天才D家の秘密を知ってしまった・・・の巻き | 世界のどこでも生きていける100万人の天才を育てる塾ブログ

世界のどこでも生きていける100万人の天才を育てる塾ブログ

人はみんな天才です。その天才性をのばして世界のどこでも食べていける100万人を育てます

広学の塾生は天才揃いなのですが

3人のお子さんみんなが天才Dさんファミリー

何故そうなのか秘密を知ってしまいました!

 

歴史もののマンガを読んで

「これは~この本を売るための嫌らしい伏線だ~」とか
学校で習った歴史に

「歴史は勝った方が言いたい放題だ~」とか
広島の夏の平和教育に

「日本も原爆を開発していたんだから批判ばかりはできないよ」とか
クールな意見を言ってくれる中1のDくん

 

Dくんのお姉さん(お二人)も超天才

いろいろな場面で鋭い意見を言ってくれます。テレビは見ないし報道は鵜呑みにしません。

年下の子の意見もバカにしないで聞き、時には誉め称えています。

3人ともいつも礼儀正しいふるまいをします。

 

どうしてこんなに良い子に育つのかなぁ~と日々不思議に思っていました。

 

そして今日、Dさんのお姉さんと弟くんに食品添加物の話をしたところ・・・

Dさんファミリーがなぜ天才なのか
その秘密を知ってしまいました!


【Dさんファミリー天才の秘密】

①    出汁の素など使わずに毎日きちんとお出汁をとって料理をしている。

②    お味噌もお醤油も、なんでも手作り。

③    毎朝5時起き。そういえばお姉さんたちは中3でも夜は9時に就寝でした。

 

やっぱりね~~~

 

食も生活習慣もバッチリではないですか!

 


【グルタミン酸ナトリウムー〇の素】

グルタミン酸ナトリウムやアスパルテーム入りのものは脳を直撃して中毒になるそうです。
たしかに私の祖母も何もかも〇の素を真っ白になるまでふりかけて食べていましたね。
海外では神経毒だとされているそうで、レストランでもスーパーでもNoMSG(グルタミン酸無しよ)フードでなければ売れません。
なので日本製の出汁の素でも〇〇のタレでも、NoMSG(グルタミン酸無しよ!)というマークを付けて販売しています。(ということはグルタミン酸無しでも作れるのですよね!日本でもそうしてくれればいいのに・・・)

※MSGの安全性については安全とするサイトや議論が繰り返されているとするサイトが日本では多いです。ただ情報の出処には注意してください。グルタミン酸ナトリウムをつくっている会社に関連したところが出している情報だと・・・どうなんですかね?と思います。最終的には〇の素の宣伝だったりします。そういう記事をよんですっかり信じてしまう子供には育てたくないですよね~ ちょっとは疑問を持って欲しいものです。市民団体のようなどこからも資金援助を受けていないようなサイトが信頼できると思いますよ。
 

一生懸命受験勉強をしている子供にグルタミン酸ナトリウム入りの食品を食べさせてボ~~っとさせては本末転倒。子供の邪魔をしていると思ってしまうのは私だけでしょうか

 

頭も体も元気な子供

天才D家の秘密の巻きでした(^_-)-☆

 

「人は誰でも天才である」を大前提に100万人の天才を創出する団体

一社)みんな天才化機構を立ち上げました。
よかったら私からのメッセージを聞いてみてください。

https://allgeniuses.com/your_turn/

 

みん天ブログ
https://allgeniuses.com/b/

 

副理事長のブログ

https://ameblo.jp/kenchan3go/

 

学習塾 広学
https://www.kogakujuku.com/

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

広学の保護者の皆さまも、他塾の塾生の保護者の皆さまも

どちら様も、どうぞポチポチお願いします♪

励みになります♡

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

 

 

あなたの脳力を開花させ、突き抜けた存在にするコースを開設しました。

お問い合わせは↓↓↓こちらのフォームからお願いします。

こちらからお願いします

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

志望高合格当たり前
国公立大学合格当たり前

自由な未来当たり前

世界を駆けろ!

突き抜けろ!


開校以来20年 中学生全員が第一志望合格!

高3生の殆どが国公立大学・関関同立・産近甲龍に合格!

 

自立学習メソッド 広学

https://www.kogakujuku.com/

0848‐77‐0585 深川まで

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

 

人口6000人の過疎の町で、子供たちをTOP4%の私立大学や国公立大学に合格させ続けています