線酒場の第三弾として

新宿を

はしご酒しております。

 

毎回、

その土地にゆかりのある方を

ゲストにお迎えし、

 

土地トークも

展開しているのですが、

 

今回は

なんと、

フリート横田さんが

伴走をしてくださいました!!!

 

闇市横丁系の

気鋭の作家さん。

 

あたし自身も

とっても愛読をさせていただいており、

 

かねてより

お逢いしてみたい〜〜〜〜!!!

 

激しく熱望をしていた方です。

 

そんな方と

 

こよなく愛する思い出横丁

 

さらには

ゴールデン街

 

呑み歩けるとは。

 

幸せすぎました。。。

 

このような機会を作ってくださいました

宝酒造さん、GetNavi web編集部さん、

 

心より御礼申し上げます。

 

 

まずは

思い出横丁編を

お楽しみいただければ。

 

大、大、大好きな、

そして

最大なるランドマーク店にて

極上の昼酒を楽しんでおります。

 

*記事は

こちらに掲載されております。

 

 

 

(2024.5.22)
 

 

姪っ子ちゃんと、宇宙一のハイボールを。

********************

呑も! 呑も!

石川・千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<4312>

水龍<広島県>

******************

 

【この日のほろ酔い場所】

銀座「ロックフィッシュ」

銀座「創龍」

 

<宇宙一のハイボール。これを姪っ子ちゃんに味わってほしくて。。。>

 

 

 

 

 

 

 

<間口さん、松浦姐さん、この度もお世話になりました! 極上の時間でした。今後とも姪っ子をどうぞよろしくお願いいたします>

 

 

<姪っ子ちゃん帰った後は、、、外部記憶装置によると、、、ひとりラーメン&餃子&焼酎>

 

<トマト餃子と醤油豚骨濃いを堪能したらしい。。。ありがとう、レシート、あたしの記憶を埋めてくれて。。。>

 

 

可愛い、可愛い、姪っ子ちゃんが

この春に

社会人になった。

 

彼女が

高校生になった頃から

 

大人になったら

どの酒場に案内しようかな

 

というのを

考えていた。

 

赤羽「まるます家」もいいなぁ、

五反田「日南」もいいなぁ。

 

南千住「大坪屋」は

もう少し酒場を重ねてからかな。

 

色々夢想していた中で

お世話になったのが

 

銀座「ロックフィッシュ」。

 

やっぱり

記念すべき

初めての差し呑みは

 

大好きな間口さんの酒場で。

 

宇宙一の

ハイボールを

姪っ子ちゃんに

味わってほしくて。

 

開店時間と共に

お店にお伺いし、

 

テーブル席に

座らせていただき、

 

差し呑み、

乾杯〜〜〜!!!

 

お料理は

全て間口さんにお任せで。

 

初めての

間口さんハイボールを口にした

姪っ子ちゃん。

 

「これまで呑んできたハイボールよりも

5億倍美味しい〜〜〜〜!!!」

 

嬉しい〜〜〜〜!!!

 

そう言ってくれて

叔母ちゃん、

ものすっごく嬉しいよ〜〜〜。

 

テンション爆上がり。

 

間口さんのお料理が

いかに酒を吸い込ませるかを

話しながら

 

ゆかりトマト、ポテサラ。

 

行者ニンニクのピザ、

べらぼうに美味いぞ〜〜〜!!!

 

でっかいでっかいハムカツも食べ、

 

大、大好きな

ドライいちぢくとブルーチーズも食べ、

 

こよなく愛する

間口さんサンドイッチは

 

今日は

卵だ〜〜〜💕

 

ロックフィッシュで

こんなに食べたのは

初めてだ

 

し、

 

ロックフィッシュで

こんなに呑んだのも

自分史上。

 

なんと

オープン・ラストを

飾ってしまった。

 

ものすっごいペースで

ものすっごく吸い込みまくったハイボール。

 

しかも

ロックフィッシュのハイボールは

濃い。

 

なのに

姪っ子ちゃんは

 

ちゃんと

一人で無事帰宅。

 

しかも

翌朝、全くの二日酔いなし。

 

「やっぱり

美味しいハイボールを呑むと

二日酔いにならないんですね」

 

実に爽やかなLINEがやってきた。

 

一方、

叔母(=あたし)はというと、、、

 

ガッツリと

二日酔い。。。

 

朦朧とした頭で

 

外部記憶装置(=スマホの画像)を

チェックすると、、

 

 

おおおおおお、、、、

 

ラーメンに餃子を

やっておるではないか。。。

 

しかも

そこでもさらに

焼酎の水割りを呑んでおるではないか。。。

 

