【セカンドライフと言われる理由】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


よく、リタイア後の人生を

「セカンドライフ」(第二の人生)

なんて言ったりしますが、

なぜそんな言い方をするのかご存知ですか?



もしかすると、人は自分の人生を

【働く40年】 と 【定年後の20年】

に分けたいのかもしれないですね。

今日は、セカンドライフについて考えたいと思います。



皆さんは生涯、どれくらいの時間働くんでしょうか?


一日、8時間(労働)+2時間(通勤)だとすると、およそ10h/日。

そして休みは土日と祝日、毎月の出勤日は、約21日/月。

それを12ヶ月で掛けると、1年。

それに40年を掛ける。


すると、
40年間働く時間は、

22歳~62歳(40年間)
10時間×21日×12ヶ月×40年

=100,800h

となる。




そして、

リタイア後に使える時間はというと、

一日の睡眠時間を7h、食事3h(一食につき1h)使うとすると、

残りは14h/日。


特に制約される日がないため、毎月30日全て自由。

それを12ヶ月掛けて年。

さらに20年を掛けると、老後の時間が出る。


計算式は、

62歳~82歳(20年間)
14時間×30日×12ヶ月×20年


せっかくなんで、

計算してみましょう。

14時間×30日=420

420×12ヶ月=5040

5040×20年=



そう。

【100,800h 】


つまり、

あなたが40年間働く時間と、

あなたのリタイア後の実生活を送る20年間は、

およそ同じ時間量であると考えられます。



要するに、

「リタイア後の人生は、思ってるより長いでっせ」と。


どうせやったら、リタイア後は、

・幸せな家族との家庭
・大切な仲間との時間
・多少は自由に使えるお金

があったほうがええんちゃう?


とゆうてるわけですね。



そしてリタイア後、お金を気にせず豊かに生きたいのなら、

人生で一番若い「今」から行動することが必要です。



まとめ
「時間は絶対価値であり、お金は相対価値である。」



お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス