あんじゅの”シンプルライフ” ~理想の現実をしっかり創りませんか?~

あんじゅの”シンプルライフ” ~理想の現実をしっかり創りませんか?~

現実を創っている要素を違った視点からお届けします。あなたを取り巻く世界のことが少しだけわかりやすくなるかもしれません。

Vol.613『願いを叶える魔法はまずは自分に正直に②』

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

今日、さっそく、友人と願いの話をしてみました。

「今、なんでも叶えてくれる人が目の前にいたら、何をお願いする?」

「なんでも叶えられるの?」

友人はノリノリです。

いい感じです。

ただね、ちょっとまって。

一旦、ストップね。

このノリノリ、大切です。

 

あなたは願いに対して、ノリノリですか?

このノリノリがないと、願い事ってなかなか叶いにくいです。

あくまでも状態なのでね。

覚えておいてね。

友人は続けます。

「あれもいいな、これもいいな」

その表情は本当に楽しそう。

「じゃあ、わかりやすく具体的に言ってみて」と私。

「えっと、まずは・・・お給料がもっと上がってほしいんだけど、うちの会社は〇〇だから、ん~、先に能力を上げた方がいいかな。それより環境がもっと良くならないとモチベーションがあがらないな。部署移動しないと難しいかな」

友人の話は続きます。

「んんん。やっぱりさあ、なかなかそううまくはいかないよねえ。今、不景気だし、円の価値も下がってるし」

まってまって。

これこれ、これです。

今はあなたの願いの話をしてるんであって、円の価値の話をしているんじゃないんだけどね。

こうやって思考はたくさんの情報を引き出して、あなたの願いを叶えにくく、願いを叶えるには膨大なタスクをクリアしないといけない風に思わせているんです。

私は一言、願いを聞きたかっただけなんだけどね。

30分も話していても、結局、友人の一番の望みを聞くことができませんでした。

結局ね、それが現実を創っているわけです。

願い、黙っていたら、聞けなかった。

となると、叶いませんよね。

違います?

さて、どうしましょう?

 

あなたは今、素直にあなたの願いをシンプルに口にできますか?
 

少し感じてみてね。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

続きは3月2日(2の倍数の日)に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.612『願いを叶える魔法はまずは自分に正直に』

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

場所にもよるかもしれませんが、今日の東京の強風はすごかったです。

久々に、風に抵抗して歩く、風に押されて歩く、という経験をしました。

寒いのは嫌ですが、なかなか面白かったです。

さて、今日のあなたのウキウキは何でしたか?

私はお気に入りのお店にランチに行ったらお休みで、それならと、ずっと気になっていたお店にいってみました。

広めのお店なので、お味はそれほど期待していなかったけれど(こじんまりなお店ほどおいしいという偏見があるようです)、なかなか居心地よく、一緒にいた友人も喜んでくれました。

風に押されて歩いて1ウキ、新しいお店の経験に2ウキ、洗濯物を取り込んできれいにたたんできれいに仕分けして1ウキ、夜ご飯に牛筋肉を使ったカレーを作って1ウキ、「おいしい」と言ってもらえて2ウキ、みたいな感じで、自分が喜ぶ感覚にフォーカスしました。

ウキウキしていると、思考も前向きになりますし、自然に笑顔になります。

これが大事ですよね。

だって、毎瞬毎瞬が次の瞬間を生み出しているのですから。

その後、整理をしたかった引き出しを2つ整理して、すっきり1ウキ。

いらないものを捨てて1ウキ。

思いがけないものを見つけて1ウキ。

「これ、こうやって使ったら?」と考案して、うまくいって1ウキ。

本当に小さなことですが、その積み重ねで、一瞬一瞬を過ごしてみました。

そうそう。

もう一つ。

スケジュール帳に「〇〇をこの日に完了する」と書いてあったのが、ちょっとうまくいかなくて、その日の完了はあきらめていたのですが、ひらめきがあって、自分でも思いがけない動きをした結果、きちんと書いてある通りに終わりました。

そのことに、今朝気づいて、「本当に潜在意識ってすごいなあ」と思いながら、3ウキくらいしました。

書いてみるものです。

今日はそんな小さなウキウキを改めて感じた日になりました。

書くのって本当、すごいんですよ。

もちろん知っている方も多いでしょう。

私ね、もう、何年も「これは難しいかな」と思っていたことが、気づいてみたら、全部クリアになっているということもありました。

それは「どうしたら、これが〇〇になる?」って、コンスタントに書き出して、イメージしていたのです。

ただ、なかなか現実が動かなくて、「無理なのかな~」と思っていた時期もありました。

でも、「私が思う形ではなくてもいいので、願いを叶えたい」って改めて思っていたんですね。

半年に1度、同じことを書いて。

そうしたら、気づいたら、それは現実になっていました。

あなたのウキウキ度とあなたのイメージ力があれば、本当は何でもできるんですよね。

私たちはイメージするという力がありますから。

そしてね、「もしかしたら無理かな~」という考えが頭をよぎっても、「それでも、こうしたい」という思いに正直になること。

 

そのことを忘れないでください。

昨日、その話を友人としていたのですが、「そうかあ! 正直かあ!」って頭をのけぞらせていました。

それくらい、日本人って、願いに控えめだと思います。

どうでしょう?

あなたは願いに対して、どれくらい前のめりですか?

私の前のめり度は200%です。

あなたの前のめり度、良かったら教えてください。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

続きは2月28日(2の倍数の日)に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.611『願いを叶える魔法は喜び体質のもとにやってくる』

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

前回は 、「小さな喜びをあなたはどれくらい自分に許していますか?」という話をしました。

大きな喜びを体験するには、まずは小さな喜びから、という話です。

 

そうしたら、案外「小さな喜び」自体がわからなくなっている方がいらっしゃるようです。
 

「これは小さいですか?」という「正しい」「正しくない」にこだわっていて、すごくもったいないと思いました。

だって、大きい、小さいって、人によって尺度が違いますよね。

例えば、いつも1万人の人を呼べるコンサートを開ける人なら、20人で集まるパーティは小さな会に思えるかもしれませんし、人付き合いが苦手な人なら、5人の人と過ごすのも大きな出来事になるでしょう。

もちろん何人でも、そのつながりの中に喜びを見出せるなら、人数は関係ないのかもしれません。

時に、一人の人とのつながりが人生を変えてしまうほどのインパクトを与えることもあります。

ただ、人数が違うと印象的には違いますよね。

海に近い場所に住んでいるなら、海にいくのは簡単に手に入る喜びかもしれませんし、山奥に住んでいるなら、海に行くのは一苦労。

もしかしたら、海というものを見たことがなければ、それを見た時の感動は大きなものかと思います。

正解か不正解があるのではなく、大きな喜びを感じているのか? ささやかな喜びを感じているのか?ということは自分の物差し、自分しかわからないということです。

これは私の経験ですが、以前にいったインドの寺院で、朝ヨガをして、15分だけ、散歩に出るという時間がありました。

その時の条件は「野原を裸足であるくこと。誰とも話さないこと」

私は最初、お腹が空いていたのもあり、特に行動をチェックされていないこともあり、


それってどんな意味があるのかな~
いつも野犬が2匹うろついているし、たまに彼らの置き土産があるし、裸足はいやだな~

と思って、お坊様に言われたことを聞かないでいいや、と思いました。

そう思って、1分ほど、私だけサンダルを履いて歩いていたのですが、周りの方は素直な方ばかり。

20人もいる中で履物を履いているのは私だけでした。

何となくバツが悪くなって、私もいそいそと裸足になってみました。

そうして歩き始めたら、、、

なんでしょう。

一歩一歩の足の裏から、喜びが感じられるのです。(これ、昨年書いていますので、重複していますがご了承ください)

なんていったらいいのかな。

海辺にいって、ビーチサンダルを脱いで、砂浜を感じるあの瞬間、ありますよね。

それよりももっともっと強い、歓喜のエネルギーのようなものが地面から伝わってくるのです。

ただ、裸足で歩いているだけなのに。

「あれ? こんなこと、日ごろ感じたことないよ」というほどの強い強い衝撃。

それは日常の中でもなかなか感じられないほどの喜びでした。

これは小さな喜びどころか大きい喜びだったという話ですが、こんな風に何をどう感じるかはその人次第ですよね。

普段、例えば、いつも食べに行っていっているお店で「これはサービスです」とデザートを付けてくれた時の喜びとか、「どこどこに行ってきたけど、前に、これ欲しいって言ってたよね」と友人が探していたものをいただいた時とか、(あれ、もらうことばかり(笑))、そんな時はほんのり胸が温かく、うれしくて相手に抱き着きたくなる?なる喜びがあります。

大自然の中で素晴らしい景色を見たり、動物との感動的な交流ができた時は、全身の細胞が喜びに湧き立つ感じがします。

後はそうだな。

もらったレシートナンバーの数字が7777とかでも私は1ウキします。

別になんでもない数字の時は反応しませんが、ふっと目に留まったことを見て、「わあ」と思ったら1ウキです。

何も言わないのに、家族から「雨が降ってきたから洗濯物を取り込んだよ」と連絡が来たら1ウキ。

そんな風に、小さな喜びをたくさん感じています。

 

あなたの日常の中の1ウキはなんですか?

私の10ウキは芝生の上を歩いた時とクジラの赤ちゃんと対面した時です!

 

あなたの1ウキ、10ウキも良かったら教えてください。

一日1ウキを10個見つけられるようになるのも、幸せ体質への一歩。

ぜひ、意識してみてね。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

続きは2月26日(2の倍数の日)に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.610『願いはシンプルな状態が叶えやすい②』

 

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

前回は 「難しく考えないことが願いを叶える秘訣かな」とお伝えしましたが、その手前でやっておきたいことがあると書きました。

さて、何でしょう?

日常的に常にやっておきたいことです。

 

それは何かというと・・・。

願い事を叶える許可を自分に与えることです。

???

言われている意味が分からない、、、という方もいるかもしれません。

でも、案外、願い事が叶って嬉しい自分になることを受け入れられない人って多いのです。

ほんと。

例えばね、小さな喜びをあなたはどれくらい自分に許していますか?

ということかな。

これはね、できる自分を追い求めるというのとは真逆の感じです。

少ししかできていない自分の努力を認めるとか、やらない自分でも笑って好きでいるとか、そんなのもあるし、

疲れたら休む

人から優しい言葉をかけてもらう

そんなのもそう。

誰かに甘える

そんなのもあるかもしれません。

きゅっとなっている自分をゆるくしてあげるというのも大事です。

そんな小さなことができていない場合は自分に厳しい方が多いのです。

または、

「あれを食べたいな」と思ったら、食べていますか?

「あのお店に行ってみたいな」と思ったら、行けていますか?

「こんな体験してみたいな」と思ったら、素直に行動していますか?

「誰かに会いたいな」と思ったら、会いにいっていますか?

そんな小さな希望を叶えていくことから、あなたの「望み通りの毎日」はスタートします。

小さな希望を叶えていない人が大きな願いを叶えることはできないですよね?

これ、当たり前のことです。

だから、最初にするのは「自分との対話」です。

 

「こんなこと、したいよ」と言っている、その自分の声を聴くこと。
 

そこからかな。

そして、その「したいこと」は本当の自分、本質的な自分が本当に欲しているものか?というのもこれからは意識していきたいですね。


「誰かより優れたい」とか、「あの人よりいい環境にいたい」とか、もし、そんな望みを持っているとしたら、それは本当のあなたの望みではなく、優劣をつけて、生き残りたいという思考の願いに他なりません。

あなたの本当の望みは、もっと輝かしいものです。

他者との比較の入る隙間のない喜びです。

それをもっと感じてみてくださいね。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

続きは2月24日(2の倍数の日)に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.609『願いはシンプルな状態が叶えやすい①』

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

前回は、「物事を難しくしているのが“思考”」という話をしましたが、実はこれ、何度も書いていますから、あまり新しくはない真実です。

でも、すごく重要なので、もう一度書いてみました。

 

物事はすごくすごくシンプル。

「意識が現実を創っている」

もうこの一言なんですね。

最近、たくさん自分の願い事を叶えている方の話を聞いていて、「ほんとだわ~」と思ったのは、最初は「こんなに大変なんで、なんとかして~」というお願いの仕方だったらしいのですが、徐々に状態が変わっていって、今では「これがしたい」と思うだけで叶うそうです。

でも、考えてみたら、それって当たり前のこと。

以前、「願い事を口にするワーク」を開催した時、参加された方は体験していたのですが、「なんでも願いが叶うとしたら?」という問いに「こうしたいけど、簡単じゃないだろうし、すぐに全部そうなってほしいとは言わない。私も頑張るから・・・」という話をされていました(これは特定の人が、ではなく、皆さんそうでした)。

これって、わかりますか?

これはつまり、願いを叶えたいのに、最初から「そんなに叶わないでもいいです。時間かかるだろうし、いつかそうなればいいと思っています」と言っているのと同じです。

そう言っているなら? そうなりますよね。

クライアントさんの話を聞いていると、「こんな自分じゃだめ」「もっと成長しないと無理」「望みをかなえるのはなかなか難しい」というバックコーラスを流しながら、願い事を望んでいるようにみえてきます。

そんなコーラス、いらないんです。

「え~、そんなことないよ!」と思うかもしれませんが、案外、皆さん、例外なくそうです。

だからこそ、「そんなに難しく考えない」ことが願いを叶える秘訣かな、と思います。

とはいえ、その手前でもやることがあります。

一体、それはなんでしょう?

 

少し考えてもらうことがご自身のためにもなりますので、少し考えてみてくださいね。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

続きは2月22日(2の倍数の日)に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

 

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.608『人は状態を常に発している発信機みたいなもの』

 

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

最近、ある集まりに行った時のことです。

会場には80人ほどの方がいらしていたでしょうか?

