AUTOBAHN MOTOR&KLUB909BLOG

AUTOBAHN MOTOR&KLUB909BLOG

外車専門自動車屋の活動日記

ポルシェ986ボクスターS パワステ電動化 その4です。

ようやくポンプ取付けまで来ました。

ポンプはトヨタMR-S用の電動ポンプの流用です。

 

海外ショップには電動P/Sのキットも売ってますが2~30万円しますね。

 

MR-S用は中古で結構な量が流通しているので2~3万円出せば程度がいいものが買えます。

高圧パイプの出口は交換します。

 

ステーに取付けして

 

パイプの長さを調整します。

 

パイプとボディの間には

 

グロメットを入れて傷が付かないようにします。

 

高圧側パイプはビニールの保護が巻いてあるので剥がします。

 

高圧側はアダプター、低圧側はホースを取り付けてポンプへ繋ぎます。

 

リレーやヒューズを付けた配線キットを作って

配線を繋いで

ポンプ回りが完成です。

 

パワステオイルを入れました。今回使うのはトヨタ純正のこのポンプ用のオイルです。

ラックに合わせるかポンプに合わせるか迷うのですが、

ポンプが壊れたほうが大変なことになるのでこちらにしました。

 

ポンプ周りとラックに漏れが無いかを点検しておきます。

漏れは無さそうです。

 

バッテリーやポンプを止めるボルトの飛び出した部分はカットします。

 

錆止めを塗っておきます。黒しかなくて色違いになって申し訳ない。

 

フロント側が完了したのでエンジン側を戻していきます。

 

インマニパッキンは新品に交換。

 

回りは汚れていますがインマニの取り付け部はきれいにします。

 

インマニとプレナム、スロットルとインテークホースを戻しました。

 

エアクリーナーケースを外した跡です。

 

空いた場所へこのエアフィルターを付けます。

小さくても内と外から吸うので見た目より吸い込み面積は広いです。

 

インテークを保持するステーを作成。

 

エアマスの所でボディに固定しておきます。

 

インテークホースから他車のエアマスケースとアルミパイプ、シリコンホースを使い

エアフィルターを取付けします。

 

エアマスは元も物を取り付けます。

 

サイドの吸入口から見るとこんな感じです。

 

下から見るとこんな感じです。耐熱用にカバーをつけてもいいかもしれません。

 

追加でミッションオイルを交換します。

元々はカバーに穴は無いのですが、サーキット走行などで頻繁に交換する方には

アンダーカバーに交換用の穴を開けます。

 

これでカバーを外さなくてもオイル交換できます。

 

ドレンP/Kも交換してミッションオイルを入れました。

 

吸入口も少しだけ加工してあります。

 

最後に養生してからエンジンルームを洗浄しました。

 

垂れたパワステオイルをきれいに洗ってからエアブローして乾燥させます。

 

トノカバーとトランクを付けて試運転後にパワステオイル漏れとポンプに異常が無いかを

確認して完了です。

 

ポルシェ986ボクスターS パワステ電動化 その3です。

 

フロントフード内に電動パワステポンプを取り付けます。

ラックからフード内にホースを入れるための穴を開けます。

 

こんな感じです。

 

バリを取ってから

 

錆止めを塗っておきます。

 

燃料タンクのステーを緩めてパワステホースが通りやすくします。

 

パワステホースは元々付いていた物を流用します。

 

パイプカッターでおおよその長さに切ります。

 

パイプ内のバリもきれいにします。

 

こんな感じになります。

 

カシメの部分が広がっていて径が太いので

 

削って細くします。

 

開けた穴に通るようになります。

穴を大きくすればいいのですが裏にあるタンクとの関係でスペースが取れないんですよね。

 

ラック側は純正と逆に取り付けます。ホースが通ったら燃料タンクのバンドを締めます。

 

結構ギリギリですが通せます。

 

またまたついでにですがバッテリーを下へ移動します。

車軸の内側の高い位置か外側の低い位置かはどちらがいいか意見は分かれるでしょうが

私は重い物は下にあったほうがいいと思います。燃料ポンプの整備もしやすくなりますし。

 

バッテリーを外して

 

バッテリー固定のプレートも外します。

ポンプのカバーは私は無くてもいいかなと。

気になる方は金属でも樹脂でもいいので簡単な加工で付けられるので付けますよ。

 

ポンプとの位置を考えながら

 

場所を決めます。この辺りがいいですね。

 

バッテリーを固定するボルトが入る所が飛び出しているのでその分の穴も開けます。

 

プレートを固定する穴も開けて錆止めを塗って

 

プレートを固定します。

 

バッテリーを載せたらポンプ用のステーも位置決めします。

穴を開けて固定して錆び止めを塗っておきます。

 

アース線は純正再利用します。

 

ボディに穴を開けて下地が出るように磨いてから

 

ボルトを固定します。もちろん錆止めは塗っておきます。

 

+側も純正を再利用します。

 

こちらは延長して使います。

 

太い配線は巨大なハンダゴテでないと繋げません。

 

配線をハンダで繋いで

 

熱収縮チューブで覆います。

 

更にコルゲートチューブで保護します。+側のショートは怖いですからね。

 

元々付いていたゴムの蓋に穴を開けて

 

隙間が無いようにグロメットも付けて配線を通します。

 

配線をバッテリーと繋ぎました。

 

またまた長くなってしまったので終ります。

中々ポンプまで行かないです。次回に続きます。

ポルシェ986ボクスターS パワステ電動化 その2です。

前回、パワステポンプとタンク、プーリーとベルトを外しました。

残ったパワステパイプやホースを外していきます。

 

パイプを固定しているステーからずらして外します。

 

アンダーカバーを外します。

 

この辺りのパイプの固定部もずらして外していきます。

U字型なのでステーを外さなくてもいいのですが、

狭い所を取り回しているので外すのは知恵の輪状態になります。

 

エンジン側からのパイプはここで切れます。

 

切り離して残っているオイルを抜いたらパイプを外します。

 

ラック側にいくパイプを外していきます。

 

ラックに入る所で外して

 

パワステパイプ、ホースが全て外せました。

 

ついでにエアフィルターを社外きのこへ交換するためケースを外しておきます。

インマニが外れていないとケースは外せません。

 

ACコンプレッサーを戻してから

 

ベルトを付けます。パワステポンプがない分、短くなります。

6PK-2070へ変更しています。

 

ベルトの長さを変えたくない場合はポンプの代わりのプーリーを付けることも出来ます。

 

 

今回はここまでで。次回は電動ポンプ取り付けになります。

 

 

 

ポルシェ986 ボクスターSがサーキット走行でパワステオイルが吹いてしまうとのことで

入庫しました。パワステオイルはタンクから吹きだすとエンジン上部に溜まってしまい臭いや白煙の原因になります。もちろんオイル不足でポンプの故障にも繋がります。

現状のシステムのままで明確な対処法が当店ではありません。

システムを電動化してしまうのをお勧めしています。

 

という訳で作業開始します。

まずは作業がやりやすいようにリアフードを外してしまいます。

 

幌のガラスの部分も上げてエンジンルームの蓋を外します。

 

IPDのプレナムとビッグスロットルがすでに付いていますね。

 

パワステのオイルフローを受けるためにペットボトルが付いてました。

苦労なされてたようです。

 

パワステポンプは除去します。

インテークホースを外してインマニの間のパイプも外します。

 

作業しにくいので幌のトノカバーも外してしまいましょう。

これでトランクに乗ればかなり作業しやすくなります。

 

左側のインマニを外します。

インマニに付いているバルブを外し、

 

裏側にキャニスターパイプを固定しているのでボルトを外します。

 

インマニ間のパイプ2本はインマニをずらしてから外した方が楽です。

インマニとパイプを外すとパワステポンプの裏側が見えてきます。

 

残っているオイルを抜いて

 

上側のタンクを外します。

 

下側のタンクのオイルも抜いてから

 

リターンパイプを外します。

 

残っていたオイルが垂れてしまったので吸い取っておきます。

オイル色が赤いので純正オイルでは無さそうですね。

 

エンジン前側のカバーを外して

 

パワステプーリーのボルトを緩めます。

 

ベルトを外してから

 

パワステプーリーを外します。

 

このままベルトが付けられればポンプは残してもいいのですが、干渉してしまうので外します。

ちょっとだけ軽くなるでしょうし。

 

前側からの固定ボルトを3本外します。

 

ACコンプレッサーが邪魔になるので移動します。パイプは外さないのでガスは抜けません。

ポンプ裏側の固定ボルトも外します。

 

高圧パイプ側も外します。

 

これでポンプが抜けてきます。

 

すんなり抜けてきませんが回して傾けてをしながら外します。

 

ポンプとタンクが外せました。

 

エンジンの上にかなりパワステオイルが垂れています。

エンジン上部がワッフル状になっているので溜まってしまいますね。

結構危険な状態です。

 

後ほど洗浄する予定ですが今のうちに出きるだけ吸い取っておきます。

 

長くなるのでここまでで。その2へ続きます。

 

 

ポルシェ981ボクスターがドアの内張り剥がれ修理で入庫しました。

中々の浮き具合ですね。

 

今まで見た中で一番隙間が大きいです。

 

左右共に内張り修理します。

まずは内張りを外します。

 

 

ここのカバーを外して

 

インナーハンドル裏のカバーを外して

 

後ろ側のカバーも外します。

 

ボルト4本外せば内張りがドアから離せます。

 

青いコネクターと

 

インナーハンドルのケーブルを外せば

 

内張りが外せます。

 

後ろ側のこの部分は大体割れています。

 

金属ピンを熱を入れて樹脂部に溶かし入れます。

 

飛び出したピンは切り取ります。これで修正と補強はOK

 

剥がれた部分を接着しましたが・・・

 

接着しただけではまだ隙間が出来てしまいます。

 

下地のプラスチックに熱を入れて変形させて形を整えました。

これなら隙間が無くてOKだと思います。

 

追加でクーラントのレベル警告メッセージが出たが量を見ようとしたら

キャップが外れないとのこと

 

ふむ・・普通に締めたらキャップのマークは逆さまになるはず・・

ストッパーを超えて締めすぎです。締めすぎている車は割と多いです。

力いっぱい締めればいい訳ではありません。

手の力ではどうにも回りません。工具を使って回します。

 

新品のキャップをカチッとする所まで締めました。

マークはこの向きになるはずです。

これなら手動で開ける事も出来ます。

 

減っていたクーラントを補充して完了です。