この意地汚さよ。。。

 

美酒をサクッと呑んで

爽やかに別れる。

 

「叔母ちゃん、

スマートな呑み方をするなぁ」

 

姪っ子ちゃんに

そんな姿を見せられたらと思っていたのに。。。

 

イメージしていたことと

真逆じゃないか。。。

 

何をやっておるのだ、

自分は。。。

(さらには、

翌朝冷蔵庫を見たならば

銀座「あけぼの」の豆大福が大量に入っていた。。。

超絶ご機嫌だった自分が

これからしても容易に想像がつく。

楽しくて嬉しいほどに、果てしなく食べ呑み、

してしまうのだ)

 

 

 

「いい娘さんだねぇ」

間口さんが

褒めてくださった姪っ子ちゃん。

 

「言葉のセンスもよくてね。

一方のキワコはさ、

OK牧場とかなんとか

そんなことばかり言ってたよ」

 

ですね、ですね。。。

 

酒も強くて

気持ちも優しい、

 

そして

何よりも感性豊な

姪っ子ちゃん。

 

そんな娘さんと

自分の大好きな酒場で

美酒を酌み交わせるとは

 

叔母ちゃん、

嬉しいよ。。。

 

今でも

目に浮かぶのが

 

19年前。

 

夫との結婚式の時に

 

可愛いピンクのフリルのドレスを着て

くるくると踊っていた

 

小さな、小さな、本当に小さな

彼女。

 

あの子が

今や

こんなにも酒を呑むようになったのだねぇ。

 

感慨深い。。。

 

これから

ますますに幸(そして好い酒)の多い人生を

歩んでくれるよう

 

心から心から祈る。。。

 

ソノちゃん、

また呑みに行こうね。

 

次も

叔母ちゃん、

泥酔すると思うけれど。。。

 

(2024.4.28)

 

 

 

50歳にして、気づくのだ。

********************

呑も! 呑も!

石川・千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<4311>

千福<広島県>

******************

 

【この日のほろ酔い場所】

有明「東京球磨ひとよし故郷会」@有明ワシントンホテル

新橋「台湾料理 香味」

 

 

 

 

 

 

 

<卵料理2連打。複数人呑み、最高!>

 

<チーム球磨焼酎のアマゾネスイチオシ・腸詰高菜チャーハン。ものすっごくホッピーが進んだぁ💕>

 

<50歳にしてこの胃袋&肝臓。夜桜を眺めながら、しみじみ感謝。。。>

 

 

本酒宴の前に

ひとり0次会をやるから、

 

肝心の酒宴の時に

泥酔しちゃうんだ。。。

 

ということに

ようやく気づいた50歳。

 

そのことと同時に

 

中華系の酒場も

ひとり呑みに多用するのは

ひと呼吸おくようになった。

 

西荻窪「珍味亭」のように

元々ポーションが1人前の上に、

ハーフ&ハーフ注文もOKな

ところは別だが

 

大体の中華系は

1皿が2〜3人前はあるほどのボリューム。

 

しかも

あれもこれも

それもあちらも

 

なんなら

貼り出してあるメニュー全部〜〜〜!!!

 

と言いたくなるほど

垂涎なる料理が百花繚乱。

 

50歳になるまでは

それでも

普通にひとりであれやこれやと

食べていた。

 

のだけれども、

 

これをやるから

満腹中枢が壊れっぱなしなんだ。。。

 

ということに

ようやく気づいた次第。

(遅い、遅いぞ、自分。。。)

 

気づいてしまったが故に

足を運べていない酒場があった。

 

新橋「香味」。

 

看板の書体からして

ドツボの台湾料理屋さん。

 

メニューも魅力的なのだが

 

50歳の胃袋では

ひとり呑みで

あれやこれやは無理だな。。。

 

諦めていたところ、

 

この日。

 

複数人での往訪の機会に恵まれた。

 

やったぁ〜〜〜!!!!

 

ホッピーを呑みながら、

 

大、大、大好きな

干し豆腐、

 

青菜炒め、

 

モツスープ。

 

そして

牡蠣の卵焼きに

切り干し大根オムレツの

 

卵料理2連打。

 

炭水化物は

腸詰高菜チャーハンだ。

 

たまらん〜〜〜〜!!!

 

やっぱり

複数人呑みじゃなきゃ〜〜〜。

 

大満足で

お店を後にしながら

 

ふと気づく。

 

そういえば、

たった今、

 

球磨焼酎の会で

10品も

食べてきていたことを。

 

ここは

一軒めでは

なかったことを。。。

 

50歳。

食べても食べても

まだまだ

入る。

 

(2024.4.7)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>