楽しい話をする場だったので、明るい表情の方が多かったのですが、でも、人ってそんなに簡単ではありませんね。

重いものを持っている方ももちろんいるし、深い悩みを抱えている人もいる。

だから、そういうエネルギーはカットして、影響を受けないようにしていました。

ただ、ご飯を食べた後で少し眠くなって、ぼんやりしていたら、なんとなく「自分をむしばむような静かに痛みをともなう周波数」を周囲から感じました。

それも一人ではなく、何人かいらっしゃるようでした。

「この場に大きな不調和を抱えている人がいる。それもかなり強い不調和だな」―そう感じました。

会の中で、大きな病を抱えている方が何人か話を始め、病を超えて元気で頑張っている話を伺ったのですが、「あの痛みの周波数はその病気だったのか」と認識し、「あの周波数が自分の中にあったら、本当にきついだろうな」という感想を持ちました。

そこで思ったのはね。

誤解を恐れずにお伝えしたいのですが、本当に純粋に「周波数をどうやったら変えられるか?ということにフォーカスしたらいいな」ということです。

病気を抱えている方はみなさん、大きな恐怖と恐れ、不安を根底に抱えています。

普通の状態の人の恐れや不安ももちろん特定の周波数があるのですが、それが病気になると、その不調和な振動数が強く太くなるんですね。

それは、細胞レベルに影響を与えているということなんだと思います。

細胞レベルで影響を受け、細胞自体がその周波数を帯びてしまうと、容易に変化することが難しくなります。

だから、心の不調和は早めに解決することが望ましいんですね。

 

心の苦しみをずっと抱えていても、「もう慣れたから平気」「今は何とも思わない」という方もいますが、お話を聞いていても、本当に心から「平気」になっていな場合が多いと感じます。

「気にしない」というラベルを貼って、「気にしていない」と自分に言い聞かせているようにみえてしまいます。

そして、心の底から心地よい状態になっていない限り、その状態を「平気」と思うことは本当に恐ろしいことなんです。

その苦しみになれて、それがあるべき状態だと意識が認識してしまうと、細胞がそれに同調しはじめると、細胞は徐々に機能不全になっていきます。

それはやがて、肉体の不調―すなわち、病になります。

「病は気から」というのは、まさにその通りなんですね。

なので、、、。

病になってしまったら、純粋に気持ちを上げることを意識するのはとても大事だと思っています。

ただしそれには”こつ”があって。

実は「頑張る、という意識からではなく」がいいと思っています。

なぜなら、「頑張って、気持ちをあげる」は、実は案外難しいのです。

「頑張り」って、「本気の努力が必要」とか、「なかなか実らない」とか、「必死にならないとだめ」とか、そんな認識ありませんか?

だから、「頑張って、気持ち(=周波数)をあげよう」と思うほど、「簡単ではない」「時間がかかる」「難しい」という思いがわいてきてしまうことがあるのです。

「これくらいじゃだめ」と思ってしまうことはよくありますよね。

そんな風に意識に寄り道をさせたくないのです。

「必死になってやればいいんじゃない?」という人もいます。

でも、「必死になってしまう」と「それほど事が難しい」という事象を引き連れてきてしまいます。

「じゃあ、どうしたらいいの?」と思った人、いるでしょうか・・・?

「意識を高くする(=幸せを感じる、満ちている現実に感謝する)」―そういうことをするのに、実は必死さは必要ないんですよね。

物事を難しくしているのが、実は「思考」。

物事はもっとシンプルなんです。

どうでしょう? 少し伝わったかな?

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.607『そう思えばそうなるという宇宙の真実と“人は何も決められない”という教えの接点③』

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

前回は「目の前の出来事にかかわる、かかわらないはあなた次第。ただ、自分が「嫌だから」という感覚を持ちながら、ずっと避けているなら、それはあなたの課題を先送りにしていることもあるよ」という話をしました。

 

伝わったかな?

 

物事にはそれぞれに対処法というのがあって。

 

最初は、不快な出来事からの切り離し、が大事な時があります。
 

あなたの人生に必要のないことなら、それがきちんとできたら、同じ現象を見なくなります。

または見ても、感情に影響を与えられることがなくなります。

 

それでも気になる出来事が引き続き起こるなら、それはあなたの中に何か調整したほうが人生が良くなる概念や思い込みがあるということ。

それに気づいた時は、今度は適度な距離をもって、出来事を観察することが必要です。

 

自分の内面の何がそれを見せているのかを知り、対処する。

いらない反応なら、それをやめていく。

 

これは自由自在の現実を創っていくには本当に必要なことです。

ここまでが自分の意識の中にある自動プログラムを意識的に改造していく感じになります。

 

それでもって。

タイトルの「そう思えばそうなる~」につながるのはここからです。
(笑)。

無意識の反応に意識的に対処していった先に、徐々に自分の思う通りの現実を体験できるようになっていきます。

これが「そう思えばそうなる」現象です。

これは確かに存在するのです。

最近、教えてもらったのですが、「一つとして、自分の思う通りになることはない」というスピリチュアルな教えもあるそうですね。

とっさに、「なんでだろう? だって、思った通りになるよ?」と思ったら、わかりました。

確かに一部、思う通りになっていないと感じられる部分はあります。

それは"経緯""経過”です。

例えば、「自分はいつかこの道で大きな成功をおさめる」と決めるとします。

すると、頭は「ここで賞を取って、ここで認められて、ここで海外に出て・・」なんて想像をしたりします。

憧れの誰かと同じようなサクセスストーリーをなぞろうとしたり、イメージできる限りの夢を描いたりします。

 

でも、実際にその通りになったとしても、最終的に理想通りにはならないこともありますし、経緯の途中では「望み通りではない!」と思うことも多いのです。

スムーズに理想が叶ってしまうと、途中で必要な学びに合わないかもしれないし、もっと最高になるための経験をすっ飛ばすこともありますよね。

実際、過去の私も「こんなことは望んではいないなあ」「結果がちょっと違う」と思ったこともありました。

それは「願いの途中にいる場合」もあるし、「顕在意識で理解できないだけで、実際には望みを達成するためにあえてその経緯をたどっている」こともあるのです。


すべては潜在意識と集合意識のなせる技なんだと感じています。
 

それを“人は何も決められない”というスピリチュアルな教えにしているところもあるようです。

ただし、本質的な自分が「こうしたい」という意図をしっかり立てると、話も変わってきます。

知りたくないですか?

私がいつも見ているのは、本人の本当の思いが出てきた時のエネルギーのほとばしり。

それが強まると、いらない概念が揺らいで消えていくことがあります。

潜在意識の中の変化を恐れるエネルギーが変容するのです。

だから、「どんな望みがあり、どんな風に意図をたてるか?」はとても重要なんですね。

ここで皆さんに質問です。

 

①    私たちは「自分で何でも決められる」。
 

そう思えばそうなります。

②「自分では決められない」という法則を採用する。

もちろん、そう思えばそうなります。

どちらがいいですか??

まずはここです。

ここなんです。

あなたの本心では、どんな人生にしたいですか?

 

「何一つ思い通りにはならない」という教えも、「顕在意識ではわからない」ということであれば正しいとも言えます。

でも、潜在意識をのぞき込んでみれば、目的に向かう途中だったりしますから、正しいとは言えません。

そこでね。


私は潜在意識より強い力を使うことをお勧めしています。

それが繰り返しになりますが、「本質的な自分の意図を明確にする」です。

「成長したい」と思えばそのように現実は変わっていきますし、「常に喜びでいたい」と思えばそうなります。

「成長するには困難があるけれど、自分はとにかく頑張る」なら頑張り続ける現実を体験しますし、「私は人に恵まれているので、学びがどんどん自然に起り、とても楽に成長していける」だっていいのです。

そういう人はラクチンですよ。

ずるい、と言わないでね。

それは、決めた人がそうなるだけで、誰もずるくないので。

そうした意図の上に、現実を置くと、実際にはどんな経緯が起こってくるかはわかりませんが、必ず意図通りに物事は動いていきます。

この時、例えば、パートナーが欲しい場合、具体的に「Aさんと付き合いたい」というのではなく、「自分に合った、最高のパートナーと付き合う」と決めるほうが、最高を引き寄せやすいですね。

だって、Aさんと付き合えたとしても、幸せになるとは限りませんよ。

だから、「この人」という執着になる願いではなく、「幸せになる」という意図立てをして。

その後はお任せです。

もし、Aさんが自分の親友と付き合いだしても、「そうくるのか~」と慌てない。

何が起こってきても、自分がたてた意図を信じる。

その後、あなたはAさんがとんでもない酒乱で、親友が悲しむ姿をみるかもしれないし、まったく別の素晴らしい人に出会うかもしれません。

「幸せになる」と決めたなら、その自分を信じることです。

(もちろん、感情に蓋をしろということではないので、告白したり、その時の感情を口にしたりすることは適切にしてください)

これが「そう思えばそうなる」と「人生は何が起こってくるかわからない。人は何も決められない」の接点です。

しっかり意図だてして、後はお任せ。

ほんとにね、人はしっかり人生を創造できる仕組みを持っているのです。

それを絶対に、絶対に、忘れないでくださいね。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

次回は2月18日に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.606『そう思えばそうなるという宇宙の真実と“人は何も決められない”という教えの接点②』

 

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

前回は「目の前の出来事にかかわるかかわらないはあなた次第。でも、自分が嫌だからという感覚を持ちながら、避けているなら、それはあなたの課題を先送りにしているだけだよ」という話をしました。

伝わったかな?

物事には対処法というのがあって、

最初は、出来事からの切り離し、が大事な時があって。

その次は、適度な距離をもって、出来事を観察することが必要になってきます。

これはもちろん、もし、理想の現実化をしたいならば、ですが。

自分の内面の何がそれを見せているのかを知り、対処する。

それはとても重要なことです。

それができるようになって、その先に調和へのサポートをするステージがあると感じています。

これはね、もう、本当、選択ではあるので、どう思おうと勝手な世界です。

でも、「無理な時に無理はしないでいい」というのも本当。

だって、無理って理(ことわり)なし、って書くでしょう?

ことわり(理)って、物事の筋道という意味でもあるから、筋道がないことをしているのが無理ってことです。

やる必要はない。

だから、やらないことに罪悪感を持つ必要はない。


でも、できることがあると感じるなら、何ができるのかを考える。

そういう風に人はそれぞれが役割をもって繋がっているということです。

自分の好きに切ってばかりいたら、誰ともつながることはできません。

つながらなくていいよ、はすなわち、いつまでもそのステージにいるってこと。

 

人の次元上昇は必ず愛と一緒に起こりますから、つながらない状態のままなら、上がることはないってことでもあるよね。
 

つながらなくていいよ、はすなわち、いつまでもそのステージにいるってこと。

 

もちろん、何を選択してもいいのです。

何を選択したいかな・・・?

 

お金持ちでも、貧困にあえいでいる人でも、驚くほど優しい人でも、あきれるほど自分勝手な人でも、あなたの目の前に現れ、かかわる羽目になったのなら、それは「何かの役割」があるという目で見ていくと、人生は面白いことが起こっていくと思います。

 

きちんとあなたが成熟したら、その時、あなたがその誰かをサポートできるようになります。

 

誰かをジャッジしたまま、その人が誰かに力を上げることなんて、できないので、無理しないでいい。

 

そのジャッジだって、目の前の人が力不足とか、ふがいないとか、そんなことばかりではありません。

 

中には本当にふがいない人もいるかもしれませんが、それだって無意識下にあるプログラムに従っているだけなので、その人に非があるわけではないことがわかってくる。

そして、それを見ている人にも何か理由があるってことです。

 

だから、目の前の人が何かから抜け出そうとしてるなら。

 

そのやり方を知っているなら、手を差し伸べることはできる。

 

そんな感じで、みんな、ゆるっと関係性があることを嫌悪感なく見る癖が欲しいと感じます。

 

自分の中から嫌悪感を手放した時に、ようやく、見えてくる現実が変わってくるんですね。

 

これは本当の本当。

 

タイトルにもあげた、「そう思えばそうなる」っていうのは、「嫌だなというものはジャッジして、上下関係を付けて、拒絶していこう」を選択すれば一生涯それを続けることになるという話になります。

 

それ以上の嫌な目にもあわないけれど、もっと意識の高い、本当に幸せな現実を体験することもない。

 

それが現実です。

 

「その人はその人の選択をしているんだけれど、その人が目の前に現れたことを軽く見ないで、自分はどんなかかわりができるだろう」という選択ができれば、実はものすごく大きなエネルギー交換ができたりするのね。

 

私たちの現実はその繰り返し。

 

でも、この繰り返しはどんどん早くなって、そのうち、「嫌だな」と思うものがなくなっていくのも本当。

 

だから、拒絶から俯瞰へ→かかわり方を模索する。

 

そこにトライしてほしいと思います。

 

すると、現実はきちんと良い流れを創っていきます。

 

そんな風に「そう思えばそうなる」といいですよね。

 

だから、「拒絶」を王様みたいに振りかざさないで。

 

その拒絶はそれを振りかざしているその人の中にしかないものだから。

 

嫌なものを知ることと、嫌だと切りつけることはまた違うってことがわかると、現実のコントロールもしやすくなっていきます。

ここ重要ね。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

次回は2月16日に。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.605『そう思えばそうなるという真実と“私たちには何も決められない”という教えの接点』

 

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

さてさて。

人生って本当に必要なことしか起こりませんねえ。

なんてことをまた実感してしまった私です。

 

前回は、「思考で創る人生から人生の主役を取り戻そう」という話と、「私たちはやりたことをやりに生まれてきたこと」をもう一度、思い出しましょう、という話をしたのですが、そんな私の前に、スピリチュアルをかなり学んだという方がたちました。

仮にWさんと呼びますね。

Wさんは「この世界は自由自在で、みなが自分がやりたいことをやっている」ということを熱心に話してくれました。

人は自分の好きなことをしているので、自分の目の前の人が苦しんでいたとしても、それは苦しむことを選択したその人の選択。だから、それにかかわりたいならかかわればいいし、かかわりたくないならかかわらなくていい。

そう言っていました。

「おっしゃる通り、その通りなんですけどね・・・」と私は思いました。

皆が自分で人生の選択をしているのはその通りだと思います。

ただね、その続きを聞いて、少し真実が捻じ曲げられている、そこがトリックだなと思いました。

「苦しんでいる人は勝手に苦しんでいるだけなので、自分は苦しんでいる人にはかかわらない。そういう選択をしているから、私はトラブルに巻き込まれない。面倒がないからすごく幸せ」というのです。

すごくわかるのですが、ただ、それって、すごく都合よく、真理を使った教えの途中にある考え方だと感じました。

なぜなら、もし、本当に、その人が本当に幸せなら、苦しんでいる人を見ることがないから。

そして、その人の心は固くなっていました。

さらに、悩みを持つ人、苦しんでいる人に嫌悪感を持っていました。

本来、その人が幸せなら、その心は輝いています。


本当に幸せなら、人のことをジャッジしたりしません。

何かを嫌悪しながら、本当に幸せにはなれないんじゃないかなあと思いました。

確かに、誰かが大変だったり、苦しんでいるのは、その人本人の選択です。

だから、すべてにかかわる必要はありません。

ただ、その苦肉の選択は意識的に望んで選んでいない場合もあります。

いやなのに、無意識に選択していることだってあるし、他の選択肢があることを知らない場合もあるんです。

抜け出したいともがいているのかもしれません。

そういう時、あなたはどうしますか? というのが、あなた自身にゆだねられた選択であることを知っておいてほしいとおもいます。

そして、物事はその現象を見る人すべてに選択肢があると私は見ています。

「関わり合いたくない」という関係が目の前にあるのなら、「あなたの中にまだ、その課題はありますよ」というサインなんですね。

もちろん、「ただもう、かかわらない」と決める段階もあります。

ひたすら暴力的だったり、ひたすら被害者を演じている人から離れることは、自分がそのステージにはまってしまっている場合には必要な選択です。

ただし、私たちは自分の意識にないものを、かかわりのないことを目にすることはありません。

これは絶対の真理です。

そして、自分自身の成長のために互いにかかわりあっているので、苦しんでいる人を目の前にするということは、見ている人の中に何か変化したほうがいい意識があるということ。

“何かの進化のチャンスでもある”ということを知っておく必要があります。

「その人の選択よね」と切ってしまうのは、最初のステージの話なのです。

まあ、これは私の捉え方でもあり、いろんな人のエネルギーを見てきた結論でもあります。

または、「その人の選択だよね」と愛の状態から言う人もいます。

ただ、その場合はその人は一つステージを超えていて、その人の中にはジャッジが全くありません。

だから、愛をもって、「その人の選択だよね」と口にします。

すると何が起こるか。

本当にその人が愛の状態から、「その人の選択だよね」と言った場合、悩みの中にいる人はエネルギーが変わり、真実が見えてくるのです。

その違いはその言葉を口にしているとき、しっかりと愛を発しているかどうかです。

本当に愛に包まれている人がそれを言う時、その人の側にいるだけで、癒しが起こる、そういうことです。

できれば、その状態になって、「その人の選択だよね」と言えるようになると素敵だなあと思いました。

人は自分が幸せでなければ、他人のために何かするなんてことはできません。

だから、無理して、苦しんでいる人にかかわる必要はありません。

でも、一生涯それでは、Wさんはずっと「苦しんでいる人がいるのを見ないふりをして生きる」ことになります。

それは、自分の家の中には食料がたくさんあって、自分はおいしいものをたくさん食べているけれど、一歩、家の外にでたら、外には餓死しそうな人がたくさんいる。

「でも、それって、あの人たちが自分で選択したんだもんね」と自分に言い聞かせている。

それと同じことです。

それって、「自分がお腹いっぱいに食べれたとして、目の前の人が空腹で倒れていくのを知っていて、本当に幸せなのだろうか?」ということになりませんか?

