いつもコリフレッシュ北野店をご利用いただきありがとうございます。

12月1日~12月31日のスタッフの出勤日をお知らせいたします。

ご予約・ご来店の参考にお使いくださいませ。

 

社内研修等で急遽変更になる事もございますので、

担当スタッフのご希望がある場合はご来店予定日の前にお電話または店頭でご確認ください。

~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~

~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~

そして、なんと!

八王子市プレミアム付商品券の対象店舗です!

この機会に是非ご利用ください!

 

時間帯によっては大変混みあいますので、電話予約やネットでの予約をお勧めします。

コリフレッシュ北野店

042-631-9720

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193671/

 

皆様のご来店、心よりお待ちしています爆  笑イエローハーツ

 

また、店内には画像と同じ出勤表を置いてありますので、ご自由にお持ち帰り下さい。

 

メンバーズカードに挟みやすい簡易版もありますよ淡麗グリーンラベルgreen star

 

 

 

#コリフレッシュ#リラクゼーション#ボディケア#フットケア#北野駅#八王子#出勤表#ミムピー

 

こんにちは(/・ω・)/
コリフレッシュ北野店の内藤です。
 

よく、白湯は体を温める、体にいい

という話をどこかで耳にしたことはありませんか?

 

今日は、白湯についてのお話です。

 

白湯に期待できる効果は?

①基礎代謝が上がる

②デトックス効果の期待

③冷え性の改善

④内臓機能の回復

 

①基礎代謝が上がる

白湯を口から摂ることで、食道や胃、

腸などの内臓が温められます。

そうすると、全身を巡る血の流れが良くなって

基礎代謝が上がると言われています。

逆に、冷たいものを飲めば、内臓が冷え、代謝は落ちます

 

②デトックス効果の期待

白湯を飲んで体の内側から温められることで、

内臓の働きが活発になり、

利尿作用や腸の蠕動運動が促され、

便秘解消のようなデトックス効果が期待できます。

汗や尿、便などの老廃物を排出するにも

水分は重要な役割を果たしているため、

白湯を摂ることで、いつもより多めに水分を摂取することも

体にとっては良いことで、美肌効果にも期待できます。

 

③冷え性の改善

体の末端まで温めるには、内側から体を温めて

血液を末端までよく流す必要があります。

そのため、冷え性で悩んでいる方は

服をたくさん着込むだけでなく、

白湯を飲む習慣をつけることで

冷え性が緩和されるかもしれません。

 

④内臓機能の回復

内臓は冷えてしまうと機能が低下してしまいます。

そのため、夏の気温が暑い時期に

冷たい飲み物ばかりを飲んでいると、

胃腸の調子が悪くなってしまうことがあります。

そこで体に負担の少ない白湯を摂ることで、

内臓の機能を回復し、消化不良や

胃もたれを防ぐことに繋がります。

 

 

白湯の飲み方

①50℃~60℃くらいにする

暑すぎず、冷ましすぎるのも効果が繋がりにくく、

少し人肌より暖かいぐらいで飲むのが吸収効率もUPします!

 

②少しずつ時間をかけて飲む

一気に飲んでしまうと、食道や胃に負担を

かけてしまい、粘膜に炎症を与えてしまう

可能性もあるので、少しずつ時間をかけましょう。

 

③一度に飲み過ぎるのは注意

目安として、朝昼晩の3回に分けて、

食事の20分くらい前を目安に

コップ1杯分(200mlくらい)を

摂取するようにしましょう。

内臓を温めてからの食事は

栄養の消化吸収の促進にも繋がります!

 

いかがでしたか?

冷えると内臓の機能は落ち、

お疲れや、いろんな症状にも繋がります。

はちみつや生姜、レモン、ハーブを

入れて、味を変えながら飲むのもオススメです!

 

ご不明な事がございましたら、
いつでも、スタッフにご相談ください^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
image

 

コリフレッシュ北野店

東京都八王子市打越町335‐1 北野駅ビル 1F 

TEL電話 042-631-9720

年中無休

コロナ感染対策のため

10時~22時(21時最終受付)までの営業とさせていただきます。

ご予約はホットペッパーでも受け付けています

パソコン携帯https://beauty.hotpepper.jp/relax/

Tシャツ着替え無料

車駐車場提携あり

こんにちは(/・ω・)/
コリフレッシュ北野店の内藤です。

 

今回は、あまり知られていない

膝裏の話です。

 

 

まずは、此方の画像をご覧ください。

赤く枝分かれしている管が動脈(膝窩動脈)です。

黄色い枝分かれしている管は神経(脛骨神経)です。

とても、複雑に骨や筋肉の間を通っています。

 

この膝裏が重要で、

立ちっぱなしが多い仕事では

太ももやふくらはぎを使う機会が減り、

血行が悪くなります。

 

又、デスクワークでは

膝を曲げている状態が続く為、

膝回りの筋肉や血管が圧迫されやすく、

同じく、血行が悪くなります。

 

足の血行が悪くなると?

 

足のむくみ

こむら返り

足の冷え

足の重だるさ

腰の痛み

 

少し挙げてみるだけでも、たくさんの

身近なお疲れが挙げられます。

 

膝裏のケア方法!

では、膝裏はどうすればケアできるのか!!

まず、椅子に浅く座り、両手の四指を使い、

 

1.膝の裏を押さえる。
2.押さえたまま膝を曲げ伸ばしする。

 

この動作を10回を目安に繰り返すと

血行が通りやすくなり、

足のお疲れの改善に繋がりやすいです^^

 

いかがでしたか?

身近な足のお疲れがありましたら、

当店オススメのフットミムピーコースがございます!

膝裏もしっかり刺激し、足の血行改善に効果的です!

 

ご不明な事がございましたら、
いつでも、スタッフにご相談ください^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
image

 

コリフレッシュ北野店

東京都八王子市打越町335‐1 北野駅ビル 1F 

TEL電話 042-631-9720

年中無休

コロナ感染対策のため

10時~22時(21時最終受付)までの営業とさせていただきます。

ご予約はホットペッパーでも受け付けています

パソコン携帯https://beauty.hotpepper.jp/relax/

Tシャツ着替え無料

車駐車場提携あり

こんにちは(/・ω・)/
コリフレッシュ北野店の内藤です。

 

今回は、旬の食べ物について

お話をしていこうと思います!

 

昔から「初ものを食えば七十五日生きのびる」

「初ものは縁起がいい」などといわれてきました。

まだ栄養学などない時代に

伝え継がれてきた初ものへの感謝、

そこには無病息災を願う先人の知恵がつまっています。
 日本の風土の特色は、四季があることです。

季節ごとの食材があり、それを上手に食べることで

からだのバランスを整え、健康を保ってきました。

 

は生物が活動を始める季節です。
春には「にがみを盛れ」と言われ、

山菜や野草を摂るように言われてきました。

これは、芽が出る季節には、苦味のあるものを食べ、

冬の間に体内にたまった老廃物を出すための知恵です。

 

には「水分や酸味」が取れるものが多いです。

きゅうり、なす、トマト、スイカなどウリ科やナス科の夏野菜は、

からだを冷やし、暑さを和らげ、体調を整えてくれます。

 

そしてになったら、「秋茄子は嫁に食わすな」

と言われますが、

これは、「ナスはからだを冷やすので大事な嫁に食べさせるな」

という意味が込められています。

これは夏の食習慣のまま、からだを冷やすと、

お産にも響くからナス科やウリ科の野菜を

食べ続けてはいけないという意味があります。

また寒い冬に備えるために、良質な油(オメガ3)を持つ

旬の魚(イワシやサバ、さんまなど)がオススメです!

 

は、寒さからからだを守るため、

体を温める根菜(ごぼう、にんじん、大根、れんこんなど)

などが美味しくなりますね。

 

いかがでしたか?

これから、寒くなる季節、体を温める野菜を

暖かい料理で食べて、体の中から

温めていくと、代謝も上がり免疫力UPにも繋がります!

 

ご不明な事がございましたら、
いつでも、スタッフにご相談ください^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
image

 

コリフレッシュ北野店

東京都八王子市打越町335‐1 北野駅ビル 1F 

TEL電話 042-631-9720

年中無休

コロナ感染対策のため

10時~22時(21時最終受付)までの営業とさせていただきます。

ご予約はホットペッパーでも受け付けています

パソコン携帯https://beauty.hotpepper.jp/relax/

Tシャツ着替え無料

車駐車場提携あり

こんにちは(/・ω・)/
コリフレッシュ北野店の内藤です。

 

今回は、初冬にオススメな食材を

ご紹介しようと思います。

 

11月は暦の上では「初冬」。

風も冷たくなり、

乾燥の度合いが増してきます。

気を付けたいのは、喉や鼻などの

外気に直接触れる器官。

医学における「肺」の役割りは、

重要な呼吸器官だけでなく、

体の水分もコントロールし、

皮膚などの潤いを調整してくれます。

粘膜や皮膚を潤し、乾燥を防ぐ食事を心がけましょう。

白い食材は体を潤すといわれています。

ナシ、牛乳、豆乳、アンニン、卵などは、

喉の渇きや、皮膚の乾燥を防ぎます。

 

体の中の潤いを取り除く作用をする辛過ぎるもの、

苦いものは取り過ぎないようにしましょう。
辛いものを食べすぎると、

肺の活動が旺盛になり、

「肺の陰気」を損ないやすくなるため、

体が乾燥に傾きやすくなりますので、

辛い物の食べ過ぎには注意したいですね。

はちみつは喉の乾燥を防ぎ、

しょうがは痰を出しやすくする食材ですので、

風邪の症状の方にはおすすめです。

 

ご不明な事がございましたら、
いつでも、スタッフにご相談ください^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
image

 

コリフレッシュ北野店

東京都八王子市打越町335‐1 北野駅ビル 1F 

TEL電話 042-631-9720

年中無休

コロナ感染対策のため

10時~22時(21時最終受付)までの営業とさせていただきます。

ご予約はホットペッパーでも受け付けています

パソコン携帯https://beauty.hotpepper.jp/relax/

Tシャツ着替え無料

車駐車場提携あり