父とオレたち家族の物語 


201741日。


その日、父はお空の星となった。


酒が大好きで、口が悪くて、気も短い。いいところの方が少なかった、そんな気がする。


あれから5年目の今日、再びオレはこうしてスマホを手に取り、父のことを記している。


不思議なことに、父のことで思い出されることは、《酒が大好きで、口が悪くて、気も短い。いいところの方が少なかった》ということではない。


家族想いのやさしい人


なぜだか、そんなことばかりが思い出される。この世からいなくなって、残ったモノはいいモノしかない。悪いことを思い出しても、すべてが笑い話になる。それはまるで、没後評価されたピカソみたいな、なんかそんな感覚だ。


でも、できることなら、生きてるときにもっとそのことを感謝できればよかったなって、最近特に思うようになっている。


オレも父となり、父の気持ちが少しずつわかるようになってきたからだ。


例えば、こんなとき。


うちの子は今年2歳になり、今まさにイヤイヤ期の真っ只中。おしゃべりも達者になったこともあり、事あるごとにイヤだイヤだと言うようになっている。



ある日のことだった。


「パパ、イヤ!」


と言いはじめたのだ。もちろん、パパイヤのことではない。パパが、嫌なのだ。それだけではない。最近じゃ


「パパ、チライ!」


と言いはじめたのだ。もちろん、パパが白井さんになったわけではない。パパが、嫌いなのだ。白井さんが誰なのかとか、ここでは一旦置いておく。


そう。


つい最近まで、パパのこと好きって言ってたあの子が、だ。


もちろん、奥さんがオレのことを悪く言ったりなどはない。なんとか好きと言ってくれるようにと、オレのことを大袈裟にいえば、正義の味方みたいにヒーロー的な感じで息子に話してくれている。


だのに、チライなのだ。


決して落ち込んでいるわけではない。むしろ、ママ、チライじゃなくてよかったし、パパなんてそういうもんだろうと思う("ママ"のことは毎日すち♪と言うところは気がかりだがw)


だから、これはただの笑い話、だった、ついこの間までは。


あるとき、ふと父のこんな言葉を思い出したのだ。それは、父が酔っ払ってオレとケンカになったときによく口にするセリフだった。


「オレが悪者になりゃいいんだろ!?おまえらはおまえらで仲良く3人でやってけ!」


ケンカになると、たいてい1:3の構図になる。3は、オレと弟と母だ。オレと弟が問題を起こすとまず父が母に激怒する。それもなかなかのレベルの激怒だ。だから、それをオレたちがかばう。悪いのはオレたちだと。すると、父はオレたちと母をまとめて怒り出し、やがてキレる。それもなかなかのレベルのキレ方だ。たいてい家のなかのナニカが壊れるくらいだから。そして、最終的に怒っている自分に嫌気がさし、そんな自分に怒り、このセリフになる。


「オレが悪者になりゃいいんだろ!?おまえらはおまえらで仲良く3人でやってけ!」


と。我が家では叱るのは、いつも父の役目だった。だからこのセリフ、というわけだ。でも、自分で勝手にキレてるだけだろ?と思っていた当時のオレからすれば、この酔っ払いなんなんだよ!(←思春期だったので)としか思ってなかった。


そして、父はさらに酔っ払うとこんなことを言うことがあった。


「…オレはおまえらが好きなのによ、これじゃおまえらを嫌いみたいだな」


って。そんなことを、時に酒に飲まれながら、涙を浮かべたりもしていた。


父は、本当にめちゃくちゃだったけど、めちゃくちゃオレたち兄弟を愛してくれていた。それだけは、ずいぶんと恵まれていると思う。でも、世間が生前ピカソを認めなかったように、オレも父のその気持ちを全然認めていなかった。


だから父は、さびしかったのかもしれない。いや、さびしかったにちがいない。


オレも、息子からイヤ!チライ!と言われるようになった今、なんだかその気持ちが少しだけわかるようになってきた。


オムツを替えておしりをふいて、泣いたら抱っこして、お風呂に入れて、散歩に行って滑り台をして、ご飯を食べさせて、あれしてこれして、


で、いけないことをしたら、ちゃんと叱る。

(叱り方は父に似ている、気がするw)


当たり前だけど、どれもこれも愛情たっぷりでやっている。なのに、イヤイヤ期の息子は、石川五右衛門のように斬鉄剣でばっさりくる。


パパ、イヤ!パパ、チライ!

ツマラヌモノヲキッテチマイマチタ。


と。


ちなみに、ついこないだもオレが息子を起こしに行ったら、目覚めとともにオレを見てこう言った。


パパ、イヤ!


おかげでパパは、最近パパイヤがなんだか嫌いになったよw


でも、どんなにイヤでチライでもオレはキミが好きだ。それは一生変わらない。なんたって、キミはオレたちふたりの宝物だから。だから.これからもたっぷりの愛情を注いでやるぜ。

いつかキミも大人になって、ふとしたときに、オレとのことを思い出してくれたりなんかしたら嬉しいなぁ、なんて思いながらさ、今キミへのメッセージを書いているのさ。


ていうか


オレもそのうち、父みたいなこと言うのかな!?言うか、きっとw


そのときは、勘弁プリーズw


まだまだ父ちゃん半人前。親として、日々成長しながら、遠く離れた我が父を想う


そんな202241日。


父よ、アナタからもらった愛は、しっかりとこの子にも届けていくよ。

 



P.S.イヤイヤ言われてはいますが、普段はとっても仲良しですそして、たまーに「パパ、スチ」と言います。




2021年。41日。


この物語を毎年この日に書くようになって、今年で4年目になる。不思議なもので、毎年桜のこの時期になるとスマホ片手に文章を書き始めている。


この1年のニュースといえば、弟のところにかわいいこどもが元気に生まれたこと。そして、母が元気に70歳になったことだ。


母は今、新米おばあちゃんとしての経験をたくさんしている。数十年ぶりに抱っこをしたり、持ち前の陽気なキャラクターであやしたり、おもちゃや服を買ってあげたり、キャッキャキャッキャと、とにかく孫への至れり尽くせりの大サービスっぷりが止まらない。


そんなこんなで、うちの子も弟んとこの子も、もれなくおばあちゃんが大好きだ。実家に帰っておばあちゃんを見たときのテンションの上がりっぷりは、こちらが嫉妬するほどだ最近じゃ、好きすぎて久しぶりに会うとはにかむくらいだ。もはや戦隊モノのキャラクター以上の人気ぶりの母。


そんな母は、孫をいつも決まって満面の笑みで抱っこする。


「お父さんが生きてたら、きっとこんなふうにしてあげたかったんだと思うんだ。だから、私がその分までたくさんしてあげなきゃね」


母は孫に変顔をしてあやしながら、そんなことをたまに言う。そして、その言葉を聞いて、オレも同じことを思ったりする。



父は昔からとんでもない暴れん坊だったけど、その何倍も愛情たっぷりのひとでもあった。特にオレたち兄弟に対しては、他の家の何倍も厳しかったと思うけど、その何倍もやさしかった。飴と鞭を通り越して、ハチミツとタバスコを使い分けるような人だった。そんな父だ、相手が孫となれば、母の言うようにそれはそれはひたすらタバスコなしで溺愛したにちがいない。

だからその分、今母がこうしてたっぷりのハチミツをくれているんだと思うと、2人には本当に感謝しかない。



昔から、孝行をしたいときに親はなしと言うけれど、ホントその通りだ。父がいなくなり、オレにもこどもができて、あらためてそう思うようになった。そして同時に、


なにかできることはないかなぁ。

今からなんかできないかなあ。


父がいなくなってから、ずっとそんなことを考えるようになっていた。


父にできなかった孝行は母にする。


最初に思いついたのは、もちろんこれだ。でも、これだけじゃやっぱりなにかが足りない。ずっとそう思っていた。そして一年前の今日、オレはあることを思いついた。




スタンハンセンがチャンピオンベルトのように掲げているこのクォーターダラーリング。このリングを、毎年41日につけようと。この日だけは、結婚指輪ではなく、父が20代の頃に横須賀で作ったというこのカタミのリングをつけて家族と過ごそうと。そして毎年、父への想いを込めて、我が子をぎゅっと抱っこしようと。


父を感じながら、父ができなかったことを、オレが代わりにする。母と一緒に。それが、オレが去年からひそかにはじめた父へのささやかな孝行。



父よ。


アナタの孫は、今年はじめての桜を見たよ。

来年は、家族みんなではじめての花見をしよう。


いつもありがと。


んじゃ、また桜の季節に。






☆この物語の第一話はこちらからご覧いただけます↓↓↓




ども!

先日撮影したコラボ企画が今日の19時にUPされます!コラボしてくれたのは、ご存知!手相占いで大人気の島田秀平さんです!

秀平くんとは、一緒に仕事をさせてもらって以来、ゴルフ仲間であり、友人であったりもします。そんな秀平くんがやってるチャンネル《島田秀平のお怪談巡り》とのコラボです!

ロマンチックゴルフ☆では、秀平くんが今めちゃくちゃ悩んでいるという《パター》についてレッスンしてます。
ふたりでワイワイやってるので、よかったら最後まで見てもらえると嬉しいです!

それから、ボクも秀平くんのチャンネル
【島田秀平のお怪談巡り】で怖い話をしてきたので、よかったらそちらも見てみてください!
今日の19時にアップされていると思うので。

で、さらによかったら、怖い話がお好きな方は、お怪談巡りのチャンネル登録もお願いします☆
で、さらにさらによかったら、ゴルフにチラッとでも興味がある、もしくはない、どちらでもかまいません、ロマンチックゴルフ☆もチャンネル登録お願いしますw

そうしてもらえると、ボクの元気が出ます♬