 

それとこれとは話が違う、という人もいるかもしれませんが、まったく一緒です。

1か99の違いなだけで。

99まで何もしないのか、1でどうかかわるかを決めるのか、ということですね。

これはね、「助けよう」という話とも違います。

スタンスはどこまで行っても一緒です。

要は「愛を持って物事を見て、どうかかわっていくか?」ということです。

Wさんには何も伝えませんでしたが、私にはよい教訓になりました。


宇宙の真理を自分に都合よく解釈をしてしまうと、成長が止まってしまうことがあります。

かかわる、かかわらないは本当に自分で選択していいのです。

苦しい時はかかわらなくていい。

でも、その人がどんな背景で、悩む選択をしてしまっているかは本当にその人のエネルギーを見てみないとわかりません。

「都合よくジャッジしない、互いのために」という選択肢があることを覚えておいてくださいね。

 

この続きは次回に。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。

Vol.604『頭の中にある“ああだこうだ”を止めるには、自分の思いを再確認する』

テーマ:人生が変わるインドの教え

 

潜在意識の思い込みを調整し

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーターの『あんじゅ』です。

 

前回は「自己実現している人は頭のおしゃべりが少ない」という話をしたのですが、まず、頭のおしゃべりの声がわからない人もいるかもしれません。
 

別の言い方をすると、「自分の気持ちが混乱して、わからなくなってる時」と言えばわかりやすいでしょうか?

「やりたい気持ち」と「やめた方がいいかな」という気持ちがごっちゃになっていたら、それは間違いなく、頭の声がやいやい言っている時です。

どうやって区別をするのかというと、「やりたい」のは自分の気持ちで、「やめたほうがいいかな」と思っているのは、条件付けの頭の考えです。

気持ちと考えの違いと言えば、わかりやすいかもしれません。

 

そんなの区別したことない、と思うかもしれませんが、「今のは思い?」「今のは考え?」と自分自身に質問してみるとわかりやすいかも。

私からみると、頭の声と思いは周波数が違うのと、出ている場所が違うので、わかりやすいんですけどね。

文字通り、思いは胸から発しているし、考えは頭から周波数が出ているので、そんな違いもあります。

そして、願いが叶いやすいのは、この思いと考えが一致していること。

私が「自己実現しているな」と思った人たちは、思いに考えが沿っているのです。

「これをしたい」という思い。

「じゃあ、あれをやってみたら?」

「こんな手もあるよ」

 

と「したい」を応援してくれます。

でも、多くの人の考えは「したい」を応援するのではなく、「したい」を拒みます。

理由は、潜在意識は変化を恐れ、思考は「失敗」を恐れるから。

なので、私たちはやりたいことを見つけたら、「自分には無理だよ」とか、「簡単じゃないよ」とか、「失敗したらかっこ悪いよ」とか、そんな風な反対にあうのは当たり前だと思っているといいのかもしれません。

 

そして、その反対をまず乗り越えることが、自己実現の第一段階だということを知っておくとよいと思います。

「願いを叶えるのは難しい」という言葉が真実のように言われてしまうことがよくありますが、それは違います。

願いを最初にジャッジするのは私たちの機能として、当然あるべき働き。


自己実現をしている人は、その都度、私たちは「自分の思い」を取り上げて、確認して、そして、この自動的に起動してくる「反対」機能を調整しているのです。

それを繰り返していると、そのうち、機能がちゃんと調整されてきます。

「あ、叶えたいんだね。じゃあ、サポートします」となります。

 

潜在意識も思考もちゃんと応援者になるんです。

 

繰り返しますが、それが「思考で創る人生から、自分自身の人生を創ること」であり、「思考から人生の主役を取り戻す」秘訣です。

 

その時に必要不可欠なのは、あなたの思い。

さて、あなたはどれくらい、ご自身の思いを大切にしていますか?

もし、やりたいことにチャレンジしていない時間が長かったら、あなたは思考で人生を創ってきているということです。

ちょっと厳しいですが、「私たちはやりたことをやりに生まれてきたこと」をもう一度、思い出してくださいね。

この続きは次回2月12日(2の倍数の日)に。

 

あなたの人生のモノガタリはアナタから始まっています。

アナタの好きな物語を創っていきましょう。

 

シンプルで調和のとれた潜在意識を創り

理想の現実化をサポートする

開運コーチ・開運モデレーター『あんじゅ』

 

サンスクリットネーム VAANIA(神の贈り物)

 

☆質問やテーマの希望、セッションのご希望はこちらまで☆

ange.consciousness@gmail.com

もし、「こんなことはどう捉えたらいいの?」という質問などがあればこちらまでメッセージをください。公開にはなりますが、ご本人が特定できないようにして、ブログで捉え方を紐解いていきます。個人セッションは現在、限定でお受けしています。(^^)。ブログを読んでいる方の場合は「ブログを読んでいます」と言っていただけると、お話が進みやすいです。