金鯱賞(きんこしょう)の予想2018。出走馬データ、傾向を分析。

金鯱賞(きんこしょう)の予想2018。出走馬データ、傾向を分析。

金鯱賞2018の予想をブログで公開しています。出走馬の詳しいデータや、レースの傾向などを分析して書いております。


テーマ:

3/11(日)に中京11R・芝1600mにて
《金鯱賞》が開催されます。

 

 




G1に昇格した大阪杯の前哨戦として
3月に行われる事となった同レース。

今春の主役候補がひと足早く激突する。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
金鯱賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ヤマカツエース 57.0 池添謙一
2 2 メートルダール  56.0 福永祐一
3 3 ブレスジャーニー 56.0 三浦皇成
4 4 サトノノブレス 56.0 幸英明
5 5 サトノダイヤモンド 57.0 C.ルメール
6 6 ダッシングブレイズ  56.0 北村宏司
7 7 デニムアンドルビー 54.0 D.バルジュー
8 8 アクションスター 56.0 太宰啓介
8 9 スワーヴリチャード 57.0 M.デムーロ


以上、出走馬9頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


スワーヴリチャード

昨年は共同通信杯で重賞初勝利を果たすと
クラシックでは皐月賞6着、ダービー2着。

秋に復帰してAR共和国杯を勝ち
有馬記念では小差での4着と善戦。

G1制覇こそならなかったが、
重賞2勝を含め活躍を見せた一年だった。

今回は[2.2.0.0]と連対率100%の
得意とする左回りの舞台。

今年の始動戦で好結果を出し
さらなる飛躍につなげたい。


サトノダイヤモンド

昨年の凱旋門賞(15着)以来の復帰戦。

調教の動きを見るかぎりでは
状態はまだ一息というところだが…

地力の高さは現役屈指の存在だ。

今回は相手に強豪が揃ったが、
それでも競馬界の主役を担う一頭である以上
簡単に負けるわけにはいかない。

本来の姿を取り戻し、
再び輝きを放つことができるか


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ヤマカツエース

一昨年(12月)と開催時期が移された
昨年3月の本レースを制し連覇を達成。

今回は3連覇がかかる一戦だ。

中京・芝2000メートルは前述の通り
2戦2勝と相性抜群。

昨秋は不本意な成績が続いたが、
得意な舞台なら違った姿を見せてくれるだろう。

強敵相手に偉業達成なるか注目。


メートルダール

今回と同じ中京・芝2000mで行われた
前走の中日新聞杯で念願の重賞初制覇。

3歳時はクラシック路線にこそ
乗れなかったが、京成杯3着や
共同通信杯3着と素質を垣間見せていた。

一気に相手は強化されるが、
今の充実ぶりならG2制覇も夢ではない。


ブレスジャーニー

これまで挙げた3勝は全て
東京・芝でのもの。

そのうち2勝が重賞と、
左回りかつ直線の長いコースでは
無類の強さを誇る。

今回は初めての中京・芝となるが
東京と似たコース形態から
マイナス材料にはならないだろう。

得意の左回りで復活Vを期待したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。

注:昨年から大阪杯の前哨戦として3月に移行。
  その為、過去データは参考程度に。

~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-1-0-4】
2番人気【1-1-2-6】
3番人気【1-0-1-8】
4番人気【1-1-3-5】
5番人気【1-0-2-7】
6番人気【1-2-1-6】
7~9番人気【0-4-1-25】
10番人気以下【0-1-1-57】


1番人気が最多の5勝をあげ好成績。

特に単勝オッズが2倍台の馬は
複勝率が75.0%と優秀。

一方で、10番人気以下の馬で
馬券に絡んだのは2頭のみ。

大穴の激走はほぼ無いので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-1-0-14】
2枠【1-0-2-12】
3枠【1-2-3-11】
4枠【1-0-3-14】
5枠【1-1-3-15】
6枠【1-2-0-17】
7枠【3-1-0-17】
8枠【2-3-0-18】


