kosyarekaigoのブログ

kosyarekaigoのブログ

個洒落な時間幸せ笑顔

おはようございます。

 

昨日はとてもいいお天気でしたね。

春の風は冷たくてずっと外にはいられないけど。

 

今日は嚥下障害の為のとろみつけについて

 

 

年を取ると、食道の動きが若いとは違いますね

例えば、おせんべいなどぱさぱさしたものを飲み込んだ時に

咳がでたり、ひゃっくりが止まらなかったり。食道の老化の為の症状は

色々とありますが

 

 

嚥下(えんげ)障がいのある方が誤嚥(ごえん)を防ぐために、

病院や介護施設、在宅などで水分や料理に「とろみ」をつけることが多く見受けられます。

それにより、水分や食塊(食べもののかたまり)が口から咽喉まで送り込まれる速さが

ゆっくりになるので、嚥下障がいによる嚥下反射の遅れ(嚥下反射惹起遅延:えんげはんしゃじゃっきちえん)のある方にとっては、誤嚥しにくくなる効果が期待されるのです。

 

脳卒中やパーキンソン病などが原因で嚥下障がいのある方は、

医師から水分や食事にとろみをつけるように指導されている方も多いと思われますが、実は注意が必要です。

 

嚥下障がいや嚥下機能が低下してきた方に対して、

「とりあえず」とろみをつけてはいないでしょうか。

とろみには確かに誤嚥を予防する効果が認められますが、それはあくまで嚥下障がいの中でも

「嚥下反射に問題のある方」の場合です。

嚥下反射とは、食べものが口から食道に送り込まれる際、

気管に食べものが入らないよう蓋をする動きのことです。

先述したようにとろみの効果は、水分や食塊のスピードをゆっくりにして

、嚥下反射の遅れた方でも誤嚥しにくくすることです。

したがって、嚥下障がいの中でも嚥下反射に問題のない方にはあまり効果が見られない対策となってしまいます。

※みんなの介護ニュースから抜粋

 

 

 

とろみの効果の有無

 

 

 

 

今日も病気や怪我で苦しんでいる人と

 

介護に携わる全ての人に

 

ちょっとの幸せが訪れますように。

 

 

 

 

 

個洒落のおしゃれな介護用食事エプロンはこちら↓

 

 

 

 

 

kosyareのおしゃれな介護用食事エプロンはこちら

 

 

 

 

 

イイもの見つかる葛飾に掲載されました。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お持たせ様に購入したものをまとめてあります

 

何買うか迷った時の参考になれば嬉しいです

 

 

 

私のROOMです

おはようございます。



 

4月も中旬ですね。

 

もうすぐ母の日ですね。

 

個洒落の公式サイト限定!!

 

母の日限定ギフト予約販売開始しました!

 

新型コロナウイルス感染者増に伴い、蔓延防止等重点措置適用中

お出かけもままならないことでしょう。

 

せめて、同居家族の皆さんで、美味しい料理を食べて

母の日をお祝いしたいですね。

 

せっかくのお祝いだから、個洒落のお洒落な介護用食事エプロンで

大好きなお母様を素敵にドレスアップさせて差し上げてください。おねがい

 

 

 

ご予約はこちら↓

 

 

 

 

 

 

今日も病気や怪我で苦しんでいる人と

 

介護に携わる全ての人に

 

ちょっとの幸せが訪れますように。

 

 

 

 

個洒落のおしゃれな介護用食事エプロンはこちら↓

 

 

 

 

 

kosyareのおしゃれな介護用食事エプロンはこちら

 

 

 

 

 

イイもの見つかる葛飾に掲載されました。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お持たせ様に購入したものをまとめてあります

 

何買うか迷った時の参考になれば嬉しいです

 

 

 

私のROOMです

おはようございます。

 

昨日、家の近所のスーパーで買い物をしていたら

 

別のレジの担当の女性が大きな声で、レジに並んだおばあちゃんに

 

支払いは、現金を受け取るのではなく、自動精算機でやることを

 

説明してるのを見て、おばあちゃんが気の毒に感じました。

 

このレジの女性はせっかちな生格なんだと思うのですが、

 

明らかにそんなに急いで、レジうちしなくていいのにと思うくらい

 

なぜか急いで打つので、お客が支払いにもたつくとあからさまに嫌な顔をするんです。

 

私もお金をお財布から出すとき、もたついてしまうことがあるので、同様の態度を取られ

 

不快に思ってからその人のレジには並ばないようにしています。

 

この時も、おばあちゃんをせかして、自動精算機でさっさと支払い済ませてと言わんばかりの態度でした。

 

その自動精算機。

 

高齢者には覚えるのは難しいかも知れません。

 

かごをレジの人が精算機の横に置くと、自動精算機に金額が表示され、

現金 クレジットカード、ペイペイ、後何か支払い方法が

合った気がしますが、そこから支払い方法を選んで、その方法に合わせて支払うシステムなんですが

あれを、80歳?90歳代のおばあちゃんに理解させるのは大変だと思います。

 

お店はもっと臨機応変に、手動でも支払いができるレジを残しておくべきじゃないかなあと

 

感じました。

 

結局大きな声でわーわー説明され、其れでも

わからなくて、結局「お金はあずかれないから返しますよ」と

買いものできないで、とぼとぼ帰るおばあちゃんの後ろ姿を見て

 

