【資本労働の目的とは?】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


今日は「資本労働」の目的について。


「資本労働」を知らん人は、これ読んどきや。

【時間が倍になる、○○労働】




この前、

【長生きってリスク!?】



にも書いたけど、
老後ってめっちゃお金が掛かかるやん?


でも、ちゃんと「資本労働」を身に付けたら、
老後に7,200万もの大金は必要ないねん。



たとえば、老後の生活費を、
月20万の年間240万で計算しよか。


年6%で運用できる環境や手段があれば、
原資は4,000万もあれば十分。



だって、

4,000万を6%で運用できれば、
1年後には4,240万になるから、

利益の240万だけを引き出して、
生活費に充てればええ。


翌年も4,000万を6%で運用して、
利益の240万だけを引き出す。

っていうように、


毎年、利益だけを引き出せば、
元本を減らさずに生活ができる。

ほんで20年間、平均240万が得られれば、
利益は7200万で、元本も残ってる状態。


こうやって、毎年利益を確定させることを、

「利食い」

って言うねん。


本来、資本労働の目的は、
「利食い」をすること。


そのタイミングが、人によってちゃうだけや。


みんなそのタイミングのために、
時間を使って資産を増やそうとしてんねん。


ほんなら、7200万もの大金がなくても、
老後の生活費がまかなえるやろ?



でもそれには、利食う源泉となる、

「資本労働」

をちゃんと身に付けなあかんけどな。。。




まとめ
「資本労働とは、利食うために行うもの」



お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス