高等教育の無償化について | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。


テーマ:

こんにちは!じさまです。

 

さて、5月10日に、国の少子化対策として、二つの無償化法案が成立したことは皆さんご存じですかな。

 

ひとつは、「改正子ども・子育て支援法」じゃ。

今年10月の消費税増税に合わせるタイミングで、3歳児から5歳児の幼児教育・保育が無償化されますぞ。

 

そしてもう一つが、本日のテーマである「高等教育の無償化」で、こちらは来年、2020年4月からの実施となるのじゃ。

文部科学省からも、保護者向けにこんなリーフレットが出されておりますぞ。

 

 

そこで今日は、この制度の概要を確認しておきましょう。

 

まず、支援対象となる学生は、 住民税非課税世帯 及び それに準ずる世帯 の学生となっておる。

もちろん、進学先で学ぶ意欲のある学生であることが必要じゃ。

 

次に、支援内容は、下記の二つ。

授業料及び入学金の減免

②日本学生支援機構が実施する 給付型奨学金の支給の拡充

 

そして学校にも要件があって、大学 ・ 短期大学 ・ 高等専門学校 ・ 専門学校 のうち、学問追究と実践的教育のバランスがとれているか、経営状態に問題がないかなど、一定の要件を満たした学校が対象になる。

夏の終わりころに発表される予定じゃ。

 

では、入学金と授業料がどのぐらい減免してもらえるかというと、下の表の通り。(住民税非課税世帯)

(授業料は年額)

  国公立 私立
入学金 授業料 入学金 授業料
大学 約28万円 約54万円 約26万円 約70万円
短期大学 約17万円 約39万円 約25万円 約62万円
高等専門学校 約8万円 約23万円 約13万円 約70万円
専門学校 約7万円 約17万円 約16万円 約59万円

 

給付型奨学金は下の表の通り。(住民税非課税世帯)

(月額)

  国公立 私立
自宅生 自宅外 自宅生 自宅外
大学 約3万円 約7万円 約4万円 約8万円
短期大学
専門学校
高等専門学校 約2万円 約3万円 約3万円 約4万円

 

この2つの支援策は、セットで受けることになる。

 

そして住民税非課税世帯に準ずる世帯の場合は、住民税非課税世帯の3分の2または3分の1が支援されるのじゃ。

 

(出典:文部科学省)

 

この制度の支援を受けることができるかどうかは、家族構成や生計維持者の年収などによって変わってくるので、日本学生支援機構進学資金シミュレーターを利用して、必ず確認してみることが大切ですぞ。

 

そして、もし対象かも?と思ったら、学校から申請書類をもらって、7月頃には必要書類を提出。そしてインターネットで申し込み(予約採用の申請)をすることじゃ。

12月頃になると、審査結果の通知が、日本学生支援機構から届く。これが予約採用の候補者決定通知なのじゃ。

 

進学したら、給付型奨学金を受けるために、日本学生支援機構に対し、進学届を提出する。

また、授業料や入学金の減免を受けるために、進学先の学校に減免の申込みをするのじゃ。

進学後は、しっかりと授業へ出席し、勉強することが求められますぞ。

成績が悪かったり、授業にあまり出席しなかったりすると、支援を打ち切られたり、返還が必要になることもあるので、注意が必要。まあ当然じゃな。

 

詳しいことは、文部科学省のホームページに、学びたい気持ちを応援します!というサイトがあるので、是非クリックしてみてくだされ~。

 

では、また来月じゃ!うおっほっほっほ~。