自らの足で見る

昨日初めてホテルの周辺を歩いてみた。

・・・あ、いや、別に引き蘢りだったわけではなく、こちらでは移動は些細な距離でも全て車で移動する。
危険ということもあるし、そもそも歩いていける場所というのがあまりない。

色々考えたいこともあり、体も訛ってるし、街をゆっくり見てないなと思い、お昼時かつ危なくない地域大を絞り、ちょっと遠くのショッピングモールまでプラプラしてみることに。

Google Mapでは20分弱と表示される。
へえ、結構近いんだなーなんて、ちょっとウキウキモード。

何かあっても良いように、最大限に見窄らしい格好(クタクタの短パンとミッキーがシワシワの薄いTシャツ)と、万が一迷った場合のタクシー代のみをアチャコチャのポッケに入れ分けて出掛けた。
※ということで、外の写真は一切撮ってませーん。


まずは、いつも買い物しているホテル近くの中型モールへ。
ここへはホテルから徒歩1分程度。でもこれくらいしか徒歩で外出することはなかった。

一旦モール内をプラプラし、いつも出入りする場所と違う出入り口に向かう。

いつも車では通っている場所なので見たことあるはずなのだが、なんだろう、新しい世界を見に行く気分。
ワクワクよりもドキドキ(ドギマギ?)の感覚のが強い。

根っからのビビリーな私は既に不審者のようにキョロキョロ。
東京でかったモロッコサンダルを履いたことを少し後悔。


絶対走れない。


気を取り直して、改めて調べたルートを見てみるが、、、あれ、歩道なくね?
ってなわけで、目的地を目印に、肉眼で見える範囲でルート再選定。
もちろん周りをキョロキョロ忘れずに。

定まったところで、再度歩き始めると、とある通りから急に人が多くなる。
そして、いつの間にか私の眉間に異常に皺が寄っていることに気づく。

そう、丁度こんな感じで。


余裕のない雰囲気を醸し出せば絡まれることもないだろう、という浅はかな発想。

いざ歩いてみると、歩道はガタガタで、何度か石畳の隙間にサンダルが挟まることもしばしば(改めて後悔)。

大通りを渡らねばならず、ただ横断歩道なんぞあるわけもなく、陸橋を使う。
日本と同じく、両サイドが階段で真ん中がスロープ状(↓みたいな)


自転車で走れるような道ではないので、車椅子ようなのか、用途は不明。
皆階段で上り下りしているので、無意識にスロープは小走りしてしまったのは想像に難くないかと笑

階段を上りきると、小さな露店状態。食べ物やら、おもちゃやら、靴下?やら、色んなものを売っている。その中で、寝ているもの、物乞いするものも混じっていたり。

この風景はさすがに車に乗ってるだけでは見れるものではない。
そして必然的に神経を全身に集中しながら、表面的にはいつも歩いているかのようにゆっくりとリラックス。勿論、眉間の皺は忘れず。

気に留めないものもいれば、二度見する者もいたりと必要以上に周りに神経をはらう。

無事陸橋を超え、モールの駐車場と思えるとこに。
こちらは私有地に入る際は必ずセキュリティチェックを行う。
かつてテロがあったこともあって導入されたそうな。


既に目の前に目的地が見え、一安心してずかずか進んでいくと、いきなり行き止まり。
あら、別の敷地に入ってしまったらしい。
ふと周りを見渡すと、『POLISI』という文字があちこちに。

警察本部らしい。少し安心。
その後出口を探してみるも、最初の入り口以外は無いようで、ぐるりと本部内を一周してもとに戻ってきてしまった。目的地は目の前だったのに。

どれくらい時間がたっただろうか。
20分で着く予定だったのであれば、かれこれ30分はプラついたのだろう。

空を見るとドンヨリとして雨雲が。
ここ最近夕方近くなると豪雨が降る天候のため、これ以上の散策は諦めることに。


だが、自らの足で歩いたことで、いままで車の中から見ていた光景とは全く違うものを感じることができた。

うまく言葉では表せないが、現地に触れ合った感じがした。


今後もきちんと安全な場所を確認した上で、極力自らの足で歩きたいと思った一日。

帰りにいつものモールで遅めの昼食を物色。
Take Out(こちらではTake Awayという)するお店を2つに絞り、散々迷ったあげくこれ!


懐かしのA&W。
Love、ルートビア。
AD
早速ブログ更新が怠惰になってきてる・・・。

さて、前回は初の散髪などしたのですが、実は髭も剃ってしまいました。
ただでさい暑いのに髭のせいで余計口元が蒸れてきて、見栄えも悪いだろうよ、と。

まあ、さりげなく上司から「髭のない三好も見てみたいな~」とチクッとくるお言葉もあったんですがね笑
しかし、翌日出社すると「あれ、なんで剃ったの?悪いことでもしたの?」って。あれ?


さて、この10日も色々ありまして、
○飲み会の嵐
○アパート調査本格化開始
○初の映画館
○Batik購入
○ゴルフ三昧
○極力自炊

観劇もしたいのですが、日々やっているわけでもないようで、Corichのようなサイトも見つけられてなく、ただただ劇場のスケジュールを都度都度見ているわけでして。

誰か、Jakartaの演劇Portalサイトをご存知の方、教えて下さい。(切実)


アパート探しですが、先週にいくつか内覧してみたものの、帯に短したすきに流しってなわけで、どれもこれもいいのだが、絶対的なものがなくて。
よく、「優先順位つけて決めないと」とは言われるものの、まだ妥協しなくていいだろう、ってなわけでほぼ半日掛けてみたが結論でず。(一応、保険として決めた場所はあるが、くだらない拘りがありましてね)
今のアパートも特に不満もないし、日々生活感溢れ始めていることもあり、気長に探してみようかなと。


先週末はモールに行き、お目当てのBatik購入と、初の映画館での映画鑑賞!
まずはBatik。

Batikとはインドネシア・マレーシアで作られている「ろうけつ染の布」のことで、インドネシアでは正装用の民族衣装とされており、ビジネスの上でも日本でいうスーツに値するもの。半袖と長袖とがあり、長袖はよりカッチリしたい時に着るようです。

image

image

image

image

どれかを買いました。

そのままダッシュで映画館へ。
結構ゴージャスな雰囲気だったが、値段は750円くらい。
やしー。
でもって、まだ日本でも上映していないハリウッド版GODZILLAを観ました!
image
何気に初ゴジラでしたが、結構楽しめました。
昔のゴジラも観てみようかなー。


そして、ゴルフも既に赴任して本日で既に4回目。
かなりやり過ぎ感満載ですが、やはりこちらの休日はやることがないので、ゴルフが中心になる人が多いようでして。
ゴルフは精神力を養う良いトレーニングでもあり、知力・体力も兼ね備え最終的にはそれらのバランスが維持できないと成果として表れないので、楽しいんですけどね。。。

もう少ししたら生活のリズムを考えていかないと。


あ、週末と言えば、こんなイベントもありました。



リトル東京ブロックM縁日祭 2014
約5年続いている庶民による日イ文化交流イベント。
相当に活気があり、ほとんどが現地人の若い世代。
出し物は色々あるのですが、私がいった時はインドネシア人による”よさこい”。
かなりpopな感じで仕上っていたが、何かいいですね。
JKT48も来ていたようですが、生憎その時間に行くことができず。

https://sites.google.com/site/ennichisai/


そして最後に(なげーな)、最近試みている料理(ってほどでもないが)をご紹介。
自分で作ると飯もうまくて。食い過ぎるけどね。









AD

スッキリ!

今日は朝からソーセージとケロッグというただ食べたいものだけ並べた朝食から始まり、絶対行くと決めてた散髪すべく行き先検索。

photo:01



意外に日系の美容院も多く、現地で言葉も通じない中面白ヘヤーとするか無難に行くか数時間悩みに悩み(は?)、また正式な住まい候補となるとこの周辺でも見てくるかな、と予定を立て午後から出発。

下見場所は会社からも近く病院も近くモールも近く…申し分無いのだが唯一映画館ないのが難点(そこ?)

photo:02



photo:03


※日本人が重宝してる病院。

日本人も多く住んでるアパートなので安心ではあるが、折角なら日本人が少ないとこのがいいなぁと思いながらあまり不便なとこは嫌だなと無理難題を並べて暫く時間が掛かることがはっきりした下見でした。

意外にあっさり周辺調査が終わったので歩いていけるモールに行くも小規模なため数分で見て回れてしまい、散髪予約まで1時間強余った時間を何故かバーガーキングで日本から持って来ていた携帯に落としていた舟を編むを観ながら過ごす。

そしてお目当ての散髪に!
結局nobuという日本人経営の美容院へ。(チキンだよ、あーチキンだよ!)

photo:04



photo:05



普通の美容院なのに31万5千…?
円だと3000円以下ですよー、安い。
行きつけになるなこりゃ。

帰りにまたまた日本食材店で買い込んで、先日アドバイスもらったカレー風味味噌汁(実際は味噌風味カレー汁)と生野菜というヘルシーっぽい夕食。
まあ、カレー汁は二杯飲んでるから結構お腹タプタプだわ。

photo:06



photo:07



あ、生野菜、洗わずに食っちまった。
明日は腹痛でのたうち回るんだろうな。

そんなわけで、それなりに充実した土曜でしたー。

明日はゴルフなので4:00起き…健康なんだか不健康なんだかよくわからない。

photo:08


photo:09

AD