最近の子供たちの金銭感覚 | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

神奈川県金融広報委員会のアドバイザーで作成した「おこづかいゲーム」

毎年、色々なところからご依頼いただき、

ご好評いただいてます。

 

簡単にゲームの紹介をすると

1から31(日を表している)までのすごろくで、

サイコロを振り、止まったところでカード(ウォンツカードとニーズカード)をめくる。

「ニーズ」は必ず買わないと行けない。

「ウォンツ」は買いたかったら買ってもいいよ。

おこづかいは月初に1,000円、月中に1,500円の合計2,500円渡し、

買い物をして、おこづかい帳をつけるというゲーム。

 

もう何十回とやっていますが、

いつも子供たちがウォンツにお金を使わなくて困っていました。

「いらないもん」

「ほしくないもん」

最後にお金がいっぱいある人が勝ちではなく、

上手にお金を使える人がいいんだよ!

と話をしているのですが、

それでもなかなかお金を使おうとしない。

最近の子供は(←年寄ぽい発言www)満たされてるからお金使わないのかなー?

なんて思っていたりしました。

でもごめんなさい!

最近、やっと気づきました。

子供たちがすごく考えていることを。

 

「ニーズ」に止まったときにお金がなくて買えかったら困るから

「ウォンツ」を買わないのではなく、買えないのだと。

そんなに恐怖心をあおったりしているわけではないのですが(笑)

買わなくてはいけないものが買えなくなるというのは困る!

と子供たちはきちんと考えているのです。

 

ある子は、「ウォンツ」に止まったとき、

残りのマスを数え、今「ウォンツを」買って

その後「ニーズ」が出ても大丈夫か確認をしていました。

誰が教えたわけでもないのに、

ちゃんと月末まですごせるか考えて買い物をしているのです。

給料日まで足りるかな?と考えている大人と一緒です。

 

金銭教育をちゃんとやらなきゃ!

お小遣いをちゃんとつけさせなきゃ!

など、親は色々な心配をしますが、

子供たちは親が思っているよりも賢く、ちゃんと計画してお金を使うことができるんだ

ということを思い知らされました。

 

そう思った矢先、次男があげたばかりのお小遣いをお祭りで散財してきました。

そういうときもある。うん。。。

 

 

そんな子供の金銭感覚が心配な方に

キッズ・マネー・ステーションの夏の親子イベントのご案内です。