古典酒場編集長酔いどれブログ
【最新号のご案内】
「古典酒場特別編集
熊本 酒援酒場」VOL.1

(500円税込み)
2016年11月16日発売




詳細&ご購入は、コチラ から。


「古典酒場」VOL.12
FINAL
(2000円税込)
2013年5月20日発売です!

$古典酒場編集長酔いどれブログ



誌面の詳細は、コチラ から。




 【著者本&バックナンバー販売のご案内】

<単行本>
『Tokyoぐびぐびばくばく口福日記』(新講社刊)
本の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。



<『古典酒場』>
「古典酒場」VOL11
~絆KIZUNA酒場~


$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。
 
『古典酒場』VOL.10
~横丁酒場特集~


$古典酒場編集長酔いどれブログ
誌面の詳細は、コチラ から。
ご購入は、コチラ から。


『古典酒場』VOL.9
~ホルモン酒場特集~



$古典酒場編集長酔いどれブログ

誌面の詳細&ご購入は、コチラ から。




 









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

オンライン古典酒場部講座@よみうりカルチャー、12月も開講します。福島の銘酒蔵&酒場、美味酒肴。

 

酒場や酒蔵や旅の話をする

古典酒場部講座@よみうりカルチャー、

 

オンライン講座、

12月も開講です。

(12月18日土曜日13時〜)

 

講座テーマは

「全国銘酒酒蔵&地元名酒肴酒場その10~福島編~」。

 

福島の美酒、銘酒蔵、酔い酒場のことを

実際に体験してきたことをもとに

 

好い酔いご案内を

させて頂きます。

 

ぜひ

「故郷のお酒」を

お手元にご用意いただき、

 

呑みながら

酔い昼酒時間を

一緒に楽しみましょう〜。

 

お申し込み&詳細は

こちら。

 

 
(2021.11.30)

 

 

 

 

旨味たっぷりの若草鍋を、豊祝、春鹿で。

********************

呑も! 呑も!千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<3723>

きびの吟風<岡山県>

********************

 

【この日のほろ酔い場所】

奈良「奈良ホテル」

奈良「法起寺」

奈良「東大寺」

奈良「江戸三」

 

<ウェルカムドリンクとお菓子>

 

<お風呂上がりのビール>

 

<丸いちゃぶ台が設えられて、鍋の時間が始まります>

 

<先付け>

 

<豊祝 大吟醸を呑みながら、、、>

 

<若草鍋の登場。あぁ、素敵すぎる〜〜〜!!!>

 

<菊炭で温めていきます>

 

 

<ハマグリのプリプリ。そして出汁が何よりもうまい。この出汁だけでも販売してほしい。。。ここ、自家製ポン酢も美味なのですが、ついついポン酢無しで食べてしまうほどのうまさ>

 

<オリジナル酒「江戸三」や「春鹿」などを重ねたあと。。。>

 

<あぁ〜〜、なんて美しいのでしょう。。。最高の仕上がりの雑炊。腕利きの仲居さん、ありがとうございます!!!>

 

<デザートはいちごゼリー寄せ>

 

<そして、、、今年もお夜食におにぎりを握って下さいました!!! これ、ものすっごく嬉しい〜〜〜❤️ 夜食のおにぎりは別腹なのだ>

 

大満足な

寺巡りを

終えた後は。

 

今宵の宿へ。

 

「江戸三」。

 

今年も

若草鍋を

食べるのです。

 

志賀直哉命名の

お鍋、

 

魚介類もたっぷりと

入った

 

まさに

つまみになりまくりの鍋。

 

魚介の美味しさももちろんのことなのですが

 

あたしは

この鍋のほうれん草がとっても好き。

 

シャキシャキとした歯ざわり

そして

肉厚。

 

あぁ、

これ、どこから仕入れていらっしゃるのかしら。。。

 

素晴らしきほうれん草なのです。

 

地元の酒蔵

「奈良豊澤酒造」の

「豊祝 大吟醸」を

竹の酒器で頂きながら、

 

鍋の仕上がりを待ちます。

 

このお鍋は

炭火。

しかも

菊炭使用という贅沢さ。

 

それを

仲居さんが

面倒を見てくださるのです。

 

ありがたい。。。

 

徐々に

煮えてくる

肉、魚、野菜を

 

どんどん

とって、

 

ばくばく食べて、、、

 

江戸三オリジナル酒

「江戸三 純米吟醸」(奈良豊澤酒造)、

 

そして

地酒「春鹿」(今西清兵衛商店)なども

頂き、、、

 

さぁ、さぁ、さぁ。

 

お楽しみの

雑炊の時間です。

 

旨味たっぷりの

出汁に

白米を投入、

 

そして

卵で仕上げて下さいます、

仲居さんが。

 

そろそろかな、

そろそろかな。

 

ワクワクで

待っているところで

 

仲居さんが

蓋をあけて下さいます。

 

ふわぁ〜〜〜!!!

 

美しい〜〜〜!!!

最高の仕上がりです。

 

あたしが

感嘆の声を上げる

その前に、

 

「あ、美味しそう」

 

仲居さんの口から

思わず溢れ落ちた言葉。

 

あはははは。

 

はっ。

思わず言ってしまった!!!

 

そんな表情をされていらっしゃる

仲居さんが

とってもとっても素敵で、

 

みんなで

大笑い。

 

ここは

仲居さんも素晴らしく素敵なんです。

 

あぁ、

酔い宿だ。

 

今年も来れられて

本当に良かった。

 

一年で最も楽しみなひと時です。

 

 

 

古典酒場部講座@よみうりカルチャー、川崎教室、12月から再開です!!!

 

コロナ禍により

休講が

続いておりました

 

古典酒場部講座@よみうりカルチャー

リアル講座。

 

川崎教室は

12月講座から

 

再開です!!!!

 

1年ぶりです!!!!

 

今年の1月に

休講が決まってから

 

まさか

1年もの長い期間、

 

皆様方に

逢えなくなるとは。。。。

 

哀しかった、

逢いたかった。。。

 

再開、

嬉しいです〜〜〜!!!

 

再開のために

ご尽力くださった

事務局の方々に

大感謝です。

 

さて

その12月の講座

(12月4日)

 

講座テーマは

「全国銘酒酒蔵&地元名酒肴酒場その8 ~島根編~」、

 

講座酒は

テキーラ「サウザブルー」です。

 

 

コロナ対策を

きっちりしながら

 

マスク講座

いたしましょう〜。

 

ちなみに

あたしは

テキーラのブランコには

 

柿の葉寿し

山菜などの

 

青みのあるおつまみを

合わせるのが

好き!

 

*古典酒場部講座@よみうりカルチャー

川崎教室の詳細はこちら。

 

 
(2021.11.29)

 

 

 

 

 

 

茶粥朝ごはん、奈良寺巡り。

********************

呑も! 呑も!千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<3722>

極聖<広島県>

********************

 

【この日のほろ酔い場所】

奈良「奈良ホテル」

奈良「法起寺」

奈良「東大寺」

奈良「江戸三」

 

<流石の素晴らしき朝ごはんでした>

 

 

<法起寺>

 

 

<東大寺>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良旅

二日めは。

 

朝から

もりもりと

 

奈良づくしな

朝ごはんを

食べてから、

 

向かいます。

 

寺巡りへ。

 

まずは

「法起寺」へ。

 

世界遺産になっている

お寺さん。

 

とは思えないほど

実に質素な雰囲気。

 

華美すぎないところが

とても好き。

 

奈良にはまったきっかけは、

とあるお寺さんで

本堂の目の前の敷地で

 

花を育て

畑仕事をされていらしゃったのを

目撃してから。

 

その様に

感銘を受けたからでした。

 

ここ「法起寺」の

飾らなさも

とても素晴らしいです。

 

現存最古と言われる

三重塔の

佇まいも

それはそれは素敵で。

 

そして

それらの伽藍が、

 

畑の中に

位置しているというのも

 

とても

心に刺さる風景です。

 

畑越しに見える

三重塔。

 

なんと

尊い風景なんだろう。。。

 

奈良を巡るたびに

出逢う、

 

寺と畑と山。

 

自然との融合の具合に

心打たれる。

 

さて

お次は

東大寺。

 

全くのプライベートで

ちゃんと

足を運ぶのは

修学旅行以来かな。

 

今回は

ガイドさんをお願いしての

拝観です。

 

大仏殿から

二月堂、

 

そして

ここはちょっとした穴場と言われた

四月堂(三昧堂)、

 

からの

三月堂。

 

この三月堂が

これまた大層素敵で。。。

 

誰もいない

堂内、

 

静謐なる空間を貸切状態で

仏さんの数々に

しばし見惚れる。。。

 

今回

東大寺をご案内くださった

ガイドさんが

 

これまた

素晴らしく歴史に通じていらっしゃって、

 

とにかく

すこぶる楽しい。

 

東大寺にまつわる

いろんな歴史小噺を

 

たくさん

開陳いただき、

 

芳醇なる

寺巡りでした。

 

ありがたき出逢い。

 

<続く>

 

 

美しき鯛桜蒸し。奈良、大好きだ❤️

********************

呑も! 呑も!千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<3721>

寿齢<広島県>

********************

 

【この日のほろ酔い場所】

奈良「小料理奈良」

 

<生ビール。陶器のジョッキで登場、酔いですねぇ>

 

<白和え。素敵な器。。。>

 

<日本酒>

 

<茄子シギ焼き>

 

 

 

<鯛の桜蒸し。最高に、最高に、最高に好きだ〜〜!!!>

 

<海老芋>

 

<もち米の中に、肉団子>

 

<ごぼうのサラダ>

 

<豚肉❤️>

 

 

 

<ごぼうと筍>

 

<ふぐ皮>

 

<かぶら蒸し>

 

<お目当の焼き鯖寿司は持ち帰り用にしてもらい、ホテル呑み>

 

<さらに、、、珠玉の酒肴セット!!! あぁ、嬉しい〜〜〜❤️ 確か、ワインに合わせて楽しんだ記憶が。。。お酒の写真を撮ることから自分を解放する程度に酔いどれていた模様>

 

<お店のカウンターには、大皿料理が並んでおります>

 

<ここは器もとっても素敵。それも楽しみなんです>

 

<再訪できて、本当に良かった〜〜〜!!! また来ます!!!>

 

 

 

 

旅人として

 

日本全国の酒蔵&酒場を巡る仕事を

している@「にっぽん酒処めぐり」CS旅チャンネル。

 

毎回

その土地の酔い酒場に

めぐり合わせて頂いていて、

 

プライベートでも

また来よう。

 

そんな酒場が全国に多々ある。

 

今回は

その中の一軒、

 

奈良にある

「小料理奈良」へ。

 

器も素敵で、

店主ご夫妻も素敵で、

 

さらにロケ中に遭遇した

店主ご子息もとっても素敵で、

 

そして、

お料理もとびっきり

素敵。

 

美酒肴の数々の中でも

特に

「鯛の桜蒸し」が

素晴らしく美味しくて、、、

 

ロケ中、

大感動。。。

 

これは

夫にも食べさせなきゃ〜〜〜!!!

 

思っての

再訪です。

 

事前予約で

カウンター席に

二人着席。

 

お料理は

お任せで。

 

お酒は

確か

辛口と甘口の

2択で

 

奈良の地酒

「春鹿」だったかと。

 

カウンターに

ずらっと並んだ

大皿料理の数々。

 

あぁ、

今日も美味しいもの満載だなぁ❤️

 

まずは

生ビールからの

 

日本酒。

 

そして

続々と

出てくるは、出てくるは、

 

彩りも美しき

酒肴たちが。

 

シメジなどが入った

白和え。

クリーミーで深い味わい。

 

茄子のシギ焼き。

味噌の甘さと肉の旨味に泣く。。。

 

揚げ物を挟んで、

 

出てきました〜〜〜!!!

 

「鯛の桜蒸し」〜〜〜〜!!!

 

あぁ。

なんて美しいの〜〜、

そして

美味しいの〜〜〜!!!

 

これよこれ、

これを

夫にも食べさせたかったんだ〜〜〜。

 

あぁ、

また

あなた様に出逢えて、

あたしゃ

嬉しいよ。。。

 

感涙もののうまさ

本当に泣きそうになりながら、、、

 

お次は

海老芋を揚げたもの。

ねっとり甘い。

出汁も含んだ素晴らしき味わい。

 

餅米の中に、肉。

シュウマイスタイルな蒸し物。

 

ごぼうと葉物の

マヨネーズ和え。

 

豚の醤油煮。

トロントロン❤️

 

おひたしのようなもの。

 

白魚のたまご出汁。

春ですねぇ❤️

 

そして

出汁のうまさたるや!!!

 

筍と揚げごぼうのサラダ。

 

ふぐ皮のサラダ。

 

素晴らしき出汁をたっぷり含んだ

かぶら蒸し、

黄味噌の美味さ〜〜〜❤️

 

はぁ。はぁ。はぁ。

 

興奮が止まりません。

 

お酒も

爆飲です。

 

「ロケで

食べて呑むのも

大変ですねぇ」

 

お仕事でお世話になった時のことを

女将が

覚えていてくださっており、

 

労ってくださる。

 

あぁ

あたしゃ

そんな女将に癒しをいただいているんです〜〜❤️

 

何を食べても美味い、

しみじみ美味い、

なんどもうなづくほど美味い。。。

 

お目当の

焼き鯖寿司は

 

持ち帰り用に

包んでいただき、

 

さらには

テイクアウト用の

酒肴セットまでも

作って頂き、

 

ホテルへと帰ります。

 

そう、

ホテルで

さらに

呑み、続けるのです。

 

眠りにつく

その寸前まで、

 

ここのお料理に

包まれていたい。。。

 

「小料理奈良」が

好きすぎて、

 

今宵も

満腹のその先のその果てなく先へ。。。

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>