テーマ

美味しい珈琲を飲むには

 

毎日を優雅な香りと過ごせる贅沢。

 

 

日々、懸命にお仕事なさっている

皆さま方

毎日、家族の暮らしを守り続ける

皆さま方

 

いつも本当にお疲れさまです。

どうか、美味しい珈琲を召し上がって

元気出してくださいませ。

 

こんにちは。

 

美味しい珈琲を生み出す珈琲焙煎に

全力を傾け、

家族 スタッフ ファミリー全員を

守り続ける、

 

プレミアム珈琲焙煎士 山口耕一です。

 

 

今回は、おだやかで 落ち着いた

優雅な暮らしを愉しむマダムから

頂戴したメールをご紹介します。

 

 

 

 

●さいたま市 ヒロコさま 女性 60代

深みのある豊かな香り。。。。

 

市販のドリップコーヒーと比べて

違いがはっきりわかる程美味しく

感じました。

 

 

 

市販のドリップコーヒーは、冷めると

酸味・苦味が増すように感じますが、

 

このコーヒーは冷めても美味しさが

変わらなく思いました。

 

大切な毎日を。。。。

優雅な香りと共に過ごせる事は

とても贅沢で 有り難い事ですね。

 

 

 

 

朝陽はパワーを与えてくれます。

夕陽は癒しを与えてくれます。

山口さんは幸せを与えてくれます。

 

Coffeeは 奥が深いですね。

それを教えて下さった山口さんに

感謝しています。

 

また今月も

楽しみにお待ちしてます。ね。

 

 

[ 冷めると、はっきり違いが分かる ]

ヒロコさま ありがとうございました。

 

「 冷めたコーヒーは美味しくない 」 と

お思いのお方は、とても多いです。

 

それはムリもありません。なぜなら、

多くの場合、事実、そう感じるからです。

 

ところが、世の中には、

 

冷めても美味しさが変わらず、なおかつ

冷めてはっきり 味の違いが分かり

 

甘みを感じたり 深みを味わえる、

そんなコーヒーが存在します。

 

これには、ちゃんとした理由があります。

 

これは、美味しい珈琲豆を選ぶ際にも

役立ちます。

ぜひ、以下を参考になさってくださいませ。

 

 

 

 

・原料となる珈琲の生豆が、

 真に高品質であること

 

これは、誠に残念ながら お客さまには、

確認のしようがありません。

 

珈琲販売店の店員さんでも生豆の質を

把握できている人は、とても少ないです。

 

(銘柄名が有名なだけでは不足です)

(価格が高いだけでも根拠となりません)

 

(有名で高価な豆でも、古い生豆や)

(素性の良くない生豆は多いのです)

 

 

・豆の素性に合わせた最適な珈琲焙煎を

 施してあること

 

これも、袋詰めされている豆ですと

確認できない部分です。

 

最適な珈琲焙煎か? どうかは、

正直、飲んでみないと分からないという

部分が多いです。

 

(腕の良い珈琲焙煎士さんなら)

(煎ってある豆を観れば。。。。)

(仕上がりの善し悪しは、すぐ分かります)

 

 

仮に、珈琲豆が

ショーケースに入っていて見られる場合、

 

煎りムラや 貝殻豆などの欠点豆を

確認できることもありますが、

 

珈琲豆を かなり見慣れていないと

分かりづらい部分かと思います。

 

しかも、ショーケースの下から豆を

すくって販売している場合は、

 

ケース内の一番古い豆を買うことに

なってしまいます。 どうか、ご注意ください。

 

 

・焙煎後、1ヶ月以内の豆であること

 

しっかり火を入れた焙煎をしてあっても

珈琲豆は、食品ですゆえ、

酸化(腐ります)します。

 

煎りたてすぐより、2・3週間経って、

 

豆内部の油分(おいしい珈琲オイル)の

熟成が進んでくる頃が

 

もっとも、まろやかで美味しい風味を

味わう事ができます。

 

4週間目でも 十分に美味しく飲めます。

 

しかし、

1ヶ月を過ぎてくると油分の酸化が進み

香りも味わいもどんどん減少していきます。

 

このことを確認するには、いつ煎った豆か

焙煎日はいつか?

 

それが、はっきりと分かるようになって

いる豆を買うことです。

 

もしくは、焙煎日をはっきりと説明できる

お店で買うことを 強くオススメします。

 

 

 

【今回のまとめ】

・生豆の質 → 確認むずかしい

 

・焙煎の仕上がり具合 →

 飲んでみないと分からない もしくは

 観ても分かりづらい

 

・焙煎日 → 表示で確認できる もしくは

 お店の人に質問することが可能

 

 

美味しい珈琲を飲みたいとお思いの

あなたには、

 

冷めても美味しさが変わらず、なおかつ

冷めてはっきり 味の違いが分かり

甘みを感じたり 深みを味わえる、

 

そういう旨みあふれるコーヒーを

ぜひ、味わって欲しいです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

★このブログは
  人気ブログランキングに登録しています。

 
  これからも コーヒーにまつわる

  美味しく 楽しく 興味深い お話を  
  語ってまいります。
  記事更新の励みにもなりますゆえ
  どうか、ぜひ

  下のリンクバナーをクリックしてください。
  どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
   ↓↓↓↓↓

コーヒーランキング

 

今日も 最後までお読みくださり

誠に ありがとうございます。


山口珈琲店

プレミアム珈琲焙煎士 山口耕一

 

山口珈琲店のホームページは、

こちらです。

http://www.yamaguchicoffee.com/  

 

 

 

※本日の、おまけ記事

 

じんわり準備進行中の巻き

 

ほぼ毎日、朝5時頃には寝て、

10時過ぎには起きる生活です。

 

なので…

起きてすぐ 携帯を確認します。

 

9時過ぎには各業者さんから

電話が入っていることが多いからです。

 

あぁ やっぱり着信してる!

生豆の卸問屋の社長さんからだ。

 

頼んでいたスペシャルティの

良い豆が入ったという連絡でした。

 

お客さま方からは、

24時間いつでもメールが入ります。

 

それもチェックして、

順次返信していきます。

 

(まだ朝ご飯食べてません)

(顔も洗ってません (^_^;) )

 

あっ スタッフたち動き出した。

今日の発送作業スタートです。

 

毎朝、たいていこんな感じで、

山口の毎日は始まります。

 

 

うむむ~ 隙間時間ないのか?

 

楽しみの時間は

ムリクリでも作ります。(笑)

 

ガレージへ行きました。

(これだけで嬉しい)

 

 

バイクを出しました。

(もうハイテンションです 笑)

 

 

革パンはきました。

(とても重いです)

 

レーシングブーツはきました。

(堅牢で歩きづらし)

 

 

ブーツで

ステップに足をかけました。

(エンジン かけたい!)

 

 

その後…

ほんの ちょびっとだけ 走る。

 

 

 

エンジンもタイヤも暖まる前に

帰還。

それでも嬉しい!それでも幸せ!

 

さぁ~ 今夜も珈琲焙煎に

全身全霊を 傾けるぞっ!

 

サーキット走行会への準備は、

このように、じんわり進行中です。(微笑)