梅雨空と、保険の値上げと、見直しと。 | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

こんにちは。第一週目のカオリンです。

 

梅雨空...

はぁー、すっきりしない日々が東京は続いています。

毎日ぐずぐずぐずぐず...。でも東京はまだましです。

天気予報見る度に毎回西日本以西にて発生する

線状降水帯。 

その帯の通り道にあたってしまった地域の方は

たまったもんではありません。 

どうか皆さんご無事で、そして被害が最小にすみますように。

 

 

さてご存知の通り、

101日から火災保険が5~10%値上げになります。

 

前述の通り、ここ毎年大規模災害があり、

その回数が年々増え続け、 

保険会社としても『支払い増』になっているのはお察しの通り。

 

 

実はたまたま

今月中旬で契約している火災保険契約が終了するので、 

現在見直ししている最中なんです。

そこで今回は再認識したお得な支払方法をお伝えします。

 

基本的に火災保険は

10年長期契約一括払い』

が一番お得。

 

まぁ、私みたいに狭いマンションの場合は、

不要なものをそぎにそぎ落として!と 

いう事もあってか、そこまで高くはないです。 

 

しかしながら、一括で支払うと数万円も割安でした。

 

割引率は各会社で差がありますが、

それでも20%近く変わるところもあるそうです。

 

ちなみに私の見積もりは、

同じ保険内容、そして同じ条件で比較した場合、

長期10年一括にした場合 92400円、

そして5年一括にした場合 73510円 

年間 5462円もお得

という結果になりました。

 

火災保険は解約リスクも低く、

未経過分は月単位でも戻ってくるので 

最長で契約する事をやはりおすすめします。

返礼率は保険会社により違いあり。多少割高。

 

保険料は、今回だけでなくどんどん上がるような感じだし、 

下がることは考えづらいので、 

もしもあと数年で切り替えという方、 

値上がり前に、一度は見積もりを出されてみる事を

おすすめします。

 

 

そして、地震保険。

これがホント高いんだな。

一気にガンッ!と、トータルの金額が上がってしまう。 

 

人によっては加入しない人もいるのですが、

やはり色々考えてしまう。

 

私の場合は、約54000円。 

 

火災保険の割安になった10年分の差額分が

5年分の地震保険に充てた感じ?

 

でもまぁ、地震保険は年末調整確定申告での控除対象。

やっぱり加入しておきました。

 

 

ちなみに、トータルの保険料を安くするために

複数年(最長5)の保険料を一括で支払った場合、

年払いよりも10%ほど割安になりました。 

 

そして毎年控除の対象にもなる、

という事でもあるので 

地震大国ニッポンに住んでいるからには 

加入しておいて欲しいものです。

 

<参考>

一括保険料 ÷ 保険期間() で算出した1年分の保険料金額が控除保険料。

 

  

そしてもう一つ。

 

自然災害からはじまり、保険の見直し、そして税制控除、ときたら、 

私は『ふるさと納税』なんです。 

 

運悪く被災地になってしまった自治体の商品を選ぶ事で、

応援する事になる。 

 

本来の『ふるさと納税』の目的に合った

正しい寄付の仕方ですね。 

 

商品の還元率をみるのも、もちろん大事。 

 

でもいくつか選ぶ中で、1つだけでもいいから、

被災地のものを積極的に選びたいと思います。

 

世の中お互い様。

 

自然が猛威を振るった後、必死に頑張っている人たちに

直接形となって届く応援をしませんか?

 

頭にくる政治家は多いですが、

彼らを糾弾する前に、一人一人やれることをする。 

 

それが大きな行動に繋がると信じて。

では、また。