なんか、優しくない世の中だなあと。

 

もっと、ゆっくり。高齢者にはさらにゆっくり、対応してあげてほしいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も病気や怪我で苦しんでいる人と

 

介護に携わる全ての人に

 

ちょっとの幸せが訪れますように。

 

 

 

 

個洒落のおしゃれな介護用食事エプロンはこちら↓

 

 

 

 

 

kosyareのおしゃれな介護用食事エプロンはこちら

 

 

 

 

 

イイもの見つかる葛飾に掲載されました。↓

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

お持たせ様に購入したものをまとめてあります

 

何買うか迷った時の参考になれば嬉しいです

 

 

 

私のROOMです

おはようございます。

 

緊急事態宣言を出すのはこのような有事の時なのでは?と思います。

 

大阪府は12日、新型コロナウイルスの重症患者用として確保を見込む病床の使用率が90・6%に達したと発表した。

 

府は重症病床が不足する可能性が高いとして、新型コロナ以外の不急の入院や手術を一時延期し、コロナ病床の増床に協力するよう大学病院をはじめとした約60の基幹病院に緊急要請した。

 

府による要請は初めて。 

府によると、確保を見込んでいる重症病床224床のうち203床が埋まった。

すぐに受け入れ可能な病床に限れば使用率は92・7%に上る。府は医師の判断で不急と判断できる入院や手術の延期を求め、重症病床の積み増しを急ぐ。  

 

また、病気やけがなど重篤患者に対応する府内16の3次救急医療機関のうち、

大阪市立大医学部付属病院と国立病院機構大阪医療センターではコロナ治療を優先させるため

3次救急を一部制限している。

※毎日新聞ニュースより抜粋

 

緊急の線引きによって、守れる命が守れないこともあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

今日も病気や怪我で苦しんでいる人と

 

介護に携わる全ての人に

 

ちょっとの幸せが訪れますように。

 

 

 

 

個洒落のおしゃれな介護用食事エプロンはこちら↓

 

 

 

 

 

kosyareのおしゃれな介護用食事エプロンはこちら

 

 

 

 

 

イイもの見つかる葛飾に掲載されました。↓

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

お持たせ様に購入したものをまとめてあります

 

何買うか迷った時の参考になれば嬉しいです

 

 

 

私のROOMです

おはようございます。

 

先日、車いすユーザーの方の乗車トラブルについて記載しましたが

日本には、障害のある人を取り巻くさまざまな法律があり、その法律ごとに「障害者」についての定義があります。

例えば、障害のある人への支援のあり方を定め、障害福祉の基礎となっている「障害者総合支援法」(正式名称:障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律)では、支援の対象としての「障害者」を以下のように定義しています。

 

  • 身体障害者(身体障害者福祉法第四条で規定)のうち18歳以上の人

  • 知的障害者(知的障害者福祉法でいう)のうち18歳以上の人

  • 精神障害者(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第五条に規定)のうち18歳以上の人(発達障害のある人を含む)

  • 難病(治療方法が確立していない疾患その他の特殊の疾患で政令で定めるものによる障害の程度が厚生労働大臣が定める程度)のある18歳以上の人

 

障害者総合支援法とは?理念と福祉サービスの内容、2018年改正法のポイントなどについて説明します

 

 

一方で、障害を理由とする差別を禁止する法律「障害者差別解消法」(正式名称:障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)では、「身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるもの」と定義しています。

 

障害者差別解消法とは?不当な差別の禁止や合理的配慮って?法律制定の背景や罰則、問題点などについても説明します

 

 

なお、18歳未満の場合は、児童福祉法により、身体障害、知的障害、発達障害を含む精神障害、

難病のある児童を「障害児」と定めています。

※総務省 児童福祉法 参照

 

 

障害者総合支援法の基本理念

障害者総合支援法の第一条の二で述べられているこの法律の基本理念は、障害者基本法を踏まえ、以下を明確にしています。

 

  • 障害の有無にかかわらず、全ての国民が基本的人権を持つ個人として尊厳を尊重され、共に生きる社会を実現すること

  • そのために、障害のある人が地域社会で日常生活や社会生活を営むための支援を受けることができること

  • 妨げとなる物事や制度、観念などあらゆるものの除去に努めること

 

障害者差別解消法

この法律は、障害者基本法(昭和四十五年法律第八十四号)の基本的な理念にのっとり、全ての障害者が、障害者でない者と等しく、基本的人権を享有する個人としてその尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有することを踏まえ、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項、行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置等を定めることにより、障害を理由とする差別の解消を推進し、もって全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする。

※内閣府HPより抜粋

 

ただ、健常者の間でも、上記のような社会になれていないのが現実で、

あらゆるところで、差別があるように感じます。

そういう意識を変えるのはとても難しいのかもしれないのですが、

私は子供のころからの教育で意識は変えられると信じています。

 

 

 

 

今日も病気や怪我で苦しんでいる人と

 

介護に携わる全ての人に

 

ちょっとの幸せが訪れますように。

 

 

 

 

個洒落のおしゃれな介護用食事エプロンはこちら↓

 

 

 

 

 

kosyareのおしゃれな介護用食事エプロンはこちら

 

 

 

 

 

イイもの見つかる葛飾に掲載されました。↓

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

お持たせ様に購入したものをまとめてあります

 

何買うか迷った時の参考になれば嬉しいです

 

 

 

私のROOMです