こころの美容液

こころの美容液

穏やかで優しい微笑みの美笑女を応援する読むコスメ
 ~あなたの微笑みが、周りを明るく幸せにします~

NEW !
テーマ:

 

 

 

毎日、ピリピリと張りつめた精神状態では、

 

衣食住が満たされていても不幸を感じたり、

 

生活の中で楽しい感情を得られないでしょう。

 

 

 

 

 

私たちは、人間関係の中で生かされていて、

 

ユーモアのある会話を通じてリラックスしたり、

 

前向きな気持ちになれるのでないでしょうか。

 

 

 

 

 

人間らしく生きていくために必要なものに、

 

社会のルールや思いやりがあるでしょうが、

 

試練を通じて悲しみや苦しみも味わいます。

 

 

 

 

 

つらい状況の中に置かれている時ほど、

 

ユーモアに救われることもあるのですし、

 

人の失敗談に励まされたりもするのです。

 

 

 

 

 

今だから笑って話せる苦労話もあるでしょう。

 

生真面目な人が言うユーモアにホッとしたり、

 

弱い部分も見せてくれると安心するものです。

 

 

 

 

 

お見舞いに行って、逆に元気を頂くこともあり、

 

ユーモアは、人を元気にする栄養剤となって、

 

人の心をほぐし、柔軟にしてくれるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

想像力が必要になる機会も訪れますが、

 

それぞれが持っている自分の枠を外して、

 

出来るか出来ないかで考えないことです。

 

 

 

 

 

何かをリニューアルするレベルではなく、

 

フルにモデルチェンジを図ろうとするには、

 

今までの延長線を気にせず考えるのです。

 

 

 

 

 

自分自身もモデルチェンジをしたいなら、

 

経験や知識を生かす枠にはめ込まずに、

 

大胆な転換を意識するのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

自分が想像する自分には限界を設けやすく、

 

リニューアル程度の改善にとどまってしまい、

 

想像力の貧しさを味わうことになりがちです。

 

 

 

 

 

きっと、自分の知らない自分がいるのです。

 

自分がイメージしている枠の中にではなく、

 

今までいた枠の外に出て待っているのです。

 

 

 

 

 

ワクワク感を伴った想像の世界に入り込み、

 

経験や知識に縛られていない自分を思い描き、

 

生まれ変わった喜びを噛みしめてみましょう。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

私たちは、不安や心配を早く解消したく、

 

自己中心的な動きをしたがるものですが、

 

霧が晴れるのを待つ方がいい時もあります。

 

 

 

 

 

動かずに、待ち望むには忍耐が必要ですし、

 

霧は必ず晴れると、信じる力も欠かせません。

 

人生では、そのような訓練もさせられるのです。

 

 

 

 

 

多くの不安や心配には他人が関わっていて、

 

自分以外の人の立場も理解する必要があり、

 

思い通りの解決方法が最善とは限りません。

 

 

 

 

 

慌てることで状況を悪化させることもあります。

 

自分のペースと他人のペースは違うのですし、

 

自分勝手な判断が命取りになることもあります。

 

 

 

 

 

自分が一番正しいと思いたがる誘惑を断ち、

 

余計なプライドは捨て、耐え忍ぶのも訓練で、

 

嵐に負けない土台作りに繋がっていきます。

 

 

 

 

 

ひとりひとりに与えられる訓練は違いますし、

 

不安や心配と、信頼は共存できませんから、

 

未来を信頼し、待ち望める人になりましょう。

 

 

 


テーマ:

 

 

 

あの人のようになりたい願望が強すぎ、

 

あれもこれもと欲しい欲ばかり増えると、

 

それが叶わないと孤独になっていきます。

 

 

 

 

 

得ることで孤独を解消しようとすることは、

 

得られないことで逆に孤独が増すのです。

 

だから、孤独を感じたら思い出しましょう。

 

 

 

 

 

物やお金だけではなく、愛情も同じです。

 

愛情を得ることばかり考えている状態は、

 

孤独感に包まれている状態とも言えます。

 

 

 

 

 

そのような時に、愛情を得られない場合、

 

さらに孤独感が増すケースも多いでしょう。

 

愛情は、与えることで孤独感が減るのです。

 

 

 

 

 

そもそも、私たちは孤独が当たり前です。

 

だから、必要以上に孤独を意識しないで、

 

嫌々ながら人とつるむこともないのです。

 

 

 

 

 

一人で過ごす時間も大切な時間なのです。

 

一人での楽しみ方も知っている人間だから、

 

二人で楽しむことも出来るのかもしれません。

 

 


テーマ:

 

 

 

人には異なる能力が与えられていますが、

 

それを、互いに仕え合う道具として用いて、

 

どのように役立てるのかを問われるのです。

 

 

 

 

 

自己実現のために能力があるのではなく、

 

社会に役立てるために与えられています。

 

だから、能力の生かし方を見直すことです。

 

 

 

 

 

ひとりでは乗り越えられない問題も起こり、

 

それぞれが違う役立ち方が出来ることで、

 

ひとりひとりの存在価値に感謝するのです。

 

 

 

 

 

伝えること、傾聴すること、安心させること、

 

寄り添うこと、祈ること、お金を支援すること、

 

時間を捧げること、知恵を分け与えること。

 

 

 

 

 

いろいろな形の能力が存在するのですから、

 

勉強や仕事の成績だけが能力なのではなく、

 

共にいるだけで安心させられるのも能力です。

 

 

 

 

 

ある人の生き様が、誰かに勇気を与えたり、

 

ある人の愛し方に、共感する人がいたりと、

 

無意識に役立っている場合もあるでしょう。

 

 


テーマ:

 

 

 

理想と現実には、ずれが生じるものです。

 

理想と違う結果を嘆いても始まりません。

 

現実と向き合って、肯定することからです。

 

 

 

 

 

思い通りの結果でなかったら諦めるのか。

 

少しでも可能性が残っていると考えるなら、

 

そこからの挽回を目指して頑張るかです。

 

 

 

 

 

そう簡単には、物事は進んで行きませんし、

 

くじけそうになりながらも前に進むためには、

 

出来る限り具体的な対策を行うことでしょう。

 

 

 

 

 

すぐに出来ること、すぐには出来ないことを、

 

把握するためにも現実を否定しないことです。

 

困った、嫌だ、ではなく、どうしていくかです。

 

 

 

 

 

受け入れたくない、見たくない現実があり、

 

それを否定し、見ないようにしていることは、

 

解決への道に背を向けている状態でしょう。

 

 

 

 

 

ラッキーなことが起こる場合もありますが、

 

面倒なことを乗り越えていくのが普通です。

 

だから、現実は現実として肯定しましょう。

 

 


テーマ:

 

 

 

自分だけの能力や時間には限界があり、

 

協力してくれる人が増えれば増えるほど、

 

可能性は無限に広がっていくのでしょう。

 

 

 

 

 

私たちは、人を助けることにも喜びを感じ、

 

頼まれれば協力を惜しまない性質も持ち、

 

人と人が繋がって何かを成し遂げるのです。

 

 

 

 

 

人は、考え方や価値観が違う人と出会い、

 

自分だけの世界を飛び出していくことで、

 

新たな自分の一面を知ることができます。

 

 

 

 

 

人は見かけによらないと言われるように、

 

誰に、どんな才能が隠されているか知らず、

 

自分だけの力で何とかしようとしがちです。

 

 

 

 

 

いろいろな個性が集まっていることの強みを、

 

肌で感じることができるのが学校や職場であり、

 

コミュニケーションの取り方次第で活用できます。

 

 

 

 

 

アイデアは、誰かと分かち合うことで膨らみ、

 

生まれも育ちも違う人と協力し合える環境も、

 

いろいろな問題を解決するために必要です。

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

若さの秘訣は好奇心を失わないことで、

 

好奇心を失うことで人は若さを失っていく。

 

そのように感じることもきっとあるはずです。

 

 

 

 

 

新しい道を教えてくれるのは好奇心ですし、

 

何が待ち受けているのか分からない道でも、

 

好奇心があれば進んで行くことができます。

 

 

 

 

 

誰も通ったことがない道を進んで行けるのは、

 

恐怖心を上回る好奇心を持ち続けているのと、

 

未来への希望と期待を抱えているからでしょう。

 

 

 

 

 

いつからでも、どこからでも探検できます。

 

ひとりひとりが人生の探検家なのですから、

 

新たな道で新たな発見をする人なのです。

 

 

 

 

 

時には、常識を疑ってみることも必要で、

 

聞くと見るとは大違いを経験できるのは、

 

非常識な道を進んでいく時かもしれません。

 

 

 

 

 

誰もが、磨けば光るダイヤを持っています。

 

その磨き方が分からないだけなのですから、

 

好奇心をくすぐる道にヒントがあるのでしょう。


テーマ:

 

 

 

誰かと一緒に食事をする機会というのは、

 

親睦を兼ねてという状況が多いでしょうし、

 

仕事でもプライベートでも笑いが必要です。

 

 

 

 

 

家族と一緒に食べるときも笑いは大切で、

 

共に食べることは、共に笑うことですから、

 

味を楽しむ以上に、会話を楽しむことです。

 

 

 

 

 

どうでもいいことでも笑えればいいのです。

 

笑いながら食べる食事は美味しく感じたり、

 

食事もコミュニケーションのツールでしょう。

 

 

 

 

 

食事を共に出来る機会には限りがあり、

 

残されている人生でどれだけ笑えるかは、

 

食事をすることと同様に大事なことです。

 

 

 

 

 

親しい間でも、その関係を保つ努力は必要で、

 

互いの食べ物の好みを知っているかどうかも、

 

その関係性を表す目安にもなってくるでしょう。

 

 

 

 

 

食事がきっかけで親しくなることもあります。

 

食わず嫌いは、食べ物だけの話ではなく、

 

人の好き嫌いにも食わず嫌いがあるのです。


テーマ:

 

 

 

優しさだけを持っている人はいませんし、

 

優しさを使うには悲しみが必要なのです。

 

だから、優しい人は両方持っているのです。

 

 

 

 

 

味わう痛みや悲しみにはエキスが豊富です。

 

痛みを経験しているから人の痛みが分かり、

 

持っている悲しみから優しさが滲み出ます。

 

 

 

 

 

ひとりひとりの開花時期は分かりませんし、

 

それぞれに相応しい時期があるのですから、

 

自分勝手に枯れないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

他人が描いている成功のイメージがあります。

 

自分が描いている成功のイメージもあります。

 

しかし、どちらも同じである必要はないのです。

 

 

 

 

 

苦しむことや悲しむことはマイナスではなく、

 

楽しむことや喜ぶことがプラスとは限らずに、

 

すべてのことを糧にしていけるかどうかです。

 

 

 

 

 

私たちは間違いを犯す人間なのですから、

 

間違いに気づき、改められるかどうかですし、

 

人間味は、経験した後悔から出てくるのです。