【投資詐欺を見抜く5つのポイント】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。



前回に引き続き、今回も投資詐欺に関連したお話です。


覚えていますか、

前回お伝えした巨大詐欺。

まだの方は、こちら
【世界最大の投資詐欺】


この詐欺を一言でいうと、
「資産運用している振りをしてお金を集め続けた。30年間も。」


ただそれだけ。だから仕組みは簡単。

新しい投資家から預かった資金を、古い投資家の配当として支払う。

新しい投資家が増え続ける限りは破綻しない、自転車操業ファンド!?

しかし、サブプライムショックにより各金融機関が出金要請。

その額、6000億円。

マドフはこの金額を用意出来なかったため、詐欺事件として明るみにでた。



このような自転車操業の事を、

通称【ポンジー・スキーム】と呼ぶ。

日本語訳をすると「ねずみ講=無限連鎖講」に近い感じ。*厳密には少し違う。

由来は、
約100年前の天才詐欺師、「チャールズ・ポンジー」から来ている。

*ポンジーがどんな詐欺をしたか興味がある方は、Google先生へ伺うこと。


あれから100年経った今でも、巷にはあの手この手と形を変えた「ポンジース・キーム」が横行してるんです。


僕の所には、色々と投資・運用の提案や相談が来ますが、2~3割くらいはポンジーです。


で、今回はあなたに「ポンジー・スキーム」を見抜くポイントを伝授します。



それは、、、、


1、高利回りである(30%/年~)
  →内に秘めた欲望を煽る。

2、少額から投資可能(数万~数十万)
  →これくらいならいいか。と一歩目のハードルが極端に低い。

3、毎月配当(1~10%/月)
  →毎月振り込み、じわじわと信用をつける。

4、紹介料が高い(1~5%/月)
  →信用が付いた頃に友人紹介の話をして、周りの人を巻き込ませる。

5、信託されていない(イレギュラーな契約)
  →間に関係者が何人もいて複雑な契約。なのに何故か、元本保証とを謳う。


以上。

上記、5つのポイントに合致したら、ほぼ100%「ポンジー・スキーム」と思っても間違いありません。


僕が昔にお世話になったやつは、上記3つに該当したポンジーでした。。。。


そして日本で有名になった詐欺話も、ほとんどポンジーです。

エビも、和牛も、円天も、植林も、、、、etc



投資詐欺は、

架空の話で金を集め、架空の配当を出し、架空の実績を作る。

で、更に架空の話に尾ひれがつく。

あとは、破滅へ向かって広がってゆくだけ。



結局、欲に目がくらんで、
【預ける】から持ち逃げされるんです。


だから損得ではなく、
【自分に必要なものを選択し、それによる経験を重視すること。】


そして、
唯一、詐欺に遭わない方法は、

【預けない】事です。



そしたら、絶対に無くならない。

無くなりようがない。


厳密には、
【信託されている】所へ預けるということ。

ちゃんと信託されていれば、運用により「減る」ことあっても「無くなる」ことはない。


これは経験した人でないと分からないかも知れません。

だから今は、頭の端にでも置いておいて下さい。


将来、きっと役に立ちますから。



もし友人などから、ポンジーらしき話を聞いたら、

「そんなにウマイ話なら、ア○ムやレ○クで借りて自分でやれば??」

と、言いましょう。

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス