【復習ブログ】基本書フレームワーク講座 民法1・2・3(民法(全)で基本からしっかりと) | リーダーズ式 合格コーチ 2020

リーダーズ式 合格コーチ 2020

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義 

 

いよいよ、基本書フレームワーク講座民法が開講致しました。 

 

 

今年も、3時間の講義につき1回ずつ、復習ブログをアップしていきますので、受講生の皆さんは、講

義の復習の参考にしてみてください。 

 

本講座は、

 

再受験生の皆さんが、ひと通り学習した知識を、本試験の出題予想の視点から、「使える」知識に変

えていくことを講義の主眼としています。 

 

知識の「使える化」=パターン(汎用)化 

 

受講生の皆さんは、講義の復習をするときも、本試験で出題が予想される「大問」のテーマごとに、リ

ーダーズ式☆総整理ノートに、知識を集約化していってほしいと思います。 

 

「大問」のテーマという視点 

 

知識の集約化のときに大切なのは、各「大問」のテーマごとに、①何を、②どのように記憶しておけば

得点できるのかという、出題の「ツボ」を掴むことです。 

 

①何を、②どのように 

 

この点については、講義の中で、リーダーズ式☆パーフェクト過去問集を使って、各テーマごとにお話

していきますので、その部分を上手に集約化していってほしいと思います。 

 

知識の集約化(パターン化) 

 

資格試験に短期間でサクッと合格できる方とそうでない方の大きな違いは、おそらく、この知識の集約

化にあるのではないかと思います。 

 

 

その意味で、ただ講義を聴くのではなく、その後の復習が大切になってくるのではないかと思います。 

 

予習のやり方、講義の受け方、復習のやり方など、最初のうちは、今までの皆さんの勉強のやり方に

応じて、試行錯誤の連続かと思います。 

 

しかし、何をやるにしても、まずは、自分なりの「型」(フレームワーク)を確立していくことが大切ですの

で、講義の中でお話していく方法論なども参考に、皆さん一人一人の民法の学習法を、なるべく早いう

ちに確立してみてください。 

 

勉強法については、

 

2019年度の最新の合格者インタビューが参考になりますので、是非、ご視聴ください。 

 

 

 

合格者の方は、記憶用ツールである、総整理ノートに知識を上手く集約されている方が多いのではな

いかと思います。 

 

リーダーズ式☆総整理ノートには、

 

余白を多く取っておりますので、直前1カ月に何度も見直すためのオリジナル総整理ノートを作りあげ

てほしいと思います。 

 

2 復習のポイント 

 

① はじめに 

 

まずは、パワーポイント(民法出題傾向③~⑫)で、民法の択一式及び記述式で、何が問われている

のかを、もう一度、確認しておいてください。 

 

 

本試験では、過去問が問われているのではなく、条文と判例の知識が問われていることがわかれば、

過去問をただ何回も繰り返し解く意味がないことがよくわかるはずです。 

 

次に、潮見先生の民法(全)のはしがきで、この基本書のコンセプトを確認しておいてください。 

 

民法(全)のはしがきp1には、

 

「本書は、これから民法を学ぶ方々にとって民法全体を総覧する際の手助けとなり、また、これま

で民法を学んできた方々にとっても、民法全体の内容を再確認したり、学習のまとめを兼ねた復習をし

たりする際の手助けとなるものとなれば、ありがたいところである」と書かれています。 

 

また、「本書の叙述レベルは、この1冊で民法の基本がひととおりマスターすることができるというもの

であっても、それ以上に出るものではない。」と書かれております。

 

 

したがって、ひととおり、民法を学習した再受験生の方にとっては、もう一度、民法の『基本』を確認して

いく上でも、最適の一冊ではないかと思います。 

 

民法(全)を使って、もう一度、民法を『基本』から理解です!

 

逆に言えば、この民法(全)を読んで、よくわからないところがあれば、それは、基本がわかっていない

ことの証明でもありますので、受講生の皆さんは、どの部分がよくわかっていないのか、自分の弱点

を見つけるツールとしても、活用してほしいと思います。 

 

潮見先生の民法(全)を読むと、

 

本試験問題を作成している大学教授の考える『基本』というものがよくわかりますし、改正民法部分は、

出題予想ツールとしても使えます。

 

② 民法のフレームワーク 

 

まずは、民法(全)p2以下、パワーポイント(第1章民法とその基本構造)で、公法と私法の位置づけ、

及び、それぞれのコンセプトについて、もう一度、確認しておいてください。 

 

この民法の基本コンセプトがわかっていると、この後、民法において、何が重要になってくるのかもよ

くわかるのではないかと思います。 

 

次に、民法(全)p8以下、パワーポイント(第2章民法典の構造①②)、六法の目次で、民法典の構造

を、よく理解して、アタマの中に地図として入れておいてください。 

 

森から木、木から枝、枝から葉へ 

 

民法を勉強していると、膨大な量を前に、今何をやっているのかを見失ってしまう場合もありますので、

まずは、大きな「森」をきちんと掴んでほしいと思います。 

 

「物権」の世界 と「債権」の世界 

 

合格者の多くの方が云っているように、フレームワーク思考とは、仕事・ビジネスでも、資格試験の勉

強でも役立つ「思考法」ではないかと思います。 

 

最後に、民法(全)p8、パワーポイント(第2章民法典の構造③④)、六法の目次で、民法典のパンデ

クテン方式のフレームワークを理解してみてください。 

 

 

講義中に、 売買契約で様々なトラブルが生じたときに、どの条文を参照すればいいのか、皆さんと一

緒に条文を引いていきましたが、おそらく、きちんと引けた方は少なかったのではないかと思います。 

 

民法典は、パンデクテン方式を採用しているため、条文の構造がわからないと、なかなか条文を引い

て問題解決ができないのかもしれません。 

 

これから、せっかく民法を学ぶ訳ですから、単に、試験に合格するだけでなく、実務や仕事でも、きち

んと使える民法を身に付けてほしいと思います。 

 

そのためにも、六法を使って、きちんと条文操作ができるかが重要に

なってきます。 

 

受講生の皆さんは、 六法の目次をコピーして、常に、民法の体系(フレームワーク)を意識した勉強を

してみてください。 

 

③ 権利能力 

 

まずは、民法(全)p13、総整理ノートp1、パワーポイント(第1章権利の主体①)で、権利能力の始期

について、原則・例外の視点から、知識を整理しておいてください。 

 

次に、民法(全)p14、総整理ノートp3~5、パワーポイント(第1章権利の主体③④)で、権利能力の

終期について、失踪宣告を中心に、問題4のアウトプットの視点から、知識を整理しておいてください。 

 

アウトプット→インプット同時並行型勉強法! 

 

権利能力については、相続のところでも、相続人を確定させる問題として出題されていますので、問

題181も、同時に検討しておいてください。 

 

基本書フレームワーク講座では、 

 

出題が予想される問題を検討しながら、出題パターンと解法パターンを伝授していきますので、受講

生の皆さんは、パーフェクト過去問集と総整理ノートをリンクさせながら、知識の集約化を行ってみて

ください。 

 

 

具体と抽象の往復運動ですね!

 

 

知識の集約化を行う際は、最終的には、①何を、②どのように記憶しておけば本試験で得点できる

のかという視点が重要になってきます。 

 

記憶の方法は色々ありますが、視覚で記憶するタイプの方は、1枚のパワーポイント(第1章権利の

主体④)に、記憶すべき出題のツボを集約化していくのがいいのではないかと思います。

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。