なんじゃろうかコレは?

誰じゃろうか、この人は?

と思いながら観ていて、おかしいなあと不審だったのだけれど、どうやら前作を観ていない。

ことに途中で気づいた。ち~ん。

 

まあ、それでも大問題はないから、凄い。

怪盗グルー・シリーズの3作目、『ミニオンズ』を加算したら4作目である。

 

グルーがいつの間にか家族形態を変えていたが、オッケーオッケー。

そのグルーに、実は双子の兄弟がいた。

というのが、今回の騒動の発端。

 

特に爆笑はないけれども、ちょいちょい笑う。

相変わらずブラック要素なので、バカだねえええつって笑う。

 

劇場内のお子様は数多あるギャグにもややウケだったが、オッケーオッケー。

この高次元クオリティのアニメーション映画を、バカだねえっつって笑う贅沢さは代え難い。

 

 

 

日本語吹き替え版は、大好き松山ケンイチが悪役。

相当にカッコ悪い役柄ながら、どうしても松ケンに見えてきてしまう不思議。

けれど、頑張って下さっているので嬉しい。贔屓です。

 

レギュラー陣はグルー役の笑福亭鶴瓶、娘役の芦田愛菜をはじめ、よい。

ちなみに、松ケン芦田愛菜には『うさぎドロップ』で泣かせてもらったので、感慨深い。

 

中島美嘉の破壊力が怪盗グルーの活躍をも超えるので、ドキドキする。

 

福山潤宮野真守が目当てだというのに、福山声に気づけなかった声優オタク初心者は誰だ。当方です。ち~ん。

 

山寺宏一が脇役の脇役という、もったいなさ。

 

生瀬勝久の上手さは何なのか!器用か!大いに器用か!

 

ピエール・コフィン監督はいつもながら、ミニオンズの声も兼業。

ハリウッドに恨みでもありそうなストーリーも、皮肉が効いていて楽しい。

 

 

 

何が売りって、ミニオンズがめっちゃ可愛いのだ。

何なら、豚も可愛いのだ。

ドカーンと来て、ワーとなって大騒ぎ。

となれば、それで満足だけれど、それだけじゃないからこそのシリーズだ。

 

映像がもう!

鼻血どころではない、目から血が流れるレベル!

現実よりも現実的である。

その中に、奇妙なフォルムの登場人間たちが右往左往するんである。

超だ。もはや、バーチャルアニメーションと言っていい!

 

懐かしの80年代ミュージックのあざとさも、オッケーオッケー。

あの人とあの人の関係性に戸惑ったので、前作も観ておくかという気持ちに。

 

惜しむらくは、ミニオンズの活躍をもう少し観たかった。

黄色い彼らはわんさか出てくるのだけれど、今回はサブキャラ状態。

 

けれど、ここには親子の情愛もあったから。

そして、子役成功者の辛さも描かれていたから。

というように、内容が思いっきり保護者向けだったりしたから。

これはこれで、よい。

 

 

 

映画 スクリーン日本語吹替版

 

『怪盗グルーのミニオン大脱走』
Despicable Me 3
2017年・アメリカ
監督: ピエール・コフィン、カイル・バルダ
製作: イルミネーション・エンターテイメント
声の出演: 笑福亭鶴瓶、松山ケンイチ、中島美嘉、芦田愛菜、須藤佑実、矢島晶子、生瀬勝久、宮野真守、福山潤、いとうあさこ、LISA

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

※鑑賞の感想です。情報に誤りがございましたら御一報頂けましたら幸いです。

AD

コメント(4)