3~4コーナーがややバンク形状の為
外を走る馬の勢いが付きやすいコース。

データ上でも7,8枠の勝率・連対率が
いずれも高くなっている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-1-2-5】
先行【0-3-3-31】
差し【5-3-4-37】
追込【3-3-1-41】


最多の5勝をあげている差しが好成績。

最後の直線は約410mとかなり長く、
途中に中山競馬場並みの急勾配を誇る
急坂の存在が主な要因だろう。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


金鯱賞は中京芝2000mで行われる。

昨年からG1に昇格した大阪杯の前哨戦だ。


同レースはステップとして考えるか、
6200万円のG2狙いとして考えるかが重要。


とはいうものの、
今年はサトノダイヤモンドらが出走しているため
単一レースの賞金狙いとしてはイマイチか。


どちらにせよ、大阪杯に限らず、
G1を睨む馬がしのぎを削るレースとなってからは
それなりの実績が必要である事は間違いない。


トップクラスかそれに準じる馬が出走するのだから
半端な成績では通用しない。


当然、近走の結果も同じで
大負けしている馬は割引が必要だ。


ただし、有馬記念の着順は気にしなくてもよさそう。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


本命は【スワーヴリチャード
==============

ダービーでレイデオロの2着した後
秋は古馬との対戦に臨み、
AR共和国杯を1番人気で勝利。

続く有馬記念でも小差の4着と力を示した。

ココはメンバー的にもすっきりしており
4歳になってのパワーアップを見せてくれそう。


対抗は【ヤマカツエース
============

一昨年暮れと昨年の金鯱賞を連覇した
レース巧者であるだけでなく、
他にも3つ勝っている重賞5勝馬だ。

秋3戦の成績がどうかだが、
天皇賞の極悪馬場の影響と考えれば
ココは素直に期待したい。


そして【サトノダイヤモンド
==============

ココが正念場となりそうな一戦だ。

叩き台ではあっても、競馬界の代表する
馬として無様な走りは出来ない。

ただ、楽観的な要素は多くない。

力は周知のとおりなので、
ココもアッサリ勝ってしまうようなら
本番もこの馬で仕方ないだろう…。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 9.スワーヴリチャード
○ 1.ヤマカツエース
▲ 5.サトノダイヤモンド



上記3頭ボックスで勝負予定。

オッズが低すぎるようなら、
3連単9-1-5.9-5-1.1-9-5.1-5-9で勝負。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて

競馬の最新ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォローいただけますと幸いですm(__)m


テーマ:
3/11(土)に中京11R・芝2000mにて
《金鯱賞》が開催されます。





G1に昇格した大阪杯の前哨戦として、
3月に行われる事となった同レース。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
金鯱賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ルージュバック 55.0 戸崎圭太
1 2 プロディガルサン 56.0 田辺裕信
2 3 ナスノセイカン 56.0 丸山元気
2 4 ルミナスウォリアー 56.0 柴山雄一
3 5 タッチングスピーチ 54.0 C.ルメール
3 6 ヤマカツエース 57.0 池添謙一
4 7 アングライフェン 56.0 藤岡康太
4 8 スズカデヴィアス 56.0 藤岡佑介
5 9 ステファノス 56.0 川田将雅
5 10 サトノノブレス 56.0 秋山真一
6 11 ヒットザターゲット 56.0 古川吉洋
6 12 パドルウィール 56.0 松山弘平
7 13 ヌーヴォレコルト 54.0 岩田康誠
7 14 ヒストリカル 56.0 高倉稜
8 15 ロードヴァンドール 56.0 太宰啓介
8 16 フルーキー 56.0 松岡正海


以上、出走馬16頭になります。




===============
人気上位が予想される注目馬
===============


ヤマカツエース

昨年の勝ち馬であり、連覇を狙う。

前走の有馬記念は先行勢が
上位を占める流れを、
最速の上がりを使って4着と健闘。

また、今までの重賞4Vのうち、
金鯱賞も含め3勝を2000mでマーク。

得意距離で5つ目のタイトルをつかみ
本番の大阪杯へ弾みをつけたい。


ステファノス

過去2年の天皇賞・秋で2着、3着。

暮れの香港カップでも3着に入るなど
2000mでの取り口は安定している。

G1メンバーに入ると切れ負けするが、
ここなら地力上位の存在。

本番の大阪杯の叩きだとしても
最低でも3着内は入ってもらいたい。




プロディガルサン

休み明けの東京新聞杯で2着と
地力の高さを示した。

広いコースは合うし、距離延長も問題ない。

うまく折り合いをつけて、
終いの脚を生かすことができれば。

ここで初タイトルを奪取して、
さらなる飛躍を遂げたいところ。


ルージュバック

牡馬を相手に重賞3勝の実力牝馬が、
勝負を賭ける年へ出撃態勢を整えた。

これまで7度のG1挑戦でオークス2着が最高。

悲願のG1制覇へ弾みをつける為にも
なんとしてもここは結果を残したい。

東京2000mと違うコース形態になる事と
輸送がどう出るかが鍵となる。

“ルージュ健在”を存分に見せつけたい。


サトノノブレス

今回で4度目の金鯱賞に臨む
中京2000mのスペシャリスト。

これまで3戦の成績は2着1回、
3着2回と複勝率は100%。

さらに、昨年のこの時期に開催された
同コースの中日新聞杯も優勝している。

適性や馬質を考えればここがベスト。




============
・過去5年のデータ考察
============


今年からは3月に移行して新設G1の
大阪杯の前哨戦として行われる。

その為、この時期の中京競馬場の
芝2000mで争われていた中日新聞杯(G3)の
過去5年分のデータを参照。


~~~~~~~~~
・年齢別の成績
~~~~~~~~~

4歳 【0-1-2-17】
5歳 【2-0-1-14】
6歳 【2-1-2-17】
7歳 【1-3-0-16】
8歳以上【0-0-0-10】


6、7歳馬の成績が良い。

その一方で、4歳馬は未勝利で
わずか1連対のみと苦戦傾向。




~~~~~~~~~~~~
・4コーナー通過順の成績
~~~~~~~~~~~~

1番手 【0-0-1-4】
2番手 【0-0-1-7】
3番手 【0-2-0-2】
4~6番手 【1-2-0-12】
7~9番手 【3-1-2-7】
10番手以下 【1-0-1-42】


差し馬を中心に結果を残している。

1~3番手で通過した馬は未勝利。

急坂もあるため、逃げ・先行馬は
苦戦する傾向にある。





========
・編集長の総括
========


金鯱賞は中京芝2000mで行われる。


今年からG1に昇格する大阪杯の
前哨戦として行われることになり、

同時期に中京芝2000mで行われていた
「中日新聞杯」の枠に「金鯱賞」が
入ったことになる。


その中日新聞杯の過去5年での3着以内馬は
15頭中13頭が前走で重賞に出走している。


さらに、そのうち11頭が前走で5着以内と好走。


前走重賞レースで6着以下だった
馬も2頭いるが、2頭とも前年度の
重賞レースに出走していた。


よって、前走重賞に出走している馬の中で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
好走した馬を中心に予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【ヤマカツエース


前走は有馬記念を4着。

馬体重が増えたことも好調の要因
となっているようだ。


対抗は【サトノノブレス


中京2000mでの成績が優秀。

前走有馬記念での大敗から巻き返したい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ヤマカツエース
○:サトノノブレス
▲:ステファノス
△:ルージュバック
△:アングライフェン


実力が拮抗しているが、
思い切った勝負をしてみたい。






その他の最新の競馬ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手し次第、更新させて頂きます。


テーマ:
12/03(土)中京11R・芝2000mにて
《金鯱賞》が開催されます。





新興勢力と実績馬が激突する注目の一戦。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
金鯱賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ムスカテール 56 中谷雄太
2 2 レコンダイト 56 武豊
3 3 パドルウィール 56 松山弘平
4 4 デニムアンドルビー 54 バルザローナ
4 5 シュンドルボン 54 丸田恭介
5 6 リアファル 56 シュタルケ
5 7 サトノノブレス 56 シュミノー
6 8 ヴォルシェーブ 56 デムーロ
6 9 トーホウジャッカル 57 酒井学
7 10 トルークマクト 56 吉田隼人
7 11 スズカデヴィアス 56 横山典弘
8 12 マイネルラクリマ 56 丹内祐次
8 13 ヤマカツエース 56 池添謙一


以上、出走馬13頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ヴォルシェーブ

脚部不安で長期休養明け。

それでも今年の夏は結果を出し
アルゼンチン共和国杯でも差の無い
3着と力をつけてきた。

好調な佐々木主浩氏の持ち馬が、
今週も存在感を見せることとなるか。

勝って先へ繋がるレースをしたい。


サトノノブレス

14年2着、昨年3着と2年続けて惜敗。

前走の天皇賞・秋は見せ場なく
終わってしまったが、

2走前の産経賞では勝ち馬に
タイム差なしの2着。

今年に入ってからは連続して
馬券を外していない。

三度目の正直で、今度こそ勝利を狙う。




リアファル

昨年はダートから芝路線に
転向して一気に神戸新聞杯を制し
続く菊花賞でも3着と好走。

だが、有馬記念のレース中に
腱鞘炎を発症し長期休養。

今回は11ヶ月ぶりに復帰戦となる。

実力的にはいきなりから期待できそうだ。


ヤマカツエース

昨年の夏の北海道で台頭。

福島記念と中山金杯を制して
勢いに乗るかに思えたが、
それ以降は物足りない成績が続いてる。

前走の天皇賞・秋は15着と完敗。

スランプ脱出を狙うためにも
ココで何とか結果を出して
来年の逆襲に繋げたいところだ。


トーホウジャッカル

一昨年の菊花賞馬で実績ではNo.1。

ジャパンカップを回避しての参戦。

かつての切れ味の片鱗は見せるも、
なかなか大舞台での活躍に到っていない。

今後のローテーションも考えれば、
賞金加算をしておきたいところ。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


金鯱賞は中京芝2000mで行われる。


注目すべきは上がり前走3Fのタイム。


過去4年の3着以内馬12頭中8頭が、
前走上がり3Fの順位が4位以内。


2012年に改修された中京競馬場の直線が
長くなっていることが影響していそうだ。


よって、末脚を持つ馬は注目だ。


ただ、前走が天皇賞秋やAR共和国杯
のような重賞だった馬が多く、
そのレースで上り3Fが4位だった馬は少ない。


また、過去4年で前走10着以下の3着以内は無く
前走6番人気以下の馬の成績は[0-1-2-29]。


前走9着以内、5番人気以内が
ひとつの目安になりそうだ。


よって、使える末脚を持つ馬を中心に
~~~~~~~~~~~~~~~~~
前走での成績を踏まえ予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


本命は【ヴォルシェーブ


前走アルゼンチン共和国杯で3着。

そして何よりも上がり3Fが
最速だったのは心強いデータ。

確実な末脚を武器に、
ここは重賞初勝利といきたいところ。


対抗は【レコンダイト


同じ中京2000mで行われた
今年の中日新聞杯を3着。

また、前走アルゼンチン共和国杯は
6着ながらも上がり3Fは3位。

好走する理由は充分にある。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ヴォルシェーブ
◯:レコンダイト
▲:シュンドルボン
△:トルークマクト
△:サトノノブレス


荒れることが多いレース。

穴馬に注意して予想したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!




その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス