社長のたわごと:日本廣業社田中眞一のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年06月25日

苦闘の10日間

テーマ:ブログ(たわごと)

10日前の土曜日、何となく右でん部に違和感を感じていた。痛みはなく何だろうと、思った。これが苦行の始まり、日曜の朝立ちあがれない。右腰部および右足向う脛に違和感あり。

トイレに這って行く始末。

月曜の朝出勤どころではない。整形外科の門をくぐる。中高年より上の男女、比率は7対3で女性。タクシーでやっと杖をつき本物の老人と化した、ガラスに映る自分にビックリ!

やっと診察、ハイ レントゲンを、画像を見て先生曰く脊柱管狭窄症ですね。先生予防は?きっぱりとありません。もうなっていますから。痛み止めの飲み薬、湿布薬を処方される。痛み止めの注射は?先生お願いします。藁にもすがる気持ちでお尻を出す。皮膚の浅い所に鋭いチクリの感じ。3か所に、後で知ったがブロック注射というそうだ。

薬局に行くのもやっとの思い。

 

タクシーで帰宅も横臥状態で腰の左右を交互に下にしても痛い。

こんな状態で10日間。今朝は折りたたみ椅子(釣り用)を持ち、杖にすがり、時間差出勤。

腰痛専門医が昔、女性は膝、男性は腰。と言っていたことを思い出す。

周りの何人かは同病、特に若い時ハードなスポーツをしていた男は、殆どなっているそうだ。

 

今月発売の健康雑誌4誌全ての特集記事が何と「脊柱管狭窄症」であった。それほど多いのだ。

これも寿命が延びた社会現象の様だ、昔剣豪が試合中先の症状が出たら、と漫画的なことが浮かんできた。

ガンも、高血圧も、糖尿病も寿命が延びた必然の症状だ。

 

長生きしなければならないのだ。

 

ここ当分健康雑誌の「脊柱管狭窄症を自宅で直す体操」を実践しなければと。ゴロゴロ転がりながら思っている。

積年の悪い姿勢、自堕落な座り方、足を組む座りなど、原因だ。

 

何しろ積年の結果だから、医者に頼らず修行僧の気持ちで、行かないと、山にも、スキーにも行けなくなる。それは怖い。実践するよりしょうがない。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.