【金持ち父さんと言えば、、、】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


5/20の日曜は、久々に勉強会を休み、

あるイベントに顔出してきます。



どんなイベントかと言うと、

ロバート・キヨサキ氏らによる、

これからの投資・ビジネスに関するイベント。



ロバキヨの「金持ち父さんシリーズ」って、

全世界で2,800万部も売れてるらしいで。



で、「金持ち父さん」と言えばやっぱり、

【キャッシュフロー・クワドラント】やろ。



一言で言うなら、「4つの働き方」ってやつ。



知ってる人も多いやろうけど、

ちょっと、復習してみよか。



一つ目は、Employee(従業員)。

会社に属して、収入を得る働き方。

いわゆる、サラリーマンやアルバイト。

固定給(サラリー)が入ってくるけど、

基本的に会社が決めた方針に従わんとあかん。
(転勤、減給、リストラなど)




二つ目は、Self-employed(自営業者)。

自分で興した事業から、収入を得る働き方。

八百屋とか美容室とか。

経営方針や事業内容を選択できる半面、

自分の時間を使わんと、収入が得られへん。




三つ目は、Business owner(ビジネスオーナー)。

自分の時間を使わずに、収入を得る働き方。

フランチャイズのオーナーとか。

既に上手くいってるお店や会社を買って、

仕組みで収益を生むことが出来る。


時間が自由に使えるようになるけど、

始めるには経験や知恵、大きな資金が必要。




最後は、Investor(投資家)。

お金に働かせて、収入を得る働き方。

投資用不動産や金融資産を持つこと。

自分の時間を使わずに済むけど、

知恵と経験と資金量が必要になってくる。




以上の「4つの働き方」の頭文字を取って、

通称「ESBI」って言うみたい。



ここで大事なんは、あなたは今、

「E・S・B・I」のどの働き方をしてて、

今後、どの働き方をしたいか。ってこと。



ほとんどの人は自分の時間を使う、

「E」か「S」の働き方ちゃうかな?



今後、「I」の働き方をしていきたいなら、

投資家としての働き方を勉強せなあかん。


それは、「E」とも「S」とも全然ちゃうねん。



ほんで、ほとんどの人が気付いてへん働き方。

↓「I」の働き方で、時間を倍にしたい人へ↓

【時間が倍になる、○○労働】




この話、知ってる人は多いけど、

やってる人は少ないんよなぁ。




まとめ
「知ってても、やってないのが普通」



来週予告
「9年ぶりに来日するロバキヨ、
これからの世界をどう予測するのか?」


お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス